冬は早朝(が良い)。. 趣味は読書とヨーロッパ旅行です。ドイツには5年余り滞在経験があります。某大学の人間科学部とデザイン学部を卒業。心が豊かになる知識の探索を人生の糧にしています。. Amazonで小迎 裕美子, 赤間 恵都子の本日もいとをかし!! 三巻本『枕草子』 「春はあけぼの」章段のしくみについての私見 一六 日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。まいて、雁などの列ねたるが、いと小さ見ゆるは、いとをかし。はれなり。 冬は、つとめて。 「いとをかし」は平安時代の代表的な美的理念の1つで、清少納言が書いた「枕草子」によく出てくる言葉です。 「いと=とても」、「をかし=趣がある」で「とても趣がある」と訳されることが多いですよ(*´ω`*) 「いとおかし」の「いと」は、普通より程度が高い状態を示す「非常に」「大変に」などを表し、「おかし」は、愚かなものを指す「をこ」が月日の流れと共に意味が変化した言葉だとされています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「いとおかし」は「いとをかし」を現外語仮名遣いで表記したもので、「いとおかし」自体は現代語にはない言葉になります。ですので書くときは「, 花火大会デートでの注意点を探しているあなた。ここでは女性との花火大会デートで注意するポイント(女性への気遣い、会話を盛り上げるコツ、告白のタイミングや台詞)等をまとめていますよ。ぜひ花火大会デートの注意点を学んで、当日は最高の思い出を作ってくださいね。, 付き合う前の初デートの場所で悩んでいるあなた。ここでは付き合う前の初デートで女性が喜ぶおすすめの場所や誘い方、付き合う前デートの注意点などをまとめていますよ。付き合う前のデートの場所選びで失敗したくないなら、この場所を選んでおきましょう!, みかんの薄皮を「食べるか食べないか」悩んでいるあなた。みかんの薄皮って食べる人と食べない人がいますよね。実際みかんの薄皮は食べるのでしょうか?それとも食べないのでしょうか?ちょっと調べてみましたよ!, 渋滞中に一人でできる暇つぶし方法を紹介しています。車を運転中に座ったままでもできるものをまとめていますよ。連休中の高速道路や一般道路で渋滞に巻き込まれてしまった場合、こちらの方法を試してみてくださいね。, 高齢者向けカラオケ曲って悩みますよね。特別養護老人ホームやデイサービスといった介護施設の職員さんは「お年寄りが歌いやすいのは?盛り上がるのは?」と頭を悩ませる人も多いでしょう。ここでは「高齢者におすすめなカラオケ曲」をデュエットも含めて紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。, ネクタイピンを付けるベスト位置について悩んでいるあなた。ここではネクタイピンのベスト位置(ビジネス、就活、結婚式、上着を脱いだ場合)等を写真付きで紹介していますよ。ネクタイピンの位置に悩んでいる人はぜひ読んでみてくださいね。, COCOAアプリがダウンロード・インストールできない時の対策【iPhone・Android】. 「いとおかし」とは、古典などでよく見かける言葉ですが、意味は?と言われると明確に答えるのは難しいかと思います。「いとおかし」の正しい表記は「いとをかし」ですが、古典文学ではどのように使われていたのでしょうか?例文を見ながら、その明確な意味を見て行きましょう。 この記事では『枕草子』「宮に初めて参りたるころ」の用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳をまとめています。宿題で出たけど分からないという人は参考にしてみてください。 清少納言が書いた『枕草子』。この「枕草子」という作品名の意味については、引用説、しゃれ説、普通名詞説、日記帳説、歌枕説といった5つの有力な説があります。これらの説を紹介しながら、枕草子の意味や由来に迫ってみました。 枕草子『春はあけぼの』現代語訳と単語の意味をスタディサプリの古文・漢文講師、岡本梨奈先生がわかりやすく解説!テストに良く出る重要表現や単語も丁寧に説明しているのでこの機会にしっかり覚えよう!すぐに解るマンガ解説もあるのでぜひ、参考にしてみて おかし(をかし)とは、平安時代の『枕草子(まくらのそうし)』などで多くみられる、美に対する感嘆、称賛などを表わす言葉です。 語源は、「愚かなもの」を表わす「をこ(尾籠、烏許、痴)」に由来するといわれています。 平安時代の文学においては、「をかし」と「もののあはれ」が重要な概念とされています。「をかし」は明るく知性的な美と言われるのに対し、「もののあはれ」はしみじみとした情緒の美と表現されます。 どちらの言葉も「趣(おもむき)がある」と訳されることがあるので似ていますが … 「春はあけぼの」の出だしで有名な清少納言の随筆『枕草子』(まくらのそうし)。学校の古典の教科書にも掲載される『枕草子』冒頭の部分(第一段)について、原文と意味・現代語訳を簡単にまとめて … すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。. ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. 冬はつとめて。 雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。 (現代語訳) 冬は早朝(が良い)。 先日、部屋の掃除をしていたら「高校時代に使っていた古文の教科書とノート」が出てきまして。「懐かしいなぁ」とページをめくってみると、枕草子の「春はあけぼの」のところに、「いとをかし テストに出るぞ いとおかし」 となぜか五七五調で赤ででかでかと書かれていましたよ。「何してるんだ、私」と当時の自分にツッコミつつ、せっかくだから古典の「いとをかし」の意味なんかをまとめてみました。 私、これでも古文・漢文だけは成績が良かったんです(`・ω・´) 清少納言の枕草子「春はあけぼの」の原文と超絶わかりやすい現代語訳も載せていますので、勉強中の方は良かったら参考にしてくださいね。, 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。, 春は明け方(が良い)。だんだんと白くなっていく山ぎわが、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている。, 春は明け方が良いよね。太陽が昇っていくとだんだんと空と山が接する部分が白くなっていくでしょ。そこが少し明るくなって、紫がかった雲が細長~くたなびいている様子が良いんだよね。, 夏は夜。月の頃はさらなり。やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。, 夏は夜(が良い)。月が出ている時は言うまでもない。闇夜もやはり、蛍が多く飛び交っている(のが良い)。また、ただ一つ、二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも趣がある。雨が降るのも風情がある。, 夏は夜が良いよね。お月様が出て明るい夜が素敵なのは言うまでないんだけど、お月様が出ていない真っ暗な夜に蛍がたくさん飛び交って光っている様子も好きだな。 蛍は多くなくて、一匹、二匹かすかに光って飛んでいるのも、これはこれで綺麗だよね。雨が降るのも風情があって良いと思うな。, 秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて、かりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。, 秋は夕暮れ(が良い)。夕日がさして山の端がとても近くなっている時に、鳥がねぐらへ戻ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいるのもしみじみと感じられる。 まして、雁などが列を作っているのが、とても小さく見えるのは、大変おもしろい。日が沈んでしまって、風の音、虫の音など(が良いのは)、また言うまでもない。, 秋は夕暮れが良いよね。差し込んでくる夕陽が、山と空の境目にとても近くなっている時があるでしょ。その時、烏が寝床の巣へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえも、なんだか哀愁が漂っているように感じちゃう。 まして雁なんかが並んで飛んでいるのが遠くで小さく見えるのは、とても情緒あふれる風景だよね。夕陽が沈んでしまった後から聞こえてくる風の音や虫の鳴き声が愛らしいってことは、言う必要はないよね。, 冬はつとめて。雪のふりたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火をけの火も、白い灰がちになりてわろし。, 冬は早朝(が良い)。雪が降っている時は言うまでもなく、霜が非常に白い時も、またそうでなくても、とても寒い時に火を急いでおこして、 炭を持って(廊下を)渡るのも、たいそう似つかわしい。昼になって寒さがゆるくなると火桶の炭火も白い灰が多くなってしまい、良くない。, 冬は早朝が良いよね。雪が降っている朝なんかは言うまでもなく綺麗でしょ。霜が降りて辺り一面が真っ白になっているときも綺麗だし、そうじゃなくても、とても寒い朝に、 火を急いでおこして、部屋の炭びつまで廊下を渡って持っていく様子なんて、まさに冬にぴったりだよね。でも、昼になってだんだんと暖かくなってくると、火桶に入った炭が白い灰だらけになるでしょ。あれはダメよね。. 助動詞の「めり」は推定と婉曲どちらも「〜のようだ」という文法的意味になりますが、「推定」「婉曲」の見分け方があります。 「推定」 見た情報に根拠がある(視覚的根拠)から予想する言葉。 「婉曲」 特に視覚的根拠がないが予想される言葉。 この話中の「めり」には視覚的根拠がある� 「いとおかし」は古語の中でもとくに有名な言葉「いとをかし」の現代語仮名遣いです。現代の会話でも、ちょっとした感動を「いとおかし」と古語を引用して表現することがありますが、「おかしい(変だ)」という意味だと勘違いしている人がいるかもしれません。, この記事では、「いとおかし」の意味を解説するとともに、漢字や『枕草子』からの例文や類語も紹介します。, 「いとおかし」は「いと」と「おかし」に分けられます。「いと」は物事の程度や大きさを表す語で、「とても(大きい)」「非常に(大きい)」という意味があります。「いと+おかし」で大きな感動を受けたことを表現します。, 「おかし」は、現代語の訳として、「趣が深い」「興味深い」「見事だ」「かわいい」などのさまざまな意味に訳されます。いずれの場合も、強く心を動かされた物事に対しての、肯定的で大きな感動の気持ちを伝えます。, 「いとおかし」とは、平安時代に書かれた『枕草子』などに用いられている古語「いとをかし」を、現代語仮名遣いで表記しなおした表現です。現代文では使わない表現で、古文を現代語で表すときに使われます。, 「いとおかし(いとをかし)」は、平安時代の日本人の感性を表す言葉で、さまざまな意味を持ちます。明るい人生賛歌や知的な美の概念を表現します。, しみじみとした情緒「もののあわれ」を表すもう一つの古語「あわれ」とともに、平安時代の人々の物事に対するきめ細やかな感性を示す表現です。, 平安時代の文学は平仮名を中心とする和文で綴られました。そのため、漢字はありません。, 「おかし(をかし)」と同じく、感動の気持ちを表す古語に「あわれ(あはれ)」があります。おかしの文学は『枕草子』が代表ですが、あわれの文学の代表は紫式部の『源氏物語』だと言われています。, 「あわれ」とは、しみじみとした趣が湧き上がってくる気持ちを表す言葉です。「もののあわれ」とも呼ばれ、明るい感情の「おかし」に比べて無常観を含むのが特徴です。, どちらの言葉も平安時代の人々の繊細な感性を表す言葉で、最古の日本文学の根底を支える日本独自の思想であるといえます。, 清少納言の『枕草子』は、現代風に言えばユーモアを交えたエッセイだと言えます。作者の美に対する感受性が土台になっており、心が大きく動かされたときに「いとおかし」を用いています。, 現代語で近い表現として「すごく素敵」や「すごくかわいい」「素晴らしい」などを当てることができます。特に「かわいい」は、現代の女性がさまざまな感情を表す言葉として使われており、多彩な感動の気持ちを表現した「おかし」に通じるものがあります。, さらにくだけた表現としては、「わくわく」「やばい」「超やばい」をあててもよいかもしれません。, 平安時代の清少納言の随筆『枕草子(まくらのそうし)』は、「おかし」の文学とも称されます。『枕草子』は、一条天皇の皇后定子に仕えた清少納言が、日々の生活の中で起こる出来事を、優れた知性と感性で明るい気持ちでとらえ、洗練されたユーモアを交えて記した現代で言うところの「エッセイ」です。, 『枕草子』は、多くの現代語への翻訳がされていますが、「いとおかし」の表現は「とても趣がある」と訳されることが多いようです。しかし近年は、自由な現代語への翻訳も行われており、翻訳者の感性によってさまざまに表現されています。, 『枕草子』の中で、「いとおかし(いとをかし)」が使われている箇所の原文と現代語での訳文例を紹介します。, 秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。, まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。, 秋は夕暮れがよいですね。夕日が今にも山の稜線に沈もうという頃、カラスがねぐらへ帰ろうと、三つ四つ、二つ三つなど思い思いに急ぐそんなことが、心に染み入ります。, まして、雁などが列を連ねて飛んでいくのが遥か遠くに小さく見えるのは、とても趣があります。すっかり日が落ちると、風の音や虫の音などが様々に音を奏で、またこれも言葉に尽くせないほどに美しいものです。, 「いとおかし」とは、古語「いとおかし」を現代語仮名遣いで表した言葉です。意味としては、「とても趣がある」と訳されることが多いですが、ゆかいな驚きの気持ちや、爽快な気分、ワクワクする気持ちなど、前向きな様々な感情を表します。, 現代の女性の使う言葉にあてはめるなら、「(すごく)かわいい」「(すごく)素敵」が最も近い表現かもしれません。, なお、「おかし」の意味は中世以降に変化して、滑稽な意味での「おかしい」という言葉ができたということです。. 『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の原文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようです。 ※清少納言は平安時代中期 『いと』『をかし』『あはれ』『もののあはれ』にはたくさんの意味が込められています。これらの意味や違い、使い方を詳しく紹介していきます。これを読めば古文をいっそう理解できるようになるでしょう。是非参考にして下さい! 「いとおかし」は「いと」と「おかし」に分けられます。「いと」は物事の程度や大きさを表す語で、「とても(大きい)」「非常に(大きい)」という意味があります。「いと+おかし」で大きな感動を受けたことを表現します。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。. 秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの列ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。 冬は、つとめて。雪の� いとをかし (いと を かし) いとをかし の定義 「いと」→大変、非常に、とても 「をかし」→趣がある、おもしろい、風情がある、かわいらしい、美しい、素晴らしい、など(美に対する感嘆・称賛、感動) 特に「をかし」はたくさん意味を持つ言葉なので使い方によって訳が変わります。 清少納言がこの作品を執筆することになったきっかけは、定子が内大臣・伊周から紙を献上されたことでした。 これについては、『枕草子』の最後、いわゆる跋文に書かれています。 定子の兄、伊周から紙をもらったはいいものの、定子自身は「これに何を書いたらいいのかしら」と考えあぐねていたのです。上の御前、つまり一条天皇は「史記」という書物をお書きになっているけれど、と。 清少納言はそれに対し、「それなら … 枕草子第一段「春はあけぼの」の文法解説…やうやう白くなりゆく山ぎはすこしあかりて…現代語訳だんだん白くなっていく山際が少し明るくなって、やうやう…だんだん、山ぎは…空と山の境界(の空に属す … まあ、清水義範の冗談なのだが、本当に「徒然草」「枕草子」というのはそんな本なのだろうかと、ちょっと気になった。 なにしろ、わたしは古文の教科書でほんの一部しか読んだことがない。 そこで、例の世田谷中央図書館で「徒然草を解く」(山際圭司著:吉川弘文館刊)を借りてきた。 『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。 このウェブページでは、『枕草子』の『岡は船岡。 鞆岡は、� 枕草子もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 枕草子。アマゾンならポイント還元本が多数。小迎 裕美子, 赤間 恵都子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また本日もいとをかし!!