まあそういうわけで、サムは4人のホビット達の中では一番身分は下なんです。野宿の朝、起きたときにメリーが「サム、顔を洗う目覚ましの湯は沸いているかい?」なんてユーモアを飛ばしていたりするのもそのためです。 ・フラドが、森の奥方に指輪を渡したいという誘惑に耐えられたのか  どうやら、映画だけしかご覧になっていない方には混乱されやすい部分みたいですね。 これから原作をボチボチ読んでいこうと思っていますが、ご存知の方教えてください。, 「エレスサール」(エレサール、エレッサル)がアラゴルンの即位後の名前であることはご存知との事ですので、由来等は省略します。 この「指輪物語」、地図を見て地理を把握しながらのほうが面白さが確実に倍なので、もし単行本の追補編をご参照になれるようでしたら、地図をぜひご覧になってほしいです。 一度だけはめました)、ビルボも恐ろしい幻影を見る事はな...続きを読む, こんにちは。  確かにホビット達は人口も少なく見えます。映画中、ホビット村からブリー村へ移動するシーンがありましたよね?あの道中、あっという間についているように見えるので、新宿から渋谷まで歩いているぐらいの距離に感じられるかもしれませんが、実はブリー村はホビット庄から約85kmほど隔たった場所にあり...続きを読む, ロードオブザリング1で、みんなが寝てる時、フロドとガラドリエルだけで会い、旅が失敗したときの様子を水の上から見る、みたいな場面があります。そこで、フロドが指輪を差し出し、ガラドリエルが豹変した後、ガラドリエルが元に戻って「試練に勝った!」って言うシーンがあるのですが、あそこの意味が何度見てもよく分かりません。誰か、教えてください。, ひとつの指輪は強大な力を持っていて、それはたとえどんな種族の心も誘惑し、蝕んでしまうんです。 中つ国でのんびり暮らしている小さい種族、足の裏に毛が生えているために、いつでも裸足。 同じ理由になるかも。, 宜しくお願いします(^^) が、イシルドゥアが帰国途上にオークに襲われ、大河の中に沈んでしまいます。 インターネットサービス規約 怒る事はほとんどない。 山本史郎訳の「ホビット」、「シルマリル」「終わらざりし物語」「トム・ボンバディルの冒険」「ビルボの別れの歌」はつまみ読みしかしていません。 そもそも指輪とは?: 直近の映画で言うと、ロード・オブ・ザ・リングのホビットの人たちや、 特典映像がより多く、見ごたえのあるバージョン ネタバレがあります。 出来れば原作を読んでご存知の方にお答えいただければ嬉しいです。 疑問です。, 全然、違いますよ。 ガンダルフとは? 内容の濃さは段違いです。実際問題プラス映像の時間は全3作品合わせると100分前後もあるんですから。 またホビット庄はサウロンの根城からかなり遠く隔たっているため、仮に指輪が使われてもそれを察知することができないのだと思われます。  あのアルゴナスの像は、ゴンドールの北に位置しており、あそこをくぐればもうゴンドールの地だっていう目印でもあるんです。だからこそ、伸ばし伸ばしにしてきた問題をもう先送りすることができなくなって、ボロミアが焦燥を深めていくわけですが・・・。 DVD(Extended Edition)で何度か楽しんでいます。 小さい人達が出てくる事があります。 あの程度なら、日本のドラマ、バラエティーでも見うけます。 1.指輪はもともと冥王サウロンが作ったものでしたが、アラゴルンの祖先、ゴンドールの王イシルドゥアがサウロンを倒した際に手に入れました。 しかし、サウロンはエルフが作った指輪を超える力の指輪で、それを全て支配するのが実は本当の目的。 hanazonoさんは見られなかったようですね。 ・No.489563 質問:ロードオブザリング ホビットとは? 太古に存在してた邪悪な存在、サウロンと同等の存在。 ちなみに、私はビデオで日本語版を見ました。 という説明になると思います。 黒門前でアラゴルンがサウロンに「エレスサール」と呼びかけられ、しばらくサウロンに引き込まれるようになってしまうのは何故なのでしょうか?? 神ではなく、人(エルフ、ホビット、オークなど)の支配する、新しい時代がやってきていたのです。 そもそも指輪はサウロンの悪の心を反映したものなので、良い事に使おうと思ってもそう簡単にはいきません。 指輪所持者だったフロドも疲れ果てていました。スメアゴル(ゴラム)のように指輪所持者だったものは長命を得ますが、同時に精神的ダメージを蒙ります。 しかし、エルロンドが人間とエルフのハーフだとか、アラゴルンも実は普通の人間じゃなくて長生きだったとか、どんどん知らないことが出て来ますね・・・ なぜ、指輪を捨てるのか?: が、いざ召集がかかった時に応じなかったため、イシルドゥアに、「ゴンドールの王の血を引くもののために誓言を果たさない限りは永久に安らげない」という呪いをかけられ、肉体が朽ちても成仏することのできない呪われた幽霊集団になってしまいました。 原作、その他を読まないと絶対に分からないのですが、エルフたちとともに中つ国の西にある「アマン」という島へと向かいました。長...続きを読む, ロードオブザリング1でアラゴルンは途中までストライダーって言われていますが、ストライダーって日本語ではどんな意味ですか?。辞書で調べようとしたのですが、、つづりがわかりません。。。踊る小熊亭の待ち合わせ場所で飲み屋のおじさん?が「森をさまようぶっそうなやつら、レンジャーさ」とかって言ってるとこで出てきます。でもレンジャーだって今だと監視員みたいな感じで使われてますよね。。?(国立公園とか、自然保護の区域とかで)。ちょっと気になるのでご存知の方教えてください。, こちらの質問もご覧ください。 http://homepage2.nifty.com/lotr/index.html それを知った、サウロンは怒り、エルフと人間を攻撃する、それに応じサウロン対人間エルフの連合軍で戦争が起きる。  ええと。話が長くなりましたね。まだサムが庭師だってことしか書いてないのに・・・。まだご覧になる気はあるでしょうか??私は続ける気まんまんなんですが。 2)夜中、フラドと森の奥方が水盤の前で話すシーンで、「誘惑に耐えられた」とは何を?それとも誰が? 細かいところは、まだまだ有るのですが、簡単にこのくらい。, ロード・オブ・ザ・リングス(指輪物語)は、スケールがあまりにも大きいので、見えてこない点もあるかと思います。 原作は「指輪物語」「追補編」と「ホビットの冒険」を手元に持って時折読み返す者です。(今は「ホビットの冒険」は貸しだし中につき、「指輪物語」だけ参照して回答しております。) 本当に少しの間の所持でしたので、ダメージは小さく、彼はホビット庄で長い人生を送りました。しかしながら指輪を所持者であった苦しみが、結局サムをアマンへと向かわせるのです。 それと、どういうストーリーなのかも教えてください。, ロード・オブ・ザ・リングス(指輪物語)は、スケールがあまりにも大きいので、見えてこない点もあるかと思います。 ロードオブザリングを1~3まで全て見たのですが、いまひとつストーリーがわかりません。 その割には、アルウェンがアラゴルンと結婚しても、アルウェンはアラゴルンの死んだ後も長く生き続けなくてはいけないというのは、どういうことなのでしょうか? 人間からは、イスタリと呼ばれる。 山本史郎訳の「ホビット」、「シルマリル」「終わらざりし物語」「トム・ボンバディルの冒険」「ビルボの別れの歌」はつまみ読みしかしていません。 日本ではそういう映画は知らないのですが、、、。 ネタバレサイトも探してみたのですが上手く見つけきれないので、どなたかご存知の方がいましたら教えて頂きたいです。(どれかひとつでもいいので) 普通ならエルフ以外はアマンへの船に乗ることはできないのですが、叔父ビルボ同様、フロドは指輪所持者としての傷を癒すため(説明が簡単すぎ?)、アマンへ行くことを許されます。 ちなみに種族の女性が遠くへいなくなったために、種族の存亡の危機にある。(行き先は不明、いなくなったのは太古の昔、現在はまったく不明) 長文ですが、語りきれない部分が多いのです。ぜひ原作を読んでいただいて、自分なりの回答をお持ちいただければと思います。 1)ロスロリアンに到着してから、たびたび森の奥方がフラドへ心話を行うけども、森の奥方が目を見開いて「・・・ホビットよ!!」と心話で叫ぶセリフが、よく聞き取れません。 不死の力はなくなっても、長く生きるっていうことでしょうか・・・? ロードオブザリング3部作は私が最も愛する映画の一つです。 今回wowowでエクステンデッド版の吹替版が放送されたので久々に観たのですが、何度観てもやっぱりワクワ 続きを読む ガラドリエルはエルフの女王として偉大な力をもっていて、ひとつの指輪の支配下にある力の指輪のひとつであるネンヤの指輪をもっています。(水鏡のシーンでフロドにみせていたものがそれです) 一つの指輪は、サウロンの力を封じ込めて作られた為、これを壊すことで、サウロンの力の大半を永久になくすことが出来る。(事実上、滅ぼせる) 指輪の創造主以外には使えない上に、指輪は意思を持っているために、持ち主のもとに帰ろうとしている。 サウロンとは?: なんと言ってますか? なのでフロドが指輪にたえられずガラドリエルに託そうとしたとき、一瞬その誘惑に手を伸ばし、恐ろしい形相を垣間見せてしまいましたが、彼女は自分自身の良心、尊厳に心のなかで戦い、その誘惑を必死におさえました。 という所まではわかっているのですが。 ガンダルフが指輪を受け取れないといったのも、指輪の力にまけてしまうからです。 映画ではビルボとフロドの誕生日の9月22日のすぐあとに出発したように見え、裂け谷到着まで1ヶ月あるかないか。 が、イシルドゥアが帰国途上にオークに襲われ、大河の中に沈んでしまいます。  友人は、フロドが滅びの山で一時的にでも指輪を自分の物にしようとした自責の念から村を離れるんじゃない?と言ってます。 中つ国で最初の種族、寿命が無いので、不老不死。  中つ国についたころ、最初に居住区にしていた辺りで大変古い歴史を持っています。それからぱらぱらとあたりに広がっていったので、ホビット達はそんなに少ないわけじゃないんですよ。(もっとも、気質的にその住んでいる辺りからほとんど外に出ないので遥かかなた東方のゴンドールやローハンに住まう人間達にはほとんど知られておらず、裂け谷ではじめてホビットをみたボロミアはびっくりしています) ・それともまったく別のことか 映像を合成できるソフト等があれば、誰でも出来ます。 指輪を所持することで回復不能な傷を負う、指輪が持ち主を「薄く引き延ばす」というのも指輪物語から指輪に付与された設定です。 こういう妨害と、小さな指輪の正体をさぐりあてるという雲をつかむような話のため、ガンダルフの探索はかなり難航します。 持つものの醜い欲望などをむきだしにしてしまいます。 エルフの乗る「最後の船」ということはもうホビットの村には戻ってこないつもりなのでしょうか? ↓下にその「いろいろ」を述べましたが冗長なので必要なければ読みとばしてください。作中に設定されている暦による年表も写しましたので、読みづらくて申し訳ない。 ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・プライス版 - イライジャ・ウッド - ピーター・ジャクソン - dvdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。  イシルドゥアはゴンドールの初代の王なんです。ゴンドールの建国自体ごたごたしたものなんですが、それでも特にボロミアのほうが嬉しそうなのは、彼らがヌメノール最盛期の王でもあり、サウロンを破った王でもあるからでしょう。ボロミアもアラゴルンほどかどうかはともかくとして、同じヌメノールの血をひいていますし。 ほとんど動かないので、木と全く区別が付かない場合も。 (映画でも冒頭でビルボが本に「今日は9月22日」と言っており、裂け谷でガンダルフがフロドに「今日は10月24日」って言っていますから。) 参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/index.htm, レスをありがとうございました。 が、映画はスピーディに話を進めるためにそれを数日にまとめてしまったので、わずか1ヶ月でガンダルフはアイゼンガルドへ行きラダガストを捜し当てて加勢を頼み、裂け谷のビルボを訪れつつ野伏たちと何度も話し合って助力を頼み、再びアイゼンガルドへ赴きサルマンに監禁されてオオワシで脱出!…という非常にせわしないことに。 金属加工が得意な種族で、背が低く頑強。 エントとは? 『ロード・オブ・ザ・リング』の『1』についてちょいと補足します。ちなみに原作『指輪物語』ですと『旅の仲間』ってサブタイトルがちゃーんと付いてます。 まずは、しょっぱな冒頭ですよね、『LotR』を初心者にとっつきにくくしてる元凶は。 あちこちのテレビでやっていたのですが、  もちろん、別人たちです。サウロンは、まず自分の手下を集めるにあたってそれぞれよさそうな人材を念入りに物色したようです。9人のうち、3人まではアラゴルン達の先祖の築いた国から選びましたが、その他は様々な国から集められています。それについては下のURLが詳しいです。 (原作では作者による説明がある事を期待して・・・) ロードオブ ザ リングのラストの感想教えてください。 主人公が火口に指輪を捨てるというのは物語の目的、見せ場、ラストとして非常に大事なシーンだと思うのですが・・・ その大事なシーンで主人公は指輪の魔力に心を奪われ捨てるの止めてしまいました。 © THE LORD OF THE RINGS, THE RETURN OF THE KING, and the names of the characters, events, items and places therein are trademarks of The Saul Zaentz Company d/b/a Tolkien Enterprises under license to New Line Productions, Inc. (C) 2010 New Line Productions, Inc. All rights reserved. エルフたちもガンダルフもフロドも、疲れきっていた… ○ 石像の王達とナズグル 結局のところ、ご質問への答えは ひとつ...続きを読む, ロード・オブ・ザ・リングに限らず、海外の映画では結構背が低い、 しかし、一つの指輪を作った際に、元々サウロンを信用していなかったエルロンドらに、目的を感づかれ、エルフはいち早く、3つの指輪を隠した。 なぜ、指輪を捨てるのか?:  参考URLは、私が今回書いたようなことをいろいろ紹介されています。「映画と原作の比較」を最初にご覧になり、次に「理解度Up講座」の初級を一通りご覧になれば、かなり深いところまで理解されるのではと思います。 ガンダルフはビルボの指輪への態度を常々不安に思っていました。ですが、111歳の誕生日祝いの日にビルボが見せた指輪への執着が決定打となってこの指輪が邪悪なものではと考えるようになり、正体を探索するようになります。しかし当初はこれがあの「一つの指輪」だとは確信がもてません。サルマンが指輪の行方を捏造しているからです。 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の完結編。邪悪な力を持つ指輪を滅びの山に捨てるべく旅を続けるフロドとサムだった。同行するゴラムは昔、その指輪「愛しいしと」に魅了されて友を殺したことを思い出し、フ.. [前日譚1作目]ホビット 思いがけない冒険 指輪がフロドの手に渡る前は、何故誰かが指にはめてもサウロン、 (一瞬、突然サウロンの方に寝返ってしまうのかとヒヤッとしました。)  ちなみに、メリーもピピンもおぼっちゃまです。特にメリーのほうは、映画のあの情けなさ、無計画さ、子供のピピンと一緒にガンダルフの花火を盗んだりしていますが、実際にはしっかりした、頼れる人です。彼はホビットの中でももっとも裕福で有名な一族の一つ、ブランディバック館の息子です。ちなみにこの館は、水嫌いのホビットには珍しく川べりに建っています。(川の渡し場のところで間一髪舟に飛び乗ったフロドが「馬が渡れそうな次の橋までどのくらい?!」と聞いているのは、彼が幼い頃その辺に住んでいたにも関わらずその辺の地理には疎いし、つまりそのぐらいホビット庄は広いということです。応えているのはメリーで、彼はそのへんの地理に詳しいんです。領主の息子ですから) 出演者の方々が来日していましたので、 実は指輪の消滅が「神話の時代の終わり」だったからだとも言われます。  それでは、また長くなりますがご拝読いただけたなら幸いです。 さて、洋の東西を問わず、魔術をかける際には、相手の「真の名」を用いることになっています。ご指摘のシーンは、予言された名である「エレスサール」を用いたサウロン(指輪)の呼びかけにこれまでよりも強く反応したことによって、映画の中でもこれを「真の名」であることを表現したものではないでしょうか。, BSで「二つの塔」を見て火がつきました。 3017年、ガンダルフの推測では「何か悪事の使命を帯びて」わざと放たれたところを、ガンダルフの友人であり野伏の頭領であるアラゴルンの活躍により捕まえられます。 ビルボもわずか1ヶ月で裂け谷について赤表紙本を書き上げてとつぜん歳をとって…サウロンも1ヶ月でめちゃくちゃ復活していっぱい怪しいことをやって…と大忙しになってしまったわけです。 映画と原作で設定が違うところがありますので、映画の設定でお答えします。 一つの指輪は、サウロンの力を封じ込めて作られた為、これを壊すことで、サウロンの力の大半を永久になくすことが出来る。(事実...続きを読む, 以下の二つの疑問があります。 一方、サウロンは指輪を探索していませんでした。エルフ達の手によってとっくに滅ぼされたと思っていた、とガンダルフは語っています。ここは彼の推測ですが、少なくとも、サウロンはイシルドゥアの最期を知っているため、探していたとしてもその場所はアンドゥインの大河かその下流の海の方です。 タイミングのはず。 Copyright © 2021 指輪が呼びかけているとか使われればわかる、というのも、どんなに遠くからでもぜったいわかる、というようなものではないようです。 邪悪な指輪を滅びの山に捨てるため、旅の仲間を結成し、そのストーリーは始まった。そして出会いと別れ、壮絶な戦いを経て・・・。フロドは指輪を滅びの山の亀裂に捨てることが出来るのか?冥王サウロンが率いる20万もの軍との最後の戦いは?旅の仲間たちはもう一度めぐり会えるのか? ネタバレがあります。  だから、ちゃんと複雑な社会を構成しています。フロドの叔父、ビルボが誕生日パーティの挨拶で○○家、▲▲家、とずらずらと家をよみあげていますよね。それぞれに家系がありますから、けっこう大きな社会です。 原作では木の鬚を説得してグリマと共にオルサンクを逃げ出し、ホビット庄を支配しますが、帰ってきたフロドたちに人間の手下たちを倒され、最後にはやはりグリマに刺されて死にます。, 色々お答えが出ていますが、補足方々改めて・・・ かつて、エルフだったものが、拷問の末に邪悪に変化した種族。 ハリー・ポッターの銀行にいる耳がとんがってる人たちって、、、 海の向こうに行くとどうなるのでしょう?永遠に生きるのですか? その50歳の誕生日の約半年前に、10年は往来が途絶えていたガンダルフが突如現れます。 エルフは寿命で死ぬことがないので、人生に疲れたりするとアマンを目指します。 ○ ホビット ロードオブザリング3部作を買いたいと まだ快復していなかったのかな・・・と考えてみましたが、きちんと理由があれば 他の方も挙げられた、DVDのスペシャルエクステンディッドエディションでは、オルサンクを訪れたガンダルフたちとの対面の後、グリマに刺されて死にます。 見応えがあるというご注文なら、やっぱりSEEです。, 昨日のSEE版の二つの塔を見て面白かったのなら、当然SEE版(4枚組)をお薦めします。 ガラドリエルは不思議な存在であり、善と悪が共存したような不思議な魅力をもったエルフでもあるので、その指輪を手に入れたが最後、おそらく恐ろしい力を発揮し、エルフの世界を存続させるためには悪もいとわないようになってしまうという恐ろしさを彼女自身自覚しています。 スペシャル・エクステンデッド・エディション みなさんはどのように思われますか?, この映画は「原作を読んでいること」を前提としていますので、原作を読んでいないと、理解できない部分があります。 ○ ホビット 次に映画化の際に不自然になったのがご質問の ところが、ビルボが何度はめても見つかる事はなく(映画では誕生日の日に この後闇の森に住まうレゴラスの父の監視下に置かれます。そしてガンダルフたちが繰り返し尋問し、ゴクリがかなり遠くまでビルボを探し歩き、ついにはビルボがどこの誰かということを知ったこと、その後モルドールでゴクリが得たという「たくさんのいい友だち」もビルボのこと、なにより指輪のことを知ったことを知ります。 なのでもう1度見ようと思っていますが、その際に知っておいたほうがいい事等あったら教えてください。 (最初のほうを見逃したのですがそこで誰かに殺されたんでしょうか・・?), 色々お答えが出ていますが、補足方々改めて・・・  トールキンは、古きよき礼節行き届いたイギリスの田舎暮らしのイメージをモデルにホビット庄を作ったといわれ(本人談か、それともファンの推測か忘れました)、結構上下関係がきっちりしています。ただ、ホビット達自身はあまりそういうことにけんつくするほうではないそうです。1巻の最初、ホビットの歴史や風習を延々と語っている間に出てきますよ。 All Rights Reserved. 以前私がここで書いた解答を下にコピーしました。間違いがあったところは訂正しております。  そこで、サム・ギャムジーです。彼は、代々バギンズ家の庭師の家庭に生まれています。バギンズ家というのは、ホビット庄の中でも随一の大きな、良い場所にある大きな屋敷です。フロドはそこへ養子として引き取られた、いわばお屋敷のぼっちゃまなんです。周りの人間にとっては若旦那。サムの父がフロドのことをまさにそう呼ぶくだりが本にあります。ただ、ホビットの気質ゆえフロドはサムにも気安く接し、身分の上下があっても仲がいいんです。映画だとちょっと気安すぎて同級生みたいに見えますけどね。 >サウロンのパワーがまだ快復していなかった サウロンが中つ国の種族に大して、持ちかけた一つの試みによる。 >サウロン側はその所在を知るのに 指輪の創造主以外には使えない上に、指輪は意思を持っているために、持ち主のもとに帰ろうとしている。 はどれを選んだらいいのでしょうか?? 特に解説する必要もないが、ロード・オブ・ザ・リング全体のキーアイテムである。 サウロンの力が宿っており、これを滅びの山に捨てるのが目的。 3つの指輪はエルフに、7つの指輪はドワーフに、9つの指輪は人間に与えられた。 フロドだけがその運命を科せられた人物だから?でもサウロンから見つかる つまらなくなるので読まないほうが良いかも知れません。  確かにホビット達は人口も少なく見えます。映画中、ホビット村からブリー村へ移動するシーンがありましたよね?あの道中、あっという間についているように見えるので、新宿から渋谷まで歩いているぐらいの距離に感じられるかもしれませんが、実はブリー村はホビット庄から約85kmほど隔たった場所にあります。 三部通して観ると、実に9時間もあるこのロードオブザリング。 全体的な印象としては、敵はとにかく相手を全滅させるまでは戦いを止めない奴らで、 それに対して人間も、相手を全滅させるまで戦う、といった感じですかね。 ナズグルがやってくる事になっていました。 この二つを結びつけたのは、ゴクリです。 一度だけはめました)、ビルボも恐ろしい幻影を見る事はなかったようです。 原作を読んでいないので、分からないことは色々あるのですが、特にとても気になっている箇所があります。 ・森の奥方自身が、指輪を欲しいと思う誘惑に耐えられたのか  分厚すぎて躊躇なさっているのなら、同じトールキンの「ホビットの冒険」からどうぞ。指輪物語の最初の指輪所持者、ビルボの冒険です。ギムリの父とレゴラスの父の因縁が出てきたりするし、「指輪物語」の最も要となる登場人物も数名出てきます。小学生の私にも読めたぐらいで簡易でなおかつトールキンの世界が堪能できます。 それであのCGの形相がおさまっていつものガラドリエルに戻り、自分が指輪に手を出さなかったことにほっとした、ということになります。 「エレスサール」の名前は、はるか昔、ゴンドールやアナリオンが滅亡し、王家が衰退していった頃から、悪を打倒し王家を中興するものの名として予言されていました。つまり、アラゴルンという名は仮の名であり、馳男(韋駄天)と同様の通称・あだ名であったと言えます。 着ぐるみの中に入ってもらったりしていましたが、現在では、めったにありませんよ。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 ゴクリは「ホビットの冒険」では「指輪をはめては不運なオークを襲い」といった描写があったと思いますが、原作では「指輪を使う必要もめったになかったろう。」と言い換えられています。 小さいホビット族の人たちは、最新の映像技術を使ったものです。 あと、ガンダルフは人間じゃなかったのですか!? J.R.R.トールキン作の「指輪物語」を原作とし、2001年から『ロード・オブ・ザ・リング』として映画化されたシリーズの前日譚が、テレビドラマとしてAmazonによって製作されることが、2017年に発表 … DVD(Extended Edition)で何度か楽しんでいます。 指輪への渇きからその3年後である2944年にオークの洞窟を出、外界をさまようようになります。指輪を探し、同じぐらいビルボへの復讐心に燃えてです。 2951年にモルドールの端をウロウロするようになり、とうとう3009年にモルドールの手勢に捕まりました。原作には「捕まって尋問を受けた」とガンダルフが言うのみ。映画の拷問シーンは「古傷が傷むようす」という表現を端的に表したものだと思いますが、どちらかというと「悪辣な性質をもつ者同士、お互い利用してやろうと手を組んだ」といったほうが正しいようです。 >ゴラムを拷問する必要がありました。そのタイミングとビルボの誕生日はほぼ同じくらいの Apple Inc. どんな映画にも好みがあると思うので、ロードオブザリングを大して面白くないと思っている方は通常版、エクステンデッドエディション(劇場版、2枚組)で充分、高いお金をかけてSEE版を買う必要はないと思うと思いますが、面白いと思っているのなら是非SEE版全作品を見てください。 ガンダルフが指輪を受け取れないといったのも、指輪の力にまけてしまうからです。 どこが最新かと言うと、普通の大きさの人と一緒に映り込む、という部分です。 ボロミアの角笛も「危急の際に吹き鳴らせば必ず味方の耳に届く」という言い伝えのあるもので、実際にファラミアは物理的には絶対に不可能な距離で兄の角笛を聞いていますが、指輪とサウロンの間にあるのはこういうファンタジックな感知ではないでしょうか。 『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第3作目(最終章)にあたる。 また、劇場公開版に未公開シーン約50分を追加した『スペシャル・エクステンデッド・エディション(see)』を映像ソフトで発表しており、日本では劇場公開も行われた。 即決 25,000円. 映画と原作で設定が違うところがありますので、映画の設定でお答えします。 その大河の中の指輪を、ホビットのデアゴルが拾いますが、それを見た友達のスメアゴル(後のゴラム)が指輪の魔力に捉われ、指輪を手に入れたい誘惑にかられて...続きを読む, DVDを見てすっきりしないところがあるので質問させてください。 何度見ても面白いです。ただ、原作は一度も読んだ事がありません。  ちなみに、あの後フロドが指輪をはめたまま瓦礫みたいな石の台によじのぼったら、急にサウロンの目とばったり会っちゃいまいしたよね。  たがった耳なんかは、特殊メイキャップです。 ドワーフとは? 出来れば原作を読んでご存知の方にお答えいただければ嬉しいです。 で、その力が消える前に船で海を渡って行くのですか?どこへ? ゴラムは指輪を失いながらもなお指輪の魔力に捉われていて、フロドを案内しながらも指輪を自分のものにしたいと常に願っていました。 ロード・オブ・ザ・リング・シリーズが大作であることは認めざるを得ない。常人100人が一生の内に稼げないほどの制作費をかけていることが、スクリーンから嫌でも伝わってくる。 一つの指輪をそれが作られた滅びの山に捨てて、力の指輪を壊すこと。 フロドがかっこ悪い、という人もいるのですが、私はフロドは「喪失」の英雄だと思います。(指輪の仲間は母国での名誉や地位、幸せな家庭を得ますが、フロドだけはホビット庄での名誉もなく、指を失い、体と心を病んで、ついには国を去って行きます) 小説をこれから読もうという方は、 以前私がここで書いた解答を下にコピーしました。間違いがあったところは訂正しております。  ちなみに、レゴラスも王子ですが、ギムリも王子なんですよ。雑誌なんかだと、レゴラスばかりクローズアップされてギムリはほったらかしでしたが・・・。  ・・・映画のアラゴルンは、イシルドゥアの末裔であることを快く思っていないようですね。きっと、単に故郷であるゴンドールに入れたのが嬉しかったっていうことでしょうね。 ビルボの前にゴラムが所有していた時点では、サウロンのパワーが ロードオブザリングのDVD(エクステンデット)が出たとしても尚、 私の熱は冷めない勢いです。(本読むの遅いんです~) Azuruiteさんの言う通り、 映画を見る前に本を読んでしまったら 結末が解ってしまって面白く無い。 一つの指輪をそれが作られた滅びの山に捨てて、力の指輪を壊すこと。 ひとつは、トールキンが「ホビットの冒険」を著したとき、まだ「指輪物語」の話を思いついていなかったためです。「ホビットの冒険」の時点ではただの「はめると姿が消えるふしぎな魔法の金の指輪」でしかありませんでした。 >サウロンのパワーがまだ快復していなかった ビルボが111歳で裂け谷へ旅立ったのち指輪を引き継いだため、フロドも指輪によって「薄くひきのばされ」るようになりました。50歳という「ホビットとして落ち着いてもよい年」が近づいても彼はまだ青年期のような若々しさを失いません。そのため周囲の人はビルボと同じく「もちのよい人」だとうわさします。 どんな映画にも好みがあると思うので、ロードオブザリングを大して面白くないと思っている方は通常版、エクステンデッドエディション(劇場版、2枚組)で充分、高いお金をかけてSEE版を買う必要はないと思うと思いますが、面白いと思っているのなら是非SEE版全作品を見てください。 文章はうまくありませんが、とりあえずその辺りの設定がよく分からなくて、腑に落ちないのです。 つまらなくなるので読まないほうが良いかも知れません。 ナズグルがやってくる事になっていました。 現代人は目覚まし時計のようなものに慣れきっていますが、「指輪が使われたことがわかる」とか「サウロンの目でみつめられる」、というのはこういうデジタルな表現とは違う精神への働きかけだと思われます。 持つものの醜い欲望などをむきだしにしてしまいます。 エルフが作った力の指輪は、サウロンの想像以上に強い指輪だったために、サウロンは、全てを支配する指輪を作るために、自分自身の半分以上を指輪に封じるコトで、最強の力の指輪を作った、これがフロドが捨てる指輪(一つの指輪)。  他にもご質問があれば喜んでおつきあいさせていただきたいところなのですが、もしよかったら私の好きなブックマーク先もご紹介しますのでご覧になってみてほしいと思います。 2・大きな戦闘シーンで、アラルゴン達が船から連れてきた亡霊戦士?(緑色のゴーストっぽい)はどういった人たちで、アラルゴン達とどんな関係なのか。  ちなみに、ホビットには珍しい水好き一族ですが、本を読めばかなりショッキングになりうることが最初のほうに書いてあります。それが何かはご覧になってのお楽しみ♪ 今これを書いていて、原作はすごいと改めて思いますね。, この映画は「原作を読んでいること」を前提としていますので、原作を読んでいないと、理解できない部分があります。 タダ、恐ろしく気が長いので、挨拶だけで日が暮れるような「エント語」を使う。 指輪はその後ゴラムが落としたところをフロドの養父ビルボが偶然拾い、フロドの手に渡ります。 ロード オブ ザ リングを1から3まで見たのですが、細かな設定がよく分かりません。 ビルボが頻繁に指輪を使っているのも、そういう「解釈に困る」シーンです。  このサイトの嬉しいところは、トールキン教授が言語学者だったということをちゃんとふまえて紹介なさっているところですね。  実はあの二人の像がある山はそれぞれ聞く山(アモン・ラウ)、見る山(アモン・ヘン)と言われ、その高みにある椅子に座れば数百マイル先の物事が見えたり聞こえたりするという不思議な椅子があるんです。フロドはその時「見る山」のほうにいたので彼を探すサウロンの目とばったりぶつかっちゃったんでしょう。指輪の力もあったでしょうし。 1.指輪はもともと冥王サウロンが作ったものでしたが、アラゴルンの祖先、ゴンドールの王イシルドゥアがサウロンを倒した際に手に入れました。 全部が全部小さくなる、というものなら、日本の映画どころか、 ビルボは何度か指にはめているのに、サウロン側はその所在を知るのに サムがホビット庄を去ったことで、すべての指輪の所持者が中つ国から去って、中つ国の神話がすべて終わりをむかえました。、(レゴラスとギムリはもっと後でアマンへ向かいました…) 原作は「指輪物語」「追補編」と「ホビットの冒険」を手元に持って時折読み返す者です。(今は「ホビットの冒険」は貸しだし中につき、「指輪物語」だけ参照して回答しております。) 「ホビットの冒険」でゴクリがビルボから指輪を取られたのが3001年のビルボ誕生日の60年前、年表によると2941年です。 下の方も書かれているとおり、今ですとSEE版のトリロジーボックスもありますし(全3作品一緒に買える)、お薦めだと思います(買いやすいというか)。ただ割引のようや特典はなかったような。 冒頭のシーンで説明されてたように他にも指輪はいくつかあるのですが、それらをすべて支配してしまう力をもつひとつの指輪は、ガラドリエルの心さえも誘惑してしまいます。 映画の中ではとても重要な箇所のような雰囲気をかもし出しているので、とても気になります。 Cookie に関する警告  このサイトの「闇の真髄、指輪の精(ナズグル)」というところからどうぞ。 ガラドリエルはエルフの女王として偉大な力をもっていて、ひとつの指輪の支配下にある力の指輪のひとつであるネンヤの指輪をもっています。(水鏡のシーンでフロ...続きを読む, 先日ロードオブザリング/王の帰還を観て思いもかけず感動して涙がこぼれ、もう一度リピートして映画館に足を運びました。  メイキング映像や、出演者のインタビューなど、 オークとは? でもこれから本を読んだら、全部読み終わる頃にはロード オブ ザ リング熱も冷めていそうですね・・・。, 先日テレビで「ロードオブザリング/王の帰還」を見て、面白かったのですが、 もし、これを見たらで良いのですが、また質問してもいいでしょうか? イシルドゥアの子孫アラゴルンの召集に応じて戦ったため、ようやく安らかな死を迎えることができたわけです。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www5a.biglobe.ne.jp/~outfocus/book%20stor …. そのため、「ホビットの冒険」と「指輪物語」を照らし合わせると解釈に困るシーンがいくつかあります。 エルフは不老不死なのですか? どれを買うべきなのか、よくわかりません。 これらからガンダルフもビルボの指輪が一つの指輪であるという確信に至ります。  どうやら、映画だけしかご覧になっていない方には混乱されやすい部分みたいですね。 3.先日放映された劇場公開版では、オルサンクの塔の中に閉じ込められたままで、木の鬚たちエントが監視し続ける、という設定になっています。 なぜみんながアマンを目指したか・・・ 太古より中つ国を見ている神の使いに近い存在。 内容の濃さは段違いです。実際問題プラス映像の時間は全3作品合わせると100分前後もあるんですから。 です。 サルーマンは、指輪を調査していくうちに、自分の物したくなりサウロンの側にまわる。 ロード オブ ザ リングを1から3まで見たのですが、細かな設定がよく分かりません。今さら感もあるのですが、誰か教えてください。エルフは不老不死なのですか?で、その力が消える前に船で海を渡って行くのですか?どこへ?海の向こう 「エレスサール」がアラゴルンの王になった時の名前 今回はロード・オブ・ザ・リングのレプリカのご紹介です。これは素晴らしいですね。 指輪ですのであまり仕様等を書くことができませんので、共通の説明も書きますが、質感や仕上がりなどに加え、各種指輪ごとの仕様に応じて説明をさせていただきます。 教えてください。よろしくお願いします。, 詳しい説明ありがとうございました。こんな初歩的な質問に丁寧にありがとうございます。 元々は、エルフと対立した魔王モルゴスの部下 その年表によるとビルボ111歳とフロド33歳の誕生日が3001年、フロド出立がその17年後になる3018年です。 指輪は、フロドが始末した指輪の他にも、エルフに3つ、ドワーフに何個か・・・とか言ってましたが、その指輪はどうなったんでしょうか?, 本当にありがとうございました!上のアドレスからいろいろ彷徨って調べてみたいと思います。, ありがとうございました。エルフは不老不死だとか言ってる割には、戦いでバンバン死んで行くな~・・・と思っていた疑問が溶けました。 ぜひ読まないでください(^^; 実際にあの身長なのでしょうか。 原作、その他を読まないと絶対に分からないのですが、エルフたちとともに中つ国の西にある「アマン」という島へと向かいました。長くなるので詳しい説明は避けますが、まあエルフの聖地だと考えてください。 整理すると、 どうぞよろしくお願いいたします。 今さら感もあるのですが、誰か教えてください。 本当のところは、大人の事情ってやつです。 人間とエルフのハーフについての疑問も一気に解決してちょっとスッキリしました。 いまどきそう、珍しくもないです。 思っているのですが、 ロード・オブ・ザ・リング ... そして、最終目的である“指輪を捨てる”ために、「王の帰還」公開劇場へ! 苦難の道を乗り越え、フロドは指輪を捨てることができるのか?!その行方を見守り、あなたもフロドと一緒に指輪を捨てよう!  それはさておき、そのアングマールの魔王はもとはヌメノール人です。そのヌメノールは、アラゴルンも時々叫ぶ「エレンディル」という王様が本国のヌメノール(実はアトランティス)沈没の際に逃げ落ちて、中つ国に築きました。自分の二人の息子、イシルドゥアとアナリオンと共にです。フロド達が生まれる3800年ほど前ぐらいでしょうか。 その大河の中の指輪を、ホビットのデアゴルが拾いますが、それを見た友達のスメアゴル(後のゴラム)が指輪の魔力に捉われ、指輪を手に入れたい誘惑にかられてしまい、デアゴルを殺害して指輪を手に入れます。 ぜひ読まないでください(^^; 中つ国でも古代から存在している種族、木に似た風貌どおりで、木に近い。 ひとつの指輪はそれを含めたほかのすべての指輪を支配する力を, ひとつの指輪は強大な力を持っていて、それはたとえどんな種族の心も誘惑し、蝕んでしまうんです。 サポート, The Lord of the Rings: The Return of the King, 邪悪な指輪を滅びの山に捨てるため、旅の仲間を結成し、そのストーリーは始まった。そして出会いと別れ、壮絶な戦いを経て・・・。フロドは指輪を滅びの山の亀裂に捨てることが出来るのか?冥王サウロンが率いる20万もの軍との最後の戦いは?旅の仲間たちはもう一度めぐり会えるのか?愛と友情と裏切り、失われる尊い命・・・壮大な旅が終わる時、ここにすべての冒険が完結する・・・。, イライジャ・ウッド、 マッケラン (Ian McKellen)、 ショーン・アスティン. SEE版ではないと重要なシーンな見られないということもあります。二つの塔でレンバスやエルフのロープがでてきたと思いますが、1作目を劇場版もしくはエクステンデッドエディションしか見ていない人は、二つの塔で出てきても原作を知らなければピンとこなかったと思います。 2.もともとはサウロンの側についていた山の民でしたが、その後アラゴルンの祖先であるゴンドールの王イシルドゥアに、サウロンと戦う時には召集に応じると誓言をしました。 ところが、ビルボが何度はめても見つかる事はなく(映画では誕生日の日に 実のところ、私は映画でのフロドの荷う指輪は、原作の指輪よりも軽く感じました。指輪はもっと重苦しくフロドを痛めつけます。それを支えるサムのけなげさ……