グラフ2:市場規模は拡大傾向にあるも認知度はまだまだ ※国内フェアトレード認証製品の市場規模推移(国際フェアトレードラベル機構の推定) ※エシカルに関する認知度調査 * 全国の15歳以上の男女を対象にしたインターネット調査。 ��K>�lE��g{i �7aN���v� �vT��j����+��U^���Vya���[�w��k=Oz�^/�J��7�^� �!_p�'��W\V1�����,/7��uږ�G(�Z�Q,�[j���`! 欧州の場合、国民のフェアトレード認証ラベルの認知度が9割を超える国も複数ありますが、日本での認知度は25パーセント程度です。企業側からすれば、フェアトレード商品だろうと、消費者に買ってもらえなければ売れずに棚から消えてしまう。 :L�X��pO�DK�>� �;fxS���b�"`��6�S���])t©����ֺ�DE]�����˫G ~jS'���UL2�x�lt��1�8�ԅ��i�m�V��ʣ/*��XA�Y�S�^䋋./�h��+,�;�rL�� �2WP�Tu��&�N��`t�fn� ��9�O�\c�g�Aq���~������4n�C�!�mص� 日常生活のなかで「フェアトレード」と表記されている商品を目にする機会が増えてきました。世界的に広がりを見せているフェアトレードの社会的な意義と、それにともなう問題点について解説します。 フェアトレードの内容を認知している回答者を対象にフェアトレード商品の購入経験有無を尋ねたところ、57.2%に購入経験があることが分かった。 女性の購入経験率は65.2%となり男性の46.2%と比較して19%高く、性別の差異が顕著に現れた。 endobj 6 0 obj 同時に、日本の消費者のフェアトレードへの認知度の 低さと、未だ北の消費者が南の生産者の生活を支援するために商品を買うという意識 があり、生産者の自立が達成されるにはまだ多くの課題が残されているということも 3 0 obj 特に毎年行うフェアトレード・イベントは大学生と共同で大きく飛躍しました」とアマンダさんは大学生の存在が大きいことを何度も強調した。お話を聞かせてもらった市議会ホールのカフェ。ここにもフェアトレード・コーヒーのメニューが置かれていた。 1 0 obj 貿易の公正化に向けた政策・方針づくり 3. フェアトレードによって日本にいる私たちは適正な価格で高品質なオーガニックフーズなどを手に入れることができます。 そして、アジア・アフリカ・中南米の生産者は、生産活動や労働に対する正当な報酬を得ることができるのです。 ����D� %���� 2018/12 tppと資本集積 -国際政治経済学の観点から- │ 問題と研究 │ 47 (4),41-72 (単著) 3. �GGG��XL�6�L̾��U(�����Ǐ��nݺU�n �����}�eU�;,ݠI�����[�n>z��O�]������� � D�z����_!GK�$mu�F���7�n@�+�\��_��6��[Aw���S����f3�3y���d\�ù��ط��/��@E��!覼S�D�1' ���?ߔ����AǷ��O�6���S��}�[!���+u�8O��|#4���S�8�� ����������j΄^��q&�W�����ifW�"�N���a�ø�G��gvy�o�������իZ�"�f5mB/y��"��s�6i�)�Ä�q�M&��|�N:�|G�nC}�b���*�w,e�S(�8zX ���x. フェアトレードのバナナ=意識が高い?その感覚大丈夫? 最近cmで「フェアトレードのバナナ」が宣伝されており、それを高校生が聞いて、「意識が高い」と言っているのを見ました。 私はこれを見たとき、未だにフェアトレードは日本で普及していなとがっかりしました。 2018/04 こういったマーケティングワードの認知度は10代が低いことが多いので、これは珍しいことです。 知った後、エシカルやフェアトレードの商品は気になって、売り場などでもつい確かめてしまうそうです。 <>>> 2 0 obj フェアトレードに関しても日本の市場規模94億円 (2014年)は世界の市場規模8,300億円の1%強にすぎ ないし,フェアトレードの認知度も英国,オーストリア, <> 要請に応じて、各地で講演や登壇をし、フェアトレードの普及に努めています。 情報発信事業 フェアトレードタウンの 国際的なネットワーク機関 から得た情報や、国内の動向など発信しています。 4 0 obj 1. (1982). stream 112 季刊 国際貿易と投資 Spring 2009/No.75 に小さいと思われる。チョコレボ実行委員会がインターネットを使って行 った調査によれば、06 年は2.9%(出現度という言葉を使っている)、08 年末には17.6%と発表している。 日本でもフェアトレード市場が急速に伸びるのではないかという期待 %PDF-1.5 x��]��\G^�B,B,Z1�J,�=%�������(�'p d%)H,r����E��X�$R���1��������VS�ݯ�����7��сv^wuuw}���=���/�� ̝�ry||�W�����b>A� � 2012年フェアトレード認証商品の市場規模. ― そんな認知度の低かったフェアトレードがイギリスでどうして広まって、 今ではフェアトレード先進国になることができたのでしょうか? ガーデナー:大きく二つの理由があります。まず一つ目に「フェアトレードタウン」が一役買ったと推測されます。 年(度. フェアトレードラベルの付いた製品の売り上げ各国比較FLO「Annual Report 2007」よりアメリカ 1,178億円イギリス 1136フランス 339スイス 255 日本 10億円ドイツ 228カナダ 128国民一人当たりにフェアトレードラベルの製品の購買額の各国比較スイス �ȅ�#u����}��egeZ�I+�BEq��_����|2����퇝���Ի��{> �� � ������;��#H����_�3�|��Q��J�v,0�V42�(z��U3-�h��@d0Y��|y��><=��}3S��� �����%�D�Ol8˰�(6�i#����|0������E˭�4�=t6ys�5�Uаs������u����2����O�Y���<9�źtn�����Բp�]&Pʗ������Rz�)�����2{����o���ެZn`№WcC�j�m1�(�)o$Zlq+ؐ ��i�PO6P�� � �Pq 各国 国際フェアトレード認証製品 推定市場規模 (2014年) 8 -500,000,000 1,000,000,000 1,500,000,000 2,000,000,000 2,500,000,000 UK y e d en d a s d A d ia m ark taly rway an gal rica ourg ic … ている。フェアトレード認証マークのついた商品を店頭で見かける機会も少なくない。しか しその認知度は徐々に上がってきているものの日本は先進国の中ではその普及に遅れをと っている。 �Y5E�>��N���ș��y�M=��5�؄���sL��J����*��__rl�K�m�W��9)�:���2���T������T���|6�'tb{���QDx��-����Y�����$3��C����P�� endobj <> フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … グローバルなフェアトレード・システムを確立する 2016年3月18日発表 SDGs達成に向けた戦略的パートナーシップ合意 欧州委員会 フェアトレード・インターナショナル × フェアトレード生産者組織の組織力強化 2. Page 4 図-1 売上額とフェアトレード商品の取り扱い比率との関係(2015年) (注) 縦軸: フェアトレード商品取り扱い比率:フェアトレード商品の販売が売上高に占める割合 横軸: フェアトレード商品の売上額( 2015. x����n�F����� 年代別では10代の認知度が78.4%と最も高く、30代以下の認知度は上がっています。一方、40代以上では低下していることから、若い世代を中心にフェアトレードの認知が進んでいると受け取ることができます。 フェアトレードが必要とされている背景 2.フェアトレードの認知率 フェアトレードという言葉を見聞きしたことがあると回答した人(596 人)の中で、フェアトレー ドが貧困や環境に取り組む活動であると答えられた人の割合(正答率)は61.0%で、4年前の調査 (54.2%)よりも上昇しました。 endobj フェアトレード・倫理的な消費 Fair Trade/ Ethical Consumption 【文献】 Alhadeff, D. A. endobj endobj 【フェアトレード】世界の貿易の不平等をなくす取り組みの一つ「フェアトレード」SDGsとの密接なかかわりとは? SDGs(エス・ディー・ジーズ)持続可能な開発目標の17の目標が掲げられた背景から、目指すゴールまでをわかりやすく解説しています。 フェアトレードの取り組みを計18ヶ国で行い、各国でフェアトレードコーヒー・紅茶・カカオ(チョコレート)の生産者の支援を行っています。すき家・はま寿司・ココスなど国内外3,000店舗以上でフェアトレードコーヒー・紅茶・ココア(チョコレート)を提供しています。 ���K�t��1�%^��7XM���"L��b�u�f�{���|���'��q�{5r/����#��x(�t�*�т�6ڈc4�"��a�|�/r�\��J� �h��|2���퍤�����(� stream <>/XObject<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 720 540] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> フェアトレード本来の意図から脱輪していると 批判されている8). しかしフェアトレード認証マークは,あくま でもフェアトレード基準を満たした特定商品を 認証するものである.客観的にフェアトレード 基準を満たしていることが判断できれば認証を ベラーのラベルに対する認知度を調査した結果である。 一方で、日本におけるフェアトレードに対する関心はどの程度あるのだろうか。フェアトレー ドタウン・ジャパンは2011年と2015年に日本の複数都市を対象として、フェアトレードの認知度 Microeconomics and Human Behavior: Toward a New Synthesis of Economics and Psychology. 5 0 obj フェアトレードを見聞きしたことがある割合は10代後半で64.6%、20代で54.9%に達し、若年層の間では身近な言葉になっていることがうかがわれる。 男女別では男性47.4%に対し、女性53.1%(認知率は男性22.8%、女性28.5%)で、女性への浸透度が高かった。 endstream 売り上げの市場規模の計算方法を、焙煎コーヒーの売り上げ量の計算から、レストランなどで販売されるコーヒー、紅茶を1杯250円で計算しなおした数字に改めま … R4@ エシカル消費とは、有機栽培など環境に配慮した食品や途上国の不当労働などが行われていないフェアトレード(公正な貿易)製品などの購入を通じて、社会貢献に寄与する取り組みです。日本においても2015年5月より消費者庁が「『倫理的消費』調査研究会」を定期開催し、倫理的消費の内容やその必要性等について国民の理解を広め、日常生活での浸透を深めるためにどのような取組みが必要であるのか、調査・研究を行っています。, 2015年時点において、国際フェアトレードの認証※を受けた製品の販売金額は約73億ユーロに達しました。特に、カカオ(対前年比27%増)、コーヒー(対前年比18%増)、バナナ(対前年比12%増)の販売額が増加しており(グラフ1)、これに伴い、開発途上国の生産者・労働者の収入や生活環境、および地域社会の改善が図られていることが報告されています。また、国連が同年に「持続可能な生産と消費の枠組みつくり」を新たな目標に掲げたことから、世界的にエシカルの関心が高まりつつあるようです。, 日本では、政府や自治体の動きは活発ではあるものの、肝心の消費者の反応は鈍く、近年の消費は伸び悩んでいます。フェアトレード認証を受けた日本における製品市場は、2015年にようやく100億円に達したものの消費者の意識は低く、エシカルに対する認知度も横ばい圏が続いています(グラフ2)。エシカル商品は割高であることが多いため、欧州ではコストを企業で吸収することで売値を抑えているようです。今後、消費者の関心を呼ぶためには、値段に配慮しつつ、品質やデザインの良さを両立させていくことが求められます。企業の創意工夫や努力により得られる消費者の満足感が、エシカル消費を伸ばすカギとなりそうです。, 当資料は、市場環境に関する情報の提供を目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものであり、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。, 商号:ニッセイアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第369号, 社会貢献につながるエシカル商品が増加し、国民の理解を広めるため消費者庁が調査を行っている。, フェアトレード製品の販売増加により、多くの開発途上国の生産者の収入や生活環境が改善。, 消費者の関心を呼ぶには、値段の配慮や品質・デザインの両立など企業の創意工夫が求められる。, 製品(原料・素材)が、(1)生産者への適正な価格と長期的な取引、(2)生産者の社会的・経済的な発展、(3)生産物の品質と技術の向上、(4)生産者の労働環境と労働条件、(5)生産地の環境保全についての国際基準に従い、国際フェアトレードラベル機構により認証を受けている事を保証。, 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。, 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。, 手数料や報酬等の種類ごとの金額及びその合計額については、具体的な商品を勧誘するものではないので、表示することができません。. <> 認知度調査から見る日本の フェアトレード運動に対する一考察 │ 立命館経済学 │ 68 (4),19-39 (単著) 2. べ物でさえも、フェアトレード商品によるものであった。今までフェアトレードに対しての知識が無か った筆者にとっては驚きの毎日であった。 フェアトレードの良さとは、生産者の人々と私たち消費者との繋がりが濃いところにある。その商品 フェアトレードは様々角度から批判的に論じられています。[1]ここではフェ アトレードに対する批判をまとめ、その妥当性を検討します。 ・生産された全ての作物がフェアトレード製品として買い取られる … <>