宝塚歌劇の公演情報、宝塚大劇場・東京宝塚劇場に関する情報、花組,月組,雪組,星組,宙組,専科やスター情報をご紹介します。 観劇の感想や生徒の魅力、宝塚ファン初心者さんがもっと知りたいことなどを、私の知ってる限り発信していきたい! 1996年:宝塚歌劇団に演出助手として入団 1999年、宝塚バウホール公演『エピファニー』(主演:彩輝 なお)で演出家デビュー。 「『ぴあ』に演出家募集が出ていたので受験したんです。演劇は好きでしたが、宝塚はそのときに初めて見ました。 2015年 4名(文学部、経済学部) 略歴. 2018年 3名(造形芸術学部、現代心理学部、文学部) 実際、齋藤吉正先生は東京農業大でバイオか何かの研究をしていたそう。めっちゃ頭良いな齋藤先生。, かつては高学歴出身の演出家が多かったイメージですが、割と中堅大学からも合格者が出ているようです。宝塚大学のような地元の単科大学からも入団者がいるんだね。, とはいえ、最近でインパクトがあったのは谷貴矢先生の「東京大学」。学生演劇出身との話も…。, しかも結構有望視されてた学生劇団を率いていたのに、すべて投げうって宝塚に入ったって。うん、ありがとう!(どこ目線), エントリーシートの中に、これまで劇団が課題として出していた「作文」が含まれているのでしょう。マイナビに登録していないからエントリーシートの詳細までは見ていませんが。。。気になるなぁ、登録してみようか(やめとけcv.あきも), 2017年って募集してなかったっけ?? Part1に引き続き、宝塚歌劇団の“演出助手”についてお話しましょう。 “演出助手”という職名なのですから、演出家の補佐であることに間違いはなし。そのためにはすべてを覚え、把握していなければなりま … 宝塚歌劇団の演出家は、生徒さんと同じように入団してしばらくは演出助手として先輩演出家のサポートにつきます。 そうして7年の助手時代を過ごし、2013年に珠城りょうさん初主演となった月組バウホール公演『月雲の皇子』でデビューを果たします。 略歴. 宝塚好きな男子があれこれつづります ... 年齢を逆算してみたりするとちょうど65歳で、定年的なものかな。 谷氏と言えば、植田紳爾氏の演出助手をメインで務め、植爺の後継者的位置付けの演出家というのが一般的な見方かと。 小学生のころから宝塚が好きでテレビで見ていた。中学生の時はじめて東京宝塚劇場で観劇した瞬間、宝塚に入りたいと思った。 劇場の地下で売っていた「歌劇」の演出助手募集の記事を見て年齢制限がなかったのでさっそく応募したが一向に音沙汰がない。 2006年5月、月組宝塚大劇場公演『暁のローマ』にて新人公演の演出を初担当。. にほんブログ村, ツイッターでは日々の宝塚ライフや幕間にリアルタイムな感想などを呟いています^^良かったらフォローお願いします! 記者会見には、宝塚歌劇団理事長・小川友次、宝塚歌劇団演出家・小池修一郎、花組トップスター・明日海りお、花組トップ娘役・仙名彩世、柚香光に加え、「ポーの一族」原作者の萩尾望都氏にもご登壇いただきました。 宝塚は各組の「男役のトップスター」を中心にまわっているような文化ですから、「新トップスター」の存在は重要。 ... (演出助手にはそういう権限は無いのかな?) 上田先生のショー作品というと、月組の … アニメーターの年収や20~65歳の年収推移・役職者【主任・係長・課長・部長】の推定年収、年収差など役立つ多くの情報をまとめた年収ポータルサイトです。「平均年収.jp」 Follow @sunayama373, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 宝塚ファン歴研20になりました。 迷ってる人は受けてみるといいよ! 2010年 1月、花組宝塚バウホール公演『bund/neon 上海』で演出家デビュー 。. 今年も演出助手の募集が始まりましたね…!新卒・第二新卒ならチャンスあり!受ける人は頑張ってくれ!, 10年目指し続けたところだからやっぱり気になっちゃってマイナビ見てきました砂山です、どうも。, 応募対象者は今年度(2020年)新卒者と既卒5年以内の者とのこと。 宝塚歌劇団の若き女性演出家として注目を集めている、上田久美子さん。 今では演出家として活躍している上田さんだが、実は過去には製薬会社に勤務していた時期も。 “転職”というカタチで宝塚歌劇団の門を叩いた、その経歴は少し変わっている。 京都大学、慶應義塾大学、上智大学、東京大学、日本大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学, 2020年 1名(芸術学部演劇学科) 慶應義塾大学文学部3年の1998年に、宝塚歌劇団嘱託の演出助手に採用され、99年に同劇団に入団し制作部に配属。2002年、宝塚バウホール公演「slapstick」で演出家デビュー、11年、「めぐり会いは再び」で大劇場デビュー。 大阪市出身 。 同志社大学在学中の2003年、宝塚歌劇団入団 。. 10年目指し続けたところだからやっぱり気になっちゃってマイナビ見てきました砂山です、どうも。 応募対象者は今年度(2020年)新卒者と既卒5年以内の者とのこと。 大学を出ていることはもはや必須条件です。 学部学科は問わないようなので、特に演劇や文学を先行しているだとかは関係ないですね。 実際、齋藤吉正先生は東京農業大でバイオか何かの研究をしていたそう。めっちゃ頭良いな齋藤先生。 かつては高学歴出身の演出家が多かったイメージですが、割と中堅大学からも合格者が出ているよう … 日本大学芸術学部出身 。. 2006年 7月、花組 宝塚大劇場公演『ファントム』にて新人公演の演出を初担当。. 吉村香澄・麻生洋介(回想):宇月 颯 滝沢龍太:松村雄基 募集はしたけど、採用者はなしだったのかなぁ。, 2016年に受かってもうやめてる子もいるのか。まぁいろんな事情があるから仕方ないね。, 加えて2018年は3人採用されているけど、2019年のうちに2人退職、2019年採用者もその年のうちに1人退職していることになります。, 受かるのも厳しい世界ですが、就職してからも厳しい世界だということを物語っているようですね。。。, かつては日大や早稲田といった演劇にゆかりのある大学が多かったような気もしますが、最近の傾向はどんな感じなのでしょうか。, <大学> 大学を出ていることはもはや必須条件です。, 学部学科は問わないようなので、特に演劇や文学を先行しているだとかは関係ないですね。 小池修一郎先生や小柳奈穂子先生も慶應出身ですね。, 2大学に設置されているとのこと。出身大学一覧から考えると東京大学の可能性が高いですね。, それにしても東京大学で理系の大学院まで進学して宝塚歌劇団に就職するとはなかなかのツワモノですね…!, 造形学部や芸術学部といった名称の大学は数多くありますが、造形芸術学部なかなか見つけられず。, よくよく調べてみたところ、2019年に廃止されていますが宝塚大学に同じ名称の学部がありました。, 推測ですが、大学院出身者は宝塚の演出助手受けるために大学院に進学している可能性もありますね。, 演出助手試験を受けられるのは新卒から5年までに絞られているので、大学新卒時に合格できなかったら大学院に進学して翌年も狙う方がチャンスは多くなりますもんね。さらに大学院卒業してから5年はチャンスがあるということですから、なかなか賢い選択かもしれません。, 気になる採用倍率ですが、公には発表されていませんが、私が受けていた2007年〜2014年くらいの間は400人の応募に対して合格できるのは4人とか言われていました。, その時は劇団の公式HPでの募集だったので、マイナビ経由で募集している現在においてはもっと受験者は増えている可能性がありますね。, とにかく受ける人は頑張って! 引用:マイナビ, 昔から日本大学出身の演出家は多いですね。正塚先生や藤井先生も日本大学出身だったはず。現在も日本大学は強いなと感じます。, 総合政策学部は多くの大学に存在しますが、出身大学一覧から考えても慶應義塾大学なのかなと推測します。 2000年、宝塚歌劇団入団。 2003年に『おーい春風さん』の演出を手がける。 同年、『傭兵ピエール』で新人公演の演出を初担当。 2006年の花組 シアター・ドラマシティ公演『Appartement Cinema』で演出家デビュー 。. 2003年、慶應義塾大学法学部卒業 。 同年、宝塚歌劇団入団 。. ふと、「宝塚歌劇団と劇団四季って具体的には何が違うんだろう」と気になってしまいました。 そこで、主に 「"数字"から見る宝塚歌劇団と劇団四季の違い」 について「入団の倍率」「売上高」「年間・観客動員数」など様々な項目で比較したいと思います。 気になる演出家のプロフィールを、資料からわかる範囲で、タカラジェンヌの一覧年鑑『宝塚おとめ』風にまとめてみました。('10.2.1更新) 時系列順はこちら (著作リスト、受賞作リストは現在作成中) 注:2005年以降、作品を発表している人に限ります。 荻田 浩一(おぎた こういち、1971年3月3日 - )[1]は、元宝塚歌劇団所属の演出家。大阪府出身[1][2]。, 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, “「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」水夏希&東山義久が見どころ語る動画公開”, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=荻田浩一&oldid=81609586, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, 2004年、脚本・演出を手掛けた『ロマンチカ宝塚'04―ドルチェ・ヴィータ!―』が第59回, バウ・ミュージカル『夜明けの天使たち―悲しみの銃弾―』(1998年 星組・宝塚バウホール 主演:, バウ・ミュージカル『聖者の横顔』(2000年 星組・宝塚バウホール、日本青年館 主演:, レビュー・ロマネスク『パッサージュ―硝子の空の記憶―』(2001年 雪組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場、博多座 主演:, レビュー・アラベスク『バビロン―浮遊する摩天楼―』(2002年 - 2003年 星組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:, グランド・ショー『ロマンチカ宝塚'04―ドルチェ・ヴィータ!―』(2004年 星組・博多座、宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:, レビュー・アラベスク『タランテラ!』(2006年 雪組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:, ショー『TUXEDO JAZZ』(2007年 花組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:, ソング&ダンス・ショー『ソロモンの指輪』(2008年 雪組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:, バウ・ワークショップ『LAST STEPS―月明かりのワルキューレ―』(1998年 花・月・雪・, ミュージカル・ロマン『白昼の稲妻』(2003年 - 2004年、宙組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場 主演:, 『TCAスペシャル2004 タカラヅカ90―100年への道―』(一部のみ)(2004年), 『TCAスペシャル2005 ビューティフル・メロディー ビューティフル・ロマンス』(一部のみ)(2005年), 1995年 花組『LAST DANCE』(正塚晴彦、バウホール)、月組『Beautiful Tomorrow!』(, 1997年 月組『グランド・ベル・フォリー』(酒井澄夫)、花組『失われた楽園』(小池修一郎)、星組『誠の群像』(石田昌也)、星組『, 音楽と劇『Moon River』(作・演出)(2003年3月1日 - 3日、築地本願寺ブディストホール), 映像&一人芝居『ゼルダ』(作・演出)(2003年5月21日 - 25日、LAFORET MUSEUM原宿), 音楽と劇『暴力と夜、雨の中で』(作・演出)(2004年5月19日 - 23日、築地本願寺ブディストホール), MUSICAL『SILK STOCKINGS 〜絹の靴下〜』(演出)(2010年5月、青山劇場。6月、梅田芸術劇場シアターBRAVA!), SHOW ACT『ファウスト・オデッセイア』(脚本・演出)(2014年10月 - 11月、博品館劇場), マサラミュージカル『ボンベイドリームス』(演出・訳詞)(2015年1月 - 2月、, O-Parts公演 コメディプレイ『リビング』(脚本・演出)(2016年3月、赤坂RED/THEATER), 『CHESS in Concert』(演出・訳詞)(2013年12月12日 - 2013年12月15日、国際フォーラムホールC。2013年12月20日 - 2013年12月22日、梅田芸術劇場), 『The Sparkling Voice - 10人の貴公子たち-』(構成・演出)(2016年1月28日 - 2月1日 シアタークリエ), ダンス×アクト『SANCTUARY〜旋回する夜の情景〜』(作・演出)(2001年2月2日 - 24日、ベニサンピット), ダンスドラマエモーション『Winter Rose』(原案・構成)(2003年12月23日、新神戸オリエンタル劇場。2004年2月4日 - 7日、博品館劇場), ダンスアクトシリーズvol.3『草原の風〜白い馬の伝説〜』(構成・演出)(2003年7月11日 - 13日、シアター・ドラマシティ。7月19日 - 21日、ゆうぽうと簡易保険ホール), オリジナルショー『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』(構成・演出)(2004年9月8日 - 12日、, 『…and the World Goes 'Round』(演出・訳詩)(2004年12月10日 - 12日、新神戸オリエンタル劇場。2004年12月17日 - 23日、東京芸術劇場 中ホール), ダンスドラマエモーション『Winter Rose 南へ―冬を逃れてきた姉と弟 Stranger…』(構成・演出)(2005年2月2日 - 6日、博品館劇場), オトナのためのクリスマスエンターテイメント『RED SHOES, BLACK STOCKINGS―彼と彼女が踊る理由―』(構成)(2005年12月24日 - 25日、ル テアトル銀座), THE SONG OF KANDER & EBB『ワールド ゴーズ ラウンド(…and the World Goes 'Round)』(演出・訳詩)(2006年2月9日 - 12日、東京芸術劇場 中ホール。2006年2月14日、兵庫県立芸術文化センター中ホール), 『LOVE LOVE DE SHOW オレンジ・カーニバル』(構成)(2007年7月10日 - 15日、, DIAMOND☆DOGS LOVE LOVE de SHOW『SAKURA cha cha』(構成)(2009年4月23日 - 30日、天王洲 銀河劇場), Super gala dance revolution『DANCE SYMPHONY 2010 -LOVE-』(構成)(2010年1月12日 - 17日、東京芸術劇場中ホール), solo ACT×solo DANCE 『gargoyle』(作・構成)(2010年12月3日、PARCO劇場), TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY 『DREAM TRAIL - 宝塚伝説 -』(構成・演出)(2011年1月23日 - 30日、青山劇場。2月3日 - 8日、シアタードラマシティ), 朗読劇 『星の牧場 〜朗読劇×歌×ダンス〜』(脚本・演出)(2011年8月24日 - 29日、, DIAMOND☆DOGS『“TANGO”Series FINAL = TANGO Doki Doki =』(構成)(2011年11月23日 - 27日、天王洲 銀河劇場), 『純愛物語 meets YUMING 8月31日 〜最後の夏休み〜』(脚本執筆・演出アドバイザー)(2012年10月、帝国劇場), TABLOID REVUE『密会』(構成・演出)(2013年1月、赤坂RED/THEATER), 宝塚歌劇100周年前夜祭 『DREAM A DREAM』(構成・演出)(2013年10月12日 - 27日、, CLASSICAL NEO FANTAZY SHOW『THE SHINSENGUMI』Sword Dance 〜剣、烈風の如く、真空に舞う〜 (作・演出)(2013年12月4日 - 10日、東京・, ENTERTAINMENT ORIGINAL MUSICAL SHOW『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』(構成・演出)(2016年4月、天王洲 銀河劇場), 『Mystic Girl』(「FAFNER in the azure -NOW HERE-. 宝塚について一緒に語ってると楽しいなコイツ!ってところを目指しています…!. ゆーさと演出家みなさんに特徴があるんです宝塚歌劇団を語るには外すことのできない"演出家"宝塚歌劇のお芝居やショーなど、すべての演目に演出家の手腕が発揮されます。そして、演出家の方々はたくさんいまして、みなさんに特徴があり メールにて【演出助手又は演出部応募】をタイトルにし、下記の必要事項をメールにてお送り下さい。 ※必須項目ですので7まで必ず記入をお願い致します。 1・お名前 2・住所 電話番号 メールアドレス 3・年齢 … 在学中、宝塚歌劇団の演出助手に合格し、1994年、宝塚歌劇団に入団 。 1997年、日本青年館公演『夜明けの天使たち』で演出家デビュー。 1999年、『螺旋のオルフェ』で宝塚大劇場作品デ … 宝塚歌劇団 演出家 植田景子先生の 「Can you Dream? -夢を生きる-」読み終わりました。 【送料無料選択可!】Can you Dream?-夢を生きる (単行本・ムック) / 植田 景子 著 この本は演劇風に仕立てられていて、目次を紹介すると Prologue 第一幕 My History 宝塚と私 第二幕 My Work 宝塚歌劇団演出家 第 … 宝塚歌劇団の演出助手の求人を知り願書を出したのは。正直に言ってしまうと“夢を追い求めて”というより“転職がしたい”、後者の思いのほうが当時は強かったんですよ(笑)」 後編は4月22日(金)更新予定です。お楽しみに! 【profile】 ブログ村ランキングに参加中~ポチ頂けると励みになります! 略歴. 倍率はおそらく100倍近くあると思うけど!, 昔は、ファンだったら採用されないとか言われてたけど、そんなことないのが最近活躍している演出家をみてるとわかるよね。, 景子先生はもとより、稲葉先生も生田先生もガチのヅカオタだもんな。だからこそ作れる作品を作ってくれてると思う。, \いつも応援ありがとうございます^^/ 2019年 3名(芸術学研究科、総合政策学部、農学生命科学研究科) 演出助手:山本真広 振付助手:二田加奈恵 装置:根来美咲(劇団青年座) 制作協力:ヴァカーエンターテイメント 企画・主催:ウィングエンターテイメント 共催:学校法人 日本航空学園.