福岡にある猫の不妊手術専門の医療サービスを絞り込んだ新しいカタチの動物病院です。男の子は6,000円、女の子は9,000円で手術できます。その他、ノミダニ駆除や血液検査も可能。 危険性・・・麻酔の代謝は肝臓、腎臓等で行われるのでこれらの臓器が悪い場合麻酔から覚めなかったり、肝障害が悪化したりする危険がある。腎不全をおこす場合がある。 猫を家族に迎えたら、考えなければならないのが避妊・去勢手術のこと。飼い主として、避妊・去勢に関する正しい知識を身につけた上で、責任をもって考えなければなりません。ここでは獣医師監修のもと、避妊・去勢のメリットとデメリットを解説します。 特別な思い -犬の全身麻酔-2015.03.31. 猫の避妊手術・去勢手術における術前後の注意や、手術の方法・流れ、術後の見た目など詳しく解説します。またオスネコにまれに見られる停留睾丸についても触れます。メス猫、オス猫それぞれの動物病院での手術方法と術後の注意を分けてみていきます。 体の変化・・・肝臓、腎臓への影響。 (1) 体の変化・・・呼吸数の減少、停止。 通常麻酔では少量の鎮静剤、麻酔剤を注射し、大人しくなったところで吸入麻酔で導入、維持を行います。, 麻酔から覚めなかったり、肝障害が悪化したりする危険がある。腎不全をおこす場合がある。. 危険性・・・低換気になる。 ・術後に自力で歩行可能。 体の変化・・・てんかんが発生。 飼い猫(4歳・スコティッシュ・♂)が、麻酔により死亡しました。お聞きしたいことは、・猫の麻酔アレルギーについて。 麻酔アレルギーとは何か?どれくらいの猫がアレルギーをもつのか。・麻酔により、大動脈血栓栓塞症を引き起こすこと 「全身麻酔は危険!」と思い込んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか? しかし、猫の手術に麻酔は欠かせません。 あなたの愛猫も、いつ麻酔が必要になるかわかりません。 麻酔のメリット・デメリットを見ていきましょう。 脊髄くも膜下麻酔の効果は数時間持続しますが、時間の経過などで手術中に麻酔効果が弱まり、違和感や痛みなどを感じることがまれにあります。そのような場合には全身麻酔に変更するなどの対処を行います。 b-3 手術終了後 麻酔にはメリット・デメリットが伴いますが、猫の手術に麻酔は欠かせません。健康な猫の場合でも避妊手術や去勢手術では、やはり麻酔が必要になります。飼い主さんは普段から愛猫の様子や体調をよく観察し、不安があれば動物病院で獣医師や専門家に相談しましょう。. ・安価。, ■デメリット 注射だけによって麻酔を行うのが注射麻酔です。ある一定の量を注射すると一定時間麻酔がかかります。麻酔が浅くなったらその都度追加の注射をします。麻酔の量の基準はあるのですが、麻酔の効き具合は個体によって様々なので、基準の量で効きすぎて呼吸が止まってしまう猫もいれば、まったく効かずに処置できない猫もいます。, ドミトールという注射麻酔薬は、拮抗薬を注射するとすみやかに麻酔から覚醒できるのですが、残念ながらこの薬は(不整脈が発生するために)猫では使用できません。, ■メリット ・大がかりな麻酔装置を必要としない。どこでも可能。 ・注射がものすごく痛い。2針くらい縫うのだったら、かえって無麻酔で縫って針の痛みを我慢する方がまし。 よろしくお願いします。15歳になる老猫のmri検査について。15年病気はかかったことありません。1週間前に突然数分の痙攣発作、発作時は体全体が固まり激しく痙攣、瞳孔が開き尿失禁とよだれを確認。発作後しばらく放心状態で、数分後歩き出すが後ろ足… 管時間は、alfx群6.5分[sd 3.5]およびalfx-mb群7.8分[sd 3.3]であった。alfx群では2頭 (1.7%)で麻酔回復期に発揚を認めたが、alfx-mb群ではまったく認められなかった。 2.猫の麻酔導入におけるアルファキ … (6) ・一度入れてしまった注射は多すぎたと思っても後からどうしようもない。覚めたと思って追加の注射をすると、効きすぎる場合も多く、なんの手も打てない。 Copyright © 2001 株式会社アイリスプラザ All Rights Reserved. 体の対処法・・・もともと、てんかんの症状がある猫には、麻酔の導入に抗てんかん作用のある超短時間型の薬を使用する。, (3) 体の対処法・・・事前に血液検査で発見できる。 2時間以上の処置になったため、下顎の犬歯と一部の切歯は残して処置終了としました。 結局、歯根は15本残っていました。 高齢の猫ちゃんでしたが、長く手術によく耐えてくれました。 男の子の去勢手術は、基本的に全身麻酔をかけて行う手術で、陰嚢の部分の皮膚を1cmほど切って精巣を引き出し、止血しながら摘出する、というシンプルな手術です。手術時間は10分程度で、麻酔が覚めるまでの時間を含めても、1時間以内に終了することがほとんどです。 体の対処法・・・健康な犬猫であれば、自分の調節機構で血圧を維持できるが、状態により交感神経を刺激する薬で対処する。ただし、急激な不整脈による心停止には対処不可能。 高齢の犬や猫は麻酔をかけて歯の処置をすると弱る?麻酔や手術をしたからといって、体が弱ることはありません。麻酔のための事前の検査が重要 負担の少ない麻酔 「麻酔をしない歯石除去の治療の方が良い」と安易に選択するのは危険です ・麻酔の深度と時間調節が自在。 麻酔中や麻酔後にはどのような体の変化や危険リスクがあるのか、また危険への対処法についてみていきましょう。 《下半身麻痺の治療方法の相談》⚫︎現在の状況⚫︎当初、両足に力が入った状態から、現在片足に力が入らなくなってきました。あまり動かず横たわっています。食事はいつもの半分ほどしか食べず、オシッコは垂れ流し状態でウンチは自分で出せず病院で絞っても… 暴れるのを制止することはできないので、たとえ痛みがなくても多くの猫が暴れて結局処置できない。, 最後に… 去勢手術は、シンプルで短時間で終わる手術です。手術そのものは10分程度、麻酔時間も含めると1時間程度で終了します。しかし、それでも猫にとって負担はあります。また、術前・術後ともに、よく様子を見てあげる必要があるので、飼い主さんも余裕をもって手術に臨むことが大事です。 (2) 麻酔前処置(鎮静・鎮痛他麻酔前投薬) 3000円~7000円 体重による 全身麻酔(注射) 5000円~15000円 体重による 全身麻酔(ガス吸入)1時間につき 10000円~25000円 体重による 危険性・・・諸臓器へ行く血流も減少。 体の変化・・・交感神経の鎮静。 地域密着(相模原市中央区  南区 緑区)犬・猫の診察・病気・皮膚科・予防・手術のかかりつけ医, 〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6丁目13−21   スーパー三和 富士見店すぐ向かい, 但し、体格や成長の具合い、マーキングの開始時期によって適応時期がかわりますので、当院では手術前に一度、身体検査を行わせていただきます, 身体検査と一緒に手術当日の流れ、手術内容や麻酔の説明なども行いますのでご来院の際は必ずご家族の方がお越しください。, 手術前の身体検査(診察)のご予約は必要ございません。ご都合の良い日にお越しください。, 術後の体調不良が起こる場合もあるため、手術日と、次の日に来院できるスケジュール日でご予約下さい。, ワクチン接種:ワクチンには有効期間がありますので、最新の接種日から起算して有効期限を過ぎている場合は、手術の2週間以上前にワクチン接種を済ませておきましょう。, 全身麻酔をかけると、意識はもちろんのこと、全身の力も抜けてしまいます。このとき、もし胃の中に未消化物が残っていると手術中にそれを吐いて、誤嚥してしまう可能性があります。, 食事は前夜のAM0時までにお済ませください。お水は当日朝9時以降はあげないで下さい。, 猫ちゃんの場合のみ、必ず洗濯ネットに入れて来院してください。家ではおとなしい子でも、病院では暴れて捕まえられなくなったり、ケージから出せないこともあるので、大事な猫ちゃんのためにも必ず自宅からネットに入れてきてください。, 身体検査(問診・視診・触診・聴診)、血液検査を行い、麻酔・手術が可能かどうか確認を行います。, 【検査の結果次第では、当日の手術が中止、延期になる場合もございますので、予めご了承ください】, また、手術中に急変などで緊急に連絡が必要な場合、手術終了のご案内を(希望される方)お電話にてご連絡させていただきます。手術承諾書へは必ず連絡をとれるお電話番号の記載をお願いいたします。また手術時間中はすぐ連絡がつくようにご注意お願いいたします。(例:携帯圏外・自宅不在など), その日の診察・手術予約状況や緊急手術の有無にてお時間は多少前後する場合がございますのでご了承ください。, まず麻酔前投与薬を投与します。この薬は麻酔に入る前の動物の不安感や恐怖感を取り除き、さらに術中術後の疼痛を抑え、麻酔の安全性を高めるためのものです。使用する薬の種類や組み合わせは症例によって選択します。, 麻酔導入薬は意識を消失させることを目的とします。意識消失が確認できたら速やかに気管内へ気管チューブを挿管して安定した酸素吸入を確保します。, 麻酔維持には吸入麻酔薬を用います。気管チューブから酸素とともに吸入し、手元のダイアルでその濃度を調節し麻酔深度を調節します。, 当院で、症例に応じて術後疼痛の治療効果と全身麻酔の安全性を高めるため、周術期(術前、術中、術後)に疼痛管理を実施しています。, 痛みの防止および麻酔の安全性を高めるには鎮痛薬の投与時期が重要であり、痛みの刺激が加わる前に鎮痛薬を投与する「先取り鎮痛」が効果的です。また、作用機序の異なる複数の鎮痛薬を併用する「マルチモーダル鎮痛」によって、投薬による副作用を抑え、鎮痛効果を増強できます。, 滅菌器具を用いて、麻酔リスク、出血、痛み を最小限にするよう正確かつ迅速な手術を行います。, 手術中は五感によって麻酔の深度や痛みの程度をチェックしながら、モニター機器を装着して心電図、血圧、呼吸数、SpO2、EtCO2、麻酔ガス濃度、体温などを測定し、安全な麻酔を心掛けております。, 猫ちゃんの去勢手術の場合、傷口の癒合が早いのと、陰嚢を縫うと余計気にするため、縫合は行っておりません。, 卵巣と子宮を摘出したら、開腹した順番とは逆に、体の内側から筋肉(腹膜と腹筋)→皮下組織→お腹の皮膚の順に縫合していきます。, 手術が終了し、麻酔から覚醒したら、手術室から入院室に移動します。さらに酸素化や保温が必要な場合はICUにて管理します。, 移動後は、数分おきに呼吸状態、粘膜色、心拍、体温などを確認して動物の状態を観察し、補助なしでの起立もしくは歩行出来るようになるまで管理を続けます。特に麻酔から覚めることによる精神状態の変化や疼痛の有無に注意します。, 手術の内容にもよりますが、避妊や・去勢手術の場合は術後3~4時間でご自宅での静養に移ることになります。相談により入院管理をすることも可能です。, 術中や麻酔覚醒に特に問題が無ければ、手術当日、午後6~7時の間にお迎えにいらして下さい。, 基本的には術後の動物のストレスを最低限に軽減するため、「最良の入院室」であるご自宅での管理をお願いしています。相談により入院管理をすることも可能です。, また、術部を保護するためエリザベスカラー、エリザベスウェアを着用していただきます。(別途購入), 手術後、抗生剤等のお薬を服用していただきますので、飲ませやすいお薬の形状(錠剤・粉・シロップ)をお伝えください。, 手術後の状態確認のため、通院が必要となる場合があります。通院の日程や間隔については、個体差がございますので手術後にご説明させていただきます。, この時期に出血する、食欲や元気がない、便がゆるい、排便・排尿がおかしい、精神不安定など、普段とは違うことが一つでもあれば、「様子を見る」事はしないで、すぐにご連絡ください。, 自宅に連れ帰って数日間は、傷口が開いてしまうのを避けるため激しい運動はなるべくさせないようにしましょう。もし糸が取れてしまったり、舐め過ぎにより術創がただれてしまったり、傷口が開いてしまった場合は、早急にご連絡ください。, 術後の抜糸とは、お腹の皮膚を縫った糸を切ることです。筋肉や皮下組織は溶ける糸を使うので体内に残らず抜糸の必要がありません。, 去勢・避妊手術後は性ホルモンが分泌されなくなることにより活動量が減り、基礎代謝量が低下します。それにも関わらず、食欲は増す傾向にあります。そのため、手術前と同じ食事を与えていると肥満になってしまいます。, 手術後、経過が落ち着いたら、低カロリーな食事や体重管理を目的にした食事を選び、給餌量をしっかりとコントロールしてあげましょう。, (ご希望の方には去勢・避妊手術後の理想的な体重維持に配慮した食事のサンプルをお渡ししています。お気軽にお問合せください。), 以上、一連の流れをご説明いたしましたが、小さい体に麻酔をかけてメスを入れる・・・やはり大きな転機となりますので、手術にはご家族の総意が大切です。, なので疑問や不安を払拭してから手術に臨みたいので、何か疑問点などあればお気軽にご相談ください。, 〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見6丁目13−21・JR矢部駅徒歩20分 、JR相模原駅徒歩25分 スーパー三和 富士見店すぐ向かい ※提携駐車場(コインパーキング)有り. ・絶食などの前処置がいらない。 体の変化・・・全身麻酔中は体の反射が消失。 7 麻酔終了 全身麻酔では、手術が終了すると同時に麻酔薬の投与を中止します。 目が覚めるまでの時間は、手術の内容や患者さんによって異なります。目が覚める兆候が見 られたら、お声をかけます。 今度全身麻酔をすることになるかもしれないので、全身麻酔についてお聞かせください。1,全身麻酔をするまでに行う検査ってどういうものですか?2,全身麻酔をかけ始めて眠るまでの時間ってどれくらいですか? また、そのときの気分 収納・家具インテリア、ペット、ガーデニング、なるほど家電までアイディアで暮らしを便利にするメディア, 「全身麻酔は危険!」と思い込んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか?しかし、猫の手術に麻酔は欠かせません。あなたの愛猫も、いつ麻酔が必要になるかわかりません。麻酔のメリット・デメリットを見ていきましょう。, (1)吸入麻酔 体の対処法・・・人工呼吸器で調整できる。, 【麻酔から覚めたら痛みは無いのか】 Copyright © 2017 Kayama Animal Hospital All Rights Reserved. ・全身麻酔に比較すれば危険性が少ない。 猫に麻酔を使用する場合は、全身麻酔の吸入麻酔が多いと言われます。 安全に行えるように麻酔中に各種モニターを使用しています。だからといって100%安全が保証されることはありません。 猫に麻酔が危険なのは、アレルギー反応から副作用が起きることもあるからです。 心拍数が乱れる、呼吸困難に … そして、麻酔から覚めた時「猫は痛がっている」という意見もあります。, 猫の麻酔には、最初にご紹介した全身に麻酔をかける「全身麻酔」と、体の一部に麻酔をかける「局所麻酔」があります。通常、麻酔といえば、動物病院では全身麻酔を指します。局所麻酔を全く使用しないわけではありませんが、よほど大人しい猫で無い限り、局所麻酔だけで処置をさせてくれることは少ないです。, 人ではよく硬膜外麻酔(脊椎を覆っている硬膜に注射する麻酔)が行われますが、猫では行われません。, <局所麻酔> 体の対処法・・・健康な犬猫であれば、自分の調節機構で血圧を維持できるのですが、状態により交感神経を刺激する薬で対処する。, (5) ・高価な専用の麻酔装置が必要。 危険性・・・迷走神経が優位になり不整脈が出現。 全身麻酔前には、12時間以上の絶食が必要です。 全身麻酔をかけると、意識はもちろんのこと、全身の力も抜けてしまいます。 このとき、もし胃の中に未消化物が残っていると手術中にそれを吐いて、誤嚥してしまう可能性があります。 ・排気管理が必要。, ※安全性でいうと吸入麻酔が明らかに有利であるため、現在では短時間の手術でも吸入麻酔を使用する病院がほとんどです。, (2)注射麻酔 ・覚醒に時間を要する。, 通常麻酔では少量の鎮静剤、麻酔剤を注射し、大人しくなったところで吸入麻酔で導入、維持を行います。避妊手術や、それ以上の麻酔時間を要するものには点滴を行います(去勢手術は短時間で終わるため点滴は行いません)。, 麻酔中のモニターには呼吸モニタ、心電図モニタ、SPO2モニタ、炭酸ガスモニタ、カプノグラム、血圧、麻酔濃度モニタを使用します。(すべての病院がこれら全部のモニターを使用しているわけではありません), <麻酔中、麻酔後に起きる体の変化> 危険性・・・吐いても外に出したり飲み込んだりできないので、吐いたものが気管につまる危険性がある。 ・覚醒が早い。, ■デメリット 投与し、正向反射消失時間、外科的 麻酔開始時間および外科的麻酔終 了時間を測定した結果、当日、4週 間および8週間保管した麻酔薬の間 で、麻酔効果に有意な差は見られ なかった。外科的麻酔時間におい ても、同様であった。これらの結果 猫が絶食できる限界とは、一体どのくらいなのでしょうか。全身麻酔を伴う手術前の絶食に関する注意点や、絶食や食欲不振を伴う病気についてまとめました。いざという時に冷静に判断できるよう、猫の絶食について今一度確認してみて下さいね。 手術が終わって麻酔から覚める時間帯の様子とその後の体調、手術部の状態を確認し、飼い主様に無事終了したことと、お迎えの時間をご連絡をします。 【抜糸】 原則として手術より7日後となります。(猫の去勢・避妊、犬の避妊は抜糸がありません。 当院の全身麻酔に対する考え方麻酔からきちんと覚めてくれるんだろうか、こんなに小さな体なのに麻酔に耐えられるんだろうか、麻酔をかけたあとから具合が悪くなってしまったらどうしよう。全身麻酔ってちょっと怖いなって思われるかもしれません。 (4) 病気を治すための手術の時は 動物でも人間と同じように 全身麻酔が必要になります。 その他、検査やちょっとした 処置などの時も動かずじっと していてもらう必要がある時 にも動物の場合、全身麻酔に なることが多いです。 人間の場合、局所麻酔で対応 できるような処置でも動物の 場合、大人しくしてはくれない ためにどうしてもそのような 対処になってしまいます。 また痛みを伴わないような処置 や検査の時でも動物にとっては 恐怖であり逃げようとして暴れて しまう、また長時間全く動かない … ■メリット もし、効果がない場合は、麻酔薬の量をより増やすことで、全ての方に全身麻酔をかけることができます。 Q3.目が覚めないことはないですか? 麻酔薬の効果は、時間がたてば必ず失われます。いつ目が覚めるかには個人差はあります。 肺胞から麻酔性ガスを吸わせて全身麻酔をかける方法です。人と違って動物はマスクを我慢してつけてくれませんので、吸入麻酔の直前に超短時間型の注射麻酔が使用されます。吸入麻酔は麻酔の濃度を気化器の目盛りで随時調節可能です。効果が足りなければダイヤルの目盛りを上げ、効きすぎていたら下げる事でタイムリーに麻酔の濃度をコントロールできるので安全性が高いです。, ■メリット 危険性・・・もともと、てんかんの症状がある猫の場合、発作が激しくなる場合がある。また、てんかんの症状がない猫にも発生する可能性がある。予測不可能。 ・安価。, ■デメリット 局所麻酔は、麻酔を効かせたい部位 の周りに数ヶ所注射で麻酔薬を打ち 神経の伝達を伝わらなくさせます。 意識はしっかりとしています ので危険性は少なく、体への 負担もあまりありません。 ちょっとした処置など大人しく、 体を押さえることができるような ワンちゃんの場合に使用される ことはありますが、多くはありません。 全身麻酔は、脳に麻酔をかける ことで、体全体の感覚を無くす ものです。 全身麻酔の方法は、行う … ・麻酔薬の価格も高価。 水天宮前の桜が見頃です。 きっと満開です。 昨日は全身麻酔をかけての手術と処置がありました。 どちらもそれぞれの飼主さんには特別な思いがおありでした。 まずお一人目。 ワンコ数匹と生活されています。 局所麻酔は、麻酔をかけたい部分を囲うように注射していきます。, 【局所麻酔メリット・デメリット】 体の変化・・・心拍出量の減少、心拍数の低下、血圧の低下。 麻酔は、手術中の痛みをとるだけではなく、手術をより安全におこなうためにはなくてはならない技術です。 手術中は患者様の状態の変化に対応するために、麻酔科医が処置をしています。現代の麻酔は、モニター機器、麻酔器、麻酔薬等の進歩により、非常に安全なものとなりました。しかし、全ての患者様に関して、全く安全というわけではありません。 万全の体制で臨んでも 、全身麻酔の場合、約10万例に1例程度は危険な状態になることがあります。 当院では患者様に安心して麻酔を受けていただ … 体の対処法・・・絶食で危険が回避できる。 今回、執刀医と病院の方針もあり麻酔科専門医を利用しています。 ドラマ「ドクターX」で内田有紀さん演じる麻酔科医(城之内先生)を想像して頂くとイメージしやすいと思います。 手術中の麻酔全般を麻酔科の専門医に一任することで、執刀医が手術に集中できるため、より安全な手術が行えるという利点が考えられます。私もドクターXを見ていたので、そういった麻酔科医が立ち会うやり方に安心感を抱きました。 手術の前に鎮痛剤を使用する病院が増えてきました。しかし、鎮痛剤の使用により、血圧がより低下したり、出血が増加したりする場合もあります。 ・必要以上に麻酔時間を長くとってしまったり、逆に処置途中で覚めたりする。