車種によってはエンジンがかかっていなくともエアコンを使用できますが、長時間使い続けるとバッテリーが上がる原因になりかねません。 運転頻度が少なかった(自然放電) 車のバッテリーは、「自然放電」と呼ばれる現象を起こします。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。バイク・原付のバッテリーの充電・交換方法、寿命のご説明。バイク・原付のバッテリーが上がる原因と対処法もご説明。ふだんからライト類がついていないかを確認し、長期間バイクに乗らない場合はバッテリーを外しましょう。 一般的に、 電力の使用量が蓄電 (充電) する量を上回ることにより起こる電力不足を 「バッテリー上がり」 と言い、 電力容量の低下によるバッテリー劣化を 「バッテリー寿命」 と言います。 車が動かせなくなる原因のひとつに「バッテリー上がり」があります。車が急に動かなくなるのは大きな問題です。外出先であれば家に帰るのも困難ですし、たとえ自宅のガレージであっても日常生活に支障をきたしてしまうことでしょう。, 今回はそうした車の厄介なトラブル「バッテリー上がり」の原因についてご説明したいと思います。まずはバッテリーのしくみを知り、バッテリー上がりがなぜ起きるのかを学びましょう。原因を知り、普段から注意しておくことでバッテリー上がりは未然に防ぐことができます。, バッテリーとは、一言でいうと「充電可能な電池」のことです。一般的なガソリン車の場合、車のエネルギー源というと多くの方は「ガソリン」を思い浮かべると思いますが、実は車を動かすためには電気も必要です。, たとえば、車のエンジンを始動させる際は「セルモーター」と呼ばれるモーターを使ってエンジンを回転させます。このセルモーターを動かすのに必要なのがバッテリーから供給される電気なのです。言い換えると、バッテリーがなければエンジンを始動できず、車を動かすこともできません。, 自動車は、エンジンが動いている間は車載されているオルタネーター(発電機)によって電気を作り出すことができますが、エンジン停止中に電気を供給できるのはバッテリーだけです。そのため、エンジンの停止中に使うカーステレオやパワーウィンドウ、ライトなどにもバッテリーからの電気が使われます。, エンジンが止まっている間や、エンジンの始動時には電気を供給しているバッテリーですが、エンジン始動後や走行中はオルタネーター(発電機)から使った分の電気をバッテリーに充電しています。走行中に電気を蓄えておくことによって、必要なときにいつでも電気を供給できるしくみになっているのです。, いわゆる「バッテリーが上がる・上がっている」という状態とは、バッテリーが「電気不足に陥ってしまった状態」のことを指します。, バッテリーは本来走行中に電気を蓄え、エンジン停止中に電気を使用する、というサイクルを繰り返しています。しかし、電気の使用量がバッテリーに蓄えられた電気の量を上回ってしまうと、電気の供給が追いつかない状態になってしまうのです。そうなると、もはやセルモーターの起動すら不可能になるので、車のエンジンを始動することができなくなってしまいます。, バッテリーが上がると、車に詳しくない人でも判別しやすい特徴が現れます。以下にバッテリーが上がったときに現れる状態の例をご紹介します。, エンジンがかからないというのは、最もわかりやすい状態です。また、駆動音も普段と違うのでわかりやすいでしょう。車は通常、エンジンキーを回すと「キュルキュル」とセルモーターが回転する音が聞こえ、その後にエンジンが始動します。このとき、セルモーターの駆動音が普段より弱々しく、なかなかエンジンがかからない場合はバッテリーが上がってしまっている可能性があります。, パワーウィンドウやパワーシート、ラジオなど車内の電装品はエンジン停止時、バッテリーの電気で動きます。バッテリーが上がってしまうと、これらの電装品はいくら操作しても動かなくなってしまいます。, これはどちらかというと、バッテリーが「上がったとき」の状態というより、「バッテリー上がりが復旧した後の状態」です。時計の時刻やパワーシートの位置など、電装品の設定はバッテリーの電気で保存されるため、一度バッテリーが上がった後に復旧すると、記録されていた設定がリセットされてしまいます。, バッテリーは「電気の使用量>バッテリーに蓄えられている電気の量」という状態が続くことで上がってしまいます。一般的には次のような原因で上がってしまうことが多いので注意しましょう。, 夜間やトンネルでの走行後、ライトを消し忘れたままエンジンを停止し車を離れてしまうことがあります。このとき、エンジンは止まっているわけですから、ライトの点灯に使われるのはバッテリーの電気です。その状態で長時間放置してしまうと、いずれバッテリーの電気がなくなってしまいます。, 車のドアを閉めたと思っていたのに実はしっかり閉まっていなかった、いわゆる「半ドア」もバッテリー上がりの原因のひとつです。通常、車はドアが開くと室内灯が点灯するしくみになっています。そのため、半ドアの状態で室内灯が点灯し続け、バッテリーが上がるトラブルが多いのです。, ライト、室内灯の他に原因となりやすい電装品にエアコンがあります。車種によってはエンジンがかかっていなくともエアコンを使用できますが、長時間使い続けるとバッテリーが上がる原因になりかねません。, 車のバッテリーは、「自然放電」と呼ばれる現象を起こします。自然放電とは、使用していなくても蓄えられた電気の量が自動的に少しずつ減っていく現象です。通常は走行中に充電が行われるので問題ないのですが、車に乗る機会が極端に少ない場合、自然放電でバッテリーが上がる可能性があります。, バッテリーの内部には、バッテリー液と呼ばれる液体が入っています。バッテリー液がきちんと所定の量で満たされている場合は問題ありません。しかし、バッテリー液が少なく、内部の極板が露出した状態で使い続けているとバッテリーの劣化が進んでしまい、バッテリーが上がりやすい状態に陥ってしまうので気をつけてください。, バッテリーも他の車の部品と同じく、「寿命」があります。寿命を迎えたバッテリーは電気を蓄えられなくなってしまうので、速やかに交換しないとバッテリー上がりの原因になります。, バッテリー上がりを未然に防ぐには、ここまでで紹介してきたような「バッテリーが上がる原因」に普段から対処しておくことが重要です。, エンジンを切り、車から降りるときは、ライト・ルームランプ・半ドアなどの状態になっていないか、よくチェックしてから車を離れましょう。, バッテリー液の不足や寿命などが原因でバッテリーが上がるのを防ぐには、定期的なバッテリーチェックが欠かせません。必要に応じてバッテリー液の補充や交換を行ってください。ひとりで判断するのが難しい場合は、専門家に相談するのもいい方法です。, このように、普段から少し気をつけておくだけでバッテリー上がりは十分に予防することができます。また、万が一バッテリーが上がってしまったときのために、ある程度の知識を身につけておきたいものですね。, 最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。 そのため、バッテリーあがりが起こると車が動かなくなる場合があります。 それに気付かずそのままの状態が続くと電気が消費され、バッテリー上がりの原因となります。 外気温が低すぎた. 車のバッテリーは車を構成するパーツの中でも大切な役割を担っています。そもそも、どうしてバッテリーは上がるのでしょう。当記事では、バッテリー上がりの原因・対処法、バッテリー寿命、日ごろのメンテナンス方法などを解説します。 無断複写・転載・公衆送信等を禁じます, 車のバッテリーが上がってしまうと、エンジンが掛からなくなってしまいます。この記事では、バッテリーが上がる理由や、上がってしまったときの解決法、さらにバッテリーが上がらないよう、普段から注意しておくべきことなどを詳しく紹介しています。. バッテリー上がりの原因についてです。 ここ一年くらいバッテリー上がりが頻繁に有り、その間に2回新品に交換しました。バッテリーはボッシュの密閉タイプで色でバッテリー状態を確認す … バッテリーあがりの場合、基本的にはロードサービスなどに依頼するのが一般的ですが、もしもの備えのために、ブースターケーブルの役割を知っていると安心です。 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの まず最初に、バッテリーが上がる原因から解説していきます。 カーバッテリーでピンとこない方は、携帯のバッテリーをイメージしてください。携帯の充電、怠るとなくなるので、適宜充電が必要ですよね。 そのときに役に立つのがブースターケーブルです。 車のバッテリーが上がる原因 「バッテリーが上がった」とはどんな状態? 車のバッテリーだけでなく、携帯電話やパソコンなど電源を必要とする機器に搭載されるバッテリーには電気を貯める容量が決まっています。 本記事では、ブースターケーブルの車とのつなぎ方や使い方、選び方、注意点などをご説明します。, 自動車のバッテリーは、運転の際に必要な電力を供給する役割があります。 ここからは、バッテリーが上がる原因について紹介します。車の使い方によってバッテリーが上がるケースがあることを把握しておきましょう。バッテリー上がりは突然に起こるイメージですが、実は違います。 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。, 不意のバッテリーあがりの対処法として、他の車から電気を分けてもらう方法があります。 長時間車を放置すると、電力不足となってバッテリーが上がるおそれがあります。 なぜなら、車は時計機能などの設定を正常に保つため、エンジンが停止しているときにも電力を使っているか … バッテリーの中には希硫酸でできたバッテリー液が入っていますが、周囲の気温が下がると液の温度も下がり、性能が落ちてしまいます。 バッテリー が上がる原因はいくつかありますが、大きく分けると「寿命」によるものと「ミス」によるものがあります。 バッテリー の寿命の幅は、広く2年~5年と言われています。� 本記事では、バッテリー液の役割、バッテリー液の補充の仕方、入れすぎて漏れた場合や、空になってしまうとどうなるかなどをご説明します。, シガーソケットは、バッテリーからの12V(トラックなど一部の大型車は24Vの場合もある)が取れる筒状の電源ソケットです。 室内灯やスモールライト、ハザードなどを点けっぱなしで駐車すると起こるバッテリー上がり。エンジンが掛からないので外部充電したり、ブースターケーブルを繋いで掛けるが、1度上がったバッテリーは充電しても性能が元には戻らず、交換すべきという噂があるが本当か? 車の「バッテリー上がり」は、jafの緊急出動で呼ばれる原因の第1位です。みなさんも一度は経験があるのではないでしょうか?そこでバッテリー上がりになってしまった時の対応や対策を解説すると共に、バッテリー上がりになった時にあると便利なアイテムもご紹介します! オルタやバッテリーが新品のr32gt-rを襲ったトラブルたまにしか愛車に乗らない皆さんにとって、心配なのはバッテリー上がりではないだろうか? キーを回してもエンジンがかからない。しかし、単純にバッテリーが空っぽと言っても、オルタネーターや配… バッテリーが弱くてエンジンが掛からない・・・つまり「バッテリー上がり」にはいくつかの原因があります。 ヘッドライト等を点けっぱなしのままエンジンを切ってしばらく … 車のバッテリーが上がる原因 「バッテリーが上がる」という状態は、 バッテリーに蓄積されている電力が必要量以下しか残っていない、もしくは全く残っていない状態のことです。 バッテリーが上がってしまう具体的な原因をいくつかご紹介します。 車のバッテリーは放っておくとすぐに使い物になりません。 この状態を「バッテリーが上がる」といいますが、どのぐらいの時間ほったらかしにしたら使い物にならなくなってしまうのでしょうか? ここでは、バッテリーがどの程度で上がっ … 具体的には、エンジンの始動やヘッドライト、カーナビ、パワーウィンドウなどの多くの箇所に電力を供給しています。 バッテリー上がりの対処法は4つ! 車のトラブル堂々の第1位は…バッテリー上がり!(※2018年4月1日~2019年3月31日 jafロードサービス救援データより) 多くは自動車のシフトレバー近くのコンソールにあります。 夜間走行の後、ヘッドライトをつけたままの状態でエンジンを切ると、バッテリーに充電されずに電気が消費されることになります。 車に乗ろうとしてエンジンをかけるとバッテリーが上がって運転できないといった経験ってありませんか?最初はとても焦るのですが、今後の予防策としてバッテリーが上がる主な3つの原因をご紹介します(^^) ハイブリッド車のバッテリートラブルは、補機バッテリーなら対処可能です。しかし、ハイブリッド車特有のメカニズムもあり、各車で対応方法は異なります。そこで、いくつかの例を挙げてハイブリッド車のバッテリートラブルの原因と救援方法についてご紹介します。 バッテリーが上がる原因とは? ヘッドライトを点けたままエンジンを切る. もともとたばこに火をつけるための道具でしたが、喫煙習慣が衰退したことと、スマートフォンをはじめ、車内で電化製品を使うニーズが高まったことで、その役割は大きく変わりました。, 燃費の向上、環境への配慮から多くの自動車に搭載されているアイドリングストップ。環境性能に応じた自動車の税制優遇措置もあり、近年の自動車には必要不可欠な機能となっています。, バッテリーが上がる原因や症状から、バッテリー上がりを防止する対策方法などをご紹介。バッテリーが上がるのを未然に防ぐ方法としてバッテリー液の補充などをご紹介。, 自動車のバッテリー(カーバッテリー)の交換時期を知る目安や交換方法をご紹介。バッテリーの寿命は一般的に2年〜5年といわれています。ですから、車検ごとに新品へ交換すればほとんど問題は発生しません。, 車の「バッテリー上がり(上がってしまった時」の対処法のご紹介。バッテリー上がりの症状からバッテリー上がりかどうかを確認する方法、ジャンピングスタートの手順、ジャンピングスタートに必要なものなどもご紹介。, 車のバッテリーを充電する方法をご紹介。バッテリーのしくみ、自分でバッテリーを充電する方法、バッテリー充電に要する時間、バッテリー充電が必要になるタイミング、一般的なカーバッテリー充電器の使い方などをご紹介。, ※ インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら, インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細は. バッテリーが上がる原因. 冬はバッテリーの性質上、バッテリー上がりが起こりやすい時期であり、また、日が落ちることが早いためライトを使う機会も多くなるからです。 バッテリーは、充電と放電を繰り返していますが、経年劣化で容量が低下します。容量が低下して寿命が近づくと、バッテリー上がりの原因になります。バッテリーの寿命は、車の使い方によって変わりますが2~5年と言われています。 走行している間は、発電機によって電力を充電する仕組みになっていますが、エンジンを切ると充電されないのに消費だけされていくのでバッテリー上がりの原因となります。 【原因2】バッテリーの寿命が近づいている この記事を書いている2017年1月14日、数年に1度と言われる最強寒波により車のバッテリートラブルが相次いで報告されている。そこで今回は、自動車のバッテリーと寒さの関係について投稿しようと思う。冬場のバッテリー上がり冬場はバッテリーのトラブ バッテリー上がりの原因7つ. バッテリーの充電状態や劣化の度合いによっても変わりますが、何も対策せずに車を長期間放置した場合、早ければ数日から数週間でバッテリー上がりを起こすこともあります。 車のバッテリーが上がる原因は何? 上がってしまった場合の対処法もあわせて解説 通勤や買い物、レジャーなど、今や車は私たちの生活に欠かせない移動手段となっています。 バッテリーが上がると、車のエンジンが掛からなくなり、その場から動かすこともできなくなってしまいます。, そうしたときに正しい知識を持っているかいないかで、その後の処置にも大きな違いが出てきます。, そこでこの記事では、バッテリーが上がる理由や、上がってしまったときの解決法を紹介します。, もし何らかの原因で充電されている電気の量が減少すると、エンジンを掛けるのに必要なスターターモーターも動かなくなるため、車を動かすことができなくなるのです。, この状態を、俗に「バッテリー上がり」と表現します。ドライバーとしては避けるべき事態のひとつといえるでしょう。, バッテリーが上がってしまった際に考えられる最も大きなトラブルが、エンジンが掛からなくなることです。, カチカチという音しかせずにエンジンが掛からない場合は、バッテリーが上がっている可能性が高いでしょう。, 車にキーを挿すと、エンジンを掛けなくてもメーター類やラジオ、オーディオなどが使えるようになるものです。, 最終的にドアのリモコンキーも動かなくなることもあるため、車外にいる場合、中に入れなくなる恐れもあるでしょう。, これはバッテリーの状態を示すサインです。バッテリーにおかしな点は見られないのに、このような現象が起きるようなら、他の原因をさぐる必要があります。, 照明に関するトラブルもよくある症状です。ヘッドライトやウインカー、さらに分かりやすいのは室内灯でしょう。, バッテリーが上がると室内灯が点かなくなるので、異常に気が付くキッカケになるでしょう。, トラブルが起きるのは、蓄えられている電気の量が実際に必要とされる電気の量を下回ったときです。, 具体的には、以下のように発電と供給のバランスが崩れた状況が続くと、バッテリーが上がりやすくなるでしょう。, 夜間に車を走らせた後、ライトを点けたままエンジンだけを切ると、バッテリーは急速に電気を失っていきます。, 特に走行距離が少ない場合、充電される機会も減るため、寿命はさらに短くなるでしょう。, 半ドアにすると室内灯が点灯します。それに気付かずそのままの状態が続くと電気が消費され、バッテリー上がりの原因となります。, バッテリーの中には希硫酸でできたバッテリー液が入っていますが、周囲の気温が下がると液の温度も下がり、性能が落ちてしまいます。, 新品のバッテリーでも、気温がマイナス20度になると半分程度の性能しか出せないといわれるほどです。, エンジンを止めたと同時にライトを切ることには意識が行っても、エアコンをそのままにしてしまっては意味がありません。, 長い間エンジンを掛けないでいると、バッテリーに充電がされないまま時間だけが過ぎてしまいます。, 確実なのは、保険会社のロードサービスやJAF(日本自動車連盟)に救援を求めることです。, 保険やJAFの加入者ならもちろんのこと、仮に加入をしていなくても、必要な経費を支払えば問題なく対応をしてくれます。, 非会員なら、一般道であれば1万3,000円~1万5,000円前後、高速道路であれば1万5,000円~2万5,000円前後で復旧作業をしてくれます。, ブースターケーブルと呼ばれるコードを使い、他の車とつないで電気を分けてもらうと、エンジンを掛けられるようになります。, これを「ジャンピングスタート」といいます。手順を間違えると感電などの危険もあるので、扱いに詳しい人に任せた方が安心です。, バッテリーが古くなっている場合、その場で何らかの解決をしても、またすぐに同じトラブルを起こしてしまうでしょう。, バッテリーの値段の目安は数千円〜2万円くらいです。カー用品店で交換を頼んでも、費用はそれほどかかりません。, 他の車からではなく、ジャンプスターターと呼ばれる小型のバッテリーから給電を受ける方法です。, ただし、事前にジャンプスターターを充電しておかないと、いざというときに役立ちません。, 一見、バッテリーの問題に見えても、実は違う理由でトラブルが起きているケースもありえます。, 原因の想定を間違うと、対処法も的外れになってしまいますので、いくつかの特徴から判断をしていきましょう。, 燃料が切れていないのに、モーターが動かない場合、シフトレバーの位置を確認しましょう。, あらためてブレーキをしっかり踏み込み、シフトレバーをパーキングの位置に入れ、エンジンを掛けてみましょう。, ガス欠は、燃料タンクのみならず予備タンクの中身も全て使ってしまっているときに起こる症状です。, 注意が必要なのは、エンジンが掛からないままモーターだけを回していると、電気を消費し本当にバッテリー切れを起こしかねないことです。, ステアリングロックは盗難防止のために装備される機能で、ステアリングが固定され、エンジンも掛からなくなるシステムです。, ステアリングロックを解除するには、シフトレバーをパーキングに入れてハンドルを回します。, エンジンは掛からないけれども、メーターや室内灯、パワーウィンドウなどが作動する場合、モーターの故障を疑いましょう。, ガス欠で燃料の供給が止まるように、噴射ポンプが故障してもエンジンに燃料が届きません。, 問題なのは、燃料タンクの状態はメーターで確認できても、燃料ポンプの故障は外から分かりにくいことです。, ハイブリッドカーの場合、エンジンを掛けるスターター用と走行用の2つのモーターが使われています。, このうちスターター用のものは一般の車と同様、他の車やジャンプスターターから電気を得ることができます。, しかし走行用のモーターは非常に高電圧となるため、素人が自己判断で対処するのは避けた方が安心です。, バッテリーや電気系統のトラブルが疑われたら、ディーラーやロードサービスに連絡して対応を任せてください。, バッテリー上がりを避けるためには、定期的に検査を行う、普段から原因になる動作をしないといったことが必要です。, それでも、もしもある日、エンジンが急に掛からなくなってしまったら、その原因が本当にバッテリー上がりにあるのかを冷静に判断し、できる範囲で対処しましょう。, もし不安がある場合は無理をせず、ロードサービス等に救援を要請した方がよいでしょう。, 維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。, 買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。, © MarketEnterprise Co., Ltd. All rights reserved. 多走行の車のバッテリーが上がると、「多走行のせい?」と思ってしまうかもしれませんが、実はバッテリーが上がるのは多走行しているからというわけではありません。 バッテリーが上がる原因には、次のようなものがあります。 バッテリーは全く充電されないままで放置しておくと放電が起こるため、満タンの状態からでも約2~3か月でバッテリーが上がってしまいます。 冬場と同様にバッテリー上がりのトラブルが多いのが、真夏の暑い時期です。特に炎天下の高速道路などで渋滞に巻き込まれたときは要注意です。電装品の使い方によっては、バッテリーに大きく負担を掛けてしまいます。その原因と対策をご紹介します。