ボストン交響楽団 スウィトナー ↓ブラームス交響曲第1番 バーンスタイン ウィーン・フィル ミュンシュ パリ交響楽団 カラヤン ベルリン・フィル 千秋真一 r☆sオーケストラ (のだめカンタービレ) ↓チャイコフスキー交響曲第5番 カラヤン 【輸入盤】交響曲第1番(第2~4楽章)、他 ミュンシュ&フランス国立放送管弦楽団(1966)、他 - ブラームス(1833-1897) - dvdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 2, D-Dur op.73 )は、1877年に作曲された。 第1交響曲とは対照的に伸びやかで快活な雰囲気を示すが、構成的にも統一が見られ、音楽の表情は単純でない。 ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」にたとえられ、「ブラームス … ブラームス交響曲第2番の聴き比べ(5) 2015 APR 5 5:05:29 am by 東 賢太郎. sempreの開始場所が違います。 第2楽章16小節 Cb ※スラーが付いています(現行版のミスプリント?) 第2楽章31小節 木管 ※改めてfが付いています。 Hoch auf’m Berg, tief im Tal, grüß ich dich viel tausendmal! ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)(1908-1989)はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者、芸術監督として活躍する傍ら、ウィーン国立歌劇場の総監督を務めるなど20世紀のクラシック音楽界で「帝王」とまで称されたオーストリアの指揮者です。この記事ではそんなカラヤンの生涯を動画を交えながらご紹介しようと思います。生い立ちカラヤンは1908年、音楽の好きな医師の息子としてオーストリアのザルツブルクに生まれました。幼いころからピアノを学び始め7歳でモーツァルテウム音楽院に入学した... 【2021年版】「Amazon Music Unlimited」無料体験を試してみる!使い方を完全ガイド!. サイトウ・キネン・オーケストラ[MainArtist], 小澤征爾[MainArtist], Johannes Brahms[Composer] 2. 0:15:04. ブラームス交響曲第2番 ニ長調 作品73 曲目解説 周知のことであるが、ブラームスは交響曲第1番を作るのに何と20年もの歳月を費やしている。 ヨハネス・ブラームスの交響曲第2番ニ長調作品73(ドイツ語: Symphonie Nr. ブラームス 交響曲第1番. ヨハネス・ブラームスの交響曲第1番ハ短調作品68(ドイツ語:Sinfonie Nr. ブラームス:交響曲第2番、ハイドンの主題による変奏曲、大学祝典序曲が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 </p> 交響曲 第1番 ハ短調 作品68はドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームス(1833-1897)が1876年に書き上げた最初の交響曲です。, 20歳の時に出会ったシューマンに認められ、シューマン自身が創刊したドイツの有名な音楽誌「新音楽時報」の評論で熱烈な賞賛を受けたブラームスは、徐々に作曲家としての知名度を上げていきます。, 1862年、30歳を前にウィーンに移ったブラームスは指揮者として活動をしながらも作曲に集中していきます。, 1868年に完成させた「ドイツ・レクイエム」は特に高い評価を受け、ドイツを代表する作曲家としての地位を確立します。, そんなブラームスでしたが交響曲に関しては40歳を迎えても未だに完成させた作品がないと言う状況でした。, ベートーヴェンを敬愛するあまり、当時の高名な指揮者ハンス・フォン・ビューロー(1830-1894)に宛てた手紙に「ベートーヴェンという巨人が背後から行進して来るのを聞くと、とても交響曲を書く気にはならない」と書き送っているほどブラームスにとってベートーヴェンの存在は大きなものであったようで、彼自身の内省的な性格もあってか交響曲の作曲にはかなり慎重であったようです。, この交響曲第1番を書き上げた1876年はブラームスが43歳になる年で、早熟の天才モーツァルトが最初の交響曲を書いたのは僅か8歳の時と伝えられ、ブラームスが敬愛してやまなかったベートーヴェンの交響曲第1番が30歳の時の作品であるのと比べても、交響曲の作曲家としてはかなり遅いデビューと言えるでしょう。, しかし、ブラームスが最初に交響曲の着想を得たのは20代の頃と言われていますが、初期に浮かんだアイデアは他の作品に転用されたと見られています。, 一説には1854年、21歳の時には交響曲のスケッチを始めていたとされ、もちろんその時の着想は後年の交響曲第1番とは別のものでしょうが、そうなると最初に交響曲の構想をしてから、実に20年以上を経てようやく完成された交響曲であると言えます。, この交響曲第1番の第1楽章の原型と見られるものが作曲されたのは1862年、ブラームスが29歳の時のことです。, この第1楽章の草稿はこの時に、シューマンの妻であり、夫の死後もブラームスと終生深い関りを持ったクララ・シューマンにピアノで弾いて聴かせています。, それから6年後の1868年のクララの誕生日を祝う書簡には、終楽章でホルンによって奏でられる有名な旋律が歌詞を添えて書き送られています。, こうして長い年月を掛けて推敲に推敲を重ねてようやく書きあげられた交響曲第1番は1876年にようやく完成をします。, ブラームスは初演の前に、全曲をクララ・シューマンにピアノで弾いて聴かせていますが、クララはこの作品に対してあまり良い印象を持たなかったようです。, 同年行われた初演に対する批評家たちの意見の中にも芳しくないものがあったようで、ブラームスは初演後も作品に改訂を加え、翌1877年に決定稿がドイツの音楽出版社、ジムロックから出版されています。, その後この作品はベートーヴェンの交響曲を継ぐ作品として高い評価を得、ハンス・フォン・ビューローが評した「ベートーヴェンの第10交響曲」の言葉は余りにも有名です。, 冒頭、重々しく運命的な何かを感じさせるようなティンパニの連打の上に、波のようにゆったりと押し寄せる弦楽器の旋律が上昇していく序奏で印象的に始まります。(譜例①), 悲壮な雰囲気も感じられる序奏は頂点を迎えると徐々に減衰していき、哀愁漂うオーボエの旋律の後静かに消えていき、ティンパニの一打と共にアレグロの主部が始まります。(譜例②), 第1ヴァイオリンに現れる第1主題(譜例②:赤部分)はその後何度も反復され発展していきます。, 弦楽器によって奏でられる豊かな第1主題に対して、オーボエが奏でる第2主題は対比的に柔らかく繊細で、どこか哀愁を帯びています。(譜例③), このオーボエのソロに続くオーボエとクラリネットの掛け合いはまるで対話をしているかのようで印象的です。, 楽章全体に運命的、宿命的な重々しい雰囲気を感じますが、それに立ち向かうかのような力強さもあり、ベートーヴェンの交響曲を髣髴とさせるようです。, 重々しい雰囲気に支配された第1楽章とは対照的に、ある種ロマンティックな雰囲気も感じさせる美しい楽章です。, 終盤に現れるホルンの伸びやかな旋律に絡む繊細なヴァイオリンは大変美しく、何度聴いても鳥肌が立ちます。(譜例④), 本来スケルツォが置かれることの多い第3楽章ですが、ブラームスは間奏曲風の素朴な音楽を書いています。, 第4楽章:Adagio – Allegro non troppo, ma con brio, 弦楽器の旋律が徐々に高揚していくとティンパニのロールが響き、続いてホルンが朗々と雄大な旋律を歌います。(譜例⑤), この旋律は作曲の背景にも記したようにクララ・シューマンの誕生日に歌詞を添えて送られていて、その歌詞は「Hoch auf’m Berg, tief im Tal, Grüß ich dich viel Tausendmal!」(山の上高く、谷の底深くにありて、御身に心からあいさつを送る)と言ったもので、山の奥から聴こえてきたアルペンホルンの音から採ったとも、クララへの愛情を表現したものとも言われています。※訳:属 啓成(ブラームス:交響曲第1番スコア 全音楽譜出版社), この旋律はまるでこだまのようにフルートに引き継がれた後、金管楽器が讃美歌風の旋律を奏します。, 序奏が終わりアレグロに入るとダイジェスト動画でも紹介した有名な第1主題が弦楽器によって豊かに奏でられます。(譜例⑥), 冒頭に触れたようにベートーヴェンの交響曲第9番の終楽章「歓喜の歌」を髣髴とさせる旋律ですが、実際に類似している箇所もありますので上記の赤部分と比べてみてください。(譜例⑦), これらの主題は自在に発展し、途中で先ほどのアルペンホルンの主題を挿みながらドラマティックに展開していきます。, 音楽はクライマックスへ向けて高揚していくと最後は急速にテンポを速め、讃美歌風の主題が輝かしいファンファーレとして奏でられ、圧倒的な高揚の中で終曲します。, 「暗から明へ」と言うその構成はベートーヴェンの交響曲に通じるところがあり、「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評されるのもわかりますが、それはベートーヴェンの模倣と言う意味ではなく、ブラームスのベートーヴェンを超えようとする意志を感じるかのようなオリジナリティ溢れる素晴らしい作品です。, ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 作品68第1楽章(00:00)第2楽章(17:34)第3楽章(26:43)第4楽章(31:56), ブラームス1.交響曲第1番ハ短調 op.682.ハイドンの主題による変奏曲 op.56a, 生涯に何度もこの作品を録音しているカラヤンですが、これは晩年に録音された唯一のデジタル録音です。, ベルリン・フィルならではの重厚で輝かしい響きがこの作品の魅力を存分に引き出している1枚です。, 名盤と言われるカール・ベーム&ベルリン・フィル盤と比べると、とても歯切れのよい印象のベーム盤に比べ、いかにもカラヤンらしいレガートの美しく豊かな弦楽器のカラヤン盤が個人的には好みです。, ★今回ご紹介した録音は「Amazon Music Unlimited」でもお楽しみいただけます!, ★「Amazon Music Unlimited」なら他にも次のようなアーティストの「ブラ1」を聴き放題で楽しむことが出来ます。, 「カール・ベーム指揮:ウィーン・フィル」「レヴァイン指揮:ウィーン・フィル」「バーンスタイン指揮:ウィーン・フィル」「フルトヴェングラー指揮:ベルリン・フィル」「カール・ベーム指揮:ベルリン・フィル」「アバド指揮:ベルリン・フィル」「ラトル指揮:ベルリン・フィル」「バレンボイム指揮:ベルリン国立歌劇場管」「サヴァリッシュ指揮:ウィーン響」「シャイー指揮:ゲヴァントハウス管」「シャイー指揮:コンセルトヘボウ管」「ハイティンク指揮:コンセルトヘボウ管」「ショルティ指揮:シカゴ響」「トスカニーニ指揮:NBC響」「フェドセーエフ指揮:モスクワ放送響」「ギュンター・ヴァント指揮:ミュンヘン・フィル」「ティーレマン指揮:ミュンヘン・フィル」「チェリビダッケ指揮:イタリア放送響」「ミュンシュ指揮:パリ管」「テンシュテット指揮:シュツットガルト放送響」「ドホナーニ指揮:フィルハーモニア管」「バーンスタイン指揮:ニューヨーク・フィル」「ブルーノ・ワルター指揮:ニューヨーク・フィル」「スタインバーグ指揮:ピッツバーグ響」「クレンペラー指揮:フィルハーモニア管」「ミュンシュ指揮:ボストン響」「ハイティンク指揮:ボストン響」「ネルソンス指揮:ボストン響」「小澤征爾指揮:ボストン響」「小澤征爾指揮:サイトウ・キネン」「金聖響指揮:アンサンブル金沢」他, ※上記の検索結果は本記事の投稿日現在、「Amazon Music Unlimited」で「brahms symphony」「ブラームス 交響曲」などのキーワードで検索した例です。, それぞれの演奏に趣があって聴き比べるのも楽しいですが、個人的には重厚な中にも歯切れのよい「ベーム&ベルリン・フィル」、抒情的な美しさを感じる「小澤&サイトウ・キネン」、金管のゴリゴリ具合がクセになる「ショルティ&シカゴ響」などもよく聴いています。, ★あなたも「Amazon Music Unlimited」でいろんな「ブラ1」を聴き比べてみませんか?まずは無料体験から!, ベートーヴェンを敬愛するあまり、作曲家としての名声を確立してからも、なかなか手を付けなかった記念すべき最初の交響曲は、長年の推敲の末に、西洋音楽史の歴史に残る名作としてようやく誕生しました。, そこにはベートーヴェンに通じる確固たる音楽の構成と共に、親愛な感情を抱いていたとされるクララ・シューマンへの想いと言ったブラームスの人間味も垣間見ることが出来ます。, クラシック初心者の方は音楽にストーリー性のある標題音楽の方が親しみやすいかも知れませんが、この機会にぜひ一度全曲を聴いていただければと思います。, 最後までお読みいただきありがとうございます。こちらの作品もぜひ聴いてみてください!, リヒャルト・シュトラウスをして「巨人のような作品」と言わしめたブラームス最後の交響曲!, ベートーヴェン 、メンデルスゾーンの協奏曲と並び3大ヴァイオリン協奏曲と称されるブラームスの名作!. ブラームス:交響曲 第2番 第2楽章. ブラームスの交響曲第4番は、それまでのドイツ音楽の培ってきた作曲技術、文化の集大成であるとともに、次世代への標石であるといえるだろう。 参考文献. 約45分(第一楽章の繰り返しを含む)。 楽曲構成 第1楽章 Allegro non troppo ブラームス . まずはダイジェストで聴いてみよう! ドラマティックで悲劇的な激情に包まれた旋律、 ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 弦楽器が奏でる美しく甘美な旋律はチャイコフス ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 「歓喜の歌」として親しまれる第4楽章の主題は ... まずはダイジェストで聴いてみよう! 弦楽器が奏でるどこか切なく悲し気な旋律、木管 ... はじめてのクラシック、はじめての交響曲・・・聴いてはみたいものの何から聴けば良い ... 当サイトでは「これからクラシック音楽を楽しんでみたい。」と言うクラシック初心者の方を対象に「おすすめのクラシック」「はじめてのクラシック」を管理人の感想を交えながら紹介しています。. "(「高い山から、深い谷から、君に何千回も挨拶しよう」)という歌詞が付けられている。) フルートがこれをリピートしたあと、トロンボーン・ファゴットがこの主題の先をさらにコラール風に続けて歌う。, 以上の緩徐部分(序奏)が静かに終了すると、弦楽合奏が歌曲風の、16小節からなる二部形式の明確な楽節構造をとった第1主題をハ長調、アレグロ・ノン・トロッポで演奏し始める。この歌唱的主題はしばしばベートーヴェンの第九における歓喜の歌との類似性を指摘される。第2主題はアルペンホルンの動機「EDCG」のCをFisにおきかえたもので、これも弦楽合奏で演奏される。小結尾はホ短調となり高揚的な新しい句が登場し、提示部のクライマックスを形成していく。展開部は第1主題が原型で再現する。(この第1主題は再現部で再現されないので、ここを再現部とし、本楽章には展開部がない、あるいは再現部内に展開部があるという見方もできる。またアルペンホルンの主題が第1主題なのであり、この歌唱的主題はアルペンホルンの主題から導かれた第1主題の派生的主題と見ることもできる[要出典]) 展開部では第1主題が展開され、そこからさらに楽想は広がってクライマックスを作っていくが、やはりティンパニ・ロールの強奏を迎えると、それを合図にアルペンホルンの主題が、悠然と再現され、再現部に入る。歌唱的な第1主題は再現されないが、第2主題、小結尾は型通りに続く。コーダは、第1主題の冒頭の形を低弦楽器がオスティナートで繰り返しながら混沌の緊張を高めていくと、ピウ・アレグロ 2/2拍子の行進曲調に抜け出る。その行進の足が止まったところで、序奏部でトロンボーンとファゴットによって歌われていたコラール風主題がファンファーレとして高らかに奏でられる。最後に今までの動機が華やかな姿で次々と現れ、主和音の四連打を経て、壮麗に全曲を閉じる。, 第4楽章 Adagio - Più andante - Allegro non troppo, ma con brio - Più allegro. 1.野本由紀夫『ブラームス 交響曲第4番作品98解説』、全音、2016年。 0:09:03 ¥480. 1 in c-Moll, op. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68: 第1楽章:UN POCO SOSTENUTO - ALLEGRO. ブラームス[作曲], ズデニェク・マーツァル[指揮], チェコ・フィルハーモニー管弦楽団[演奏] 2. Brahms SymphonyNo.2 in D major,op.73. そしてこの第1番が、おそらくはブラームスの交響曲の中でも最も完成度が高いと評価され、また好まれてもいるのではない でしょうか。迫力ある両端の楽章など、このガツンと来るディオニソス的興奮がたまらないという男性の意見も耳にします。 1 in c-Moll, op. 第1楽章98-101小節 Fl ※スラーが2小節ごとに切れています。 第1楽章319/320小節 VnI VnII ※p e dol. ブラームスの「田園交響曲」とも呼ばれる第2番。21年の歳月を費やした第1番と打って変わって4か月ほどで書き上げられており、曲想も、作曲を進めたオーストリアの避暑地ヴェルター湖畔の雰囲気を反映してか、陽光に包まれたような明るさがあります。 1 in c-Moll, op. セルジュ・チェリビダッケ / シュトゥットガルト放送交響楽団. ブラームスの他の交響曲で使われているコントラファゴットが使用されず、第2番だけにチューバが使われているのが特徴的である。 演奏時間. 68)は、ヨハネス・ブラームスが作曲した4つの交響曲のうちの最初の1曲。ハンス・フォン・ビューローに「ベートーヴェンの交響曲第10番」と呼ばれ高く評価された。「暗から明へ」という聴衆に分かりやすい構成ゆえに、第2番以降の内省的な作品よりも演奏される機会は多く、最もよく演奏されるブラームスの交響曲となっている。, ブラームスは、ベートーヴェンの9つの交響曲を意識するあまり、管弦楽曲、特に交響曲の作曲、発表に関して非常に慎重であった。最初のこの交響曲は特に厳しく推敲が重ねられ、着想から完成までに21年という歳月を要した(通常は数か月から数年。ブラームスもこの後の交響曲第2番は短い期間で完成させている)。, この作品は、ベートーヴェンからの交響曲の系譜を正統的に受け継いだ名作として聴衆に受け入れられ、指揮者のビューローには「ベートーヴェンの第10交響曲」と絶賛された(ビューローは当初は反ブラームスとして知られていたが、ワーグナーとの仲違いからこの頃にはブラームスに接近していた)。, ハ短調という調性はベートーヴェンの交響曲第5番(運命)と同じであり、また、第4楽章の第1主題はベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章の「歓喜の歌」を思わせるものとなっている。ブラームスもそのことを十分意識していたととれる発言を残している。「暗黒から光明へ」という全体の流れもベートーヴェン的である。, 以上のことから、ロマン派全盛時代に古典回帰を試みた新古典主義の代表的作品とかつては言われていた。しかし、20世紀に一時代を築くことになる新古典主義音楽の全盛時代を経験した現代の視点から見ると、オーケストレーションや和声の扱い、曲の構成などにおいて、ロマン派の特徴を備えていることがわかる。例えば、第1楽章冒頭の、ティンパニの強打に支えられた、高音域のヴァイオリンによる半音階的な旋律にもそれはあらわれている。, 着想から完成まで21年を費やしたが、決して遅筆ではないブラームスがこれほどの時間をかけたのは、ベートーヴェンの交響曲の存在が大きかったためである。, ブラームスが、自らも交響曲を書こうと思い立ったのは、22歳の時にロベルト・シューマンの『マンフレッド序曲』を聴いてからであるが、何よりも自らが交響曲を書く限りはベートーヴェンのそれに比肩しうるものでなければならないと考えていた。ビューローへの手紙には「ベートーヴェンという巨人が背後から行進して来るのを聞くと、とても交響曲を書く気にはならない」と書かれている[1]。また、当時の聴衆にもベートーヴェンの交響曲を正統的に継ぐ作品を待ち望む者が少なからずいた。当時はワーグナーやリストといった新ドイツ楽派の作曲家は交響曲を古臭い形式と考え、それぞれが楽劇や交響詩といった新たなジャンルを開拓していた。一方で交響曲はメンデルスゾーン、シューマン、ラフなどにより発表され、またブラームスと同時代に活動するブルックナーやドレーゼケ、ブルッフ、ドヴォジャークもすでに交響曲を発表していたが、それらは「ベートーヴェンの交響曲を正統的に継ぐ作品」という聴衆の期待には必ずしも十分に応えるものではなかった[2]。, このため、ブラームスは最初の交響曲の作曲に際し、慎重を期し、集中して取り組んだ最後の5年間も、推敲に推敲を重ねた。(この過程で破棄された旋律は、ピアノ協奏曲第1番の第2楽章や『ドイツ・レクイエム』に転用されたという)1862年に第1楽章の原型と見られるものが現れており、具体的な形をとりだしたのはこの時期と考えられている。最終的に交響曲が一通りの完成を見たのはその14年後の1876年、ブラームス43歳のときであった。, 初演は、1876年11月4日、フェリックス・オットー・デッソフ指揮、カールスルーエ宮廷劇場管弦楽団。初演後も改訂が続けられ、決定稿が出版されたのは翌年1877年。ジムロック社より出版された。初演稿と決定稿では第2楽章の構成がかなり違うが、近年は初演稿が演奏されることもある。, ピッコロを欠きホルンが増強された点を除けば、ベートーヴェンの交響曲第5番と編成がほとんど一致する。また、第4楽章でのみトロンボーンが使用される点でも類似している。楽器の扱い方の点でも、たとえばベルリオーズの幻想交響曲でみられるような、あからさまな特殊奏法は要求されていない。一方、ホルンとトランペットについては、当時すでにヴァルヴ式楽器のものが普及した中で、ナチュラル管時代、あるいはヴァルヴ管への過渡期を想起させるような楽譜の書き方になっている。, 交響曲の定石通り4つの楽章で構成されているが、舞曲(メヌエットまたはスケルツォ)に相当する楽章を欠いている。また、楽章の調の構成は、5度の関係を基本とした古典的なものではなく、3度関係の調となっている(ハ短調 - ホ長調 - 変イ長調 - ハ長調)。, 全曲を通して、「C-C♯-D」の半音階進行が曲を統一するモティーフとして重要な役割を果たしている。, ティンパニを中心に、コントラファゴット、コントラバスという低音楽器がC音を8分音符で連打する力強いオスティナートの上に、ヴァイオリン、チェロの上向する半音階的な旋律と木管とホルン、ヴィオラの副旋律が交錯する序奏で始まる。(この序奏は主部よりあとに追加されたものである) 主旋律に含まれる半音階進行は、楽章の至る所に姿を現す。序奏冒頭部はティンパニ・ロールに載ってもう一度現われ、寂しげな木管の調べを経てアレグロの主部に入る。提示部には繰り返し記号があり、かつては繰り返して演奏されることはあまりなかったが、近年は繰り返しが行われる例も増えている。ソナタ形式の型通りに進行した後、終結部でも、「運命」のモットーの動機がティンパニと低音のホルンによるC音の連打に支えられ、ハ長調で静かに終結する。, 緩徐楽章。オーボエ、第1ヴァイオリン、ホルンによる印象的なソロ演奏がある。構成は基本A-B-Aの三部で、Aはさらにa-b-cに分けられるので複合三部形式である。aは主に弦で奏でられる落ち着いた中に翳りのあるもの。bはaの主題を引き継いだものでオーボエのソロによって歌われる。cは冒頭に上昇の動機を持った動きのあるもので短調の色彩を加え、これがやはりオーボエのソロによる物寂しい嬰ハ短調のトリオBを導く。Bの中で低弦とフルートに第3楽章主題の断片が現れる。Aの再現部は単なるリピートではなく、ソナタ形式の再現部のように変奏され、よりドラマチックに、また長大化している。bはここでは第1ヴァイオリンのソロをメインに、オーボエのソロとホルンのソロにより奏される。続いてホルンのソロが主旋律を、第1ヴァイオリンのソロが装飾的に彩る。cはほとんどコーダで、冒頭の上昇の動機こそ控えめに現れるもののその先は歌われることはなく、曲は第1ヴァイオリンのソロが澄み切った嬰トの高音を伸ばす中、静かに結ばれる。, この楽章にはカールスルーエで初演されたときの初稿版があり、かなり曲の構成が異なる。これにはギュンター・ノイホルトやチャールズ・マッケラスらの指揮による録音があり、楽譜はヘンレ社の付録として見ることができる。, 間奏曲ふうの短い楽章。古典的な交響曲の形式にのっとれば、ここにはメヌエットかスケルツォが置かれるべきだが、ブラームスは4つの交響曲のすべてにおいて典型的な三拍子舞曲の第3楽章を置かなかった(第4番においてようやく本格的なスケルツォが登場するが、やはり二拍子である)。とはいえ「グラツィオーソ(優雅に)」という楽想指示には、メヌエット的な性格の楽章であるという作曲者の意図が現れている。A-B-A’という三部形式のA'部分で、ベートーヴェンの「歓喜の歌」にも似た最終楽章の旋律が暗示されるが、A主題自体が最終楽章の旋律を予告しているに近いものである。, 第1楽章の序奏の気配が回帰したかのような重い序奏でゆっくりと始まる。序奏は2部構成。重い気配が弦楽器のピチカートと交代しながら駆け上がっていくと、頂点でティンパニ・ロールによってさえぎられ、ハ長調のアルペンホルン風の朗々とした主題がホルンによって歌われ、序奏の第2部に入る。(この主題はクララ・シューマンへの愛を表しているとされ、クララへ宛てた誕生日を祝う手紙の中で"Hoch auf’m Berg, tief im Tal, grüß ich dich viel tausendmal! ブラームス:交響曲第1番&第2番&第3番&第4番が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 1876年、ブラームス43才の時に完成した。22才の時にシューマンの「マンフレッド」序曲を聴いて、交響曲を作曲したいと考え、数曲の下書きを作ったが、そのうちの1つはピアノ協奏曲第1番に、もう1つは「ドイツ・レクイエム」第2楽章になった。 交響曲 第1番 ハ短調 作品68はドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームス(1833-1897)が1876年に書き上げた最初の交響曲です。今回の記事では本作品の作曲の背景、各楽章ごとの解説、おすすめの名盤を譜例とyoutube動画を交えながらわかりやすくご紹介しています。 「Brahms ブラームス / 交響曲第1番(第2~4楽章)、他 ミュンシュ&フランス国立放送管弦楽団(1966)、他【DVD】」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイトで … ブラームス:交響曲 第2番 第1楽章. 0:13:38 ¥1,302. 交響曲第1番ハ短調作品68(こうきょうきょくだい1ばん、ドイツ語: Sinfonie Nr. またアルペンホルンの主題が第1主題なのであり、この歌唱的主題はアルペンホルンの主題から導かれた第1主題の派生的主題と見ることもできる, Brahms, Johannes/SYMPHONY NO.1 IN C MINOR, OP.68 - Score and Parts, Sinfonia in Do minore op.68 n.1 (J. Brahms), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=交響曲第1番_(ブラームス)&oldid=80030512. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 交響曲 第1番 ハ短調 作品68: 第2楽章:ANDANTE SOSTENUTO. アルバム販売のみ. 交響曲第1番ハ短調作品68(こうきょうきょくだい1ばん、ドイツ語: Sinfonie Nr. ヨハネス・ブラームス(1833年 - 1897年)はドイツの作曲家です。 お父さんはコントラバス奏者で若いころからピアノを習わされたようです。 ただ、「子供にしちゃあ、うまいなぁ」程度だったため、ピアノ奏者をやめ、作曲を始めたようです。 20 68 )は、ヨハネス・ブラームスが作曲した4つの交響曲のうちの最初の1曲。 ハンス・フォン・ビューローに「ベートーヴェンの交響曲第10番」と呼ばれ高く評価された。 0:10:10. Copyright © 2021 気軽にクラシック! All Rights Reserved. アルバム販売のみ .