ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ (1749–1832)は、多作なドイツの詩人および作家でした。彼の作品の中には多くの引用(ドイツ語でzitate)があり、それらは今や世代を超えて受け継がれてきた有名 … ゲーテ。 聞いたことはある名前。有名だね! ・・・でも。実際ゲーテの文章を引用してみて!と言われたら、困ってしまいます。ゲーテの詩をドイツ語で暗唱できる方は、相当教養のある方ではないで … ドイツを代表する文豪、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ… ゲーテの名言集 一覧 ゲーテの名言 第2集 ※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています … ゲーテは『ファウスト』や『若きウェルテルの悩み』で有名なドイツの詩人で、科学者、政治家、法律家と何でもできた天才である。しかし「凄い人」というイメージばかりが独り歩きしてしまい、実は卑猥な詩 … 天才ゲーテの人生の時期に応じた多彩な側面を、一冊で知ることができる編集といえると思う。全部の詩の中で、私が一番気に入ったのは「魔王」だ。馬車で走る親子に魔王が迫るという有名なもの。 … ホーム > 発言者別の名言集 ヨハン・ゲーテの名言 ヨハン・ゲーテはドイツの文豪・詩人です。 代表作「若きウェルテルの悩み」は今も色あせない名作として世界中で読まれています。またゲーテの詩は多くの作曲家たちの詩に引用され、特にシューベルト作曲の「魔王」が有名 … とても有名な話です。 しかしいまは、実際には言っていないという説が有力になっています。 ゲーテは目が弱っていたのでベットの上で「もっと窓を開けて明るくしてくれ」と言い、その言葉を担当の … ゲーテの詩と音楽 フランクフルト国際空港に私は降り立った。列車に乗り15分で中央駅に到着。古風な感じの町並みで、銀杏(イチョウ)の絵やイラストをよく見かける。イチョウ並木でもあるのかと … ゲーテの名が初めて日本に知られたのは明治初年であるが、本格的なゲーテ受容は森鴎外(おうがい)によるゲーテの詩、とくに『ファウスト』の翻訳(1911)に始まる。ゲーテの本格的研究書のなかでは木村謹治の『若きゲーテ … 代表作は『若きウェルテルの悩み』『ファウスト』など。. きっと、生きる道が見えてくる 」、「 その夢を失くして、生きてゆけるかどうかで考えなさい 」などがあります。. ドイツの詩人ゲーテの代表作「ファウスト」。古典文学としてだけではなく、オペラや舞台でも人気のある作品です。そんなファウストのあらすじをサクっと3分でわかるようにまとめました。さらにゲーテ … ゲーテの名言・格言. ドイツを代表する文豪として知られており、ドイツ人にとっても特別な … この最も有名なリード8曲のうちの3曲、リード全体のうちの実に74 曲が、ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ(1749~1832)の詩に作曲されたものである。 ゲーテとは何者か、ということは、ここで今 … ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年~1832年)は、ドイツの詩人であり小説家です。. この詩はゲーテによって1782年のジングシュピール『漁師の娘』(Die Fischerin)の一部として作詞された。 この詩は多くの作曲家によって歌曲の詞として用いられた。中でも最も有名なのがシューベ … ゲーテは誰もが知る小説家として有名ですよね。 でもちゃんと読んだ事ないという人や、一度は読んでおきたいというは人いませんか? そこでゲーテのおすすめ小説と魅力に迫ってみたい … ゲーテによる詩では、オリュムポスの最高神ゼウスに見初められ、天界にあげられるガニュメーデースの心が歌われている。 シューベルトの有名な曲一覧はこちら ベートーヴェンとゲーテ 劇音楽『エ … 叙事詩『ヘルマンとドロテーア』など、数々の有名な作品を世に送り出し、 ドイツ古典主義 を代表する文豪になるのです。 ゲーテにまつわるエピソード ここでは、ゲーテの知られざるエ … ゲーテの詩が用いられた有名な歌曲 シューベルト 魔王 お父さん、魔王のささやきが聞こえないの? 魔王が僕を苦しめる! シューベルト 野ばら 私を捨てる貴方に残す 哀れ野バラの愛のトゲ 関連ページ モーツァルトの有名 … 『ゲーテ』の有名な詩『銀杏の葉』をご紹介します。<銀杏の葉>東洋からはるばるとわたしの庭にうつされたイチョウの葉は賢い者のこころをよろこばせる深い意味をもっている。これ … 天才ゲーテの人生の時期に応じた多彩な側面を、一冊で知ることができる編集といえると思う。全部の詩の中で、私が一番気に入ったのは「魔王」だ。馬車で走る親子に魔王が迫るという有名なもの。 … 晩年のゲーテが自らの青年時代を振り返って記した自伝がこの『詩と真実』である。アウグスティヌス、ルソーの『告白』と並び、三大自伝の一つに数えられており、作品としての完成度には折り紙付きだ。『若きウェルテルの悩み』の素材となった恋の模様も語られる本書は、ゲーテ … シューベルトはゲーテの作品に非常に多くの曲を付けており、シューベルトが生涯作曲した600曲の歌曲のうち70曲ほどがゲーテの詩に作曲されました。特に有名なものとしては「魔王」「野薔薇」「糸 … ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe, 1749–1832)が植物について思索を深めていたことが知られている。ゲーテが西洋古代詩の韻文形式の模倣であるElegie(悲歌)〔1〕を用いて詩作していたことも知られている。ゲーテがElegie形式を用いて植物のことを詠った詩がある。以下、悲歌植物の変態(Die Metamorphose der Pflanzen, 1798)のWildによる解説〔2〕の摘要を記す。 この詩のRichterによる解説も手元にある。面白そうだから読み比べをしてはどうだろうか。 原文・原語を併記していますが、 … フランス文学と詩の世界を楽しむ・・フランソア・ヴィヨン以来今世紀に至るまで、フランス文学は多くのユニークな詩人と作家を輩出してきた。その世界はシェークスピアのイギリスとも、ゲーテの … なおゲーテの作品は彼自身の現実の生活を詩化したもの、という捉え方はかなりの程度で真実味を帯びている。 さて、3つの節からなる歌の中でミニヨンがヴィルヘルムに問いかける「国」、「家」、 … ゲーテの詩の中で何が一番有名、好きですか? 「神よ、何故、私ははかなく滅びる身なのでしょうか」美が尋ねた。神は答えて言った。「私はただはかなく滅びる物だけを美しく作ったの … 18歳の少女に恋した73歳のゲーテ ドイツの文豪ヨハン・ゲーテ(1749~1832) 彼の作品の中で最も有名な『野ばら』の詩を作ったのは、フランス東部、ストラスブールの北約30キロのゼーゼンハイム村。 1770年秋、ストラスブール大学の法学生だったゲーテ … またゲーテは、小説家や劇作家、詩人として有名ですが、ヴァイマール公国のカール・アウグスト公から招かれ、公国の大臣を務めた政治家でもあります。 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 自然科学者としての業績 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe[1]、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ド … ゲーテの名言には「 自分自身を信じてみるだけでいい。. ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年~1832年)は、ドイツの詩人であり小説家です。ドイツを代表する文豪として知られており、ドイツ人にとっても特別な存在のようで、その作品に影響されて多くの音楽家が曲を書いていることでも有名。そんなゲーテの代表作やおすすめを紹介します。, 多くの名言を残していることでも知られています。25歳の時に書いた「若きウェルテルの悩み」で一躍有名になりヨーローッパ中に名前が広がりました。, ゲーテは実業家で裕福な家庭に生まれました。教育熱心な父親だったこともあり、ゲーテは幼い時から恵まれた教育環境で育ちました。16歳でラウプツィヒ大学で法律を学び、21歳でシュトラスブルクの大学で作家、詩人としての道へ進む重要な人物との出会いがありました。, ゲーテと並んでドイツの偉大な作家として知られるのがフリードリヒ・フォン・シラー(1759年~1805年)です。ゲーテと共にドイツ古典主義を築いたと評されており、生前からゲーテとシラーは互いになくてはならない親密な存在でした。, 美食家としても知られるゲーテ。晩年はビールを好んでいて、朝から大きなグラスでビールを飲んでいたといいます。シュヴァルツという黒ビールがお気に入りだったそうで、今でも販売されています。ご興味がある方はぜひこれから紹介するゲーテ作品を読みながら、ゆったりとビールを楽しんでみては?, ドイツ文学の大御所ゲーテの作品から、一度は読んでおきたいおすすめの代表作をご紹介いたします。, 25歳の作品。主人公の青年ウェルテルにはに愛してやまない女性シャルロッテがいました。しかし、交友関係のあるアルベルトの許嫁で叶わぬ恋でした。忘れようと一旦はシャルロッテの元を離れ新天地へ行きますが、忘れられずにもがき苦しみます。, 元の土地にに戻ってきたウェルテル。アルベルトもシャルロッテもウェルテルの気持ちを察していましたが、交友関係は続き三角関係へと発展します。ウェルテルはシャルロッテへの気持ちを抑えることができず、耐えられなくなって遂にピストルで自殺してしまいます。, 人生に悲観して自殺しようとしていたファウストの前に悪魔メフィストへレスが現れて魂を売って契約を結ばせます。20代の青年に若返り美しいマルガレーテに恋をします。彼女はファウストと逢い引きするために睡眠薬の量を誤って母親を殺してしまいます。彼女は狂い、ファウストとの子供を殺して死刑囚となり自身も牢獄で死にます。, 着想から実に60年の歳月をかけて書き上げた大作でゲーテ最後の作品となりました。ゲーテはシラーがいなければ「ファウスト」は完成していなかったと語ったといいます。, 主人公ヴィルヘルムという青年が18世紀のドイツで、ひとりの女性との恋にやぶれ演劇に身を捧げます。人性の明暗を体験したり、様々なことを学びながら成長していくようなジャンルの小説で教養小説といわれています。, ゲーテによって書かれた古典的な教養小説は、トーマス・マンが範としたドイツ教養小説の代表作です。, 「ファウスト」を題材にフランツ・リスト、グスタフ・マーラー、ベルリオーズ、シューマン、グノーが作品を書きました。ゲーテから最も影響を受けたシューベルトを中心にご紹介します。, 「歌曲王」といわれたシューベルト。600曲の作品のうち約70曲がゲーテの作品を題材として書かれています。「魔王」「野ばら」「糸を紡ぐグレートヘェン」「ガニュメート」などが知られています。, 1815年に書かれた作品で最も有名です。シューベルトはゲーテに献辞と原稿を送りましたが、送り返されてしまいます。しかし、シューベルトの死後には「イメージが絵のようにはっきりと浮かんで見えるようだ」と評価したといいます。, ゲーテとベートーヴェンは交流があり、歌曲にゲーテの作品を9曲書いています。お互いにお互いを高く評価していました。, ゲーテの「エグモント」を題材に書かれました。ソプラノ独唱を伴う曲を含み9曲から成りますが、現在では「エグモント序曲」が単独で演奏されることがほとんどです。, フランスの作曲家ポール・デュカス。完全主義者ゆえ、自分が納得できなかった作品は全て破棄され、わずか13曲だけ遺されています。, 1897年に書かれたデュカスの自信作です。ディズニーの「ファンタジア」にも取り上げられていますが、音楽と映像がとてもマッチしていて大人が観ても楽しめます。, 「もっと光を!」がゲーテの最後の言葉だというのは有名ですが、とても印象深い言葉で死ぬ間際までゲーテは詩人だったと改めて思うエピソードです。何かに行き詰まったり壁を感じ時にゲーテの名言を読んでみてはいかがでしょう。きっとヒントが見つかるかもしれません。そして、是非今回の記事を参考にゲーテの作品を読んでみてください。. ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe 、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。 シューベルトの音楽人生にとって当然重要な作品だが、ゲーテ自身に楽譜を送ったものの全く評価してもらえなかったという話も有名だ。ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832)の詩 … 827 ゲーテの自然科学研究とその思考方法について 631 であり,学聞においてもゲーテの生まれた年にピュフォンの『自然史』が出版 されたことが象徴的に示しているように,学聞がまだ全体的に捉え … 小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など、様々な分野で後世にも評価される作品を残しています。 ゲーテの有名な名言や格言 … ュバイネハクセとアイスバイン, ドイツ語で4つある「教える」という単語イメージの紹介, ドイツには法律で決められた「安静時間」があるって本当?, ドイツでくしゃみをした時に使う「Gesundheit」。それ以外の言い方はある?, 曖昧な日本語の決まり文句、ドイツ人的にドイツ語では何と言う?, ドイツの身分証明書、IDカードについて, オンラインドイツ語のECOMドイツ語ネット, ドイツ版おせち料理?エルツ山脈のクリスマス料理「das Neunerlei」(9でできた料理), X’mas後の12月25日から1月6日のドイツSternsingerという習慣, ドイツで目にする逆さクリスマスツリー , ドイツ語の面白単語「hundeelend」“犬のようにみじめな”, ドイツで風邪を引いた時の定番食事メニュー3選. 会社をリタイアしたとき、それまで心に描いてきたわが余生の楽しみの一は云うまでもなく読書だった。真っ先に頭に浮かんだのはダンテの「神曲」とゲーテの「ファウスト」だがそれにはわけがあっ … 「ここでは己も人間だ、人間らしく振舞っても好いのだ」は、この詩の中の一番有名な箇所ですね。 ここだけでも知っているとよいですよ。 みんなさんも、今年の春を楽しめるために、イースターの散 … この詩はゲーテによって1782年のジングシュピール『漁師の娘』(Die Fischerin)の一部として作詞された。 この詩は多くの作曲家によって歌曲の詞として用いられた。中でも最も有名なのがシューベ … 2019.07.18. © Delight Creation Inc. All Rights Reserved.