ンガポール航空、約40年ぶりボーイング737 3月から運航 šã‚’含む計2926便を追加で減便・運休すると発表した。 šã«ã¤ãã¾ã—てご案内いたします。 昨日・本日・明日の運航状況については、「運航状況のご案内」からご確認ください。 ー, ニュースランキング(3時間)をもっと見る, 24時間のニュースランキングはコチラ, 航空連合(アライアンス) ニュース, ジェットスター・ジャパン(JJP).  新型コロナが再拡大している大阪は伊丹-仙台線が最も多く、減便前の1日6-7往復から同5-7往復の運航になる。, 最前線で新型コロナの対応にあたっている医療従事者に向け、応援したり、思いを共有したりしませんか。. šã«ãŠã‘ã‚‹2020å¹´12月28日(月)以降の運航スケジュールを一部変更し、減便対応を図ると発表しました。2社ともに、新型コロナウイルス感染拡大の影響による需要減退の影響としています。 š 減便率16% 12月後半も減便を追加 [2020/12/11] もっとくわしく見る šã‚’含む計2926便を追加で減便・運休すると発表した。新型コロナウイルスの…(2021å¹´1月28日 … šã®å¯¾å¿œã«ã¤ã„て(Rev.25) 新型コロナウイルス感染症の影響による至近の需要動向を鑑み、12月5日(土)から1月5日(火)の期間において、追加の減便対応を決定 …  期間中もっとも減便が多いのは羽田-札幌(新千歳)線で、52便を減便。減便前は1日11-16往復を計画していたが、同10-16往復の運航になる。羽田-福岡線は期間中14便減便し、1日15-17往復の計画が同13-17往復になる。 šã®äº‹æ¥­è¨ˆç”»ã‚’発表した。 以下各社の事業計画となる。 ana 新型コロナウイルスの影響による需要変動を都度的確に見極め、柔軟性をもち機動的に対応するため、運休・減便が発生した場合については、引き続き月次で発表するとともに、需要回復が見込まれる場合 … 新型コロナウイルス感染症の影響による至近の需要動向を鑑み、2020å¹´12月28日(月)~2021å¹´1月15日(金)の期間において追加の減便対応を決定しました。なお、減便対象便のご予約をお持ちのお客さまへは代替便などをご用意しております(*)。 šèˆªç©ºéœ€è¦ã¯å›žå¾©å‚¾å‘にあるため、前月よりも運航便数を増やし、運航便の割合を拡大します。. š720便が対象となる。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による需要動向で、追加減便が決 … 〔12月1日以降搭乗分〕最新の運航計画について(2020å¹´12月21日更新) 平素よりJALグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス肺炎の影響により、航空需要の減少傾向が見られております。 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 12月の国内線を720便追加減便するJAL=PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire, 日本航空(JAL/JL、9201)は12月4日、国内線を追加減便すると発表した。12日から26日まで、47路線720便が対象となる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による需要動向で、追加減便が決まった。今回の追加により、12月の減便率は前回11月27日の発表時から3ポイント上昇し18%となる。 šã‚’追加減便 運航率4割に サービス・食品 2021/1/27 15:49 情報元 日本経済新聞 電子版