タイ国内でどうしても大気汚染から逃れたい方は海のリゾート地が充実したタイ南部に行かれてはどうでしょうか。 ④大気汚染の対処法. 2019/10/7; タイ・Bangkok Post紙(2019年9月29日付 社説)を基に、ドットワールド編集部が解説した。 バンコクの大気汚染に早期対策を 国の経済を支える労働力の健康を守れ. 2021.01.16 Masa. め、効果的な大気汚染対策の促進を図る。 アジア地域における大気汚染に関する合同フォーラム(初会合) • 日程:2015年11月26日(木)~27日(金)於:タイ・バンコク • 参加者:アジア太平洋地域約30ヵ国の政府関係者、大気汚染の改善に係る タイを含む、世界中の大気汚染の状態を、リアルタイムで確認できるウェブサイトがあります。 ・世界大気汚染指数(World Air Quality Index)ウェブサイト このサイトで、世界各地の大気汚染指数を確認できます。 ここで用いているデータは、タイの天然資源・環境省が公開したデータを用いており、信 … 大気汚染がひどくてもお仕事をされてる方は大気汚染の少ない場所に避難することは難しいと思います。 TAG タイ 大気汚染. 楽しいバンコク生活で一番での問題点は深刻な大気汚染、pm2.5です。長いバンコク生活で大気汚染によるアレルギーを発症するようになってしまいました。pm2.5ってなぜ体に悪いの?ということと身を守るコツをご紹介します。 1. 深刻度を増す大気汚染に、タイ政府が緊急会議を招集! 人工降雨、散水で対策! タイ・バンコクナビ:在タイ日本大使館より大気汚染警戒警報(2019年2月1日) 2018年12月の記事と統合しました! 2018年12月、また、バンコクに大気汚染の季節が! 「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…, 8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…, 2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…, タイ・Bangkok Post紙(2019年9月29日付 社説)を基に、ドットワールド編集部が解説した。. タイの環境問題. 東南アジアの優等生として工業化・経済成長に成功してきたタイですが、バンコク圏を中心に大気汚染や水質汚濁、ゴミ問題などの公害問題が発生しています。 タイの廃プラや海洋プラ対策は実現できるのか? 2019年はタイがasean議長国であり、6月のaseanの首脳会議において海洋ごみ対策に関連するバンコク宣言が採択されるなど、廃プラや海洋プラ対策が議題に取り上げられた。本稿では、タイ タイにおける環境問題の現状と 環境保全施策の概要 本章には、タイで日系企業がすぐれた環境対策に取り組む際に必要とな る基本的な情報を、8つの節に分けて盛り込んだ。 まず第1節でタイと日系企業の関わりにふれた後、第2節ではタイの そもそもタイ人がここまでマスクをするようになったのは、ここ数年のことだという。bさんが続ける。 「皆がマスクをするようになったのは、タイの保険局がsnsで汚染対策としてマスク着用を呼びかけたことがきっかけで、ここ3年ほどのことです。 大気汚染対策センターは1月21日、タイでは南部以外のほぼすべてのエリアでpm2.5の濃度が安全とされる限度を超えていると発表した。地域別の最高濃度は東北部が最も高く、次いでバンコク首都圏、西部、北部の順。 先日も、ディンデーン地区の大気汚染が酷かったんだが。バンコクと、その周辺まで大気汚染が広がってる様です。気温が下がったのが、影響してるんでしょうかねえーーーー… チョンブリ県:大気汚染深刻化、知事が対策指示. バンコク生活情報 【バンコク生活情報】PM2.5による大気汚染状況と対策. Copyright ©  dotworld|ドットワールド|現地から見た「世界の姿」を知るニュースサイト All rights reserved. 2020年1月も相変わらず、バンコクの大気汚染はひどいものです。タイ人は慣れたのでしょうか?以前ほどマスクをしてないようにも見えますが、健康に影響するレベルですので、対策をしっかりとしておきましょう。このページでは、タイの通販 Lazada 大気汚染に関してタイ政府の公式情報は以下の webページで見られます。 各地で測定した値をインデックス化した AQI (大気質指数:Air Quality Index)値で発表 しています。 タイ国大気汚染状況レポート(政府HP) 自分はタイ以外にも外国に行くので世界中の 大気汚染が酷い折は、できるだけ不要な外出を避け、外出の折はpm2.5の吸引を防ぐことができるマスクをつけるなど、可能な対策をされてください。 大気汚染による健康被害の注意. タイでは例年10月に訪れる乾季。 ョーと、もうすぐ開業するBTSの延伸区間, ラオス・ルアンパバーンで迎えた2020年正月 その3 モン正月の闘牛・コマ回し, ラオス・ルアンパバーンで迎えた2020年正月 その2 モン正月のお見合い, http://bkkcondostory.com/archives/31147183.html, Apple(タイ)の iPhone・iPad 価格一覧【2021å¹´1月最新版】, 【完全解説】タイの銀行について、タイで働く人が知っておくべきこと, タイAISから、ネット1年間使い放題が2,500Bの超お得プラン!(現在は通信量制限あり). pm2.5を含む汚染スモッグの空気が、タイで公害として深刻化しています。 タイの大気汚染関連のニュースの続報です。 以下のパタヤ現地英字メディアPattaya Mailの今日のニュースをお伝えします。 Pattaya Mail)Chonburi moves to quell dust after air pollution spikes (2019年2月1日) タイで毎年のように繰り返される大気汚染。 2020年も乾季と共に到来し、益々深刻化し1月10日には限界を超えそうに。 タイ政府の積極的な大気汚染対策が望まれる中で… 大気汚染対策で12月から来年2月まで大型トラック侵入制限 バンコク都庁によれば、バンコクの大気汚染を緩和するため都庁は12月から来年2月にかけて午前6時から午後9時まで6輪以上の大型トラックがバンコクに進入するのを禁止する方針という。 タイのすべての県知事に対し政府は、農業廃棄物の野焼きなどを止めるように通達しました。 バンコクとその近郊、および北部と中央部のいくつかの県では、野焼きが原因で大気汚染が深刻となっています。 タイ・バンコクで現在、最もタイ国民の中で関心の高い問題となっているpm2.5問題についてpm2.5が発生した原因や対策法、タイ政府の対応などをまとめてみました。 タイの首都、バンコクの大気汚染が悪化している。乾季が近づき、状況がさらに悪化することを懸念し、バンコク・ポスト紙は9月29日付の社説でこの問題を採り上げた。, タイ・バンコクの交通渋滞は、大気汚染の原因になっている (c) VisionPic .net / Pexels, バンコクで問題になっているのは、微小粒子状物質(PM2.5)。主な発生源は、工場からのばい煙や、自動車の排ガスなどである。社説によれば、9月末、バンコクの少なくとも4つの地区で、PM2.5の濃度が、タイの安全値とされる50㎍㎥を超える51から60㎍㎥に及んだという。ひどい場所では、9月28日に148㎍㎥を記録した。, 社説は、「これまでも大気汚染は悪化していたが、人々は気付くことがなかった。昨年、PM2.5の濃度が人体に害を及ぼすと言われる100㎍㎥を超えた時に、初めてその深刻さに気付いたのだ」と、指摘する。都市部の大気汚染は、交通渋滞や鉄道、コンドミニアムなどの建築が主な原因と言われる。一方、農村部の大気汚染は、サトウキビやトウモロコシといった換金作物のプランテーションのための焼き畑や森林火災などが原因とされる。「特に、プランテーション農業の広がりは、隣国ミャンマーやカンボジアの環境にも悪影響をおよぼしている」と、社説は懸念する。, バンコクでPM2.5による大気汚染が悪化するのは10月から2月の時期だという。しかし、この時期は乾季であり、ちょうど観光のハイシーズンでもある。こうした状況は、バンコクのみならず、観光地として人気の高い北部の古都チェンマイでも同様で、昨年は3月になっても、スモッグに悩まされる日々が続いたという。, 社説は、政府と地方行政当局に対し、「この問題に何ら有効な手立てを考えておらず、せいぜい公共の場所に噴霧器を設置することしかしていない。それも有効な手段かどうか疑わしい」と、厳しく指摘し、問題意識の低さを批判する。さらに、「バンコク都庁の環境担当者も問題を真剣にとらえず、微小粒子の濃度は一日中高いわけではない、とか、毎日高いわけではない、などと言っている。交通渋滞がひどい時や、大規模な工事が行われている時にだけ発生しているのではないか、とも言っている」とも嘆く。, 「彼らは、人々がパニックに陥らないよう、あえてそんな発言をしているのかもしれないが、それは誤っている。昨年、チェンマイの担当者が、観光客の減少を恐れ、問題をあえて軽視していた時と同じだ」, さらに社説は、政府や行政当局が長期的な対策を立てないことも非難し、特に、バンコクの交通渋滞を根本的に解決する必要がある、と指摘する。「昨年、大気汚染の問題が深刻化した際に、当局は電気自動車の利用を促進することを検討した。しかし、もっと重要なのは交通渋滞そのものを解決する方法を考え、公共交通をより効果的に整備することだ」, その上で、社説は「さもなくば、電気自動車を買える富裕層だけが汚染から身を守り、貧しい人々は汚染にさらされたままになる」と指摘。「いずれ、国の経済発展を支える労働力の健康が損なわれることになるだろう」と、警告している。, (原文:https://www.bangkokpost.com/opinion/opinion/1760549/time-to-take-smog-seriously).