/* */, これら2つに何か違いがあるということではなく、カッティングをする時にブラッシングを使うことがあるということ, 音が響かない状態にすることを「ミュート」と言いますが、そうした状態で弦を弾くと「ジャッジャッ」と歯切れの良い音が鳴ります。, どのように音を短くカットするのかというと、先ほどのブラッシングを使ったり、その他の方法を使ったりします。, 右手で音をカットするこちらの方法を使うメリットは、バレーコードではないコードの音も切ることができるということです。, 「カッティング」という演奏方法をマスターするためには、まずオルタネイトストロークがきちんとできている必要があります。, カッティングは右手か左手かどちらかで行う場合の他、両方を使って行うこともあります。, 可能なものはバレーコードで押さえて、左手で音を切ることができるようにすると、きれいにカッティングしやすい, バレーコードの形で押さえると、比較的やりやすい左手でのカッティングができます。これなら、右手でのカッティングが難しい場合でも、きれいに音をカットすることができます。, 【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る, 【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る. スムーズなカッティングができないと悩んでいる方へ・・・ 僕のギタースクールの生徒さんからカッティング時の アップストロークやミュートがうまくできないという 相談があったので、回答をシェアしたいと思います。 【レッスン動画 カッティングでは右手が常に16分のストロークをしているので、次のストロークまで音を出したら16分音符まるまる一個分の音価になってると思います。実は、これがカッティングがかっこわ … ギターストロークにはいくつかカッティングのやり方がありますが、この記事ではそのうちの一つを #1 として弦を弾く側の手で行うカッティングをご紹介致します。 カッティングの解説に移る前に基本的ストロークが出来ない方はまずはこちらからどうぞ。 var mejsL10n = {"language":"ja","strings":{"mejs.download-file":"\u30d5\u30a1\u30a4\u30eb\u3092\u30c0\u30a6\u30f3\u30ed\u30fc\u30c9","mejs.install-flash":"\u3054\u5229\u7528\u306e\u30d6\u30e9\u30a6\u30b6\u30fc\u306f Flash Player \u304c\u7121\u52b9\u306b\u306a\u3063\u3066\u3044\u308b\u304b\u3001\u30a4\u30f3\u30b9\u30c8\u30fc\u30eb\u3055\u308c\u3066\u3044\u307e\u305b\u3093\u3002Flash Player \u30d7\u30e9\u30b0\u30a4\u30f3\u3092\u6709\u52b9\u306b\u3059\u308b\u304b\u3001\u6700\u65b0\u30d0\u30fc\u30b8\u30e7\u30f3\u3092 https:\/\/get.adobe.com\/jp\/flashplayer\/ \u304b\u3089\u30a4\u30f3\u30b9\u30c8\u30fc\u30eb\u3057\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.fullscreen":"\u30d5\u30eb\u30b9\u30af\u30ea\u30fc\u30f3","mejs.play":"\u518d\u751f","mejs.pause":"\u505c\u6b62","mejs.time-slider":"\u30bf\u30a4\u30e0\u30b9\u30e9\u30a4\u30c0\u30fc","mejs.time-help-text":"1\u79d2\u9032\u3080\u306b\u306f\u5de6\u53f3\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u300110\u79d2\u9032\u3080\u306b\u306f\u4e0a\u4e0b\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u4f7f\u3063\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.live-broadcast":"\u751f\u653e\u9001","mejs.volume-help-text":"\u30dc\u30ea\u30e5\u30fc\u30e0\u8abf\u7bc0\u306b\u306f\u4e0a\u4e0b\u77e2\u5370\u30ad\u30fc\u3092\u4f7f\u3063\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002","mejs.unmute":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8\u89e3\u9664","mejs.mute":"\u30df\u30e5\u30fc\u30c8","mejs.volume-slider":"\u30dc\u30ea\u30e5\u30fc\u30e0\u30b9\u30e9\u30a4\u30c0\u30fc","mejs.video-player":"\u52d5\u753b\u30d7\u30ec\u30fc\u30e4\u30fc","mejs.audio-player":"\u97f3\u58f0\u30d7\u30ec\u30fc\u30e4\u30fc","mejs.captions-subtitles":"\u30ad\u30e3\u30d7\u30b7\u30e7\u30f3\/\u5b57\u5e55","mejs.captions-chapters":"\u30c1\u30e3\u30d7\u30bf\u30fc","mejs.none":"\u306a\u3057","mejs.afrikaans":"\u30a2\u30d5\u30ea\u30ab\u30fc\u30f3\u30b9\u8a9e","mejs.albanian":"\u30a2\u30eb\u30d0\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.arabic":"\u30a2\u30e9\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.belarusian":"\u30d9\u30e9\u30eb\u30fc\u30b7\u8a9e","mejs.bulgarian":"\u30d6\u30eb\u30ac\u30ea\u30a2\u8a9e","mejs.catalan":"\u30ab\u30bf\u30ed\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.chinese":"\u4e2d\u56fd\u8a9e","mejs.chinese-simplified":"\u4e2d\u56fd\u8a9e (\u7c21\u4f53\u5b57)","mejs.chinese-traditional":"\u4e2d\u56fd\u8a9e (\u7e41\u4f53\u5b57)","mejs.croatian":"\u30af\u30ed\u30a2\u30c1\u30a2\u8a9e","mejs.czech":"\u30c1\u30a7\u30b3\u8a9e","mejs.danish":"\u30c7\u30f3\u30de\u30fc\u30af\u8a9e","mejs.dutch":"\u30aa\u30e9\u30f3\u30c0\u8a9e","mejs.english":"\u82f1\u8a9e","mejs.estonian":"\u30a8\u30b9\u30c8\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.filipino":"\u30d5\u30a3\u30ea\u30d4\u30f3\u8a9e","mejs.finnish":"\u30d5\u30a3\u30f3\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.french":"\u30d5\u30e9\u30f3\u30b9\u8a9e","mejs.galician":"\u30ac\u30ea\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.german":"\u30c9\u30a4\u30c4\u8a9e","mejs.greek":"\u30ae\u30ea\u30b7\u30e3\u8a9e","mejs.haitian-creole":"\u30cf\u30a4\u30c1\u8a9e","mejs.hebrew":"\u30d8\u30d6\u30e9\u30a4\u8a9e","mejs.hindi":"\u30d2\u30f3\u30c7\u30a3\u30fc\u8a9e","mejs.hungarian":"\u30cf\u30f3\u30ac\u30ea\u30fc\u8a9e","mejs.icelandic":"\u30a2\u30a4\u30b9\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.indonesian":"\u30a4\u30f3\u30c9\u30cd\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.irish":"\u30a2\u30a4\u30eb\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.italian":"\u30a4\u30bf\u30ea\u30a2\u8a9e","mejs.japanese":"\u65e5\u672c\u8a9e","mejs.korean":"\u97d3\u56fd\u8a9e","mejs.latvian":"\u30e9\u30c8\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.lithuanian":"\u30ea\u30c8\u30a2\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.macedonian":"\u30de\u30b1\u30c9\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.malay":"\u30de\u30ec\u30fc\u8a9e","mejs.maltese":"\u30de\u30eb\u30bf\u8a9e","mejs.norwegian":"\u30ce\u30eb\u30a6\u30a7\u30fc\u8a9e","mejs.persian":"\u30da\u30eb\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.polish":"\u30dd\u30fc\u30e9\u30f3\u30c9\u8a9e","mejs.portuguese":"\u30dd\u30eb\u30c8\u30ac\u30eb\u8a9e","mejs.romanian":"\u30eb\u30fc\u30de\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.russian":"\u30ed\u30b7\u30a2\u8a9e","mejs.serbian":"\u30bb\u30eb\u30d3\u30a2\u8a9e","mejs.slovak":"\u30b9\u30ed\u30d0\u30ad\u30a2\u8a9e","mejs.slovenian":"\u30b9\u30ed\u30d9\u30cb\u30a2\u8a9e","mejs.spanish":"\u30b9\u30da\u30a4\u30f3\u8a9e","mejs.swahili":"\u30b9\u30ef\u30d2\u30ea\u8a9e","mejs.swedish":"\u30b9\u30a6\u30a7\u30fc\u30c7\u30f3\u8a9e","mejs.tagalog":"\u30bf\u30ac\u30ed\u30b0\u8a9e","mejs.thai":"\u30bf\u30a4\u8a9e","mejs.turkish":"\u30c8\u30eb\u30b3\u8a9e","mejs.ukrainian":"\u30a6\u30af\u30e9\u30a4\u30ca\u8a9e","mejs.vietnamese":"\u30d9\u30c8\u30ca\u30e0\u8a9e","mejs.welsh":"\u30a6\u30a7\u30fc\u30eb\u30ba\u8a9e","mejs.yiddish":"\u30a4\u30c7\u30a3\u30c3\u30b7\u30e5\u8a9e"}}; [CDATA[ */ ごきげんよう、蟻坂()です。今日はCubaseの素晴らしい機能のひとつ「コードトラック」を上手く使って ギターストローク(コードをじゃかじゃか彈くやつ)を簡単に打ち込む方法を紹介します。 ※Cubase8.5 Proを使用しています。 カッティング奏法が上手くなりたい方へ!ギターを弾く上でとても大切なことは「リズム」を意識すること。グルーヴ感満載のカッティング奏法を上手く行うには、やはりリズムが大切。この記事では、カッティング奏法とは何か?また、上手くなるために大切なリズム感の重要性、そし … ギターのカッティングとは? まずは、カッティングとは何か?についてお話しします。 カッティングとは、主にストロークを行うとき、右手や左手で 弦をミュートさせて音をカット(=消す)する奏法 のことです。 ミュートさせながら弾くことで、歯切れのいい「チャッ! リズムストローク12個を紹介します。 世の中にあるほとんどの曲は、 この12個のうちのどれかに当てはまります。 つまりこの12個が出来れば どんな曲も弾く事ができると言えます。 4分音符と8分音符のストロークに この12個を加えたら、 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); /*