お蕎麦も天ぷらもおいしかったです。 謙信公ゆかりの毘沙門堂が復元されていました。 でも歴史漫画などは添加物がたくさん入ったオイシイ食品みたいにも思えます。 林泉寺「宝物館」 昭和46年に開館、林泉寺を菩提所とした上杉謙信公をはじめ、高田城主の各大名ゆかりの品々が展示されている。 主な展示物 生前中に描かれた唯一現存する上杉謙信公の肖像画、謙信公直筆山門の「春日山」「第一義」大額、春日山城図、上杉軍の軍旗一式、その他。 その伝説が最近、東村アキ子さんにより「雪花の虎」という漫画に描かれています。 林泉寺には謙信の生前に描かれた肖像画が宝物館にあります。 春日山城の守り神として祀られています。 続きを読む, 入口で拝観料500円がかかります。 上杉謙信肖像. 謙信公が再興したお寺です。 そこからはレンタカー回りました。レンタカーは6時間借りました。 「越後の虎」と呼ばれた軍神「上杉謙信」。戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の戦国武将・戦国大名。上杉家の下で越後国の守護代を務めた長尾氏出身で、初名の長尾景虎でもよく知られている。兄である晴景の養子となって長尾氏の家督を継いだ。 本堂前に広がる景色を眺めていると、時を忘れてしまいそうになりました。, 民家を改造したようなたたずまいのお蕎麦屋さんです。 特に天ぷら、季節の山菜の天ぷらはよかったです。 訪問した日はお寺に誰もおらず、お堂の扉が閉ざされていました。 東京から日帰りです。新幹線で上越妙高へ。 上杉謙信が幼少期を過ごした立派なお寺です。 - 林泉寺 (上越市)(新潟県)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(52件)、写真(128枚)と新潟県のお得な情報をご紹介しています。 謙信公はじめ城主から崇敬されてきました。, 越後一之宮です。建物は新しいですが古い歴史を持つ神社です。 武勇で名高い上に領国経営に優れ、クリーンなイメージの上杉謙信。実は女性だったという伝説があります。 天ぷらざるそばセット1200円を注文しました。 林泉寺は、謙信が幼少期を過ごした場所でしられています。謙信の御墓と川中島の合戦で戦死した兵士の供養墓?を見ることができます。宝物館には謙信の肖像画、鎧、毘の軍旗、書状、などなど豊富に展示され、坊さんの解説も聞くことが出来ました! お寺さんの参拝にしては少し割高かなと思いましたが、コンパクトな境内を歩くとちゃんと整備されているのが分かります。 曲輪、空堀、土塁、上杉景勝屋敷跡を見学しながら回りました。最低1時間ぐらい、じっくり見ると半日近くかかります。暑い時期は飲み物など用意して回りましょう。 本堂内陣に並ぶ五智如来像で知られています。 春日山城は取り壊されたので、その遺構はこの門だけです。, 宝物館には謙信公ゆかりの品が展示されています。 上杉謙信ゆかりの寺 - 林泉寺 (上越市)(新潟県)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(52件)、写真(128枚)と新潟県のお得な情報をご紹介しています。 林泉寺を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで林泉寺や他の観光施設の見どころをチェック! 林泉寺は上越・直江津で8位の寺・神社です。 最近では漫画や映像にとらわれず、現地に行って時代の空気を感じたり、歴史上の人物を感じたりできればと思っている私たちです。, http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/cultural-property/cultural-property-jpn002.html, https://www.naoetsu-crs.com/post_spot/kota/, https://tabelog.com/niigata/A1503/A150301/15010882/. 春日山城登城後、この林泉寺に来ました。ここは上杉謙信の墓所があることで有名です。拝観料として大人500円が要りますが、宝物館も入るこ … 山たけのこ、山うど、かぼちゃなどいろいろ盛り付けられていました。りんごの天ぷらは初めてでした。, 今はできない、もうすぐできなくなる?大阪発北陸線、信越線、しなの鉄道、長野電鉄、篠ノ井線の旅, 写真と一言でおでかけプラン作者さんに「行ってきました!」を伝えよう。詳しくはこちら, ご利用のブラウザでは正しく画面が表示されない、もしくは一部の機能が使えない可能性がございます。以下の推奨環境でご利用ください。, 歴史ウォークを趣味としているAichiの姫、A姫(姉妹)です。 歴史の好きな方、ウォーキングの好きなにお勧めです。 歴史ウォークは歴史漫画やドラマ・映画・ゲームの影響でスタートしました。 上杉謙信公の墓所もあります。上杉謙信公の墓所と言われる場所は複数個所ありますが、林泉寺ではこの地に眠っていることとして供養しているそう。宝物館では謙信公直筆の書や生前描かせた肖像画なども見られ、見ごたえ充分。 そして、最後は上杉謙信公の生前描かせた肖像画や直筆書、毘沙門天の像などが保管されている宝物館にも行ってみてください。 『林泉寺』にはどうやって行くの?拝観料などの基本情報も掲載! この投稿をInstagramで見る . 山頂の本丸跡からの眺めは絶景です。, 越後守護代上杉氏の氏神です。 肖像画にみる五条衣 謙信の五条衣を肖像画から考え される。種類があるが、大きく三つに分類てみよう。謙信の肖像画は多くの 第一は軍陣において甲冑に身を 固めて 几 き に座った姿である。これ る。他の武将も同じパターンでみられは戦国期の武将を強調したもので、 次に法体の武将像で 上杉謙信公は、越後守護代であった長尾為景(ながおためかげ)の末子として誕生。幼名を虎千代と名乗りました。 謙信公の戦歴は、元服をした天文12(1543)年に始まります。以降、武田晴信(信玄)や … 上杉家歴代の中でも、家祖上杉謙信と中興の祖上杉鷹山は特に顕彰され、全小学校肖像画が掲げられています。 また、山形大学の工学部は、1910年(明治43年)設立の米沢高等工業学校を前身とし、旧建物は文化財として保存されています。 宮司さんは謙信公の研究者でもあります。, 聖武天皇の勅願により奈良時代に建てられました。 これは必見です。従来の謙信のイメージと違います。確かに女性的に見えます。 春日山を歩いて、もう12月でしたし人も少なくて、こ... 続きを読む, 春日山城跡から徒歩で20分程で着きました。昔は春日山城の城内という事だそうです。春日山城から移築された惣門は有名ですが、その後ろに謙信が建立したという山門(大正時代に再建)がありました。日本史の教科書で見た謙信の肖像画が宝物館にありました。謙信も含め春日山城ゆかりの人物の墓もありました。謙信ファンなら数時間楽しめるでしょう。, 上杉謙信、直江兼続が活躍した春日山城のすぐ近くにこの林泉寺はあります。立派な山門をくぐり、境内に入ると荘厳な空気が漂います。本堂に向い左側には、謙信が眠るお墓が凛と存在しています。まるで異次元空間に入った感じを味わう事が出来ます。, 春日山の中腹で、春日山城への途中によることができます。循環バスも止まります。謙信が7歳から14歳まで修業を積んだとされる名刹で、墓所にはお墓もあります。宝物館の展示物も見ごたえあります。最も外側にある惣門は、春日山城から移築されたものです。他に上杉家の会津移封後の歴代の領主の菩提所でもあり、墓所は圧巻です。, 上杉謙信が幼少期に預けられていたというお寺です。とても雰囲気のあるお寺です。宝物殿には当時書かれた肖像画で唯一原本だという貴重なものもあり、興味深かったです。, 上杉謙信が子供の頃修行したという歴史的荘厳な寺院歩いて行くには少し不便。レンタカーをおすすめします。, 移動の手段が車しかないのと 季節が限られていますので レンタカーの手配など計画を立てられることをお奨めします。 上杉の物語、天と地を思いだし、歴史好きには応えがあります。, 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 別の国や地域にお住まいの場合は、ドロップダウンメニューから、国または地域別のサイトを選択してください。 詳細, 口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。. 「本当はどうだったの?」 その居城だった春日山城は大規模な山城でしたが、取り壊され当時の建物はなにも残っていません。 戦後時代の名将・上杉謙信の祖父である長尾能景が、父・重景の菩提を弔うため1497年に建立した寺院です。ここで謙信は名僧・天室光育の厳しい教えのもと、7~14歳までを過ごしました。戦国の武将の中でも教養が高く、信仰心が篤い謙信の素養は、この時期に培われたと言われています。 五智如来像は拝観できず残念でしたが、広い境内を散策しました。ひっそりとした静かなお寺でした。 山頂の本丸まで城跡を見学しながらハイキングしました。 ここの一番の見どころは名将、上杉謙信公の墓所ですね。米沢の上杉家廟所や高野山、新潟... 林泉寺には謙信の生前に描かれた肖像画が宝物館にあります。 戦国武将、上杉謙信ゆかりの地をめぐる歴史ウォーク。 歴史の好きな方、ウォーキングの好きなにお勧めです。 東京から日帰りです。新幹線で上越妙高へ。 そこからはレンタカー回りました。レンタカーは6 漫画「雪花の虎」にもそのシーンが描かれています。 春日山城の遺構の惣門、宝物館、謙信公のお墓もありました。 歴史ウオークはたくさん歩き回るので体力と、歴史上の人物に対してちょっぴり想像力が必要でした。, 上杉謙信は幼いころ、この寺に預けられ教育を受けました。 謙信の墓のすぐそばには川中島戦死者の供養塔も建てられています。 また、境内には宝物館があり、生前描かれたものとして唯一現存する謙信の肖像画をはじめ、謙信ゆかりの品々が多数展示されています。訪れた際にはぜひ見ておきたいところです。 越後国の戦国大名・上杉謙信の肖像画です。もとは春日山(新潟上越市)の林泉寺にあったとされ、上部には謙信自身の作とされる賛があります。 4f 上杉家の厚い保護を受けていました。 直江兼続肖像画 生誕 永禄3年(1560年) 死没 元和5年12月19日(1619年1月23日) 改名 与六(與六)、樋口兼続、直江兼続、重光 別名 直江山城守あるいは直江城州(通称) 戒名 達三全智居士 英貔院殿達三全智居士 墓所 山形県米沢市の松岬神社、林泉寺 周辺の上杉家や謙信ゆかりのお寺や神社も回りました。 林泉寺入口バス停下車。徒歩約10分。 お墓の状況、感想など. 戦国武将、上杉謙信ゆかりの地をめぐる歴史ウォーク。 おおげさに誇張されたり、面白く脚色されたり、実際とはちょっと違ったものになっていると思う。 漫画に描かれる林泉寺や春日山城を訪ねてみました。 そもそもこの上杉謙信女性説は歴史小説家の八切止夫さんの唱えた説。 八切さんがスペインの修道院で見つけた、日本の佐渡金山の報告書に『会津の上杉(景勝)は、叔母が佐渡を開発して得た黄金をたくさん持っている』と記載されていました。 この報告書に、佐渡を開発した上杉謙信が景勝の叔母というふうに記載されているため、上杉謙信は女性だったと解釈したのが上杉謙信女性説の始まりです。 (謙信の姉の子供が景勝でその他の姉妹はいない。) これだけだと記載ミスの可能緒性もありますが、実は上杉 … 謙信が幼少期を過ごした林泉寺は花に囲まれた閑静なお寺でした。 林泉寺・上杉謙信木像 利用規約 この「教育用画像素材集」のご利用に際しては、以下の利用規約をご確認いただき、これらの条件に同意された場合にのみご利用いただけます。 謙信公の肖像画は生前に描かれた唯一のものです。, 戦国時代、大規模な山城だった春日山城は取り壊されたので、当時の建物は何もありません。 この寺には謙信が生きていた時代に描かれた肖像画があります。教科書で見る謙信の肖像画と雰囲気が違い、女性的かも。女性説が出るのも頷けます。, 春日山城から移築したといわれています。 行ってみると花に囲まれた美しいお寺でした。 上杉 謙信(うえすぎ けんしん) / 上杉 ... 虎千代は城下の林泉寺 に入門し 、住職の天室光育の教えを受けたとされる 。実父に疎んじられていたため、為景から避けられる形で寺に入れられたとされている。 武勇の遊戯を嗜み、左右の人を驚嘆させた。また好んで、一間四方の城郭模型で遊ん� 一五三〇 - 七八 戦国時代の武将、越後国の大名。享禄三年(一五三〇)正月二十一日、越後守護代長尾為景の末子として生まれた。生年の庚寅(かのえとら)にちなんで童名を虎千代といい、元服して平三景虎と称す。天文五年(一五三六)長尾為景は 昔、米沢の林泉寺さんでミラージュの原画展をやったとき、ほたか乱先生が描いた邂逅編の景虎を「第一義」(上越林泉寺の扁額拓本が飾ってある)の真下に飾らせてもらったことがあって。景虎が謙信公と再会できたようで、ひとり震えておりました。 宝物殿では、教科書などでよく見る謙� 新潟県上越市にある上杉氏の菩提寺です。山号は春日山です。春日山城の山麓、春日山城と春日神社の真ん中付近にあります。