1/17:「①:MacBook Pro 14.1インチ / 16インチが、2021年に登場」「⑤:充電端子が、これまでの「USB-C」から「MagSafe」に」 12/23:「②:新たに、ミニLEDパネルを搭載」「⑥:有機ELバー非搭載MBP 16インチが登場? 2016å¹´MacBook Proはフルモデルチェンジ。 2019年秋にモデルチェンジした16インチモデルと同様の改良を施し、大きく進化する可能性がある. MacBookとMacBook Proがフルモデルチェンジした。実に久しぶりのモデルチェンジだが、仕事に使うノートとしては、いかがなものであろうか? 本連載ならではの視点でレビューしてみよう。 ザー構造のキーボード「Magic Keyboard」を搭載する。本体の厚みは0.7mm増し、重さも30g増えている。 【最新情報まとめ】iPhone13 / iPhone13 Pro 発売日・スペック, 新型Apple Watch Series 6をおすすめする7つの理由【徹底解説レビュー】, Apple Watch Series 6のおすすめ便利機能【TwitterやWeb閲覧方法】, 【最新情報まとめ】新型AirPods 3 / AirPods Pro 2 発売日・スペック, 【最新情報】Apple Watch 6は買うべき?Series 5と比較【機能・スペック】, 【最新情報まとめ】新型iMac 2021 発売日・スペック【次期Mac Proは2022年?】, 【最新情報まとめ】 新型Apple Watch Series 7 発売日・スペック【2021年モデル】. このページでは、新型「MacBook Pro」の噂・リーク情報を紹介しています。 . としては致命的でした。僕のMacbook Proは購入から2年後の2013年に症状が発生。当時はリペアプログラムの対象になっていかったので急遽Macbook Pro late2013を購入しました。 購入を見送ったMacBook Pro 2016. ステムに最適化することにより基礎から性能がアップされます。 うべきか悩んでいる方は必見です。M2搭載、ミニLEDディスプレイ搭載モデルが登場すると報じられています。 さらにフルモデルチェンジの「iMac」は2021年に登場へ 」をご参照下さい。 さて今回weiboにおいて、2021年後半にはデスクトップ用となるM2チップが正式発表される可能性があると報告しているので簡単にまとめたいと思います。 新デザインMacBookが2021年後半に登場?からiOS 15(ä»®)では初代iPhone SEがサポート終了?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。 MacBook ProとMacBook Airはスペック的に言うとエントリーモデルの位置づけの置き換えです なので今度のMacBook ProとMacBook Airのプロターゲットモデルはフルモデルチェンジがありうると思っています. 先日には海外サイトが「iPhone 12 mini」のバッテリーテストの結果を公開していることが判明しており、「iPhone 12」シリーズの中では圧倒的に電池持ちが悪いことが判明しています。詳細は「「iPhone 12 mini」のバッテリーテストの結果「公開」。やはりひどかった」をご参照ください。, また先日の情報からも、「iPhone 12 Pro Max」のバッテリーテストの結果が公開されており、「iPhone 12」シリーズの中では圧倒的に電池持ちがいいことが判明しています。詳細は「「iPhone 12 Pro Max」のバッテリーテストの結果が公開。やはり優秀」をご参照下さい。, さて今回Twitterにおいて、2021年におけるMacシリーズの発売時期がTweetされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。, iMac: Design change (Q1 or Q2) 12″ MacBook: Same design, Same Butterfly Keyboard (Q1 or Q2) 14″ MacBook Pro: Design change, Mini LED (Q3 or Q4) 16″ Macbook Pro: Same design, (Release date unknown), More info on Dec.@jon_prosser @AppleTerminal @L0vetodream, — cozyplanes (@cozyplanes) November 23, 2020, 今回のTweetを確認すると、12インチのMacBookが2021年第2四半期までに登場する可能性があるとしています。ただデザインは同じでバタフライキーボードを採用しているとしています。そして13インチのMacBook Proの上位モデルはフルモデルチェンジとなり14インチに拡大して第3四半期以降に登場。, 個人的に最も気になるのがiMacでフルモデルチェンジで2021年第二四半期までに登場するとしています。M1チップを搭載したMacBook ProやMacBook Airの評判はかなりいいですが、2020年に登場したM1チップMacBookは下位モデルになります。, おそらく上位モデルはM1チップの派生かつ強化モデルを採用すると思われますが、どれだけパフォーマンスが高くなるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。, 最近のスマートフォン。特に「ハイエンドモデル」は非常に高価で「10万円」超えは当たり前になりつつあります。自分は「ドコモ」ユーザーなので、自分が国内モデルを購入する際にやっていることを簡単にご紹介したいと思います。結論から言ってしまえば「dカード GOLD」で「一括購入」してしまうこと。, 正直自分は「キャリアモデル」を購入する頻度はそんなに高くありません。だからこそ、たまに購入する時こと、「dカード GOLD」で決済して少しでも「ポイント」をためています。月々の「ドコモ」料金の支払いも「5万円」超えているので意外とたまります。, (例)本体価格税込10万円の「Android」機種を「ドコモオンラインショップ」で「一括」購入して3年使用した場合, 「dカード GOLD」でドコモオンラインショップで「一括」購入してしまえば本体価格税込10万円の機種であれば、それだけで2000ポイントが還元されます。また「dカード GOLD」で購入すれば購入後最大3年「10万円」までの保証がつきます。, 多くのユーザーはスマホを購入する際に「ケータイ安心保証」に加入すると思いますが、その毎月の利用料金は年々スマートフォン本体の価格が高くなっているため付随して高くなっておりバカになりません。「iPhone」も機種によりますが、保証だけで毎月「1000円」を超えてきます。, 一方で「dカード GOLD」で購入してしまえば最大「10万円」までとはいえ保証してくれるので、自分は「ケータイ安心保証」に加入するのをやめました。「Android」の場合はだいたい「800円前後」であることが多いので、今回は「750円」と仮定して3年使った場合、本来トータル「2万7000円」支払うところを「dカード GOLD」で購入したことで支払う必要性がなくなります。, これだけで「3万円」近く安くなります。「10万円」の機種であれば実質7万円で購入できるのと同じです。また「dカード GOLD」を持っているだけで月の「ドコモ」の利用料金1000円(税抜)につき「10%」がポイントになります。つまり通信費の一部もポイントとして還元されるため、ポイントも溜まりやすい。, なので久しぶりに「キャリアモデル」が欲しいと思った時に溜まっている「ポイント」で購入するようにして、出来るだけ予算を「SIMフリー」を購入することに回しています。総務省の規制が厳しくなり、以前のような割引で購入することができないからこそ、固定費でかかる「通信料金」と「購入方法」を見直すことで意外と安く購入することができます。, それこそ同じ機種を長く使う人ほどお得だと思います。結局スマホを「コスパ」よく使う/購入するかは端末自体も重要ですが、「通信費」と「購入方法」を見直すことが鍵となります。気になる方はチェックしてみて下さい。, Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。, 12インチ「MacBook」が復活に?さらにフルモデルチェンジの「iMac」は2021年に登場へ, 「iPhone 12 mini」のバッテリーテストの結果「公開」。やはりひどかった, 「Galaxy S21 Ultra」。3色目のカラバリはマット仕上げの「ブロンズ」になる可能性, 生活の必需品ともいえる「スマホ」。通信費を少しでも安くするために「dカード GOLD」がおすすめ!. 却を考慮し空気の流れを改善する設計。ケーブル類をまとめられるケーブルホールも備える。 MacBook Pro のモデルを、発売年ごとに整理し、新しいものから順に紹介しています。 モデル名をクリックすると、詳しい技術仕様を確認できます。 2013 年後期以降に発売された MacBook Pro モデルでは、最新バージョンの macOS を実行できます。 14.1インチディスプレイを搭載した新型MacBook Proは、2021年に発表される可能性が高い。Appleの情報を正確に予測した実績のある有没有搞措氏が、「MBP14は来年」とツイート。数々のApple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏も、14.1インチ型MacBook Copyright© motifyublog , 2021 All Rights Reserved. となると期待をするのがiMacのフルモデルチェンジですよね また、2022年にはMacBook Airが登場すると海外テックメディアが報じています。, 次期モデルのMacBook Proはデザイン、スペックが大幅にアップデートされます。, この記事では、2021年モデルの新型MacBook Proについての最新情報を解説していきます。, 新型MacBook Proが気になっている方、MacBook Proを購入しようか悩んでいる方は必見です。, 次期モデルのMacBook Proはどのようなモデルになるのか最新情報をまとめていきます。, 本体はフルモデルチェンジされiPhone12のようなスタイリッシュなフラットデザインとなり、さらに高性能なスペックとなって登場します。, 現行のMacBook Proの本体は丸みを帯びたデザインとなっていますが、iPhone12のような角張ったフラットデザインに刷新されます。, Apple Silicon初搭載となるMacBook Pro 16インチモデルに「M2」チップが搭載されると海外テックメディアで話題となっています。, Intel Core i7やCore i9よりもシングルスコアが上をいく性能を持っています。, M2チップは高性能コアが16コア、省電力コアが4コアの合計20コアでM1チップの4倍ほどの性能が発揮されます。, M1チップ(Apple M1)とは、Appleが独自開発したCPU(Mac用SoC/SiP)です。, 「省電力シリコンとしては世界最速のCPUコア」「ワット当たりのCPU性能は世界最高」としています。, M1チップは現在MacBook Air、MacBook Pro13インチ、Mac miniに搭載されていますが、まだApple SiliconはMacBook Pro16インチには搭載されていません。, 次期モデルのMacBook ProにはミニLEDディスプレイが搭載されると予測されています。, ミニLEDディスプレイとは、従来の液晶で使われるLEDチップよりも小型化され、より細かく光源を調整可能なためコントラストに優れ、画面の焼付きなどの劣化も少なく、より輝度が高いディスプレイです。, USB-Cの代わりに電源を供給するマグネット型の専用充電ポートが搭載されます。また、USB-Cよりも高速な充電を実現します。, USB-C / Thuderboltポートは複数搭載し、MagSafeポートは別の場所に増設となる予定です。, 現行モデルのMacBook ProにはTouch Bar(タッチバー)という、ファンクションキーに置き換わる方対で配置されたタッチディスプレイが搭載されています。, 次期モデルのMacBook ProはTouch Bar(タッチバー)が廃止されます。, Apple Siliconを搭載した14インチ、16インチモデルのMacBook Pro(上位モデル)は2021年後半登場と予想されています。, 多くのメディアが次期モデルのMacBook Proは2021年7~12月頃に登場すると予測しています。, Apple Siliconを搭載した14インチ、16インチモデルのMacBook Proは2021年後半に登場すると予想されています。, また、新たなグラフィックエンジン搭載によりグラフィック性能も向上すると予想されています。, iPhone13に関する情報が公開されてきたのでまとめてみました。iPhone12 Proで対応しなかった4K 120fps/240fps(LTPO OLED)が対応する可能性も。またカメラスペック、メモリーなど最新情報を徹底解説していきます。, Apple Watch Series 6の購入を検討している方や気になっている方は必見です。アウトドアや家の中で日常的に使ってわかった優れているポイントを解説します。ソロループについてや、新機能の血中酸素濃度測定や心電図アプリや常時表示Retinaディスプレイの明るさ、バッテリーや使用した新機能も紹介していきます。, ワイヤレスイヤホンの購入を検討されている方は必見です。BeatsXの後続機種である「Beats Flex」が発売しました。価格は5,400円です。高性能で安心して使えるワイヤレスイヤホンを探している方に非常におすすめです。AppleのW1チップ搭載なのでiPhoneやiPadなどの製品との接続が簡単で非常に快適です。, 新型iPhone12の購入を検討している方、気になっている方は必見です。カメラ機能や画面サイズなどのスペックがそれぞれ異なります。iPhone12 mini、iPhone12 Pro 、Maxのスペックや性能を比較しつつ優れているポイント、新たな機能について徹底解説していきます。, Apple Watchでできることや、便利な機能を徹底解説します。Apple Watchの購入を検討している方や、さらに便利な機能を使って快適にしたい方は必見です。Apple WatchでツイッターやWeb閲覧も可能です。腕時計で時間を見るついでに、必要な情報をサクッと確認できるApple Watchはおすすめです。, AirPodsの第3世代モデルであるAirPods3「AirPods Small」とAirPods Proの第2世代モデルの最新情報を解説していきます。 AirPods3は小型化され、次世代のH2チップが搭載され連携機能や音質などの性能が向上することが期待されています。発売時期は来年2021年の上半期中とのことです。, 新型Apple Watch Series 6のおさえておきたい情報をまとめました。Apple Watchが気になる方、購入を考えている方は必見です。Apple Watchの魅力を解説して、Series 6とSeries 5の機能やスペックを比較。本当に新型Apple Watchを買うべきか徹底解説していきます。, Appleから新型ノイキャンヘッドホン「AirPods Max」が登場しました。音質マックス、価格マックス、重さマックスといったヘッドホンですがノイキャン性能や空間オーディオ機能が最高峰。Apple Watch同様にDigital Crownを搭載しています。今回はAirPods Proなどと徹底比較していきます。, もちふゆと言います。ITエンジニアです。Apple関連などのテック系の情報、ガジェットレビューを含めた情報を中心に幅広く発信しています。伝えたい想いを自分らしくアウトプットしていくブログです。. 4年ごとのフルモデルチェンジが行われなくなったのか? それにしても、本機の発表は今後のMacBook Proのラインナップに大きな疑問を投げ掛ける。 まず、MacBook Proは近年4年ごとに大幅なモデルチェンジを行っていた。 更新情報. フルモデルチェンジ予定の新型MacBook Proは出し惜しみで6月のWWDC発表になるのではというのが大本命予想です。 【参考】2019å¹´MacBook Proの発表日. また、現行のMacBook Proは2016年にデザインを変更した事からそれから約5年ぶりのフルモデルチェンジとなります。 時期MacBook Proは2モデルが用意され、Touch Barを廃止しMagSafe充電の復活へ MacBook Pro2019年モデル発表:2019å¹´5月22日; 16インチモデルMacBook Pro発表:2019å¹´11月13日 そして13インチのMacBook Proの上位モデルはフルモデルチェンジとなり14インチに拡大して第3四半期以降に登場。 個人的に最も気になるのがiMacでフルモデルチェンジで2021年第二四半期までに登場するとしています。 Mac Proも性能がやばい。【最新リーク情報】 4 days ago: 新型MacBook Pro 2021がフルモデルチェンジされて画面サイズも14インチに大型化して登場!M1 Airの不満点。【最新リーク情報】 2021-01-13: iPhoneの画面の明るさを限界以上に暗くする方法! #Shorts: 2021-01-12 マイナーチェンジに止まるとみられていて、ハードの大きな変化や新機能はないとみられています。 前回のフルモデルチェンジは2016年。 前々回のフルモデルチェンジは2012年。 MacBook Proのモデルチェンジはだいたい4年とされていて、 次は 2020年。 . MacBook Proは、高速なプロセッサ、驚異的なグラフィックス、Touch Bar、息をのむほど美しいRetinaディスプレイを持った、最もパワフルなAppleのノートブックです。 MacBook Pro 2021がフルモデルチェンジされて画 … 2021å¹´1月現在、MacBookはMacBook Proが3モデル、MacBook Airが1モデルの計4モデルが発売されています。 Proの3モデルはなにが違うのか?それぞれの価格は?AirがProに優れている点は?など本記事ではMacBookのサイズからスペック、1から10まですべてご紹介。 MacBook Proは、2016年にフルモデルチェンジを受けた。 新しいMacBook Proを送料無料でお届けします。選んだモデルをカスタマイズすることもできます。