ハイラックスの2019年日本国内販売台数は、前年比95.7%の6440台でした。 登録車と軽自動車をまとめた、2019年の販売台数ランキングでは総合86位と、台数が少ないと思う人もいるかもしません。 買取カービュー, 全長5m超えは街中でどう? トヨタ新型「ハイラックス」は改良で実燃費は良くなった?, トヨタ「ハイラックスサーフ」の現代版!? 2020年6月11日(木)12時45分 トヨタ自動車の欧州部門は、改良新型『ハイラックス』(Toyota Hilux)を発表した。7 7月に東ヨーロッパ、10月に西ヨーロッパで、販売が開始される予定だ。 日本車唯一のピックアップトラックであるトヨタハイラックスのマイナーチェンジモデルがヨーロッパで発表された。海外仕様のマイナーチェンジの内容と、若干ながら入手したマイナーチェンジされる日本仕様の情報を … ご意見・ご要望 | 法人加盟店募集 |   (毎日更新), 現在位置: (株)カービュー企業情報 | 利用規約 | トヨタ自動車は、ピックアップトラック『ハイラックス』をマイナーチェンジし、8月19日より販売を開始した... 【トヨタ ハイラックス 改良新型】力強さ強調したデザインに、走りも進化 347万1000円から … トヨタは新型「ハイラックス」のマイナーチェンジを行い2020年8月19日に発売する。 トヨタ 全国販売チャンネル統合を2020年5月開始 新型ハイラックス マイナーチェンジ について 誕生50周年特別仕様車 … 2017年9月12日にトヨタ新型ハイラックスピックアップトラックが復活して発売開始!日本仕様のインテリアデザイン、装備、安全装備セーフティセンスpの有無、グレード、ディーゼルエンジン、価格や燃 … 武骨な名門suv すでに日本で買えるぞ!! 台形の力強いフロントグリルが特徴の新型ハイラックス ピックアップトラックの新型ハイラックスが2020年8月19日にマイナーチェンジ。� > トヨタ ハイラックス の公式サイト。走行性能、スペース・収納、機能・装備、安全性能などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 新型ハイラックス欧州で発表!! 誕生から50周年を迎えたハイラックス。新型も発表され、今もなお愛され続けています。多くの人が乗っているハイラックスですが、カスタム例も様々です。この記事ではハイラックスのカスタム例を紹介していきます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【トヨタ新型ハイラックス】「新顔&性能UP!」2020年8月19日ビッグマイチェン日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【トヨタ新型カムリ】「9インチDA&新デザイン!」2021年2月1日マイチェン日本発売!最新情報、カ…, 【トヨタ新型ノア】装備充実!「W×B3」2020年10月1日発売!最新情報、燃費、価格は?, 【新型ピクシストラック】「装備充実!」2020年9月1日改良発売!最新情報、燃費、価格は?, 【トヨタ新型RAV4】「DA標準化!」274.3万円から!2020年8月7日マイチェン日本発売!最新…, 【トヨタ新型カムリ】40周年「WS“Black Edition”」&改良2020年8月5日日本発売!…, 【日産新型マーチ】「新デザイン!」2021年型ビッグマイチェン発表!最新情報、サイズや燃費、価格は?, 【シトロエン新型ベルランゴ】「新カラー&装備充実!」2021年2月1日改良日本発売!最新情報、燃費やサイズ、価格は?, 【トヨタ新型カムリ】「9インチDA&新デザイン!」2021年2月1日マイチェン日本発売!最新情報、カムリWS、燃費、価格は?, 【日産新型セレナ】2021年9月「新機能!」フルモデルチェンジ発売!C28型最新情報、ハイウェイスター、価格は?, 【VW新型ID.5】2021年後半「クーペ電気自動車SUV」発表!最新情報、充電時間や航続距離、価格は?, 【トヨタ新型シエンタ】2021年7月フルモデルチェンジ!最新情報、4WDクロスオーバー、燃費、発売日や価格は?, 【スバル新型エヴォルティス】2021年後半「電気自動車SUV」発売!最新情報、走行距離やサイズ、発売日や価格は?, 【ダイハツ新型ムーヴ】2021年10月フルモデルチェンジ!最新情報、ムーヴカスタム、燃費、価格は?, 新しいショックアブソーバーやブッシュ、板ばねの設計変更、パワーステアリングのオイル流量を制御する「VFC」機能により、乗り心地を向上, 「X」グレードに、「オプティロンメーター」「TFTマルチインフォメーションディスプレイ」を装備し、ステアリングスイッチを「Z」グレードと共通化, 「Z」グレードに、「前後クリアランスソナー」「LEDリアランプ」「オートLSD」を装備. > ちなみに日本で販売されるハイラックスもタイ製である。 デッキスペースには最大500kgの荷物を積める。 試乗車は、ディーラーオプションの樹脂製カバー付きだった(11万4400円)。 中古車物件数480,676件 トヨタ ハイラックスのレビュー、口コミなら「みんカラ」。クルマ大好きみんカラユーザーならではの詳細なレビューで、あなたの気になる車の情報がきっと見つかります。トヨタ ハイラックスのレビュー、口コミは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 ハイラックスサーフ(北米名:4ランナー)のモデルチェンジ情報、トヨタの世界的人気車種である車の新型モデルでは、ボディサイズやエンジンスペックがどうグレードアップ、車中泊をよりしやすくなるのか、現行モデルが日本で発売された時の価格帯を予想。 ガイドライン | オフロードスタイルな新型「4ランナー」を発表, これはデカい! 日産の大型SUV「パトロールNISMO」は打倒ランクル!? 免責事項 | 2017年に13年ぶりの国内復活を果たした新型ハイラックス(gun125)は、現在日本の正規ディーラーで新車購入できる唯一のピックアップトラック。タフユースが求められる海外市場で鍛えられた強靭なフレーム構造と足回り、本格的な4wdシステムなど、大きなキャンパーシェルを積載する … トヨタ ハイラックス新型登場 ... 2004年に日本市場から撤退したものの、2017年に復活。北米市場では70年代半ばから1995年まで販売されていましたが、より大型のタコマに取って代わられ、現在に至りま … マツダ CX-5が小変更。ディーゼルの出力向上やペダルの踏力調整、センター画面の大型化など, トヨタ ヴォクシー 推しはガソリン車だが、設計が新しいライバルたちも比較検討したい, carview!はYahoo! 現在では、約180の国および地域で販売され、累計世界販売台数は約1730万台(2017年7月時点)と世界各国で人気なモデルです。 現行ハイラックスは、2017年9月に約13年ぶりに日本市場復活を果たしてい … サイトマップ | トヨタ新型ハイラックスのエンジンには、低速トルクを太くし走りの評判もいい2.4Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。 トヨタ 新型ハイラックスサーフの日本国内発売日は東京モーターショー前の9月に発売になるとの情報もあります。 現行プラドとのユーザーの取り合いになったりしないのでしょうかね。 トヨタ新型ハイラックス日本導入に関して、最新情報を紹介をしてきました。 2017年9月12日、新型ハイラックスがついに日本市場に復活しました。 かつて大人気だった兄弟車のハイラックス・サーフは、北米では「4ランナー」の車名で販売されています。 全長5m超えは街中でどう? トヨタ新型「ハイラックス」は改良で実燃費は良くなった?, 現在JavaScriptが無効になっています。Carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, ■マイナーチェンジで変わった? 新型「ハイラックス」の実燃費 2020年8月19日にマイナーチェンジを実施したトヨタ「ハイラックス」。国内市場で唯一のピックアップトラックとして独自のポジションを築いています。, 乗用と商用の中間的な使い方が出来るハイラックスですが、マイナーチェンジ後の実燃費は変わっているのでしょうか。 ハイラックスの歴史は古く、初代モデルは1968年の発売開始。現在では、約180の国および地域で販売され、累計世界販売台数は約1730万台(2017年7月時点)と世界各国で人気なモデルです。 現行ハイラックスは、2017年9月に約13年ぶりに日本市場復活を果たしています。その後、2018年11月にはハイラックスの誕生50周年を記念した特別仕様車「Z“Black Rally Edition”」を発売。この特別仕様車はユーザーから人気を博して中古市場でも高値で取引されています。 また2019年には、プリクラッシュセーフティの検知機能を向上させ、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応する一部改良を実施。 現行ハイラックスのパワートレインは、マイナーチェンジ前と同じ2.4リッターディーゼルエンジンに6速ATを組み合わせています。 今回のマイナーチェンジでは、ディーゼルエンジンの改良と、アイドリングストップ機能の追加により、WLTCモードで11.7km/Lを達成。 なお、JC08モード比では従来型の11.8km/Lから13.6km/Lとなり、約15%以上の燃費向上を実現しました。 実際の燃費は良くなったのでしょうか。信号の多い都内一般道と速度域の高い高速道路で体感してみます。 具体的な体感シーンとしては、住宅街などの一般道、ある程度の速度域となる環状線、都市部のくねくねした首都高速、郊外の高速道路といった各シーンでメーター上の燃費を確認します。 最初の狭い道の多い住宅街ですが、一時停止や信号機といったストップ&ゴーを繰り返します。ハイラックスの車重は約2tのため、その巨体を動かす、止める、動かすという動作を繰り返すとさすがに燃費は悪くなる傾向になり、メーター上の燃費は7.6km/Lです。 次に、ある程度の速度が出せる環状線です。混雑する時間帯を避けたため、比較的にスムーズに走行することができましたが、信号機は一定の間隔で設置されています。 そのため、適度に加速と減速を繰り返す結果となり、メーター上の燃費は9.1km/L。住宅街よりは良い結果となりました。 マイナーチェンジ前の街中燃費について、ユーザーからは街中で7km/Lから9km/Lという声が多かったため、それとほぼ変わらないようです。 前述のとおり、マイナーチェンジによりアイドリングストップ機能が追加されています。アイドリングストップは、車種により停止・始動の癖が異なります。 実際に、もう少しハイラックスのアイドリングストップや加減速の具合に慣れれば、燃費が向上するかもしれません。※ ※ ※ なお、ハイラックスのボディサイズは、全長5340mm×全幅1855mm×全高1800mm、最小回転半径は6.4m、最低地上高が215mmと日本の道路事情から考えると扱いづらいイメージがあります。しかし、実際に乗ってしまうと全幅は最近の新型モデルと余り変わらないため、すれ違いでもそこまで気になりません。 ただし、バック駐車時では、車止めを信用してバックし続けると建物の外壁やフェンスなどに衝突する可能性もあり、バックカメラなどを見つつ慎重に駐車する必要があります。■首都高や東名ではどうなのか 今度は、コーナーの多い首都高速と直線で一定速を保った走りが出来る東名高速でハイラックスを走らせます。マイナーチェンジ前の高速走行時の燃費は、11km/Lから13km/Lという声が多いです。 首都高速では、多少の渋滞はあったものの概ね良好で、各区間の制限速度に合わせながら走行し、メーター上の燃費は11.9km/Lとなりました。 マイナーチェンジでは、サスペンションの改良とパワーステアリングのオイル流量を制御するVFC機能を追加しているため、操縦安定性と乗り心地が向上しています。 その影響もあってか、路面の継ぎ目でも程よく衝撃を吸収しているので、ピックアップトラックに乗っている感覚はあまり感じません。 また、上級グレードとなる「Z」にはオートLSDもマイナーチェンジで追加されています。  オートLSDは、コーナリング時や悪路において真価を発揮するもので、左右駆動輪にトルクを適切に配分させて、車両のコントロールをアシストします。首都高速など速度域の高いコーナーなどでは、オートLSDの効果なのか安定している印象がありました。 最後にもっとも速度域の高い東名高速道路を走行します。ハイラックスのボディサイズや形状だと、高速走行時に不安を感じるイメージがありますが、前述のサスペンション改良やオイル流量のお陰なのか、制限速度の100km/hで走行してもまっすぐ走る安定感を実感出来ました。 そして、メーター上の燃費は13.1km/Lとなり、今回の走行時では強めの向かい風があったので、風が強くなければ14km/L台はいくかもしれません。※ ※ ※ 日本市場で唯一のピックアップトラックとなるハイラックス。大きな販売台数を見込めるモデルでは無いものの、一定数のユーザーから支持されています。 実際にマイナーチェンジ前のハイラックスでは、都内の販売店で月間500台を販売するときもあったといい、トヨタ「ランドクルーザー」よりも売れている月も少なくないようです。, スズキ『ジクサー150』は荷物を満載にすると走りの特性が大きく変わる!【キャンプツーリングインプレ 高速道路走行編/SUZUKI GIXXER 150】, 販売価格は1億8000万円! マクラーレン F1は公道を走るレーシングカーを具現化したスーパーマシン, マクラーレンF1、さらなる躍進を目指して……鍵になる改善ポイントは「低速コーナーと突風対策」, 最長で約33時間録画可能!レンタカーの車両管理者やトラック事業者のニーズに応えるJVCケンウッドのドライブレコーダー「DRV-350DC/350DT」, KYOJO CUP第4戦|三浦愛が2020年シーズンのチャンピオンに輝く。優勝は翁長実希, カムリが一部改良で、内外装変更&進化版トヨタセーフティセンスを搭載。同時にダイハツ アルティスも一部改良, アグレッシブなSugomiデザインがクールなカワサキ「Z900」のNEWグラフィックモデル, グッドイヤー エフィシェントグリップ RVF02が登場。ミニバン専用の快適性を追求したタイヤ, BMW M5の頂点モデル「CS」の取材成功。コンペティションより600万円以上高いが日本でも早期売り切れの可能性あり, スバル フォレスター ベース車でもアイサイトや装備充実。最大のライバルはRAV4?, 売れない「EQC」の汚名返上なるか? メルセデス期待の電動SUV「EQA」に緊急試乗した, マツダ CX-5 ベースグレードでも先進装備は標準。ライバルも実力伯仲だがデザインで優勢, スズキ ワゴンR 標準車のシンプルなデザインは貴重だがACCは非装備。マイルドHVを選びたい. > トヨタ ハイラックスについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。, プライバシー | 日産が大型SUVを日本で復活させた理由. トヨタが、ピックアップトラック「ハイラックス」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。, 改良により魅力をアップした新型ハイラックスのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。, トヨタ・ハイラックスは、2017年9月に日本で13年ぶりに復活導入されたピックアップトラックで、世界およそ180か国で販売され、累計販売台数は1800万台以上という大人気モデルになっています。, 改良された新型ハイラックスは新しいデザインを導入するとともに、改良により燃費を15%アップしたエンジン、大幅に見直した足回り、装備の充実により魅力をアップしています。, 新型ハイラックスは2020年8月19日に発売。価格は3,471,000円~3,876,000円となっています。, 【新型ランドクルーザープラド】マイナーチェンジ!150系最新情報、燃費やサイズ、価格は?, 【新型ランドクルーザー300系最新情報】フルモデルチェンジ!スペック、サイズ、ハイブリッド燃費、発売日や価格は?, アップ幅は商用向けグレードとなる「X」で9万円ほど、上位グレードの「Z」で5万円ほどとなっており、前モデルで特別仕様車として設定されていた「ブラックラリーエディション」は廃止されています。, トヨタ新型ハイラックスの外装は、海外で2017年にマイナーチェンジを受け、日本では特別仕様車「ブラックラリーエディション」として販売されていたモデルをベースにした、新しいデザインが採用されています。, フロントはグリルを大型化し、日本専用のバンパーガードガーニッシュを採用することで、よりアクティブなイメージを強化。, ヘッドライトも上位の「Z」グレードで「Bi-Beam LED」とされ、先進的な表情を演出。, 商用向けグレードとなる「X」でも新しいデザインにより、より力強い印象に仕上げられています。, その他、上位グレードの「Z」では、LEDコンビランプを採用するほか、新デザインのアルミホイールを装備することで質感を向上しています。, また、新型ハイラックスではカスタムパーツとして「BLACK PACKAGE」「GR PARTS」も設定され、より個性をアップすることができるようになっています。, 改良では新色として、オフロードでも映えるタフで上品な「オキサイドブロンズメタリック」(画像上段右)、質感高く洗練されたイメージの「ダークブルーマイカ」(画像下段)の2色を設定。, これまでラインナップされていた「クリムゾンスパークレッドメタリック」「ネビュラブルーメタリック」の2色が廃止されています。, 商用向けグレードとなる「X」では、アナログメーターからオプティロンメーターに変更され、TFTマルチインフォメーションディスプレイを装備。, その他、新型ハイラックスの改良では、後部座席にシートベルトリマインダーが装備されています。, トヨタ新型ハイラックスのエンジンには、低速トルクを太くし走りの評判もいい2.4Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。, 改良では、水冷インタークーラーを採用することで高い走行性能を安定して発揮できるようにするとともに、アイドリングストップ機能も追加し、出力を維持しながら燃費性能を大幅に改善。, また、新型ハイラックスでは足回りやステアリングも見直され、ロングストロークとしたショックアブソーバーや新しいブッシュ、板ばねの設計変更、パワーステアリングのオイル流量を制御する「VFC」機能の採用により、乗り心地や操縦安定性を向上。, トランスミッションには、海外で6速MTもラインナップされていますが、日本仕様のトランスミッションには6速ATが設定されています。, 新型ハイラックスの走行システムには、悪路でのスタックを防ぐアクティブトラクションコントロールが搭載されています。, 4WDシステムは、後輪駆動のH2モードと、前後輪の動きをロックして高いトラクション性能を発揮するH4モード(舗装路走行不可)、さらにH4モードからギヤ比を低くすることで急坂も難なくのぼるL4モードを用意するパートタイム4WDシステムを搭載。, それでも走行が難しい路面を走行するユーザーのためには、対角の2輪のグリップ力が低く駆動力が逃げることで発生する「対角線スタック」からもリア左右輪をロックすることで脱出可能とするリヤデフロックが用意され、2019年の改良時に全車標準搭載。, 最新の改良では「Z」グレードに「オートLSD」が追加され、コーナリング時や悪路で左右駆動輪にトルクを適切に配分することでトラクション性を向上させ、高い車両コントロール性能が実現されています。, トヨタ新型ハイラックスの燃費は、アイドリングストップ機能と水冷インタークーラーの採用により改善しています。, 改善幅はJC08モード値で従来型に対し15%以上となり、より実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値でも、前モデルのJC08モード値同等となっています。, トヨタ新型ハイラックスの安全装備は、機能を充実することで安全性がアップしています。, システムには検知機能を向上したプリクラッシュセーフティが搭載され、夜間の歩行者や昼間の自転車運転者にも対応。, レーンディパーチャーアラートには、警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能が搭載されています。, さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)、道路標識をディスプレイに表示し見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方のクルマの発進を知らせる先行車発進告知機能を採用。, 改良では、上位グレードとなる「ハイラックスZ」に前後クリアランスソナーを採用することで、衝突回避支援機能が強化されています。, トヨタ新型ハイラックスのボディサイズは、トヨタのフラッグシップSUVとしてラインナップされている「ランドクルーザー」から全長+390mmとされています。, しかし全幅は-125mmとなっており、車体後部は荷台とされていることで車重は-350kgと軽く仕上げられ、多くの荷物を積載することができるようになっています。, 新型ハイラックスのプラットフォームには、現行モデルにあわせ新開発されたラダフレームが採用されています。, 路面からの強い衝撃もしっかりと受け止め、タフな環境にも応える優れた耐久性のほか、オンロード走行での高い安定感と乗り心地にも貢献しています。, ビッグマイナーチェンジを受けたトヨタ新型ハイラックスは、欧州で2020年6月4日に発表され、日本では2020年8月19日に発売されました。, トヨタは日本でブランド唯一のピックアップトラックとなっているハイラックスを復活導入から3年にあわせて改良することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。, トヨタ・ハイラックス (Hilux) は、初代が1968年に登場したピックアップトラックです。, 車名の由来は「High」と「Luxury」を合成した造語となっており、乗用車なみの豪華さを持ったピックアップトラックを目指し開発されたことから採用されました。, 過去にはハイラックスをベースに製作されたSUVの「ハイラックスサーフ」も販売され、大人気に。, 7代目からは世界戦略車「IMVシリーズ」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ世界的に販売されており、カローラの次に世界で売れているトヨタ車になっています。, 日本では2004年まで6代目を販売していましたが、需要が少なくなったことから一旦販売を終了し、海外で2015年から販売されていた8代目が2017年9月に約13年ぶりの日本復活となり話題になりました。, 海外では、イギリスBBCが製作する人気自動車番組「トップ・ギア」で過去にハイラックスの耐久実験が行われ、その知名度をアップ。, このテストでは、放送から13年前に生産された4代目ハイラックスの中古車を購入し、階段を下らせたあとに木に衝突、海中に5時間沈めたあとに、建物の解体に使用される鉄球などでさらにダメージを与えました。, しかし、ハイラックスは基本的な工具のみで走行可能にまで復活し、自走してスタジオに到着。以降スタジオに長期間飾られていました。, トヨタ新型ハイラックスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 ヘルプ・お問い合わせ | 新型ハイラックスではエンジンスペックには変更はないが、アイドリングストップが追加されたことで燃費が向上。 このモデルからWLTCモード燃費対応となり、11.7km/Lをマークする。� これは従来型に比べて15%以上の燃費アップとなるという。 新型ハイラックス、マイナーチェンジ情報を紹介します。新型ハイラックスのマイナーチェンジは、2020年7月15日と予想されています。新型ハイラックスのデザインがリークされています。 ニュース 楽天市場-「ハイラックス 新型」1,295件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届 … carview! 業界ニュース ゴルフGTIクラブスポーツ速報。価格差わずかでノーマルGTIより人気が出るかも!? 日本を代表するピックアップトラックであるトヨタ・ハイラックス。2004年に販売終了となりましたが、13年の時を経て、再び新型モデルが登場しました。今回は新型ハイラックスにおすすめのカスタムパーツを7つご紹介します。 トヨタ ハイラックスに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。トヨタ ハイラックスの様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 トヨタのピックアップ・トラック「ハイラックス」が、日本でもマイナーチェンジを受けて発売された。 日本市場に再導入されたのは2017年。 トヨタ「ハイラックス」(画像は新型) ハイラックスの初代モデルは、1968年に発売されている。当時からトヨエースなど荷台の広いキャブオーバータイプも用意されていたが、運転のしやすさ、外観のスマートさなどから、ボンネットを備えたピックアップにも相応の需要があった。 ハイラックスといえば8月19日にマイナーチェンジしたばかりだが、これはそれよりも一足先に発売された海外仕様。とはいえ日本で新型ハイラックスをラリーレイドカーに仕立てたのはジャオスが初と思わ … 日産は、ピックアップトラックの新型「ナバラ(フロンティア)」を2020年11月5日に発表。6 6年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型モデルは同年12月から各市場に投入されていきます。