どろろはリメイク前とあらすじ&結末が違う? どろろは. アニメどろろのあらすじを紹介します。 戦乱の世、醍醐の国の領主、醍醐景光は国の繁栄と権力を願い生まれてくる息子を地獄堂の12体の鬼神に捧げると約定を交わし、景光の妻、縫の方は手足や目、皮膚もない姿の赤子を産み落とします。 ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。. TVアニメ「どろろ」公式サイト. 醍醐の国の主である景光は、. 控えめに言って最高のスタート 素晴らしい1話でした。完走間違いなしの今期当たりアニメですね。 OP&EDがめちゃくちゃカッコいい!! 作品全体の雰囲気作りがかなり上手かった。 百鬼丸(作り物の男)の悲しい過去...子供の肢体と引き換えに繁栄を手に入れた城主... 菩薩が身代わりとなって体だけはかろうじて残ったということでしょうか。取り損ねた体をあやかし達が狙っていると。フムフム あやかしを倒すと奪われた百鬼丸の … 戦国の地侍・醍醐景光は、自身の野望に対する生け贄として、自分の子供の体を48体の魔神に捧げた。 アニメ「どろろ」のあらすじは? 手塚治虫原作の異色作!魑魅魍魎蠢く戦国時代で繰り広げる傑作怪奇アクション時代劇! #1 百鬼丸の巻・その一. アニメ「どろろ」第16話「しらぬいの巻き」のあらすじと感想です。 一部ネタバレになるかもしれませんがご了承ください。 どろろが拉致された どろろは、百鬼丸と別れて1人で歩いていた。 そこへ野武士の集団が現れる。 その野武 … テレビアニメ「どろろ」第二十三話の先行カットとあらすじが到着しました。 <第二十三話「鬼神の巻」あらすじ>百鬼丸は、鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。 といろんな形でメディア化しましたが、 実際のところ、 大筋はそんなに変わらない. まず最初に『どろろ(2019)』のアニメの動画が1話から最終話まで全話揃っていて、且つ見放題作品で無料視聴できる動画配信サービスをまとめておきます。 主要な動画配信サービスを調査した結果、『どろろ(2019)』の動画を全話無料視聴できるのはAmazonプライムビデオのみとなっていました。 そして、Amazonプライムビデオには無料お試し期間があります。 そのため、Amazonプライムビデオのサービスを使えばアニメ『どろろ(2019)』の動画を今すぐ全話無料視聴できるのです。 ただ、一度もAmaz… 体の48箇所を魔物に奪われた百鬼丸が、魔物退治の旅を続ける怪奇マンガです。 戦国武将に仕える醍醐景光は、天下を取るという野望をかなえるために、生まれて来るわが子の体を、48匹の魔物に与えてし … 『どろろ』は、手塚治虫の漫画『どろろ』を原作とした日本のテレビアニメ。パイロットフィルムを含め、2019年までに3度にわたって制作されている。 「どろろ」原作紹介〜その4〜金小僧の巻 <あらすじと感想> 以下、「どろろ」金小僧の巻のあらすじと感想です。 金小僧現る. !カネコアツシ最新作、手塚治虫「どろろ」を題材に描くSF異形譚”, https://animageplus.jp/articles/detail/27078, どろろ:マンガwiki:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト, 劇団扉座『新浄瑠璃百鬼丸』5年ぶり再演!:イベント/舞台:ニュース:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=どろろ&oldid=81343271. 時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。. 「 叶うなら、遠くまで。 」 2019年1月7日よりTOKYO MX、BS11ほかにて放送開始 Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信 tvアニメ「蟲師 続章」第19話「泥の草」(どろのくさ)。ヒトとは在り方の違う「命の別の形」それが蟲。「蟲師」は、蟲が人に影響したときに現れる奇妙な現象を集めた奇譚集。案内役のギンコと共に「蟲師」の世界の詳細あらすじを追 […] 続きを読む それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、. 2007年公開、撮影はニュージーランドで行われた為、相当なお金が投入されたようですが、興行収入はなんと34億5000万円もいきました! 原作の漫画は1967年~1968年にサンデーで掲載、実は当時人気がなかったようで打ち切りとなっています。(第1部完結という形で事実上未完)しかし時代を超えて少しずつ再評価され実写映画化、さらにはアニメ化まで実現したなんて不思議なものですよね。 ちなみに原作は室町時代後期から戦国時代前期ですが、映画では架空の異世界を舞台にしています。 百鬼丸とどろろの旅は続く。 きょうは、とある川原で野宿。 魚を焼く百鬼丸から、どろろにおすそ分け。 旅は始まったばかり。 舞台は室町時代の中ごろ。 天下取りの野望に燃える醍醐景光は 天下を取る代償として 生まれてくる自分の子を生贄として 魔人に捧げてしまいます。 そうして生まれた赤ん坊は 身体の48か所が欠損した状態で 化け物として川に捨てられます。 しかし、医者の寿海に拾われ 義手や義足、義眼などを与えられます。 そうして成長した14歳の少年が 百鬼丸です。 百鬼丸は失われた48か所の身体を 一つづつ取り戻していくために 魔物を退 … 時は戦国。. テレビアニメ「どろろ」最終話の先行カットとあらすじが到着しました。 <最終話「どろろと百鬼丸」あらすじ>炎に包まれる醍醐の城。運命に翻弄される血を分けた兄弟。どろろ、寿海、縫の方はそれぞれの想いを胸に抱え城へ向かう。 賛否両論ありますが、 日本のテレビアニメ史に刻まれた、妖怪時代劇アニメの傑作! 【第14話よりタイトルが「どろろと百鬼丸」に改題されております】 あらすじ / ジャンル Amazonで士貴智志, 手塚治虫のどろろと百鬼丸伝 4 (チャンピオンREDコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。 『どろろ』は、手塚治虫の漫画『どろろ』を原作とした日本のテレビアニメ。パイロットフィルムを含め、2019年までに3度にわたって制作されている。, 1968年1月12日、虫プロダクションが『どろろ』の題でカラーのパイロットフィルムを制作した。絵のタッチは原作に近いものとなっている。, 1969年4月6日から9月28日まで、フジテレビ系列で毎週日曜19:30 - 20:00 (JST) に全26話が放送された。虫プロダクションとフジテレビの共同制作。タイトルは、当初は原作と同じく『どろろ』であったが、1969年7月6日放送分(第14話)より『どろろと百鬼丸』へと改題された。, 総監督を務めた杉井ギサブローは当時、独立プロダクションのスタジオ「アートフレッシュ」を主宰しており、そこに文芸として所属していた出崎哲が面白いと持ったきた原作版『どろろ』のアニメ化を虫プロに提案したところ企画が通り、音楽を冨田勲に依頼したうえ、杉井の絵コンテを元にアートフレッシュがグロス請けで作画を行ってパイロットフィルムの制作を行い、1968年1月29日に完成した[1]。, 冨田による同作品の音楽背景も、前もって必要な楽曲を溜め録り録音しておく方式が採用され、曲調も基本的に少人数のオーケストラに琵琶や鼓などの和楽器を加えた編成で、必要に応じて電気的に変調させた西洋楽器の響きと男声合唱が加えられており[2]、冨田が「男声コーラスで魔物が迫ってくる感じを、琵琶の音で百鬼丸が呪いを打ち破る感じを表現した」と語る曲となった[3]。, ところが、アートフレッシュは全員で仕事を空け、どろろ体制にしたにもかかわらず、放送予定が延びたと富岡厚司から告げられた。スタジオを持っていて金が無いのは困るからと相談したが、虫プロもきつくて何ともならないと返答された。そこで、東映時代の先輩でAプロダクションの楠部大吉郎に金を貸してほしいと泣きつき、借りることには成功するが、引き換えに『どろろ』が動き出すまでの間、メンバーはAプロを通じて『巨人の星』の作画下請けをする条件を呑む[1]。しかし『巨人の星』は気が進まなかった杉井はその状態を逃れようと、『ルパン三世』の企画をAプロに持ち込み、『ルパン』のパイロットを準備している最中、カルピスが『どろろ』のスポンサーに決まる。, 1968年4月から8月くらいまでの頃には制作が本格的に始まるが、第1話完成は同年10月2日、放送開始は1969年4月6日と半年間のブランクがあり、DVD-BOX封入解説書には、放送予定が延びたのではと記されている[1]。, 1969年当時、すでに大半のテレビアニメがカラーで制作されていたにもかかわらず、同作品はモノクロ作品となっている。これは、カラーのパイロットフィルムを観たスポンサーから「夕食時に血が画面にバーっというのは生々しすぎて気持ちが悪いでしょう」とクレームがついたのに対し、杉井が、子供は大人の横から大人のドラマを見たりするものだから、この番組は思いきって子供たちに背伸びさせてみたいと思い、だからカラーでやる必要はないんじゃないかとも思ったことで「わかった、モノクロで作ればいいでしょう」と、モノクロ制作をむしろ喜んで提案したことで実現した[4][1]。社会性を見せていこうとした意図が感じられる原作だったことから、アニメも少し大人っぽい視点で通していかないとつまらないと、木版でタイトルを彫らせたり、主題歌ではなく渋いコーラス曲のテーマ曲になった[1]。, 美術監督の槻間八郎も、京都・奈良で建造物の年代を調べ、寺社仏閣、屏風図などの古い資料を詳細に撮影し、1964年に公開され室町時代を扱った東宝作品の映画『がらくた』や『七人の侍』のフィルム資料を東宝から借りて制作に臨んだ。美術背景のタッチは時代劇の重量感とリアル性を出してくれという杉井の要望を受け、墨流し、はがし、フノリの上からブラシをかけるなど、試行錯誤を重ね描きあげた[5]。アニメの百鬼丸は、緊迫感を出すため北野英明の手により原作よりも大人っぽいデザインにアレンジされたが、『少年サンデー』版の原作にいなかったノタは、原作が暗いことを描いていて気にしていた手塚の、アニメは明るくしてほしいとの要望に応え、アイドルキャラで狂言回し的な意図で登場させた[1]。, ハードな世界観の内容だったが、視聴率的に思わしくなかったため、スポンサーとテレビ局から路線変更の要求が出された結果、第14話以降は前述の通りタイトルも改変され、低年齢層を意識した内容へと路線変更される[6][7]。1クール作り終えたころ、杉井は手塚に呼び出され、「どろろを何とかギャグ物にできないか」と相談された。「僕なりに、原作ならこうなるであろうと想定して作ってきたんです。いきなりギャグ物になんて出来ません。」と返答したところ、「じゃあ、百鬼丸の最後はどうなるんですか」と問われ、「自分の体を取り戻したとき生きる目的を失うわけですから、当然坊主になって放浪ですよね」と返答したため、「そんな難しい話、子供が見ますか」と物別れに終わった。そのため杉井はプロデューサーの柴山達雄に「監督が自分で降りたら事件だから、プロデューサーのお前が俺を降ろせ」と迫るも、降りるのは許されず、「何がギャグ物だ。勝手にやれ。」とへそを曲げ、現場に行くのをやめてしまう[8]。, 柴山は、視聴者対象の年齢を絞るため『どろろ14話以降の新設定と改案』と題した書類を書き、「話をどろろ中心に。百鬼丸は、どろろの援助者として登場。」、「百鬼丸の背負っている宿命的、運命的なものは全て省略する。妖怪を倒せば体が戻るということは、パターンとしてのみ。」、「犬の活躍を前面に押し出す」、「ギャグをふんだんに入れ、全体を明るく軽快なものにする」、「出てくる妖怪も、怨霊とか執念の産物のような抽象的なものを避け、ズバリそのもの妖怪を出す」と対応策を提示した[9]。そのため、第13話完成は1969年4月2日だったが、第14話が完成した6月26日までは約3ヵ月間の空白があり、DVD-BOX封入解説書には、まさにスタッフが路線変更作業に忙殺された時間ということになろうかと記されている[7]。, 第14話以降は杉井の名前がなくなり、「プロデューサーディレクター」という名称で北野が監督を引き継ぐが[8]、実のところ北野は自分の漫画執筆が忙しく、『どろろ』の作業にはほとんど参加しておらず、『どろろ』の原画マンもアシスタントとして連れていった。高橋良輔が、オープニングのコンテでも雑務でも周りに頼める人がいなかったので、やれることは全部引き受けた、と後に語っているように[10]、実際は鈴木良武を中心として高橋や勝井千賀雄などが一緒になってアニメ版の面倒を見ており、その後も鈴木良武は杉井に報告したり相談していた[8]。, 2クール目からは、おっちょこちょいで面白いどろろを生かすためユーモラスな妖怪が多くなり、どろろが主体になったため百鬼丸は妖怪退治役でしか使えず書くほうは辛かった、と鈴木良武は後に語っており[6]、「だけど、14話以降も明るい話になりきっているわけじゃないでしょ」と杉井は語っている[8]。また、小説の執筆を担当した辻真先は雑誌『アニメージュ』の取材に対し、「当初は通年放送の予定だったため、倒すべき魔神も48体で考えられていた」と語っている[11]。, 提供スポンサーはカルピス(当時:カルピス食品工業)一社。後の『世界名作劇場』へと続く『カルピスまんが劇場』最初の作品であるが、あくまでも同作品は『カルピスまんが劇場』の1作であり、『世界名作劇場』シリーズには含まれていない[注 1]。, 後述の2019年版をCS局・時代劇専門チャンネルで放送する際には、1969年版も併せて放送されている[注 2]。, 歌詞は「ほげほげたらたら ほげたらぽん」の繰り返しで始まり、「おまえらみんなほげたらだ ほげほげたらたら ほげたらぽん」で終わる。「ほげたら」はバカモノと同義とされる。, オープニング映像は、農民一揆の絵が有名な『一揆』版と、どろろが屋根瓦をリズミカルに走る『コミカル』版が2種類(改題前と改題後)の3種類、テロップの表記や、メインタイトル部分[注 3]の変化も含めると全部で6種類あり、映像は途中から変更され時期によって違うものが流された。『一揆』版と比べて『コミカル』版は、どろろと百鬼丸が前期より多く登場する内容となっている。, 本放送時、最初期のオープニングでは「どろろのうた」は使用されず、本編や次回予告でも使用されている男声コーラスのBGMが使用された。このコーラス版オープニング映像はフィルムとしては現存しておらず、DVD-BOX発売時に現存する音声テープと『一揆』版の通常オープニング映像を合成して再現され、特典映像として収録された[12]。再放送や映像ソフトでのオープニングは、全て「どろろのうた」が流されている。, オープニングで流れる「どろろのうた」は1番と3番を繋いだ2コーラス構成になっている。テロップ上では「どろろの歌」や「どろろの唄」と表記されており、朝日ソノラマの社名も表記されていた。また「どろろのうた」の3番まであるフルコーラスのステレオ音源に関してはテイチクエンタテインメントが所有しており、テレビサイズとは歌い方も異なっている。この3番まであるステレオ音源が収録されたものはいずれもテイチクから発売されており、EP盤が1969年6月5日に『KT-28 テレビ・マンガどろろ』として「百鬼丸の歌」 [注 4]も収録されて発売されており、CDでも1998年9月23日に発売された『復刻 手塚治虫作品傑作集/鉄腕アトム』や2001年12月19日に発売された『TVアニメ・グレイテスト・ヒッツ』などに収録されている。, 後述の2019年版の放送を記念して、2019年6月7日から8月1日まで、YouTubeの「手塚プロダクション公式チャンネル」[17]より毎週金曜日と土曜日に、それぞれ2話分の期間限定(2週間)配信が行われていた。配信期間は次の通り。, 2019年1月から6月まで、TOKYO MXほかにて全24話が放送された[18][注 5]。制作はツインエンジン、放送時間は放送局の節を参照。ナレーションは麦人[20][21]が務める。, 同作品の企画がスタートしたのは2016年頃で、手塚の原作絵を活かしたアニメ化の路線も考えられていた[22]。その後2018年3月19日に新たなテレビアニメ化が正式に発表された[23]。, 醍醐の国の領主・醍醐景光は地獄堂の十二の鬼神に領土の守護と権力を願うが、代わりに生まれたばかりの息子から体が欠損する。それから16年後、盗みで生き抜く孤児のどろろは、義手に仕込んだ刀で妖怪を倒し、皮膚を取り戻した青年・百鬼丸と出会う。景光の子は川に流されたあと、医師の寿海に保護されていた。彼は百鬼丸と名付けられ、義手と義足をつけて育てられた後、失った体を求めて旅をしていた。どろろは百鬼丸の旅に同行。百鬼丸は妖怪を倒すたび、体を取り戻して行き、どろろにも心を開いて行く。, やがて妖怪を倒しても体が戻らないことに気付いた百鬼丸は、醍醐の国へ向かうと、繁栄を謳歌していた醍醐の国では戦や疫病によって再び国が乱れようとしていた。景光の息子で百鬼丸の弟・多宝丸は、百鬼丸こそが国を滅ぼす鬼神として、百鬼丸に立ち向かう。死闘の末、百鬼丸は多宝丸と最後の鬼神を倒し、全ての体を取り戻す。, 景光は再び地獄堂にこもり、亡くなった多宝丸と共に国を守る鬼神となることを願うが、景光に対し百鬼丸は「人として生きろ」と諭し、一人旅に出る。どろろは村人たちに、亡き父親が遺した隠し財産で武士に頼らない新しい国を作ることを提案。百鬼丸との再会を願いながら戦国の世を歩きだす。, 同作品では、百鬼丸の身体を奪った妖怪は、48の魔物から12柱の鬼神に変更されている。さらに菩薩像が身代わりとなったため、実際に身体を奪えた鬼神は11柱である。原作や1969年版と同じく鬼神自体には姿形はなく、百鬼丸から奪った部位を依り代に、物体や生物に憑依し変化することで現出する。作中で分かる範囲では契約を忠実に実行しており、醍醐領は繁栄の一途を辿っていたが、鬼神が百鬼丸に倒され始めるとともに、醍醐領の恵みに翳りが見え始めている。それ以外では気ままに人を襲って食らう、約定で人を利用あるいは守護するなど、行動に他の妖怪との差異は見られず、彼らが倒された時に起きる百鬼丸の身体の一部が戻る、鬼神堂の鬼神像に大きなひび割れが入る等の現象でしか、鬼神か単なる妖怪かの区別は付かない。, インターネットでは、Amazonプライム・ビデオにて2019年1月7日0:00より日本・海外独占配信中[54]。, 改題前の『一揆』版はOP中、『コミカル』版は冒頭にクレジット。改題後も引き続き冒頭クレジットされたが、途中より水面に映された『カルピスまんが劇場』のクレジットが反転してタイトルになるように変更された。, 陸奥の性別は初登場以降、作中で明言されて来なかったが、第二十二話で兵庫から「姉上」と呼ばれていた。また、同話のエンドカードにて姉弟の姓が「安江」であることが判明した。, なお、百鬼丸の第六感では百鬼丸自身も緑色に見える。ただし、琵琶丸の第六感では百鬼丸は醍醐の家の者と同様に鬼神の赤色が混ざった色に見える。, 寿海は2度接近されているが、1度目は生気を失っており生者として認識されなかったため襲われず、2度目は生気を取り戻したためようやく足に噛み付かれた程度だった。, “手塚治虫「どろろ」、幸村誠「ヴィンランド・サガ」、三宅乱丈「pet」など5作がTVアニメ化”, “「どろろ」の制作裏話も飛び出した!アニスタ「MAPPA『どろろ』スタッフトーク」公式レポート”, https://news.walkerplus.com/article/179854/, "【第十話「多宝丸の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】醍醐領内のある村では、村人が湖に棲む妖怪の犠牲になっていた。多宝丸は、側近である兵庫(CV:松田健一郎)・陸奥(CV:棟方真梨子)とともに村人のため妖怪の退治を買って出る。#どろろ #松田健一郎 #棟方真梨子", "TOKYO MXに続きBS11にて「どろろ」ご視聴いただいた皆様ありがとうございました。ワタクシ、多宝丸の側近の兵庫役で出演させていただいておりました。次回も「どろろ」をよろしくお願いいたします。#どろろ", "TVアニメ「どろろ」1月7日より、TOKYO MX等にて放送が開始されます!私は多宝丸様に仕える、陸奥という役を担当しております。陸奥は少し後の回からの登場となります。命をかけて、若についてまいります。是非、お楽しみください♡#どろろ", "【第四話「妖刀の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】戦に行った兄の帰りを熱心に祈る行商人・お須志(CV:井上麻里奈@Mari_navi)。彼女がどろろと話していると、突然百鬼丸が走り出す。その先には、妖刀を持った田之介(CV:高橋広樹@H_I_R_O_K_I____)が立っているのであった。#どろろ", "本日放送のアニメ「どろろ」でお須志役を演じさせて頂いています!とても兄想いで心優しい女性です。是非ご覧下さい!", "【第五話「守子唄の巻・上」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】慣れない「音」に苦しみ、妖怪との戦いで傷を負った百鬼丸は、荒れ寺で暮らす少女・ミオ(CV:水樹奈々)に出会う。#どろろ #水樹奈々", "【第六話「守子唄の巻・下」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】鬼神との戦いで傷を負った百鬼丸は、再びミオ(CV:水樹奈々)の世話になる。彼女は持ち前の歌声で百鬼丸を癒やすのであった。#どろろ #水樹奈々", "【第七話「絡新婦の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】蜘蛛の妖怪・絡新婦(じょろうぐも)(CV:甲斐田裕子)は百鬼丸から受けた傷を癒やすため、人間に姿を変え弥二郎という青年(CV:小松史法)を利用する。#どろろ #甲斐田裕子 #小松史法", "只今放送中!!!!【info】アニメ『どろろ』。小松史法は第七話「絡新婦の巻」の弥二郎を演じさせて頂きました。本日TOKYO MXにて22:00〜、BS11にて24:30〜放送です。AmazonPrimeVideoでの配信もあります!是非是非ご覧ください。", "【第八話「さるの巻」この後24時30分よりBS11にて放送!】ある村では、黒雲をまとう大百足の鬼神を鎮めるために、若い娘を生贄として捧げる習わしがあった。姉が生贄となった少年・さる(CV:金田アキ)と共に、百鬼丸はどろろと協力し鬼神に立ち向かう。#どろろ #金田アキ", "【第九話「無残帳の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】熱で朦朧とするどろろは、父・火袋(CV:三宅健太)と母・お自夜(CV:藤村歩)とのかつての日々を思い出す。#どろろ #三宅健太 #藤村歩", "どろろ イタチを演じさせていただきました!実は収録日に声が出なくなり、だましだまし喋っていたのですが、それを見て、どろろ役の鈴木梨央ちゃんが、喉に良い漢方のチュール的なものを次の収録時に差し入れてくれたんですよね( ; ᯅ ; `)本当に良い子だ・・・どろろも梨央ちゃんも", "【第十八話「無常岬の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】サメの鬼神が咆哮を上げ、身動きの取れないどろろに襲いかかる。その頃イタチ(CV:佐藤せつじ)は地図を手に山道を登っていた。#佐藤せつじ #どろろ", "【第十一話「ばんもんの巻・上」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】醍醐領に入ったどろろと百鬼丸は、国境の砦跡地に残る1枚の巨大な板塀「ばんもん」の存在を聞く。二人がばんもんに向かうと、助六(CV:竹内順子)という少年に声をかけられる。#どろろ #竹内順子", "TVアニメ #どろろ 第十一話「ばんもんの巻・上」に出演させていただきました! 実はあの方1話に登場した女房で…ショックでしたよね…これからご覧になる方、よろしくお願いいたします! 子守唄も一緒に歌ってください!", "【第十四話「鯖目の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】どろろと百鬼丸は訪れた焼け寺の跡地で、辺りを治める鯖目(CV:遊佐浩二)という男に出会う。鯖目の屋敷に招かれ焼け寺と妖怪の話を聞くが、不審な点を感じる二人。#どろろ #遊佐浩二", "【第十六話「しらぬいの巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】どろろはイタチに連れられ、火袋が金を隠したとされる岬へと向かう。岬に渡るための舟を探していると、片腕の少年・しらぬい(CV:木島隆一)に声をかけられる。#どろろ #木島隆一", "#どろろ の しらぬいを演じる事が出来て光栄です。今夜の放送をお楽しみに!!!", "【第十九話「天邪鬼の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】どろろと百鬼丸は折れた刀を直すため、宗綱(CV:山路和弘)という刀鍛冶が住む村を訪れる。宗綱の家に向かうと、娘のおこわ(CV:宮本侑芽)の出迎えを受けるのであった。#どろろ #山路和弘 #宮本侑芽", "【第二十話「鵺の巻」この後22時よりTOKYO MXにて放送!】妖怪を探し山道を歩いていたどろろと百鬼丸は、賽の目の三郎太という少年(CV:中村悠一)に出会う。自分も妖怪を狙っている、と言う三郎太と共に退治に向かうのであった。#どろろ #中村悠一", "【お知らせです‼】TVアニメ『どろろ』第14話にマイマイオンバ役で出演させて頂きました‼手塚治虫先生の作品に参加できるなんて、本当に本当に幸せです‼(*´∀`)✨来週もぜひご覧ください#どろろ", “『どろろ』EDテーマは、amazarashi書き下ろしの新曲「さよならごっこ」に決定! 楽曲を使用した第三弾アニメPVも公開”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1544678476, どろろ:アニメ・映像wiki:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト, どろろ(パイロット):アニメ・映像wiki:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=どろろ_(アニメ)&oldid=80348698, 雲龍寺の上人、白面不動、和尚(四化入道)、地蔵(おんぶら鬼)、彦爺、五郎左、徳兵衛 -. どろろ アニメ版あらすじ 父親の立身出世の為に、48匹の妖怪との契約で、その身体を48ケ所を、奪われて生まれた主人公、"百鬼丸"。 手塚治虫の傑作マンガの一つに数えられる「どろろ」を原作に、1969年にtv放映された戦国アニメ・シリーズ。 妖怪時代劇アニメの最高傑作。 あらすじ 2019年版アニメ「どろろ」のデータ&レビュー(感想)をまとめています。原作、制作陣、主題歌、声優、あらすじなどのデータと、個人的な感想、総評価まで。 contents「どろろ」は、手塚治虫の漫画を原作とする作品 … 忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。. 手足をはじめ、身体のほとんどを妖怪に奪われた状態で生まれた主人公・百鬼丸が、相棒であるどろろと共に妖怪退治をしながら身体を取り戻していくというダーク・ファンタジー要素を取り入れたアクション時代劇ものとなっています。. まず、アニメ『どろろ』の公式のあらすじは以下のとおりです。 ここでは1話ごとの簡単な内容を書いていきます。 簡単に書くので、「どろろを見逃したぁ~」という詳しく知りたい方は、最新話が観れる『アマゾンプライム』で見るとよいかと思います。 『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1967年35号から1968年30号まで連載された後、『冒険王』(秋田書店)にて1969年5月号から10月号まで連載された。戦国時代の日本を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返すべく旅する少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろの戦いの旅路を描く。 実写映画. 原作、アニメ、ゲーム. 『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1967年35号から1968年30号まで連載された後、『冒険王』(秋田書店)にて1969年5月号から10月号まで連載された。戦国時代の日本を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返すべく旅する少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろの戦いの旅路を描く。[1], 1967年8月27日号より『週刊少年サンデー』(小学館)で連載が始まるが、暗く陰惨な内容が読者に受け入れられず、手塚が内容に対する迷いを感じ始めたこともあり、単行本では「無常岬の巻」にあたる話の1968年7月21日号の回で1度連載終了となり、「第一部・完」と表記された[2]。テレビアニメ化に伴い掲載誌を替えて1969年、『冒険王』(秋田書店)で5月号から10月号まで連載された。5月号とその別冊付録、6月号に掲載された最初の2回は、過去の原稿の再録や改変を行い設定を一新した新たな内容の序盤が掲載され、続いて新作が連載されて、アニメ終了時期と同じ10月号で一応の完結をみるが、こちらもストーリーとしては途中までとなり、きちんとした物語の完結には至らなかった。単行本は『週刊少年サンデー』連載分をもとに『冒険王』連載分もまとめられ、最終ページの地獄堂が戦火で焼失したくだりなどを含めた加筆、細部の変更、修正、削除を加えられて発刊されたが、見開きや扉絵は収録されていない。単行本は、連載された話の順番を入れ替えた秋田書店サンデーコミックス版と、後に連載順の内容で編集され細かな修正がなされた講談社手塚治虫漫画全集版の2種類が存在しており、全集の発売後に出版された文庫サイズの漫画は秋田書店、講談社どちらも全集版と同じになっている。また、『冒険王』の弟誌である『まんが王』には、手塚プロ制作のセル画漫画によるどろろも1969年4月号から10月号まで連載された。漫画以外のメディア展開は上記のテレビアニメの他、後年にゲームソフト、実写映画も製作された。, 時代劇で妖怪物という、かなり特殊なジャンルとして発表されたが、手塚が雑誌で語っているとおり、その暗さから明るいものばかりの漫画の中で当時の読者に受け入れられにくく不人気であった。内容は手塚得意のバラエティ豊かなドラマ、特に戦争に対する庶民の怒りが語られ、1つの村が隣国同士の争いに巻き込まれて「ばんもん」という壁に分断されてしまう「ばんもんの章」は、ベルリンの壁や板門店に対する強烈な風刺で描かれている。ちなみに退治した妖怪が何匹目なのか、作中で何度か言及がなされているが、これらの数字は連載当時の様々な理由により、全体的には必ずしも整合性は取れていない。, 本作は漫画としては中途半端な形で終了したが、1969年のテレビアニメ版では漫画で描かれなかった部分も補完され、全ての魔物を倒し完結している。アニメは放映開始初期は原作と同じ『どろろ』だったが、途中から百鬼丸の名もうたったタイトル『どろろと百鬼丸』に変更がなされて放映された。再放送については、全身に欠損を持つある種の障害者と盗賊の孤児が主人公ということで、障害者差別など微妙な問題が多く、CS放送の時代劇チャンネルなどを除き地上波ではほとんどなされていない。モノクロ作品である点も再放送されがたい理由である。鈴木良武も1978年のインタビューで、「今でも人気があるが、絶対に再放送できない。いろいろ問題があるから。用語にも」と語っている[3]。, こうしてかなり不遇な境遇を歩まされた作品であったが、奪われた身体を取り戻すために妖怪と戦いながら冒険するという設定や、義手、義足の中に刀や爆薬などの武器を仕込んだ主人公というアイディアが一部に受け、カルト的なファンを生みもした。小説家の大沢在昌も「手塚作品の中で最も好きな作品」と語っており[4]、漫画家の小林よしのりも「ドロドロと情念が渦巻いていた感じが良かった」と述べている。『魍魎戦記MADARA』の主人公・摩陀羅の生い立ちや設定も、百鬼丸をモチーフにしている[5][6]。, 『どろろ』というタイトルは、手塚の「友達の子供」が泥棒のことを片言で“どろろう”といったことをヒントにした、と手塚は記している[7]。手塚治虫漫画全集のあとがきでは「友だちの子どもが」ではなく「ぼくの子どもが」となっているが[8]、これについて手塚プロダクション公式サイトのコラムで黒沢哲哉は、説明が煩雑になるのを避けて簡略化したためだろうと解説している[9]。「ぼくの子どもが」と述べられている手塚の長男・手塚眞も「(どろろうと言っていたことを自分は)まったく覚えていません[10]」、「僕が言ったのなら父は「子どもが」とは書かず「息子が」と書くと思う。僕が小さい頃うちに泥棒が入ったことがあり、もしかしたらそのときに誰かが「どろろう」と言ったのかも知れないし、あるいはそう言っていなくても父にはそう聞こえたとか。ちゃんと確かめておけばよかったが、今となっては謎のままなのも、それはそれで面白いかなと思っている[11]。」と見解を述べている。, 単行本化するにあたって内容の書き直しが行われており、どろろを殺せば百鬼丸が元の身体に戻れるという『冒険王』連載当時の設定も、単行本ではなくなっている[注 2]。2013年3月に国書刊行会から刊行された『手塚治虫トレジャー・ボックス どろろ』には、『週刊少年サンデー』版、『冒険王』版と5月号付録版、カラーの扉絵やイラスト、『週刊少年サンデー』1968年2・3号の企画「特別大画報どろろ百鬼」、「特別大画報どろろ妖怪屋敷」、「紅白ものまねまんが合戦」[注 3]が雑誌掲載当時の内容で収録された。ただし、『別冊少年サンデー』4月号、6月号、8月号に掲載された4色や2色のカラーページは収録されていない。, 『どろろ』について手塚は手塚治虫漫画全集のあとがきにおいて、「水木しげるが描く一連の妖怪もののヒットと、それに続く妖怪ブームにあやかり作り上げたキワモノ」と語っている[8]。しかし、この発言について手塚プロダクション公式サイトのコラムで黒沢は、妖怪マンガの大ブームが巻き起こる最中に後追いで『どろろ』を発表したような印象を受けるが、本格的な妖怪ブームが始まったのは水木の『ゲゲゲの鬼太郎』が1968年1月にアニメ化したことで始まったのに対し、『どろろ』の連載が始まったのは『週刊少年サンデー』1967年8月27日号で、連載開始が妖怪ブームよりも半年から1年も早かったことを指摘した上で、ブームを他人よりもいち早くとらえていた手塚の流行アンテナが鋭すぎるゆえに、そのように語ったのではないかと書いている[11]。, ただ、水木しげるの『悪魔くん』がテレビドラマ化されたのが前年の1966年10月からで、これが妖怪ブームのきっかけになっており、マンガとしての『ゲゲゲの鬼太郎』が人気を呼んだのも、読み切り掲載から連載漫画に昇格した『少年マガジン』1967年5月7日発売号(19号)「吸血鬼エリート」の回からで、『マガジン』の妖怪特集は既に本格化していた。その点で、黒沢の考察は決して正しいとは言えない。『どろろ』の連載が妖怪ブームの後追いであることは事実である。, 原作は最後の魔物を倒すところまでいかない状態で終了しているが、このことが物語のその後や多数のリメイク制作を喚起する要因になっている。この欠損に対して、後述のPlayStation 2版では百鬼丸が身体を全て取り戻すという補完が行われている。手塚作品の中でもリメイクが果敢に挑戦されている作品のうちの一つで、実写映画版は、どろろが大幅に原作と違う設定で描かれていたり、架空の異世界が舞台になったりしている。, 2005年12月9日に秋田書店から発売された、様々な漫画家が『ブラック・ジャック』を描いたアンソロジー『ブラック・ジャックALIVE』2巻に収録されている永井豪の「嵐の夜に」では、武器をもっと強力なものにして欲しいと百鬼丸がブラック・ジャックに依頼、左脚に仕込まれた火炎放射器で万代を、右足に仕込まれたミサイルで九尾の狐を、右腕に仕込まれたガトリング砲でなぜか金小僧を倒し、どろろと共に立ち去る。, 『ヤングチャンピオン』では道家大輔による『どろろ梵』が連載され、『チャンピオンRED』では士貴智志による『どろろと百鬼丸伝』が2018年12月号から連載されており[注 4]、後者は単行本の第1巻が2019年4月19日に発売された[12]。また、カネコアツシの漫画『サーチアンドデストロイ』は『どろろ』を原作に描かれた近未来SFになっている[13]。この他、田畑由秋・大熊ゆうごによる『ヤング ブラック・ジャック』で、『どろろ』をモチーフにした「無残帳編」が描かれている。, これらリメイク作品には前述の永井をはじめ、PlayStation 2版に沙村広明や雨宮慶太なども関与しており、『どろろ』という作品に対する支持の大きさを物語っている。, なお、『手塚治虫トレジャーボックス』にも掲載されている『週刊少年サンデー』1968年2・3号の企画「紅白ものまねまんが合戦」では、4名の漫画家藤子不二雄、つのだじろう、板井れんたろう、赤塚不二夫が描いた『どろろ』の漫画と、各作品への手塚のコメントが掲載された。, 永井豪&ダイナミックプロのマンガ作品『ドロロンえん魔くん』とコラボした永井豪の作品『どろろとえん魔くん』は、成長したどろろが主人公になっており、妖怪退治をしていれば百鬼丸と再会できるかも知れないと、偶然出会ったえん魔くんの力を借りて旅をするという内容で、最終話では異形の存在になった百鬼丸も登場する。当初は2012年11月16日号に読み切りで掲載され、2013年2月22日号から2014年3月7日号に連載で『週刊漫画ゴラク』に掲載された[14]。, 手塚治虫や手塚プロダクションのスタッフが描いたイラストには、原作やアニメには登場していない妖怪がいる。, 手塚治虫マンガ大全や手塚治虫トレジャーボックスにも掲載されており、週刊少年サンデー1968年2・3号掲載の手塚治虫が描いたイラスト『特別大画報どろろ妖怪屋敷』には、寿海と幼少の百鬼丸を取り囲む22体の妖怪『長壁(おさかべ)』、『ふぐなめ』、『獅子小僧』、『おとろし[注 11]』、『がごぜ』、『塗仏』、『ひんそう』、『天井くだり[注 12][注 11]』、『なめ婆(なめばば)』、『そでびき』、『青行燈』、『ケラケラ女』、『ヘラたたき』、『骨女[注 11]』、『おおかぶろ』、『手の目』、『のっぺらぼう』、『見越し』、『きつつき』、『ひょうすべ[注 11]』、『青ぼうず』、『ぬらりひょん』が紹介されているが、この妖怪は鳥山石燕の画図百鬼夜行に描かれている妖怪である。, 手塚治虫文庫全集どろろ2巻の表紙などに使われている手塚治虫が描いたイラストには4体[注 13]、手塚治虫マンガ大全や手塚治虫トレジャーボックスにも掲載されており、週刊少年サンデー1968年2・3号掲載の手塚治虫が描いたイラストで「これからもどろろに、ぞくぞく登場する妖怪は、これだ!!」と銘打たれている『特別大画報どろろ百鬼』には13体が描かれている。DVD-BOX封入解説書にも掲載されており、冒険王1969年9月号の特集に当時は手塚プロダクション所属だった井上智が描いたカラーイラストで「これからどろろにぞくぞく登場する妖怪はこれだ! あらすじ “韋駄天” × “魔族” × “人類”、何が起こるか誰にもわからない禁断のバトルロワイアルがいま始まる――! ... アニメーション制作:mappa(「呪術廻戦」「ドロヘドロ」「どろろ」) 関連記事. みたいですね。 寧ろ原作と大幅に変えてきたのが. どろろ(公式サイト) 【評価】78点ストーリー:★★★キャラ:★★★作画:★★★★おすすめ:★★★★判定:並アニメ 【良かったが終盤のシナリオに不満】こういっ… どろろ あらすじ 『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1967年35号から1968年30号まで連載された後、『冒険王』(秋田書店)にて1969年5月号から10月号ま … !」と銘打たれている『どろろと百鬼』には21体[注 14]が描かれている[注 15]。, 以下に、『特別大画報どろろ百鬼』で紹介されている妖怪13体と、手塚治虫文庫全集どろろ2巻の表紙などに使われている手塚治虫が描いたイラストの妖怪2体、手塚プロダクション所属だった井上智が描いた妖怪7体を記載する。, 1968年に虫プロダクションがパイロットフィルムを制作し、テレビ放送番組作品としては虫プロダクションが1969年に、MAPPAが2019年にアニメ化している。, 1969年10月3日に朝日ソノラマから児童向け小説がハードカバーで出版された。作者はアニメ版の脚本も手掛けた辻真先で、挿絵は北野英明が担当している。ジャンルは「戦乱妖怪ヤング」。1978年9月には表紙の絵が異なる文庫本で発売された。長らく絶版になっていたが、2007年の映画公開に際し、同社からハードカバーの四六判として復刻された。原作の「無情岬の巻」までをノベライズしているが、肉体を取り戻す順序は大きく異なり、最終的に百鬼丸は両腕を奪還している。細かい差異を挙げていくと「ばんもんの巻」にて多宝丸が死なない、みおが「妖刀の巻」の登場人物になっている、妖刀の名称が「蛭川」になっている、しらぬいが登場しない、オリジナルの「やろか水」「山爺」という魔神が登場する、など。また地の文にて、どろろが男性であると断言されている。執筆は原作漫画やアニメの結末を知らされない状態で開始され、アニメの打ち切りに合わせて脱稿も前倒しされた[15]。どろろの性別が原作と異なるのもそのためである[15]。, 2001年には、学研M文庫で伝記Mシリーズとして新たなノベライズ版が発売された。作者は、かつて虫プロダクション文芸部に在籍していた鳥海尽三、表紙の切り絵は渡辺文昭[19]。7月13日に1巻「百鬼丸誕生」、9月14日に2巻「妖刀乱舞」、11月16日に3巻「崩壊大魔城」が発売された。寿海が京都・鞍馬に住まう明国帰りの医術師、寿海が薬草を採集中に物の怪に襲われたとき、川を流れる赤子の百鬼丸を拾い、磐座大明神の加護で難を逃れる、寿海が恩師「瑶陀」が教えた念動力で百鬼丸に医術を施す、百鬼丸の幼名が鬼若、百鬼丸が修行で念導力を習得、百鬼丸に出生の秘密を告げるのは夢に現れた魔像、琵琶法師の名が「法一」、百鬼丸が琵琶法師から北辰秘鷹剣の技を習うなど、原作の設定を大まかに踏まえつつも原作などとは異なる内容になっている。, 2006年12月7日には、実写映画化に先立ち朝日文庫からNAKA雅MURA作の映画版ノベライズが上下巻同時刊行された。映画では割愛された内容が盛り込まれており、映画とはシーンやキャラクターが全く違う部分もある。, 1989年1月10日にクエイザーソフトから発売されたアドベンチャーゲーム。PC-8801mkIISR以降の機種に対応。, 未完に終わった漫画版の続編かつ完結編になっており、手塚治虫の絵柄に極力似せて作られている。『ふしぎなメルモ』のキャンディが登場し、それを食べたどろろが年頃の女性になるというファンサービスもある。, 2004年9月9日にセガからCEROレイティング15歳以上対象のPlayStation 2用ソフトとして発売。ジャンルはアクションアドベンチャーゲーム。制作はセガ。企画・シナリオ・設定はレッド・エンタテインメント、キャラクターデザインは漫画家の沙村広明、魔神・妖怪のデザインはアニメーターの前田真宏、タイトル題字・美術設定はデザイナーの雨宮慶太が担当している。, 内容は原作をなぞりつつも、原作やアニメでの48体の魔物は本作では48体の「魔神」となっている。原作やアニメに登場しないゲームオリジナル魔神も含めて48体の魔神全てと戦えるようになっているが、原作とは名前や設定が違っている魔神も少なくなく、鮫の魔物・二郎丸とアニメオリジナルの魔物は登場しない。48体の魔神には、姿形がほとんど同じで色違いなだけの魔神が何体もいる。多宝丸や景光らの人生も原作などとは異なる。どろろの設定も冒険王版の設定に近いものとなっているほか、どろろに潜み一体化している魔神が最後の魔神となっており、ゲームオリジナルの結末を迎える。年齢制限にかかる重い設定は極力排除し、現代的にリメイクしている。特に百鬼丸の身体のギミックは大幅に変更され、マシンガンや大砲が義手・義足に仕込まれ、原作にあった足の「焼水」や鼻の爆弾「雷玉」などは無くなっている。, 48箇所の部位を取り戻すという原作の設定を上手くゲームデザインに取り込んでおり、目が戻って視界が白黒からカラーになる、触感が戻ってコントローラが震えるようになる、腕が戻って二刀流になる、足が戻ってダッシュが可能になるなど、魔神を倒すたびに百鬼丸に様々な変化が起こる(目立った変化がなくとも、パラメータの上昇に反映される)。取り戻した部位については、その間の百鬼丸の代替方法とともに解説が入る。, 予約特典として冒険王版から抜粋した全56ページのB6版漫画小冊子が付属。メーカー直販のセガダイレクトでは、予約特典として金小僧のストラップ、魔神、どろろ、百鬼丸などのイラストが印刷されたどろろトランプが貰えた。, 2007年1月27日に公開された実写と特撮による日本映画。監督 - 塩田明彦 / 製作 - 「どろろ」製作委員会 / 配給 - 東宝。, 『新浄瑠璃 百鬼丸~手塚治虫「どろろ」より~(しんじょうるり ひゃっきまる てづかおさむ どろろ より)』と題して、劇団扉座主催、横内謙介作・演出で2004年と2009年に上演され、2019年にも上演された[20]。, 2019年放送のテレビアニメと共に制作が発表された。主演の百鬼丸役はテレビアニメ版同様鈴木拡樹が務め[21]、脚本・演出を西田大輔が、脚本監修を小林靖子が手がける[22]。, 後にセガから発売されたPS2版『どろろ』の初回特典として、百鬼丸がどろろを殺せずに思い悩むシーンを抜粋した小冊子が付属した。, 手塚を始め、当時『週刊少年サンデー』に漫画を連載中の漫画家8名が「紅組」と「白組」に分かれ、紅組は『どろろ』、白組は『, 原作の単行本には、女の子であることを匂わせる場面がたびたびある。また、目に上まつげが描かれており女の子に見えるように描かれているコマもある。ただし1969年の小説版を執筆した, 手塚治虫文庫全集どろろ2巻の表紙などに使われている手塚治虫が描いたイラストでも百鬼丸の左上に描かれている。, DVD-BOX封入解説書では「もし27話以降も放送が続いていたら。こんなユニークな化け物たちと戦う百鬼丸のもう一つの旅路を、私たちは目にすることができたかも知れない」と解説されている。, “捜し出し、破壊しろ!