当初、少なくとも霧ふり山脈を越えるまではフロドらと行動を共にすることが決まっていたが、それ以降は別れることもありえた。とはいえレゴラスは仲間達を見捨てることを潔しとしなかったため、進んで最後まで指輪の仲間とその任務に同行した。, エルフ(シンダール)とドワーフの間には珍しいことに、ロスローリエンに滞在して以降ギムリと強い友情をはぐくみ、始終彼と連れ立って行動するようになった。 エルフだしレゴラスは?って調べたらレゴラスの年齢は2931歳、第三記生まれなので出ませんね レゴラスの祖父であるオロフェアはおそらく今回出てくるでしょう、父である森のエルフの王スランドゥイルも出てくるかも? 映画「ロード・オブ・ザ・リング」で注目される関係の一つ、ギムリとレゴラスの友情。この二人は、なぜ注目されるのでしょうか?それは指輪物語の世界に、「ドワーフとエルフは仲が悪い」という大前提があるからです。ギムリとレゴラスも、顔を合わせた当初は 指輪物語好きに100の質問 その01:お名前をどうぞ。 nydy 事 『泊 環』と申します。 その02:指輪物語はいつからのFANですか? 『旅の仲間』が上映されてからですww その03:映画はご覧になりましたか… 指輪物語ではこの第三紀を扱っている。 物語は中つ国を舞台に冥王サウロンの作った力の指輪の存在を軸に、 ホビットや エルフ 、人間、 ドワーフ 、魔法使い、 ゴブリン ( オーク )など、様々な種族を巻き込み展開する。 『指輪物語(The Lord of the Rings)』と、その関連のシリーズの最大の魅力と言えば、著者トールキン(1892~1973)によって練るに練られた、世界観。 そしてその、架空の領域に住まう多種多様な種族であろう。 指輪物語は、ホビット族の主人公、フロド・バギンズの冒険と戦いをメインとしている。 しかしもちろん全三巻の紙面を用いて、単なるひとりの冒険ばかりが描かれる訳ではない。 メインシナリオのサイドでは、それ … 弓の他、二本の短剣を操って戦う。矢を撃ち尽くす描写がないが、原作通り戦闘が終わるごとに使えそうな矢を回収しているという設定で、戦闘終了後の矢筒にはオークの矢もあるのが確認できる。ペレンノール野の合戦ではたった一人でムーマクとそれに乗ったハラドリム達を倒してしまうなど、アクションでは凄まじい活躍を見せた。, 原作では年齢に関する具体的な記述はないが*4、映画設定では2931歳*5。だとすると生年は第三紀の初めで、エルロンドの息子たちよりも少し年上。, 原作『ホビットの冒険』には登場しておらず、エルフ王(スランドゥイル)に息子がいるということも言及されていないが、映画には登場。 The Strength of Sauron, それほど熱弁されてらっしゃるのでしたら、仰っている原作というのも邦訳されたのもではなく原書なのでしょうね。 --, 横からですが邦訳もまた叡智の結晶ですよ。邦訳と原文、両方に精通するのが良い。 --, ありきたりの釣りなので面白くありませんがアドヴァイスを一つ、原作の中からなにを学び、自分の行動を変えていくか、余裕のある表情の時にかんがえてみるのもたのしいかもねん、ひとりかもねん。 --, ほう・・! ミスカトニック大学所蔵の赤表紙本(原本複製)を読まれたのですね。ほかのこわいぶんけんとてらしあわせたいえいやくされてないところをみたいので是非ご連絡ください。W.W.Jr.拝 --, 器が小さいなぁ。何様だか知らんけど高々一ファンに他人をどうこう言う資格はない。そもそもミーハー批判するなら世間の流行に乗ったことが一度もないんだよね? 五軍の合戦終結後は孤立主義を取るスランドゥイルと決別し、旅に出ることにする。この時スランドゥイルに、北方のドゥーネダインのストライダー(馳夫)を捜すように勧められている*6。. ドワーフは持てる技術を結集し、見事にシルマリルのネックレスを完成させました。レゴラスの出自や、ドワーフとエルフの因縁を考えてみれば…どれほど『指輪物語』におけるレゴラスとギムリの友情が有り得ないものかお分かり頂けたでしょうか? 五軍の合戦では弓矢を使って多数のオークを仕留めるが、矢が切れてしまったため、トーリンを襲おうとしていたオークにオルクリストを投げつけて彼を助けた。その後短剣を使って再びボルグと戦い、彼を仕留めた。 馬を運ぶドワーフ ~ギムリ~ Gimli (2003.MAY.04) ちょっと眠いし… ~ギムリ~ Gimli (2003.JUN.03) からだが二つになりそうだ! ~ギムリ、レゴラス~ Gimli & Legolas (2003.JUN.03) 彼は物語の舞台、中つ国(ミ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 10代のころに指輪物語の世界に魅入られ、それから原作は何度読み返したか、映画は何度観たか、わかりません。. 指輪物語のエルロンドの会議にて、父グローインと共に会議に参加し後に九人の指輪の仲間の一人としてフロド・バギンズ達と共に旅立った。 一行の離散の後はアラゴルン・レゴラスと共に行動し、角笛城、ペレンノール野、黒門前などの戦闘に参加した。 近年では『指輪物語』に登場したドワーフ族のイメージが広くファンタジー 小説やゲームに用いられるようになった。エルフ族と仲が悪いという性質も、本作におけるレゴラスとギムリに端を発している。 トーリンからオルクリストを取り上げた後、エスガロスでボルグと戦う時などに、そのまま自分で使っているのが確認できる。, 闇の森の王国を襲撃して去って行ったオークを放置できないというタウリエルに説得された形で、スランドゥイルの意に反し、タウリエルと共に湖の町エスガロスまでオークを追跡。そこでボルグらと交戦する。, 『決戦のゆくえ』では更に強くタウリエルに感化されたらしく、スランドゥイルからの帰還命令に反し、追放処分を受けたタウリエルを連れてボルグらの出身地であるグンダバドの偵察に向かう。そのグンダバドから、オークの新手が向かってきているという知らせを持ってエレボールまで戻る。この時ガンダルフのことをミスランディアと呼んでおり、ガンダルフとは(スランドゥイルと同じく)以前から面識があったようである。 ', ロード・オブ・ザ・リングス オンライン/あらすじ/Volume IV. 概要. レゴラスとギムリが去ったことで、中つ国において指輪の仲間は跡を絶った。, 上述のように恐るべき獣を射落としたり、多数の敵を討ち取る(角笛城の合戦では41)などしたが、『終わらざりし物語』によるとトールキンは以下のような覚書きを残した。, サウロンを最終的に討ち滅ぼした際、エルフは軍事面では積極的に関与しなかった。レゴラスは九人の徒歩(かち)の者の中でおそらくもっとも勲(いさおし)が少なかった。*2, 『The Book of Lost Tales 2』によると、トゥムハラドの合戦を戦い、ゴンドリンから脱出する一行を導いたエルフの一人に、レゴラスの名がある。だが本項目のレゴラスと同一人物である可能性は低い。 HTML convert time: 0.393 sec. 3つはエルフに、7つはドワーフにそして9つは人間にとわたされました。この物語でフロド・バギンズが「滅びの山」に破壊をしに行こうとしているのが、この19個の指輪をあやつる「一つの指輪」で、この指輪の持ち主は暗黒の王サウロンです。 概要 [編集]. ロードオブザリングの指輪についてです。 あの指輪をつけると、変な世界に行くだけで、別に強くなる感じでもないのに、なぜみんな欲しがる … Counter: 198804, また同書によると、トールキンはレゴラスが一般的な妖精のイメージに基づく可愛らしい(pretty)、または女性らしい(ladylike)イメージで描かれることに対し、以下の怒りを含んだ批評(a wrathful comment)を残した。, 彼は若木のように丈高く、しなやかで、非常に強く、大きな戦弓を素早く引いてナズグールを射落とすことができ、それはエルフの体の膨大な活力の賜物だった。エルフの体は丈夫で耐性があり、彼は軽い靴だけで岩の上や雪の中を行き、仲間の中で最も疲れ知らずだった。*3, ギムリとの友情、合戦での首級の競い合いなど、原作『指輪物語』にあったエピソードの一部が踏襲されているが、歌を歌うことはなく、冗談を言ったり感情を示したりすることもあまりない、原作よりも冷淡に見えるキャラクターとなっている。また『王の帰還』のエクステンデッド・エディションでは(父スランドゥイルの描写にならってか)酒に強いという映画独自の描写がなされた。 レゴラスのky、ピピンのうっかり、サムの「とっつぁん語録」は、暗く沈みがちな物語における三大清涼剤である。ドワーフのギムリとは、種族としても、かつての父親同士の悶着からも、当初はそりが合わない様子だった。が、い … ヴァラのアウレが独断で創造した七人の父祖を起源とする種族。イルーヴァタールに召し上げられて改めて中つ国の住人として認められ、世に送り出されたため、「イルーヴァタールの養い子」とも呼ばれる。 ドワーフは自らのことを、クズドゥル(ドワーフ語)でカザードと呼ぶ。シンダール語では「発育を阻まれた者たち(Stunted People)」の意であるナウグリムやノゴスリム、「石の名工たち(Masters of Stone)」の意であるゴンヒアリムなどと呼ばれる。 工芸の技術に優れ、特に石の扱いにかけては並ぶ … この記事は主に未翻訳の旧版(1.7.10)のmodに適用される内容です。翻訳済みの(1.15.2)新版はまだ開発の初期段階で、以下にリストされているすべての機能が含まれているとは限りません。 まだ行っていなければ、以下の手順を実行します: MODをインストールします。 The novel "旅の仲間でアベンジャ! <通販見本>" includes tags such as "指輪物語", "アラゴルン" and more. 指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)強さ議論スレ ... dランク(英雄級) アラゴルン レゴラス ギムリ ビヨルン eランク(エルフ、ウルク・ハイ級) ボロミア ファラミア エオメル エオウィン fランク(人間、ドワーフ、ゴブリン級) サム ゴラム 世界を滅びから救うために、その指輪は棄却されなければならない…。灰色の魔法使いガンダルフ、ホビット族フロド、人間アラゴルン、妖精族エルフの王子レゴラス、ドワーフ族のギムリなど9人の仲間たちの、冒険と苦難の旅が始まる。 PukiWiki 1.5.3 © 2001-2020 PukiWiki Development Team. 陽気で快活な性格であり、道中さしかかった地について、仲間達にエルフに伝わる伝承や歌物語を語って聞かせる場面が多い。戦闘では優秀な弓の使い手として活躍した。, エルロンドの会議にスランドゥイルの使いとして参加し、闇の森で身柄を預かっていたゴクリがオークの攻撃によって逃亡したことを伝えた。そのままエルロンドによってエルフを代表する指輪の仲間の一員に選ばれる。 裂け谷で開かれたエルロンドの会議に、父の治める闇の森のエルフ王国の代表として出席。とある大失態の報告&謝罪のための出席という、なかなかに冴えない役回りでの登場だったが、旅の仲間に加わってからはその屈託のないうざやかっぷりで要所に迷言、迷行動を残した。 レゴラスのKY、ピピンのうっかり、サムの「とっつぁん語録」は、暗く沈みがちな物語における三大清涼剤である。 ドワーフのギムリとは、種族としても、かつての父親同士の悶着からも、当初はそりが合わない様子だった。 が、い … Powered by PHP 7.4.14. ドワーフは自分たちの種族をカザド (Khazad) と呼んでいる。これはアウレがかれらに与えた名 … ギムリは『指輪物語』において指輪の仲間に加わり、エルフのレゴラスと親友になった。 名前. レゴラス(Legolas、 第三紀 - )は、J・R・R・トールキンの中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』の登場人物。「指輪の仲間」の一員のエルフ。父は闇の森の王スランドゥイル。Legolasはシンダール語で緑葉(Greenleaf)の意味。 名はシンダール語で「緑葉」の意で、緑葉のレゴラスとも呼ばれる。闇の森のエルフ王スランドゥイルの息子。指輪の仲間の一人。 緑色と茶色の装いをして、弓矢と矢筒を身に帯び、ベルトには白い短剣をさしていた。 陽気で快活な性格であり、道中さしかかった地について、仲間達にエルフに伝わる伝承や歌物語を語って聞かせる場面が多い。戦闘では優秀な弓の使い手として活躍した。 指輪の仲間がロスローリエンを去る時には、ガラドリエルからガラズリムの弓と矢筒を贈られ、以降はそれを用いてサルン・ゲビア上空に飛来してきたナズグールの乗騎を射ち落とすなどの勲を立てた。, パルス・ガレンで指輪の仲間が離散してからはアラゴルン二世に従い、ローハン平原の追跡行や角笛城の合戦、灰色の一行の行軍やペレンノール野の合戦、黒門の戦いに参加した。, 旅の途中で立ち寄ったファンゴルンの森やイシリアンに魅せられ、指輪戦争終結後には燦光洞とファンゴルンの森をギムリと共に訪ねながら国へ帰った。 ?一度でもあるなら所詮同レベルの人間でしかないよ。 --. レゴラスとの確執は、映画独自のものですが、さらにpjがこの映画を「ロード・オブ・ザ・リング」を含めて6部作と意識している台詞が入ります。もちろん、原作が書かれた時には「指輪物語」ができる予定はなかったので、こんなやり取りはありません。 ロードオブザリングの指輪についてです。あの.- Yahoo!知恵袋. コピー誌「ドワーフのほん」より Dwarves . また、フロドが差し出す指輪を前に、声色や容姿が別人... 映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ通して、とにかくかっこいい!強すぎ!美しい!と称賛されるレゴラス。 『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』BD/DVDセットが発売中。オンデマンド配信も実施中。, 名はシンダール語で「緑葉」の意で、緑葉のレゴラスとも呼ばれる。闇の森のエルフ王スランドゥイルの息子。指輪の仲間の一人。, 緑色と茶色の装いをして、弓矢と矢筒を身に帯び、ベルトには白い短剣をさしていた。 映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ通して、とにかくかっこいい!強すぎ!美しい!と称賛されるレゴラス。彼は物語の舞台、中つ国(ミドルアース)で最も美しく、不死の種族である「エルフ」です。ところがこのレゴラス、原作「指輪物語」では少々異な today: 14, レゴラスを語る上で欠かせないのがギムリとの友情。 仲の悪い種族同士なのに、類まれな友情を結ぶ2人の関係性は、『指輪物語』にいくつも登場する「友情」の中でも最も魅力的で心に響くものの一つだと思っています。 後には闇の森の郎党の一部を連れてイシリアンに移住し、その地を美しく富ました*1。, 指輪戦争中にペラルギアに立ち寄って鷗の鳴き声を耳にすると、ガラドリエルの伝言で予言されたように海やトル・エレッセアへの憧れが、常にレゴラスをかき立てるようになった。エレスサール王が崩御すると、レゴラスはイシリアンで灰色の船を建造してアンドゥインを下り、自らの望みに従いアマンへと去っていった。その時にギムリを共に連れて行ったという。 ファンタジー小説「指輪物語」を3部作で映画化し、爆発的ヒットを記録した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ。1作目『ロード・オブ・ザ・リング』(01)からすでに20年近くの歳月が流れているが、共演者同士の交流はいまだに続いているようだ。 『指輪物語』の舞台となる場所は地球である。しかしその舞台となる時代は、著者が創造した歴史上におけるアトランティス崩壊後にあたる遠い昔である。トールキンはこの背景世界に、古英語のMiddangeard(ミドガルド)を現代語化した英語名Middle-earth(中つ国)を与えた。物語は冥王サウロンの作った力の指輪の存在を軸に、ホビットやエルフ、人間、ドワーフ、魔法使、ゴブリン(トールキンはほとんどの場合オークと呼ぶ)など、多彩な種族を巻き込んで展開する。ホビット庄で静かに始ま… レゴラス( Legolas 、 第三紀 - )は、J・R・R・トールキンの中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』の登場人物。 「指輪の仲間」の一員のエルフ。 父は闇の森の王スランドゥイル。 Legolas はシンダール語で緑葉( Greenleaf )の意味。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); それは指輪物語の世界に、「ドワーフとエルフは仲が悪い」という大前提があるからです。, その経緯については、「指輪物語」より過去の時代を舞台にした「シルマリルの物語」や「ホビットの冒険」で語られます。, 原作ではそれほどけんか腰ではありませんが、二人が互いの言動を意識しあっている様子がうかがえます。, ガンダルフ「……その頃は今より幸せな時代じゃった。……ドワーフとエルフの間にさえも、まだ親密な友情が存在しておったよ」, そしてガンダルフの言うように、二種族の不仲は、どちらかが一方的に悪いと言えるものではありません。, 興味のある方は、「シルマリルの物語」と「ホビットの冒険」もぜひ読んでみてくださいね。, その距離がぐっと縮まるのは、第一部の後半、ロスロリアンでガラドリエルに出会ってからです。, 映画では、ロスロリアンを訪れる前のギムリはガラドリエルを「魔女」と呼び、警戒心の塊でした。, それがその地を去るころには、ガラドリエルを崇拝するかのような態度に変わっています。, ロスロリアンに着いた旅の一行は、ガラドリエルと夫ケレボルンの前で、それまでの経緯を説明しました。, アラゴルンは、ガンダルフがモリアの坑道でバルログと戦い、闇に落ちたことを語ります。, それを聞いたケレボルンは、ドワーフがバルログを目覚めさせたことを責めるような口調になります。, この時ギムリとガラドリエルの目が合うのですが、その時のギムリの気持ちはこう表現されています。, これ以降、ケレボルンはギムリに謝罪し、ほかのエルフたちもギムリに親切に接するようになります。, ガラドリエルの言動により、ギムリの心境だけでなくエルフ側の態度も変化して、関係が良好になってゆくのです。, レゴラスは、ロスロリアンの中をあちこち出歩く際に、たびたびギムリを連れ出しました。, そしてロスロリアンを去る時、一行は三艘の船に分乗するのですが、ギムリとレゴラスは同じ船に乗っています。, (このエピソードは劇場公開版ではカットされており、DVDのエクステンデッドエディションでのみ観ることができます。), ここからも、ガラドリエル、ひいてはエルフに対するギムリの想いが大きく変わったことがわかりますよね。, ギムリとレゴラスは、歴史的なドワーフとエルフの不仲を乗り越えて仲良しになりました。, 作成にあたっては、主に「指輪物語」第一部「旅の仲間・下」6「ロスロリアン」~8「さらば、ロリアン」を参考にしました。, ギムリに応対するガラドリエルの言葉が、周りのエルフたちに影響を与えている様子がよくわかって面白いですよ!. 『竜に奪われた王国』で登場し、闇の森で蜘蛛と戦い、また道に迷って蜘蛛に襲われていたトーリンの一行を捕らえる。この時、ドワーフに対して強い侮蔑を示している。 レゴラスとは、j・r・r・トールキンのファンタジー 小説「指輪物語」及びこれを原作とした映画「ロード・オブ・ザ・リング」に登場したエルフである。 名前はエルフ 語で「緑の葉」を表す。. The Lord of the Rings 【シルマリルの物語】~【指輪物語】 歴史年表: 指輪物語とその壮大なる前史「シルマリルの物語」のストーリやネタばれを知りたくない方には申し訳ないですが、自分自身が何度読んでも混乱しているので、その整理をするのを目的にして作っています。 映画「ロード・オブ・ザ・リング」でガラドリエルといえば、水鏡のシーンが印象的です。 yesterday: 36, https://arda.saloon.jp/?%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%A9%E3%82%B9, 項目編集者訳。以下原文。'He was tall as a young tree, lithe, immensely strong, able swiftly to draw a great war-bow and shoot down a Nazgûl, endowed with the tremendous vitality of Elvish bodies, so hard and resistant to hurt that he went only in light shoes over rock or through snow, the most tireless of all the Fellowship. トールキンの『指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)』『ホビットの冒険(ホビット)』関連の単語を網羅したwiki。本サイトはネタバレを含みますので予めご了承ください。