10171. 今回は、ワンポイントオシャレでカワイイ、セルフでできるインナーカラーのやり方を、現役美容師の知識を活かして紹介します。, 美容院でインナーカラーをお願いするのもいいですが、ポイントさえ分かっていれば自分でもできますよ。, インナーカラーにもいくつか種類がありますが、今回は代表的な耳に欠けた時にアクセントとして出てくるインナーカラーを2種類紹介。, ロングやショートヘアに染めるとどんなヘアカラーになるのかなども合わせて説明しますね。, インナーカラーとは、髪の毛の内側(インナー)の色を変え、デザイン性のあるアクセントのついたヘアカラーにすることです。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/728949889667978814/, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/379920918565039712/, この写真のように、暗い髪の毛の内側をブリーチで明るくヘアカラーすることをインナーカラーと言います。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/697213586041534189/, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/596234438141010395/, この写真のように、内側一部分の色を変えてヘアカラーすることもインナーカラーと言います。, 今回は、セルフでも染めやすい暗い髪の内側を明るくするインナーカラーを紹介しますね。, ブリーチをしないで、明るい茶色にするインナーカラーもありますが、全体的になじんでしまい、「こんなの求めいたインナーカラーじゃない!」と感じるはずです。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/786933734873135652/, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130039125727/, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/713890978406705155/, しかしインナーカラーは、染め方そのもののデザイン性が高いので、後から色を入れなくても不自然ではありません。, インナーカラーを目立たせるためにも、必ず使いましょう。ブリーチなしで染めても、ほとんど目立ちません。, 市販のカラーなどでもいいのですが、安全性の高いカラーバターやマニックパニックもおススメです。, カラーバターはトリートメントなので、しっかりとブリーチで抜かないと色が入らないのですが、髪が傷まず頭皮にも安全です。, ビニール製のブカブカペラペラ手袋だと破れることがあります。できればゴム製の手にフィットするゴム製がおススメです。, ブリーチは、素手で触るとヤケドしたように白くなります。水すら刺激になるほど皮膚が傷むので、必ず使いましょう。, 細くなっている部分は髪を分けとるのにとても便利。髪が絡んだ時も、クシとして使えるので一本あると重宝しますよ。, 美容師はダックカールと呼んでいますが、ブロッキングして分け取った髪をとめたり、ジャマな髪をまとめるときに便利です。, お風呂場でカラーするのであれば、ブリーチがもし体に付いたらすぐに洗い流すように気をつけてください。, 余計なところにブリーチやカラーが付いたときに拭き取ったり、服に付かないようにするために使います。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/646759196468295156/, この時のポイントは、分け取る部分をジグザグにするということ。ジグザグにわけることで、下ろした時に髪が馴染みます。, 大きすぎると、インナーカラーというよりはツートーンカラーになってしまいますし、少なすぎるとほとんど見えなくなってしまうので、分け取る範囲には注意してください。, ブリーチを付ける時のポイントは、少ない量でカスカスに塗るのではなく、ある程度タップリとしっかり塗ることです。, この写真の様に量をしっかり塗ることでムラになりにくくなります。塗り過ぎてしまうと余計な部分に垂れてしまうのでほどほどに。, そしてもう一つのポイントは、キッチリ根元まで付けずに、根本の近くは少しぼかすように塗ること。, 地肌への負担や刺激を減らせますし、ぼかして塗ることで髪が生えて来た時にブリーチとの境目がクッキリラインになるのを防げます。, ブリーチが乾燥すると効果が弱くなります。乾燥を防ぎ、余計なところにつくのを防ぐことができます。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/835910380825237826/, 耳に髪をかけたときに表情がでてきて、髪をおろしていると正面からはほとんど見えません。, 先ほどの耳上からのインナーカラーと違い、この写真の様に、耳の後ろだけを分け取ってインナーカラーをしていきます。, ブリーチを塗る範囲が少ないので、ブリーチの量も少なくていいのですが、それでも余裕をもって作りましょう。, 今回も耳上からのインナーカラーと同じように50~60分時間を置いてシャンプーします。, この写真のように、上から髪の毛を被せるとインナーカラーはほとんど目立たなくなります。, 髪の毛に毛流れができたり、少しかき上げた時にインナーカラーが出てくる。という入れ方なので、普段おろしている時はほとんど見えないですね。, コチラが正面からみたときの耳上~耳後ろまでのブリーチと、耳後ろまでのブリーチの比較です。, 次にボブヘアのインナーカラーを紹介します。長さが違うと、雰囲気やデザインも変わってきます。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130044806647/, セミロングと同じように、正面から見た時のインナーカラーは耳上からの方が目立ちますね。, コチラが耳上からのインナーカラーの写真。髪の毛をおろしていても明るい部分が目立ちます。, 画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/769834130044806271/, 普通、ブリーチした髪は残った黄色を目立たせなくするためにヘアカラーで色を入れます。, しかし、インナーカラーは染め方自体に特徴があるので、色を入れなくても十分オシャレ感が出ます。, ということは、色を入れて色落ちしてもいい感じに色抜けするオシャレなヘアカラーなのです。, 繰り返してブリーチした明るい髪なら、カラーバターやマニックパニックで色を付けても安全でキレイです。, インナーカラーはワンポイントで目立たせることが大切なので、短時間でシッカリ色を抜けるブリーチがおススメですよ。, 足りない部分は後日足すこともできますし、バランスを見ながら好きなデザインを見つけてくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 「マタクヘアー」管理人。東京都内などで美容師、店長として働く。現在も現役美容師。プロしか知らないようなお得な情報を発信したいと思い仕事をしながら執筆活動中。, エンシェールズ クリップジョイント カラーバター ダークシルバー トリートメント 200g. セルフインナーカラーのやり方を解説!髪型別おすすめカラー . インナーカラーをセルフで自分好みに楽しみませんか?インナーカラーとは、髪の内側の一部分を染めてチラ見せを楽しめるセクションカラー。全体のカラーや髪の長さを変えなくてもイメージチェンジが楽しめるとおしゃれさんの間でも話題のカラーです。 トレンドヘア「インナーカラー」ですが、実はばれずに楽しめるカラーリングとしても人気。 職場やバイト先など、カラーリングがngな時にもカラーを楽しみたい方から支持を受けています。 今回は「バレにくいインナーカラー」について、プロの美容師にお聞きしました! 【美容師監修】オシャレなインナーカラーもポイントをおさえればセルフでもできます。インナーカラーの入れる場所やおすすめの色、レングス別にショート・ボブ・ミディアム・ロングなどの入れる場所やヘアアレンジもあわせて、インナーカラーのセルフカラーやり方を紹介します。 セルフで出来るインナーカラーが話題なのをご存知ですか?自分で手軽におしゃれなインナーカラーが楽しめると評判です。そんなセルフインナーカラーのおすすめスタイルや染め方、インナーカラーに使える市販カラー剤などをご紹介します。ぜひ参考にして … 【インナーカラーって、セルフできるの?】 【インナーカラーのやり方とは?】 この記事では、インナーカラーでお客様からよく質問される事について、詳しくお答えして … 髪全体を染めないことから、髪や頭皮のダメージを軽減できたり、職場でも比較的バレずにオシャレができることで人気のインナーカラー。 2020.09.21. インナーカラーはカラーの入れる範囲が大事なポイント インナーカラーはカラーを染める範囲によって見え方が変わります。 インナーカラーはチラっと見えるおしゃれ以外にも、3D効果がありヘアスタイルに立体感を出してくれる効果もあります。 セルフインナーカラーで大切なのは. 最後に、セルフでインナーカラーを入れるときにおすすめのアイテムをピックアップしてご紹介します。 【1】ホーユー ビューティーン ベースアップブリーチ インナーカラーとは、その名のとおり、髪の内側に入れるカラーのこと。派手な色にちょっと挑戦してみたい人や、全体的に明るい色にできない職業の人にもおすすめのヘアカラー方法です。今回は、一見すると難しそうなインナーカラーを、セルフで入れるコ … ヘアカラーの人気パターンは数あれど、インナーカラーは中でも最近のトレンドのカラーシタイルです。そんな話題のインナーカラーの中でもロングヘアに似合うスタイルやアレンジをまるっとまとめてご紹介します。ロングヘアに最適なあなたのぴったりを見つけましょう。 セルフインナーカラーのやり方講座!おうち時間でもっとかわいく♡. ロングヘアであまりインナーカラーの部分を主張しすぎず、髪を結んだりアレンジしたりさりげなく入れたい方は、襟足部分にインナーカラーを入れるのがおすすめです。 インナーカラーを入れる部分や範囲によって印象が変わる? 「髪型やカラーによっても左右されます。 例えばボブなど短いヘアスタイルだと、広い範囲にインナーカラーを入れたとしてもトップの毛で隠れてしまうので、あまり奇抜に見えない場合も。 美容師さんとのカウンセリングにより決めて行くことになりますが 、 見られ方、印象が変わります! インナーカラーは入れる範囲によっても料金が異なります。 事前に電話などで確認しておくか、予算は多めに考えておくのがオススメです。 Lino**のインナーカラー料金 ブリーチなしインナーカラー1回目:小さいブロッキング. インナーカラーなどのアクセントのあるカラーにしたい。 派手な色にしたいけど、全体に入れるのはちょっと、、。 ボブやショートに動きをつけたい。 そんな方には「インナーカラーやポイントカラー」がおすすめです。 インナーカラーを入れる場所やカラーによっても様々楽しめます。 おしゃれさがアップするインナーカラーに挑戦してみてくださいね。 インナーカラーのヘアスタイルをもっと見たい人はこちらもチェック♪ ブロッキングがシンプルなインナーカラーは、セルフでも簡単にチャレンジすることができるんです。この記事では仕上がりのイメージ別にインナーカラーのブロッキングのやり方についてご紹介していきますので、ご興味のある方は是非ご覧になってください。 ブリーチを使って目立たせること; 分け取る場所と範囲によってデザインの見え方や表情が変わる; 分け取る範囲が多すぎると、インナーカラーではなくツートーン(2色)カラーになる インナーカラーとは数年前から少しずつ人気が出てきているおしゃれヘアです。髪の毛全体を染めないため、気軽にできるのも人気のポイントカラーですね。 今回はセルフでできるインナーカラーのブロッキングのやり方や、黒髪に綺麗な色の入れ方についてご紹介していきます。 髪の毛にセルフでインナーカラーを入れたいという方もいるのではないでしょうか?セルフでインナーカラーを入れるときは、こちらのカラー剤がおすすめです。値段も高くなくてうれしいですよね。こちらの赤は、鮮やかにきれいに色が入ると人気です。 最近流行りのインナーカラーをセルフでやりたいと思う方は多いですよね。こちらの記事では、そんなセルフインナーカラーのやり方やポイント、黒髪で入れる場合や場所について紹介しています。セルフでインナーカラーを入れようと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。 セルフでインナーカラーを入れるのにおすすめの商品7選 . インナーカラーとは髪の内側を染めるカラーのことです。デザインカラーの中でも一見わかりにくいのですが、魅せ方次第でいろいろな演出が可能です。髪をかき上げたときや、耳にかけたとき、巻き髪で動きが出たときに、チラッと覗くインナーカラーはおしゃれで魅力的。 インナーカラー×ピンクにセルフでしたいですか?このブログではインナーカラー×ピンクが得意な美容師がインナーカラー×ピンクをセルフでやる方法や注意点を解説しています。 インナーカラー×ピンクを自分でやりたい人は必見です。 インナーカラーをセルフで自分好みに楽しみませんか?インナーカラーとは、髪の内側の一部分を染めてチラ見せを楽しめるセクションカラー。全体のカラーや髪の長さを変えなくてもイメージチェンジが楽しめるとおしゃれさんの間でも話題のカラーです。 髪の”内側”にカラーを入れる「インナーカラー」は、さりげなく特別感を演出できる人気のヘアスタイル。ヘアサロンでしかできないと思われがちだけれど、実は自宅でも簡単にできるという。失敗しないインナーカラーの入れ方を海外のカラーリストが紹介し … インナーカラー を入れるポイント(場所)は? 今から一番大切なことをお伝えします!!! インナーカラーを入れる場所や範囲は. インナーカラーをセルフで!おすすめの入れる場所とカラーバター 1 view Menjoy! ¨ã¿ä¸‹ã‚ã— (@tm5miy), A post shared by inoue koichi (@inoue_koichi7), 簡単ブロッキングでセルフインナーカラー!やり方と入れる場所をご紹介!. 更新日: 2020-01-23 17:00:08 インナー カラー セルフ おすすめ 場所 バター 1:インナーカラーをやったことがありま … まずは分け取り範囲を小さくしてインナーカラーを入れます。 写真のこの部分を分けとります。 幅はこのぐらいの厚さ。大体2センチぐらいです。 薄めにとっているので「少ない量でも目立つの? インナーカラーはセルフでもできる! インナーカラーはセルフでも楽しむことができるもの。 本当は美容院で入れてもらった方が楽で綺麗に仕上がりますが、全ての女性がそう簡単に美容院に行けるわけではありませんよね。 インナーカラーは入れる場所や範囲によって見え方が変わってきます! ロングヘア.