アンプシミュレーターとは、実在するアンプの音色や使用感をパソコンのdawソフトやペダルエフェクト上で再現したアンプのことです。 MarshallやFenderなどのアンプヘッド、キャビネット、アンプの音を捉えるマイクの種類を選んだり、マイキングの位置を選んだりする事ができます。 【送料無料】【数量限定プロモ特価】. 楽天市場:DJ機材専門店PowerDJ’sのDTM/DAW アイテム > DTM/DAWソフト > エフェクター > アンプシミュレーター/ギターエフェクター一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト 現状で個人的に1番おすすめなのが、 Positive Grid が開発する「 BIAS FX 2 」(バイアス・エフエックス 2)。. ライブでもキャビシミュ!? 基本的には実際のギターアンプからキャビネットを通して使用するであろうライブでも、時にキャビシミュは大活躍します。 音質・価格・使いやすさの点で優れているため、何かシミュレータソフトを使ってみたいという方は、ぜひBIAS FX 2をチェックしてみてください。. アンプシミュレーターとは. ほとんどのリハーサルスタジオ、ライブハウスに常設されているといっても過言ではないジャズコこと「ローランド jc-120」。このギターアンプで音作りが出来ればどんなライブハウスでも怖いものはないでしょう。この記事ではアンプシミュレーターやプリアンプ内蔵のマルチエフェク … BIAS FX 2はアンプやエフェクターを直感的に組み合わせて、システム全体をシミュレートできるソフトです。. BIAS AMP 2.0 Professional Promo【オンライン納品専用】※代金引換はご利用頂けません。. Amped Roots Free is our first amp sim release and it comes with a free amp. 広がりのある空間系と張りのあるアンプシミュレーターでライブやスタジオの足元は万全!ネイティブ版もあるので、ハードが必要ないという方も、Helixのサウンドの恩恵を得る事ができます… BEHRINGER X V-AMP LX1-X 5つ星のうち 3.3 47. DTM(デスクトップミュージック)が一般的にも浸透しはじめ、録音や打ち込みができるDAW(デジタルオーディオワークステーション)と呼ばれているソフトも有料・無料問わず、高機能なものが存在しています。, PCとDAWソフト、それとほんの少しばかりの音楽的な知識さえあれば、誰でも簡単に本格的な楽曲制作ができてしまう時代になりました。, ただ、ギターに関しては、打ち込みの音だけで表現すると、あからさまに打ち込み臭い、機械的な音になってしまうことが多く、人間がギターを弾いた時の独特の「ピッチ(音程)の揺れ」や「ダイナミクス」を再現するのはまだまだ難しいというのが現状です。, ですので、楽曲制作の際はギター以外の楽器(パート)を打ち込みで作り、ギターだけは演奏するといったパターンが多いかと思われます。そこで今回は普段多用している「アンプシミュレーター」をいくつか紹介してみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。, DTM初心者の方であれば「PCにアンプシミュレーターを入れたけど、ギターとPCをどうつなげるの?」といった疑問が生じるかと思います。, オーディオインターフェイスを使用することでPCとギターやマイクを接続できるだけでなく、音の入出力時のノイズの軽減やレイテンシー(音の遅延)の解消することができます。, オーディオインターフェイスに関しては、また別の機会に詳しく説明しようと思いますが、このオーディオインターフェイスをPCとギターの間に入れて接続します。, その後、スタンドアロンタイプのアンプシミュレーターであれば立ち上げ、VSTなどのプラグインタイプのアンプシミュレーターであればDAWソフトを立ち上げて設定を行います。, 音が無事鳴ったら、アンプシュミレータ側のつまみをいじったり、ギターを鳴らしたりしながら音色、音量バランスを探っていきましょう。好みの音色に近づいたらRECを開始し、ギターの音を録っていきましょう。, 有料のもの、iPhoneで使用できるもの、DAWソフトの付属のものとバラバラですが、有料のものでもフリー版があったりするものもありますので、気に入ったものがあれば実際に使用してみてください。, IK Multimedia社のアンプシミュレーター「AmpliTube 4」です。, 無償版も配布されているギターアンプシミュレーターなのですが、とにかく音の再現度が高いです。ギター独自の乾いたバキッとしたサウンドを見事に作り出しています。そのためクリーンの音は少し作りすぎかなという印象があり、個人的には歪ませた音作りに適していると思います。, ですので、クランチでジャカジャカ弾くタイプやギターソロ用の歪ませたリードサウンドで使うといいのではないでしょうか。, Marshallの実際の出音はキンキンしているけど、マイクで録音した音を聞いたら音量が小さくても抜けてくる感じが上手く表現できているのではないでしょうか。, あと、Marshall以外にもSoldanoやMESA BOOGIEなどのモデリングアンプを試している動画がありましたので紹介しておきます。, Native Instruments社から発売されているシミュレーターになるのですが、クリーンから歪みまでそつなくカバーする大変優れたシミュレーターです。ラック数、キャビネット数ともにかなりの数を内蔵し、それでも容量を全然食いません。, 画像をご覧いただけるとお分かりかと思いますが、ツマミがやたら多く、慣れるまでに多少時間がかかるかもしれません…, 癖として歪みに強く、抜けのいいサウンドを実現します。エフェクターの数はその数なんと50種類以上。ダイナミクス系や空間系、歪み系などさまざまあるため、好みの音色をきっと作り出すことができるはず。, オススメの使い方としては、トラックに2つこのシミュレーターを差し込んで、2台アンプ直列繋ぎ?をします。, 片方はクリーンサウンドにして、もう片方で歪の成分を足してやることで、さらにアンプ独自の音圧が出て、はっきりした音質に変わります。, こちらも参考になりそうな動画がありましたので紹介しておきます。個人的には2:42~あたりのヴァン・ヘイレン風の音を聞いて「おっ!」となりました。, 先ほど「AmpliTube 4」を紹介しましたが、こちらはiPhoneまたはiPadで利用できるアプリです。アンプシミュレーター紹介の前にオーディオインターフェイスの事に少し触れましたが、この「AmpliTube」の場合は「iRig」というものを使ってiPhoneやPadにギターを接続します。, 現在は後継機の「iRig2」が発売されています。ただ、iPhone7以降はイヤホン端子が廃止されているため、コネクタ・変換ケーブルを別途購入するか、LightningとUSB、2種類のケーブルが同梱されている「iRig HD 2」を購入する必要があります。, なお、「iRig HD 2」は「AmpliTube 4」「AmpliTube」のフルバージョンが付属しているので、音を気に入ったのなら「iRig HD 2」を購入した方がお得かもしれません。, [amazon_link asins=’B01LXUC7KX’ template=’AmznKcmyTemp’ store=’kuchikomy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a921c8a3-9e7c-4c11-9ff8-a646690e96b0′], このAmpliTubeというシミュレーターは、iphoneでも上質なギターRECができるように作られたアンプシミュレーターであり、ギターRECに特化しているということもあり、その音質もかなりいいものです。, ステレオで録音されるため、癖としてはClunchの聴こえが良く、歯切れのいいサウンドになります。 クリーンでは上質なトーンを再現し、ノイズさえクリアすることができれば文句なしです。内蔵エフェクターは購入して増やしていくスタイルです。, なくてもDAW上にデータを取り込んでから調節すると好みの音を作り出すことができます。サクッといつでも浮かんだアイデアなどを録ることができるのも魅力の一つですね。, ここから紹介するアンプシミュレーターはDAWソフトに付属されているプラグインタイプのものです。, この「Amp Designer」はDAWソフト「Logic Pro」に付属されています。この「Logic Pro」は「GarageBand」の上位版となっているので、Garage Bandでは物足りなくなってしまったから何か別のDAWに挑戦してみたい、という方は是非「Logic Pro」に挑戦してみると良いでしょう。, この「Amp Designer」は豊富なアンプラック、キャビネット、マイクの位置などを選択することができます。好みの音により近づけることができる優れものです。, 癖としては若干こもった音質となっていますので、空間系を扱ったりBGM制作なんかに向いている印象です。エフェクターの数は34種。バリエーション豊富です。, そして最後が「VST Amp Rack」です。こちらはDAWソフト「Cubase」に付属しているプラグインです。, 抜群の安定感を持つサウンドを奏でてくれます。ヘッド、キャビネット、マイクの位置を選択することができ、エフェクターも挿入することができます。, その音の特徴としては、低音域を強調しても潰れることなく綺麗で繊細な音を実現することができます。, クランチトーンではジャキッとした歯切れの良いサウンドを出すことができ、リードではオケに馴染む綺麗で整ったサウンドを実現させます。特にクリーンは落ち着いた味を出すことができます。歌物の楽曲には大変馴染むでしょう。, 「VST Amp Rack」に関しては、音が確認できる動画が少なかったのですが、以下の動画が一番雰囲気を感じやすいかと思いますので載せておきます。, これまでに紹介したアンプシュミレータで作った音色をもしライブで使用するとなると、ちょっと工夫する必要があります。, まずライブにおいて、多くの場合アンプからの音は、キャビネットからマイクで拾った音を、どでかいスピーカーから出すということをします。そのため中音と外音と呼ばれる音が生じてきます。, 中音はアンプのキャビネットからそのままステージ上に響く音だったり、マイクで拾った音をPAさんがステージ上のモニターと呼ばれるスピーカーのようなものから、音を出してくれたりといったものです。, 外音はマイクで拾ったアンプの音を会場内の大きなスピーカーから客席に向けて出す音になります。, ですから音作りの段階で中音が必ずしも外音と同じとは限らないのです。マイクの性能によっても変わりますし、スピーカーやPAの腕によっても変わってくるでしょう。それをまずは把握した上で、それではアンプシミュレーターによる音作りは、どうすればいいのか考えてみると良いでしょう。, アンプシミュレーターによる音色を会場内に響かせたい場合のセッティングについてですが、まずインターフェースとPCを用意します。, 原理的には先ほどのアンプからのマイクで拾うという行為を、PCから行ってやればいいのです。その際インターフェースがあればマイクの必要はありません。, 具体的な手順としてはインターフェースをPCに接続します。そしてinputにギターを挿します。, そしてインターフェースのoutputからDI(ダイレクトボックス)を経由してPA卓に一旦渡してやります。そうすることでアンプシミュレーターの音を出すことができるのです。あとはシミュレーター内で音色をいじってあげれば良いでしょう。, ただ、欠点としては自分の出している音がモニターからしか確認ができないということです。, もし、オーディオインターフェイスのoutput数にに余裕があれば、実アンプとPAに音を渡してやることができるので、中音は実アンプの音で外音はシミュレーターの音といったように、分けることもできるので便利です。, アンプシミュレーターによるギター録音やライブの可能性は無限大だということが、分かっていただけたのではないでしょうか。生音こそ最強だと私も昔は思っていましたが、現在ではアンプシミュレーターの魅力にとりつかれています。, 凡庸性も多様性も秘めたこのアンプシミュレーターをぜひ使いこなし、自身の楽曲に取り入れてみてはいかがでしょうか。, JINS・Zoffのメガネはなぜ安い?眼鏡市場との違いは?元メガネショップ店員が解説, 人気の100円均一ショップを徹底比較!【センスのセリア(Seria)】VS【品揃えのダイソー】, バンド活動をする傍ら作曲活動を展開中。楽器の弾き方やDTMにおける楽曲制作の仕方などについて情報を発信しています。, コネクタ・変換ケーブルを別途購入するか、LightningとUSB、2種類のケーブルが同梱されている「iRig HD 2」を購入する必要があります。. … ライブで使える?. アンプシミュレーターの売れ筋(ベストセラー)ランキングです。人気の商品が勢揃い!レビューも充実。アンプシミュレーターの通販ならサウンドハウス。 ギター歴4年、エフェクターはずっとアンプシミュレーター(guitar rig 4controll edition)を使って家で練習して楽しんでま … 録った後に音を操作できるため、音色によるリテイクをする必要がなくなります。 ⅲ)安い アンプシミュレーターソフトのスタジオ&ライブ使用. ライブハウスや路上ライブなどのライブシーンで利用したいなら、断然にフットペダルタイプのアンプシミュレーターがおすすめです。性能は高くても、持ち運びに不便な高重量、大サイズのラックタイプアンプシミュレーターでは、使い勝手が悪いと言わざるを得ません。 ギターアンプシミュレーターより前段にEQを配置して音を作る. 現代のアンプシミュレーターはかなり精密なところまで操作可能なので音の表現幅が広いとともに、その再現度もかなり高いです。 ⅱ)録った後に音を操作できる. Positive Grid. DTMをしていてギターアンプの音作りで悩んでいる方も多いと思います。(僕自身がそう) 今回はアンプの音とその音をアンプシミュレーターKemperでプロファイルした音を比較してみたいと思います。 みなさんのアンプシミュレーターのセレクトに役立てればと思います。 BIAS AMP 2.0 Elite Promo【オンライン納品専用】※代金引換はご利用頂けません。. 12,500円 (税抜) (税込 13,750円) 商品コード:690304. いろいろなアンプの音色を使いたいと思っても、欲しいだけアンプを購入していたら、お金がいくらあっても足りません。そこで便利なのがアンプシミュレーター。アンプシミュレーターの上手な選び方のコツや人気のおすすめアンプシミュレーター10アイテムをランキング形式で紹介。, 実在する高級アンプの音質や使用感などをペダルエフェクターやコンパクトエフェクター、パソコンのDAWソフトなどで再現できるアンプシミュレーター。一昔前では本物のアンプと全く違うという時代もあったものの、現代品は実物と聞き分けがつかないほどです。, 通常のギターアンプでは、マイクの種類やキャビネットのどこにマイクを設置するのかで音が変わるもの。アンプシミュレーターでは、それらの設定も簡単に行えるうえ、エフェクターを搭載したものまで存在していますから、一台あれば音作りが簡単に行えます。, アンプヘッドとキャビネット、更にエフェクターを別々に揃えるとなると、上位モデルほどにコストは膨大になるもの。安く良質な音作りがしたいならアンプシミュレーターがおすすめ。ここでは使いやすさ、価格、用途の3つの比較基準からランキングを作成しました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31ywL8Jwb9L.jpg"], [{"id":30267,"item_id":4839061,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FiRig%2B2%2B%25E3%2582%25AE%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%252F%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E7%2594%25A8%25E3%2583%25A2%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FiRig%2B2%2B%25E3%2582%25AE%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%252F%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E7%2594%25A8%25E3%2583%25A2%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:48:58","updated_at":"2020-12-10 00:48:58"},{"id":30268,"item_id":4839061,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00UV71Y4I?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00UV71Y4I","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:48:58","updated_at":"2020-12-10 00:48:58"},{"id":30269,"item_id":4839061,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DiRig%2B2%2B%25E3%2582%25AE%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%252F%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E7%2594%25A8%25E3%2583%25A2%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:48:58","updated_at":"2020-12-10 00:48:58"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, iRig2はiPhoneやiPadなどのモバイル端末を本格的なアンプやエフェクターへと変化させてくれるオーディオインターフェースです。IKがリリースしているAmpliTube FREEアプリをダウンロードすれば、無料で24種類、有料なら200種類のモデリングが可能な秀逸品です。, [{"key":"重量","value":"43g"},{"key":"タイプ","value":"モバイル端末連動"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], iPhone に n'TracというMTRアプリを購入して、DAWソフトとして使っています。MacのLogic pro Xと合わせて、使い分けしています。。Micプリアンプを追加で繋いで、音圧をあげれば、マイクも接続可能です。ギターは要AmpliTubeアプリ。その中で、追加でエフェクター、キャビネット、アンプシミュレーター、購入したい放題。iPhoneがあれば、エフェクターはいりません。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41LBVFi70SL.jpg"], [{"id":30475,"item_id":4839228,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FMOOER%252FGE200%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FMOOER%252FGE200%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:05","updated_at":"2020-12-10 00:49:05"},{"id":30476,"item_id":4839228,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B078LY7YM6?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B078LY7YM6","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:05","updated_at":"2020-12-10 00:49:05"},{"id":30477,"item_id":4839228,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DMOOER%252FGE200%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:05","updated_at":"2020-12-10 00:49:05"}], 55種類のアンプヘッドと26種類のキャビネットモデルを収録し、更に70種類のハイクオリティなエフェクトまでついた良質アンプシミュレーター。パネル部分の液晶も美しく、暗い場所でも設定が楽々とできる使いやすさも高評価の逸品です。, [{"key":"重量","value":"1.4kg"},{"key":"タイプ","value":"フットペダル"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], アンプ、キャビ、エフェクターのプリセット数が少ないAx8みたいなもんです。作り込めばそのレベルまで近づくことはできます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51vkNgopzEL.jpg"], [{"id":30633,"item_id":4839460,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FBOSS%252FGT-001%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FBOSS%252FGT-001%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:10","updated_at":"2020-12-10 00:49:10"},{"id":30634,"item_id":4839460,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00JKCUZCC?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00JKCUZCC","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:10","updated_at":"2020-12-10 00:49:10"},{"id":30635,"item_id":4839460,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DBOSS%252FGT-001%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:10","updated_at":"2020-12-10 00:49:10"}], BOSSのGT-001は、マルチエフェクターとして先行発売されているGT-100のフラッグシップモデルです。使う場所を選ばず、コンパクトなサイズ感と重量ですから、レコーディングや練習などに大活躍間違いなし。自分好みのサウンドをその場で直感的に作成可能な一台。, [{"key":"重量","value":"500g"},{"key":"タイプ","value":"デスクトップ"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], 生涯で4台目のマルチエファクターです。ライブで使うワケでもなく、ペダルも使わないし、ヘッドホンを使って、自宅で自己満足用の機材なので、テーブルの上に置けるコンパクトさがイイですね。音が抜群に良いので、非常に満足しています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/513681QLxIL.jpg"], [{"id":30645,"item_id":4839478,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FV-AMP3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FV-AMP3%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:10","updated_at":"2020-12-10 00:49:10"},{"id":30646,"item_id":4839478,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B002BXLZ7Q?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002BXLZ7Q","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:10","updated_at":"2020-12-10 00:49:10"},{"id":30647,"item_id":4839478,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DV-AMP3%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:10","updated_at":"2020-12-10 00:49:10"}], 36種類という豊富なアンプモデリングを収録し、ダイヤル式だから直感的なサウンドメイクが出来るアンプシミュレーターです。UCA2221オーディオインターフェースと接続も可能。1万円台という安価ながら、初心者のみならずプロの愛用者も多いコスパの良い商品です。, [{"key":"重量","value":"1kg"},{"key":"タイプ","value":"デスクトップ"},{"key":"方式","value":"アナログダイヤル"}], V-amp2が壊れてからしばらくしてからまた欲しくなったので探していたら中古でもあまりないのでこれを買うことにしました。使い方も同じなので良かったです。これで十分遊べるので買って良かったです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51zyI0rT6TL.jpg"], [{"id":30654,"item_id":4839490,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FZOOM%2BG3%2BVersion%2B2.0%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FZOOM%2BG3%2BVersion%2B2.0%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"},{"id":30655,"item_id":4839490,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0050GOQA4?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0050GOQA4","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"},{"id":30656,"item_id":4839490,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DZOOM%2BG3%2BVersion%2B2.0%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"}], 22種類のアンプモデリング収録も豊富ながら、エフェクターが94種類も収録されているライブでも収録でも使えるアンプシミュレーターです。コンパクトサイズで軽く、持ち運びもしやすいことから、主にライブシーンで使用されることが多い商品の一つと言えるでしょう。, [{"key":"重量","value":"1.2kg"},{"key":"タイプ","value":"フットペダル"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ZOOMのマルチエフェクターは初心者向けて音がデジタル臭とは聞いていましたが、実際はそんなこと無くてアンプシュミレータなど含めてとてもよい音でした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51qnqXDTsFL.jpg"], [{"id":30666,"item_id":4839527,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FDigiTech%2B%25E3%2580%258ERP360%25E3%2580%258F%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FDigiTech%2B%25E3%2580%258ERP360%25E3%2580%258F%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"},{"id":30667,"item_id":4839527,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00I534TCY?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00I534TCY","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"},{"id":30668,"item_id":4839527,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DDigiTech%2B%25E3%2580%258ERP360%25E3%2580%258F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"}], 世界でベストセラーを記録した実機アンプを160種類以上収録し、最大で10パターンのサウンド登録を行える実戦向きのアンプシミュレーターです。ライブシーンはもちろん、DAWソフトとの併用で優秀なオーディオインターフェースとして活用することも可能です。, [{"key":"重量","value":"1.3kg"},{"key":"タイプ","value":"フットペダル"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], G3nは多機能ですが音質的にあのガサガサで細いのが受け付けません。 このRP360は最初「PODに似てる」みたいな印象でしたが、エディットしていけばPODを使っていた時にウンザリしたようなものは解消されていきました。 ・・・と書きましたが、ハイ上がりな音の印象はやっぱりPODみたいな音であるということには変わりません。 ハイ上がりではありますが、BOSSとは違って中音低音がしっかり出ていて光沢感のある太い音です。 がっかりしたことは同時に使用できるエフェクトが最大10と謳われていますが、ディレイは2つ、コーラスは1つみたいなことは選べません。 ワウ、歪み系、アンプ、コンプ系、MOD、ディレイ、リバーブ、ゲートなどこれら1つずつ並べ変えて使えるだけです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41VEQw-rxNL.jpg"], [{"id":30678,"item_id":4839535,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FFRACTAL%2BAUDIO%2BSYSTEMS%2B%25E3%2580%258EAxe-Fx%2BIII%25E3%2580%258F%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FFRACTAL%2BAUDIO%2BSYSTEMS%2B%25E3%2580%258EAxe-Fx%2BIII%25E3%2580%258F%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"},{"id":30679,"item_id":4839535,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07F57SH8H?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07F57SH8H","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"},{"id":30680,"item_id":4839535,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DFRACTAL%2BAUDIO%2BSYSTEMS%2B%25E3%2580%258EAxe-Fx%2BIII%25E3%2580%258F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:11","updated_at":"2020-12-10 00:49:11"}], プロのレコーディング現場やラックタイプをフットペダルに記録をし、ライブシーンで使うなど愛用者が多いアンプシミュレーター。ハイコストであるものの、プロも愛用するサウンドの質の高さとエフェクターの他収録さを考えると、コスパが良いと感じさせる逸品です。, [{"key":"重量","value":"6.8kg"},{"key":"タイプ","value":"ラック"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41qLKKUB6kL.jpg"], [{"id":30484,"item_id":4839242,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FPositive%2BGrid%2BBIAS%2BHead%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FPositive%2BGrid%2BBIAS%2BHead%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:05","updated_at":"2020-12-10 00:49:05"},{"id":30485,"item_id":4839242,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZEUO15?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01LZEUO15","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:05","updated_at":"2020-12-10 00:49:05"},{"id":30486,"item_id":4839242,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DPositive%2BGrid%2BBIAS%2BHead%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:05","updated_at":"2020-12-10 00:49:05"}], BIAS HEADは一見すると、ただのヘッドアンプのように思えますが、BIAS AMPと連携することにより、パソコン上で作成したアンプサウンドを自宅でもスタジオでもライブ会場でも出力することが可能です。マイクレスポンス、キャビネットの設定もできる優れものです。, [{"key":"重量","value":"7.7kg"},{"key":"タイプ","value":"アンプヘッド"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41KLOtjcOBL.jpg"], [{"id":30689,"item_id":4839544,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FPOD%2BHD500X%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FPOD%2BHD500X%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:12","updated_at":"2020-12-10 00:49:12"},{"id":30690,"item_id":4839544,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00DN43PQ6?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00DN43PQ6","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:12","updated_at":"2020-12-10 00:49:12"},{"id":30691,"item_id":4839544,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DPOD%2BHD500X%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:12","updated_at":"2020-12-10 00:49:12"}], アンプシミュレーターの先駆者として名高いLINE6。良質なアンプシミュレーターにはPODの称号がつけられているというのは、音楽業界の常識。リアルすぎるフィールとトーンを表現できる確かな再現力とアワードに輝いた良質アンプのみをコレクションした商品。, [{"key":"重量","value":"4.8kg"},{"key":"タイプ","value":"フットペダル"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], 届いて先ず思ったこと!「でかっ!!おもっt!!」ww しかし、音作りの幅の広さ音質の良さに大満足。操作方はとっつきにくく難しく感じたが、慣れれば全く問題なし!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31ZaYJs4-6L.jpg"], [{"id":30692,"item_id":4839550,"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FLine6%2BHX%2BStomp%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FLine6%2BHX%2BStomp%2F","button_order":1,"created_at":"2020-12-10 00:49:12","updated_at":"2020-12-10 00:49:12"},{"id":30693,"item_id":4839550,"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07J28K75D?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-hobby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07J28K75D","button_order":2,"created_at":"2020-12-10 00:49:12","updated_at":"2020-12-10 00:49:12"},{"id":30694,"item_id":4839550,"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DLine6%2B%25E3%2580%258EHX%2BStomp%25E3%2580%258F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0","button_order":3,"created_at":"2020-12-10 00:49:12","updated_at":"2020-12-10 00:49:12"}], 小さく軽いのにサウンドメイクデジタル技術の最先端を惜しげもなく搭載したアンプシミュレーターがHX Stompです。収録されたパターンを切り替えるだけで細かな音質設定は必要とせず、自分が出したいサウンドが簡単に見つかると評判の高い商品です。, [{"key":"重量","value":"820g"},{"key":"タイプ","value":"フットペダル"},{"key":"方式","value":"デジタル"}], 拡張を基本で考えるなら言うことなし。お好きなペダルと合わせてアレコレできます。コントロールペダルは、マッチングを考えるとMissionが無難。DSPがひとつだから組み合わせは6通りなのでラインできっちり音を作りたいならプリアンプ、モジュレーション、ディレイ、リバーブは必須。ライフでは4ケーブルメゾットで空間系を分けて使うとクリアにエフェクトがかかる。リハなら一台で問題ないかも。拡張し易いので、コスト感が合えばお勧めの一台です。, アンプシミュレーターも豊富な商品が存在しています。リアルさを追求するのか、録音シーンだけで使用するのか。ライブ会場にまで持っていきたいのかなど、使用用途によって選ぶべき機材は違います。そこで選び方のポイントを押さえておきましょう。, アンプシミュレーターを選ぶ時、大事になってくるポイントの一つがどのシーンで使用するのか。練習シーンのみ、レコーディングシーン、ライブにまで持っていきたいなど使用したいシーン別に適したタイプがありますから、選ぶ際のポイントにするべきです。, iPadやiPhone、Andoroidなどのモバイル端末と連動し、モバイル端末向けのアプリを介して簡単にギターやベースと接続できるアンプシミュレーターが誕生しています。予めアプリでサウンドメイクをしておき、それを出力するといったインターフェース。, 従来ならパソコンで行われてきたサウンドプログラミングも、現在ではスマホなどで簡単に行えるようになりました。作成したサウンドデータは、インターフェースさえ合っていれば収録時でもライブ会場でも同じ音を再現することが可能になっています。, 有料のアンプモデリングパターンを使用すれば、初心者でも有名アーティストのアンプセッティングサウンドを再現できる。このため知識がない初心者が、良質なサウンドメイクを学びたいというシーンには最適なアンプシミュレータータイプです。, デスクトップタイプは、主に自宅やレコーディングスタジオなどの収録シーンで重宝されるタイプのアンプシミュレーターです。ライブシーンで利用するには、別途互換のインターフェースを持っているフットペダルに登録をして使用することになります。, ライン出力のみならず、スピーカーにつなげて大出力でサウンドチェックができるため、迫力があり、細かな調整がしやすい特徴を持っています。ライン出力の場合には、キャビネットとアンプヘッド実機のさまざまな組み合わせを行うことも可能です。, 更にパソコン上で使用するタイプと実機型に分かれますが、どちらに関してもヘッドアンプやキャビネットタイプ、トーンなど調整つまみを細かく回して使用するため、直感的にサウンドメイクしたい方におすすめです。, ラックタイプの特徴は、何と言っても多くの機能を持っている点です。ラックタイプはエフェクターなど音楽シーンではお馴染みのタイプになりますが、キャビネットから出力した音が小さい場合、別途パワーアンプを介したり、ヘッドアンプに接続する必要があります。, 入力端子などインターフェースが非常に多く搭載されているため、音楽機材やサウンドメイクの知識が豊富なプロや本格派の方向けに重宝されているタイプと言えるでしょう。同時に系統を分けたサウンド信号などを送ることができ、より細かなサウンドメイクが可能です。, 価格も高く設定されているものが多く、性能を高さを求めると金額も天井がないほど高額になります。ただし音のクオリティは非常に高く、エフェクター機能付きだったり、真空管アンプヘッドとの併用など、使用用途も広いため音にこだわりたい方に必携です。, アンプヘッドタイプは、アンプヘッドのようにキャビネットやスピーカーにつなげて使用する実機とほぼ変わらないタイプのアンプシミュレーターです。キャビネットと一緒になったコンボアンプタイプもありますが、自宅の練習やレコーディングなどにおすすめです。, アンプシミュレーターは組み合わせる出力機器によっても、音が変わってしまうという特性を持っています。ヘッドタイプであれば、自宅で使っているキャビネットと組み合わせることによって、そこまでシミュレートした音との誤差を感じられなくなります。, サウンドメイクしたそのままの音を聞かせたい場合には、コンボアンプタイプであれば、その要求に応えられます。実機と同じような形状なので重量は重めになってしまいますが、USB入出力ができるモデルも増えており、使用用途が広くなってきています。, フットペダルタイプのアンプシミュレーターは、デジタルテクノロジーの進化によって、機材のコンパクト化ができたことにより生まれたタイプです。レコーディングでも使用可能ですが、練習スタジオやライブ使用向けのアンプシミュレーターと言えるでしょう。, 重量が軽く設計されているものが多く、エフェクター機能も搭載しているため、コンパクトエフェクターが足元に散乱する従来あった使用感の悪さを改善できます。また複雑なループセッティング等を行う必要がなく、シンプルなセッティングでライブに臨めます。, スイッチごとに異なるアンプを設定することも可能ですから、一つのライブなどで曲毎にアンプを変えるといった贅沢な使い方ができるのも特徴です。種類が多いため、自身にマッチしたアンプシミュレーターを探すには時間が掛かる傾向が見られます。, アンプシミュレーターはもちろん、音楽機材は高額なものが多いです。価格が高くなるほど高性能になりますが、望んでいる性能が見合っているものを選ぶべきです。価格帯ごとの特徴を覚えておきましょう。, 2万円以下のアンプシミュレーターは、初心者の練習向けだったり、サウンドメイクの入門編として利用することが多いです。アナログ仕様のコンパクトエフェクタータイプ、フットペダルタイプなどライブでも利用できる商品が揃っています。, 高額なアンプシミュレーターと比較すると、収録されているアンプの種類が少なく、機能面でも制限があります。また実機の再現力という点でも上位ランクのものと比較すると、物足りなさを感じざるを得ません。, ただしアナログタイプの場合には、歪み系のエフェクターや音の厚みを出すといった目的でコンパクトエフェクターとして気軽に使える手軽さを持っています。こういった用途でプロのセッティングリストに入れることも多いアンプシミュレーターが揃っています。, アンプヘッドタイプやデスクトップタイプ、フットペダルなど多くのタイプのアンプシミュレーターでも高性能な商品がラインナップされている価格帯です。ラックタイプの商品もありますが、ラックタイプの場合のみ中ランク以下にカテゴライズされます。, 実機アンプの再現性は高く、プリセット数も豊富。多くのインターフェースを有しているといった性能面の高さは抜群なアンプシミュレーターが手に入れられます。プロのライブやレコーディングシーンでも使われているモデルもこの価格帯には見られます。, 細かなセッティングが行える分、サウンドメイクのノウハウをある程度に知っていないと、せっかくの性能も宝の持ち腐れに終わってしまいます。ある程度に経験がある方向けのアンプシミュレーターの価格帯と言えるでしょう。, 10万円以上の価格帯というと、他のジャンルのアイテムではかなり高額であり、最高級品と思われがちですが、音楽機材の場合にはザラに存在します。特にプロの音楽機材では10万どころか桁が一つ上のアイテムなんて当たり前といった状態。, 最新のテクノロジーを搭載していたり、再現力も桁違いで組み合わせによっては、オリジナルの実機以上のサウンドメイクを行うことが可能なアンプシミュレーターが揃っています。レコーディングはもちろん、ライブでも極上のサウンドを再現できる価格帯です。, またDAWを行う場合のオーディオインターフェースとしても活用することができる商品が揃っており、迅速かつクオリティの高いサウンドメイクが行えます。プロを目指す方やより上質な音を求める方なら持っておきたい価格帯のアンプシミュレーターです。, ライブで大音量で使うことを前提にしているのか。はたまた細かな音作りをして緻密なレコーディングを行いたいのか。DAWの際のオーディオインターフェースとして使いたいのかなど、使用用途を考慮してアンプシミュレーターを選ぶのも大事なポイントです。, DAWとはデジタル・オーディオ・ワークステーションの略称で、ざっくりと言えばパソコンを使い音楽制作をするソフトウェアのことを言います。DTMとの違いは、デスクトップミュージックの略称であり、パソコンで音楽制作をする行為をDTMと呼んでいます。, つまりDTMを行うには、DAWが必要になるという認識を持っておきましょう。DAWは文字通り自宅で行われることが多いため、移動などを考える必要はありません。重量やサイズは気にせず、とにかくどんなアンプサウンドが必要なのかを考慮して選びましょう。, 機能面で充実したアンプシミュレーターや、オーディオインターフェースとして利用できるアンプシミュレーター。DAWとの互換性にだけ注意すれば、余分な機材を買うことなく役割を担ってくれることになり、コスト削減にも繋がります。, ライブハウスや路上ライブなどのライブシーンで利用したいなら、断然にフットペダルタイプのアンプシミュレーターがおすすめです。性能は高くても、持ち運びに不便な高重量、大サイズのラックタイプアンプシミュレーターでは、使い勝手が悪いと言わざるを得ません。, 特に機材車などを保有していない場合には、その他の音楽機材と一緒に電車などで運ぶのはほぼ不可能であり、ライブで使うことはできません。機材車などがあったとしても、デリケートな機材ですから、故障するリスクもあり頻繁に移動するのはおすすめできません。, フットペダルタイプであれば、せいぜい2kg前後の重量でライブ使いを前提にしていることから、タフなボディ材質で製造されています。エフェクターボックスにすっぽり収まるサイズで作られているので、会場が変わることが前提のライブシーンに最適なのです。, 自宅の部屋で練習用に利用したいなら、安価でコンパクトながら高性能なモバイル端末連動タイプやデスクトップタイプがおすすめです。モバイル端末連動型はスマホなどのモバイル端末と専用アプリがあれば、簡単にアンプサウンドを作り出すことができます。, デスクトップタイプは、フットペダルタイプと似ているものの、基本的にはデスクの上などにおいて、手動でサウンドメイクをしていくアンプシミュレーターです。ギターなどの機材をつなぎ、ヘッドフォンをつければ、アンプなしでも周囲に音漏れなく練習が行えます。, ワンルームマンションやアパートなど、あまり音を大きく出せないような環境下でギターの練習やサウンドメイクを行いたいといった場合には、重宝できるアンプシミュレーターと言えるでしょう。エレキギターのアンプを介さない生音ほど切ないものはないですからね。, とてもコンパクトで便利なアンプシミュレーターですが使い方を知らないと宝の持ち腐れになるかもしれません。今回はそんなアンプシミュレーターの使い方をご紹介します。, おすすめの使い方は自宅レコーディングで使うことです。自宅では大きな音は周りの迷惑になりますし、あまり自宅でレコーディングはしたくないですよね。レコーディングは本来キャビネットという音の出るスピーカーの前にマイクを置いてギターの音を録音します。, ですがこの方法だとスタジオを借りたりしなければいけませんし、音作りや音の加工に慣れが必要なので自分の作りたいものを作るのにお金も時間がかかってしまいます。またマイクの位置やゲインのレベルなど変わってしまうとミックスする時に大変なのです。, そしてスタジオを借りる場合その日のうちにその状態で録音しなければならないのです。ですがアンプシミュレーターを使えばパロメーターさえいじらなければ好きな時に好きなように再開でき、録音できるのでとても便利です。, 音も通常の録音よりもはるかに綺麗に取れます。ですがこれはメリットでもあり、デメリットでもあります。, アンプシミュレーターは環境が整ったライブハウスでも役に立ちます。アンプシミュレーターをエフェクターがわりにもできるためです。ライブハウスで使われるアンプではライブハウスごとによって型番などが異なる場合があります。, そうなると毎回音が違う、なんてことにもなりかねません。自前のギターのヘッドアンプとキャビネットを持っていれば音を毎回同じ感じで作り込むことが可能です。ですが自前のアンプを持っていない人でも同じ音で作り込む方法はあります。, まずはPAさんにヘッドアンプを通さず直接ミキサーに繋いでもらってください。PAさんには「ラインを直(ちょく)でお願いします」といえば通じます。そうすることで自分のお気に入りのプリセットで毎回同じ音で楽しむことができます。, アンプシミュレーターにはIRが搭載されているかいないかの違いがあります。ではIRがなんなのかのご説明をしていきます。, アンプシミュレーターではとても音が綺麗に録音できます。ですが綺麗に取れすぎてしまうのです。通常はキャビネットから音を出したものを録音するので空気の震えや歪みなども録音することができ、よりリアルに臨場感が増した音を楽しむ事ができます。, ですがアンプシミュレーターではその空気感を録音することはできません。そんな時に役に立つ機能がIRです。これはキャビネットからでたパルスを録音する機能のことです。この機能を使うことで空気の震えなどを録音する事ができます。, 人気おすすめのアンプシミュレーターを10アイテム紹介しましたが、いかがでしたか。豊富に種類があり、用途や価格帯もさまざま。ライブに使うのか、DAWで利用するのかレコーディング用なのかなど、選ぶポイントが変わってきますから是非参考にしてみて下さい。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年12月27日)やレビューをもとに作成しております。, 【アロマセラピスト監修】インテリアにもなる今おすすめの人気アロマディフューザーを紹介!.