駅の窓口 2. National Rail Passenger Operators 列車運行会社ごとに運行路線を表示した地図。 現在掲載されているのは、2007年11月からの事業者変更を反映した第7版だが、過去の版(2005年2月以降)も作成者 Barry S. Doe 氏のサイトにある。 You must carry your Railcard with you at all times during the … イギリス国鉄 (いぎりすこくてつ)は、1948年から1997年まで イギリス に存在した 国有鉄道 である。1 1948年にイギリス4大鉄道会社「ビッグ・フォー (Big Four) 」の 国有化 により発足し、1994年から1997年にかけての鉄道 民営化 まで存在した 。 ①COACHCARDは、National Express以外の全国のどのcoachでも適用されるのでしょうか。 同様に、Senior Railcardは、全国のどの鉄道でも適用されるのでしょうか。 ②どちらのカードも標準運賃の3分の1の運賃になると理解しています。 Get live train times and cheap tickets from all the major train line operators. Start your next exciting journey, buy tickets to travel across the UK and the rest of Europe by rail or road or even search train fares for your daily commute. St. Pancrasからは、英国の国鉄「National Rail」の中でも、 ロンドンのど真ん中を突っ切る唯一の路線、 Thameslink(テムズリンク)に乗ります. 大家出行订车票的时候除了在National Rail和Trainline查询之外,还可以到以下几个英国主要铁路运营商的官网上进行预定和查询,官网常常会放出各种优惠活动,可以瞄准时机买票哦。 • 如何在英国坐火车? • 火车或飞机延误如何申请退款? イギリスのグレートブリテン島は先のとんがった三角形であり、首都 ロンドンはその南東にある。 主な鉄道路線はロンドンから多くの方向に放射状に延びている。軌間は標準軌を採用、2002年現在の総営業距離は17,052km で、このうち3,229kmが交流25kV50Hz、2,035kmが直流750Vで電化されている 。 Station has two PhotoMe photo booths. 我在手机(安卓)和iPad分别下载了National Rail客户端,在上面查火车票。查的是同一时间,相同出发地和目的地,为什么给出的是完全不同的车次和价钱??一点都不一样。。。求解答。后来我又在iPad上下载了 Trainline这个APP,上面查到的车次与手机National Rail客户端上查到的是一样的。 Location for Rail Replacement Services. Come and explore Britain by rail on our dedicated BritRail Pass site. Stay on track with the free National Rail Enquiries App, Great Britain’s number one destination for train timetables and travel information. National Railcards Railcards offer value for money if you travel by train, saving you at least 1/3 on most rail fares. National Rail Enquiries (NRE) は、英国内の鉄道運営会社 (TOC) に中央集中型のオンラインサービスを提供しています。 NRE は、1996 年、複数の鉄道運営会社によって設立されました。業界が民営化を始めたころのことです。 駅の自動券売機 3. A portal into UK rail travel including train company information and promotions; train times; fares enquiries; ticket purchase and train running information ナショナル・レール (National Rail) は、イギリスの列車運行会社協会(ATOC)に加盟する列車運行会社の統一ブランド名であり、1994年までイギリスで列車を運行していたイギリス国鉄に由来する鉄道網を中心に使用されている。日本語では英国鉄道 と訳されることがあるが、イギリス国鉄のことではない(イギリス国鉄は「British Rail」) 。 イギリス国鉄(いぎりすこくてつ)は、1948年から1997年までイギリスに存在した国有鉄道である。1948年にイギリス4大鉄道会社「ビッグ・フォー (Big Four) 」の国有化により発足し、1994年から1997年にかけての鉄道民営化まで存在した[1]。英語での名称はBritish Railways、1969年以降はBritish Rail。略称はBR。現在の名称は、イギリス鉄道(ブリティッシュ・レール、British Rail)。, 路線網は北アイルランドを除くグレートブリテン島全土、ならびに一部の島と広範囲に有していた。列車は蒸気機関車主体から気動車・電車主体になり、主な輸送収入源は貨物から旅客へと変化した。そして、多くの赤字路線が廃止され、大規模に合理化された。, 民営化に際しては上下分離方式が採用され、列車運行は旅客・貨物の各運行会社に継承、旅客列車は20数社の民間会社が「ナショナル・レール (National Rail)」の統一ブランド名を採用している。線路の所有および維持管理業務はレールトラック社に引き継がれ、現在はネットワーク・レール社が行っている[2]。, 19世紀に発達したイギリスの鉄道は、1921年鉄道法による1923年の大規模統合で地域ごとにグレート・ウェスタン鉄道(GWR)、ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道(LMS)、ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道(LNER)そしてサザン鉄道(SR)の4大鉄道会社(ビッグ4)に集約されていた。, クレメント・アトリー率いる労働党政権は公共事業の国有化政策の一端として、鉄道を国有化する1947年輸送法(英語版)を定めた。1948年に4大会社を統合したイギリス運輸委員会(British Transport Commission、略称BTC)を創設しイギリス国鉄が発足、商標として「British Railways」 (ブリティッシュ・レールウェイズ) が制定された。1962年運輸法(英語版)は、この商標をイギリス国鉄委員会(British Railways Board)として分割した公社(英語版)のものに変更した。, 小規模独立系の軽便鉄道と専用鉄道、自治体運営の都市鉄道であるロンドン地下鉄、グラスゴー地下鉄およびリバプール高架鉄道(Liverpool Overhead Railway)、そして専用軌道を持たない路面電車は国有化の対象外となった。また、北アイルランド内の北部カウンティ委員会(英語版)の路線は北アイルランド政府に早期に売却され、1949年にアルスター運輸機構(Ulster Transport Authority、UTA)の一部となった)。, 1930年代の大恐慌と第二次世界大戦における戦時統制経済による収益減、またドイツ軍の空襲による深刻な被害も相まって、終戦時の鉄道は設備投資と保守の停滞により荒廃した状態であった。国有化後は優先して戦争被害の復興と保守管理作業の停滞状態の解消が行われた。戦争勃発で中止された戦前の投資計画もウッドヘッド線(英語版)マンチェスター - ワース間(英語版)および旧グレート・イースタン鉄道(英語版)の近郊路線の電化など、複数が再開された。, 日本やアメリカ、フランスなど周辺各国が電気車やディーゼル車への投資に舵を切る中、イギリス国鉄では旧鉄道会社由来の蒸気機関車と客車を継続使用しており、電車の運行はロンドン南部の郊外電車網などごく一部に限られた。イギリス国鉄でも引き続き蒸気機関車が導入され、1951年に制式蒸気機関車(イギリス国鉄標準蒸気機関車を参照)が登場し、国有化以前の車両に代わり1960年まで製造が続いた。国鉄最後の蒸気機関車は1960年にスウィンドン工場(英語版)で製造された。, 1950年代には輸送体系の変化への対応と重複路線の解消により一部路線が廃止された。イースト・アングリアでは1959年に旧ミッドランド・アンド・グレート・ノーザン・ジョイント鉄道(英語版)の路線の大多数が廃止された。また、グレート・セントラル鉄道(英語版)本線の長距離旅客列車は後の路線自体の廃止に先立ち1960年に廃止された。しかしながら、この路線・列車の廃止はその後の大規模廃止と比較して微々たる規模のものだった。, 国有化の際に、元の「ビッグ4」の路線から地域ごとに6つのエリア(リージョン)に再編された。その前身であるビッグ4の機構、構造および性質を継承し、また蒸気機関車や車両を前身の会社の戦前の設計で建造し、基本的には自治的な経営がなされていた。各リージョンは国鉄の営業構造の基礎となり、1980年代に輸送部門別組織に再編されるまで続いた。, なお1950年代に、基礎となった国有化以前の鉄道会社のエリアから、より地理的な基準で各リージョンの境界が何度か変更されている。, 1960年代、ノース・イースタン・リージョンはイースタン・リージョンに統合された。また、1980年代には新たにアングリア・リージョンがイースタン・リージョンから分割された。, イギリスの鉄道は既に第二次世界大戦勃発の時点で他国に対し技術的遅れを取り、戦後数年で更に顕著になった。路線の復興も遅々として進まず、荒廃は更に悪化していた。1954年にイギリス運輸委員会が発表した近代化計画「Modernisation and Re-equipment of British Railways」により、この計画に15年間で12億4千万ポンドを投じることを決定した。1956年の政府の白書は、近代化の効果で1962年にはイギリス国鉄の赤字解消が見込まれるとした。, この目的は速度、信頼性、安全性および線路容量の向上で、旅客・貨物輸送を魅力的なものとし、道路輸送に奪われた輸送量を回復するものであった。計画の主要な内容は以下の通り。, ウェスト・コースト本線(西海岸本線)は1958年から74年にかけてフランス式の交流25キロボルト50ヘルツ・架空電車線方式で電化され、ロンドン以北の電化方式の標準となった。なお、国鉄はその10年前に2種類の直流1500ボルト架空電車線方式に多額の投資をしていた。ロンドンとグラスゴーの周辺の多くの通勤路線もまた電化され、また南部地域は戦前以来の750ボルト第三軌条方式による電化区間をケントからドーセット沿岸部に拡大した。電化は他の多くのヨーロッパ諸国の鉄道とは異なり、全国には及ばなかった。, 蒸気機関車は新型のディーゼル機関車、電車・気動車へ代替する方針に転換した。1950年代末より旧私鉄由来の機関車が順次廃車され、1960年代前半には戦後設計で製造10年未満と経年の浅い機体も淘汰対象となった。国有化以前の客車も、国鉄制式客車の登場に伴い1960年代末に大半が廃車された。1963年に本線へディーゼル機関車が大量に導入され、貨物列車では先んじて1950年代後半から1960年代末に全廃、旅客列車からは1966年前半の西部管区での廃止を皮切りに、最後に残ったイングランド北西部でも1968年8月に全廃となった。唯一の例外がウェールズのアベリストウィスにある短距離狭軌路線のライドル渓谷鉄道(英語版)で、1989年の売却まで国鉄が蒸気機関車を運行した。, 鉄道開業以来存在した全駅での貨物取扱義務が撤廃され、貨物設備への投資費用と人件費の削減に繋がった。また、速度の遅い貨物列車の減少で線路容量に余裕が生まれた。その一方で貨物輸送の自動車への転移が考慮されず、時代に則さない大規模な貨車操車場の建設や貨車の製造に巨費が投じられた。貨物用ディーゼル機関車も開発期間を取らずに性急な導入を進めた結果故障が頻発し、多くが製造後短期間で廃車となった。近代化計画の失敗は国鉄の民営化まで禍根を残し、財務省による国鉄の財務計画能力への不信感をもたらした。, 1960年代前半、線路上の作業員の安全を図るため、黄色の警戒色がディーゼル・電気機関車および電車・気動車の前面に配された。, 1963年、国鉄総裁のリチャード・ビーチング(英語版)博士は、鉄道の大規模な合理化を提唱する『Re-Shaping of British Railways』を発表した。道路輸送への転移により不採算路線となったローカル線を廃止するもので、運行費の削減による赤字削減を見込んだ。, この大規模廃線はビーチング・アックス (Beeching Axe - ビーチングの斧)と呼ばれ、1963年から1970年の間を中心に、当時の全路線中の3分の1と全駅中の半分を不採算として廃止された。なお、廃止となった路線の一部はその後保存鉄道となった(初期の保存鉄道の多くはこの時廃止された路線である)。, 1965年に発表された「第二次ビーチング・アックス (Beeching Axe II) 」では、「主要な幹線路線」(地図の太線)が示された。残る路線の処遇は、この報告書では明らかにされていない。, 蒸気機関車全廃を機に、商標がBritish Rail(すべての歴史はBritish Rail brand names参照)に変更され、「ダブル・アロー」のロゴも登場した。案内標識に「レール・アルファベット(英語版)」が標準書体として用いられ、国鉄のコーポレートカラーである「レール・ブルー(英語版)」を使用した塗装がほぼすべての機関車と旅客車に適用された。, 主要な車両製造業務は1970年にBREL(英語版)へと分割、1973年には運行管理システムのTOPSが導入され、機関車と電車・気動車は称号規程変更と改番を行い、客車と貨車は従来の車番のまま車種分類記号が設定された。, 1980年代には、地域を基準としたリージョンが廃止され、輸送部門別に5つのセクター(部門)に分割された[3]。, 残った保守管理作業は新会社である「British Rail Maintenance Limited(略称BRML)」に分割された。, 各部門はさらに地区内で細区分された。車両塗装も従来のレール・ブルーに代わり、部門別の多種多様な塗装に移り変わった。なお、インフラ面については1991年にセクター移管が決定されるまでリージョンの権限に残された。, セクター化と同時並行して、最後の大規模な設備投資計画も実行された。1987年から1990年にかけて、イースト・コースト本線の電化、ロンドンの南北縦貫近郊路線テムズリンクの開業、およびロンドン - バーミンガム間を結ぶチルターン本線(英語版)のさらなる近代化(参考:英語版)などが実行された。チルターン本線では信号冒進による事故発生を防止する自動列車保安装置であるATP (Automatic Train Protection) が初めて導入された。, このほかにもロンドン東西横断路線であるクロスレールやウェスト・コースト本線の大幅な高速化計画であるインターシティ250(英語版)など複数の主要なインフラ改良計画があったが、財源不足で計画中止となったり民営化時に放棄された。, イギリスのシンクタンクであるアダム・スミス研究所の提言に基づき、ジョン・メージャー率いる保守党政権は1993年鉄道法(英語版)を成立させ、イギリス国鉄の分割民営化がなされた。これは公営サービスの民営化を掲げるサッチャー政権の政策の継続でもあった。, 民営化に際しては地域分割、上下分離、株式会社化など複数案の中から、電気やガスの事例に近い上下分離方式が採用された。線路、列車そしてインフラの所有権は、競争性が薄いとの判断から、法により既存の国鉄の企業の形式に基づく異なる会社に分割された。, セクター内の旅客列車運行は民間企業にフランチャイズ化され、20数社の民間会社が運行を継承した。各運行会社による鉄道営業の統括と会社群の代表団体として列車運行会社協会(ATOC)が設立され、「ナショナル・レール」 (National rail) のブランドを制定し、乗車券発行が共通化された。貨物輸送はほとんどが一社(現在のDBカーゴUK(英語版))に落札された。, インフラについては、これを独占的に取り扱い、またロンドン証券取引所に上場するためレールトラック社 (Railtrack plc) が創設された。また、鉄道営業を監査し、各会社に営業政策を提言するため、戦略鉄道庁(英語版)が設置された。, なお、イギリス国鉄を統括していたイギリス国鉄委員会は残存業務の統括のため残存し、2000年運輸法(英語版)により廃止された。警察機関のイギリス鉄道警察(BTP)は民営化されずに継続し、民営各社に継承されない土地施設や負債の維持管理は新たに設立された運輸省傘下のBRB (Residuary) 社に引き継がれた。, インフラ整備を行っていたレールトラック社は、保線作業の下請け化による監督の不十分さ、投資不足からの列車遅延の常態化や大事故の連続などにより2002年に破綻した。同社は公的性格の強いネットワーク・レールに引き継がれ清算されている。, 旅客輸送実績、貨物輸送実績はともに増加している。民営化以降は安定して旅客運賃の値上げが行われている上に[4]、2006年にはイギリス国鉄が得た収益の三倍の補助金が国庫から充てられている。, この輸送量増加が民営化の効果か、単なる道路の混雑の悪化と(通常は旅行者の増加をもたらす)経済成長の効果かは論議がある。あるアナリストは、経済が好調だった1980年代後半の旅客数の増加に似ており、不況になった1990年代前半には落ち込んでいると指摘した。しかし、近年の旅客数(旅行者数)は1950年代の水準(全国で年間10億人余)に回復している。しかも、インフレ率よりも高く(旅行を思いとどまらせるかのように)運賃の値上げが頻発する一般的な通勤路線でさえ、2007年にはその水準に達している。, かつての国鉄からの路線網は、ウェスト・コースト本線、イースト・コースト本線、グレート・ウェスタン本線そしてミッドランド本線の幹線を含めて民営化以降ほとんど変化がない。一方でイギリス中央政府から路線網の権限が委譲されたウェールズ・スコットランドでは一部のローカル線が再開された。民営化後は国鉄時代のような統一性は薄れ、車両塗装や広告などのデザインも各会社が多種多様に展開している。, 各列内は五十音順。バチカンは国際連合非加盟。「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イギリス国鉄&oldid=80863389. national rail のチケット購入に関して教えて下さい。 オフピーク・スーパーオフピークとは、どの時間帯の事をいうのでしょうか? また、 ロンドンから英国高速鉄道(National Rail)で約1時間の距離にあるカンタベリーは、通りや建物、そして大学の学位授与式の会場でもある大聖堂などの街並みに中世の歴史を垣間見ることができます。 Buses pick up/drop off on College Street. National Rail Enquiries, the UK’s number one travel desktop website, is proud to release the must-have mobile web app for every train traveller. Welcome to the National Rail Enquiries travel advice summary for the Christmas and New Year Bank Holiday period, Wednesday 23 December 2020 to Sunday 3 January 2021. National Railはイギリスの鉄道会社をまとめている会社なので、やはり購入ページはその電車を運行している会社のwebサイトになります。 チケットの買い方には、大きく分けて以下の3つの方法があります。 1. We work with carefully-selected partners for the best ticket prices and advance fares National Rail Enquiries lets you plan, book and keep up to date with all your train travel in one easy app. Flexible会贵于Consecutive。但不论是哪一种,都必须于购买后的6个月内使用。第一次使用前需要持通票和护照在英国火车站找工作人员激活(Activate Rail Pass)并加盖“启用章”(Railway Official Stamp)。 常见的通票种类(按区域划分)和其对应的有效区域见下表。 Nationalrail.com sell cheap train tickets, train fares and bookings. ナショナル・レール[1] (National Rail) は、イギリスの列車運行会社協会(ATOC)に加盟する列車運行会社の統一ブランド名であり、1994年までイギリスで列車を運行していたイギリス国鉄に由来する鉄道網を中心に使用されている。日本語では英国鉄道[2]と訳されることがあるが、イギリス国鉄のことではない(イギリス国鉄は「British Rail」) 。, このブランドは通常、イギリス国鉄に由来する旅客列車運行会社とそれ以外の運行会社とを区別するものとして使用される。この区別は重要である。ナショナル・レールは切符の発行システムと切符を共通化しているが、他の鉄道会社とは必ずしも共通化されていないからである。, 「ナショナル・レール」 (National Rail)は「ネットワーク・レール」(Network Rail)とは似て非なるもので、ネットワーク・レールとは線路、信号など鉄道施設の保有維持管理する組織であるのに対し、ナショナル・レールは鉄道サービスの促進のために使用されるブランドの名称である。, ネットワーク・レールとナショナル・レールの路線網は必ずしも一致せず、ネットワーク・レールの保有する路線を走行する一部の旅客列車(ユーロスター、ヒースロー・エクスプレス、Tyne and Wear Metroや、一部のロンドン地下鉄の列車など)、ナショナル・レールの路線網には含まれない。ロンドン・オーバーグラウンドもナショナル・レールのブランドではないが、実質的にはロンドン交通局に代わりネットワーク・レールの線路上を運行されている。その逆に、ロンドン地下鉄などネットワーク・レール管轄外の線路を走るナショナル・レールの列車も存在する。, また、ナショナル・レールのブランドは旅客列車のブランドであるが、大多数のネットワーク・レールの路線は貨物輸送も行い、貨物専用路線も複数存在する。, ナショナル・レールの列車は24社の民間の列車運行会社(Train Operating Companies、TOCs)によって運行されている(各社の一覧はイギリスの列車運行会社一覧を参照)。, ATOCは全国時刻表や旅行プランナー、情報サービスの提供についてなど、列車運行会社の共通の告知およびいくらかの中央の調整を行う。, イギリスの複数の都市には公営の地下鉄や路面電車があり、これらのほとんどはナショナル・レールには属していない。これらにはロンドン地下鉄、ドックランズ・ライト・レイルウェイ、ブラックプール・トラムウェイ、トラムリンク、グラスゴー地下鉄、Tyne and Wear Metro、マンチェスター・メトロリンク、シェフィールド・スーパートラム、ウェスト・ミッドランズ・メトロおよびノッティンガム・エクスプレス・トランジットなどがある。, 他方、大部分が自社路線であるMerseyrailはナショナル・レールの一部であり、またカーディフ(Valley Lines)、グラスゴー(Strathclyde Partnership for Transport)およびウェスト・ヨークシャー(West Yorkshire Passenger Transport Executive)の地方路線の列車は完全にナショナル・レールの列車のみが運行されている。, ヒースロー・エクスプレスおよびユーロスターはネットワーク・レールの線路を運行するが、ナショナル・レールには属さない。北アイルランドの鉄道は1949年にイギリス本土の鉄道網から分離独立しており、1966年発足の北アイルランド鉄道もナショナル・レールに属さない。, さらに、イギリスの保存鉄道と私有鉄道の一覧に挙げられている、相当数の個人所有の鉄道もしくは保存鉄道は、ナショナル・レールには属さない。, ナショナル・レールは、イギリス国鉄から切符発売システムを継承している。切符はナショナル・レールのどの駅間でも通用し、どの駅の切符売り場でも購入可能である。, また、ほとんどの切符は適正な乗車ルートであれば、全ての列車運行会社の列車で相互利用が可能である。例外はロンドンとガトウィック空港の間を乗車する場合で、2006年3時点では3社が自社の列車以外は有効ではない切符を発券している(ガトウィック・エクスプレス以外の列車なら有効なロンドン・ガトウィック切符(London-Gatwick ticket)というのもある)。また、いくらかの他の区間では、相互利用可能な切符より安い、その運行会社専用の切符を発売している。, オイスター・カードでの支払い・乗車は、最終的にトラベルカードの計画に全路線への対応を発表しているが([1]Chiltern Railwaysc2c)、大ロンドンのナショナル・レールの数駅でのみ使用可能な状態に留まっている。, 切符購入設備が利用可能な駅から切符を持たずに乗車した乗客は、片道の最大料金または往復料金の支払いを請求される。路線によっては罰金(切符を持たない乗客は最大20ポンドもしくは次の駅までの最大往復料金)をの支払いが要求される。罰金の徴収は通常の検札員はできず、認可されたRevenue Protection Inspectorsのみが可能である。, ナショナル・レールは多くのイギリス鉄道旅行に関するテクニカル・マニュアルを配布しており、また各鉄道会社もそれぞれのウェブサイトでナショナル・レールの運行情報の提供を行っている。, 個別の路線のポケット時刻表は多くの駅で無料配布されている。ナショナル・レールの時刻表は、3000ページを越えるもので、購入可能であるが、2007年5月発行の版をもって冊子体の提供は終了した。購入可能な代替手段はOAG Rail guide (.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Lock-green.svg/9px-Lock-green.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg/9px-Lock-gray-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Lock-red-alt-2.svg/9px-Lock-red-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Wikisource-logo.svg/12px-Wikisource-logo.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:12px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:inherit;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration,.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISSN 1365-6112)である。, 時刻表および切符の予約を含む旅行プランナーのオンライン版ウェブサイトでは、選択した路線の運行情報をリアルタイムに提供している。, West Yorkshire Passenger Transport Executive, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ナショナル・レール&oldid=79648238, この項目では、イギリス国鉄民営化後の旅客列車運行会社の統一ブランドについて説明しています。民営化前の国有鉄道事業者については「.