ベースプリアンプおすすめ8選を徹底比較します。ベースプリアンプの必要性や、選び方・つなぎ方、SansAmp・MXR・AMREG等の安い人気モデルをご紹介します。DI付きプリアンプ・エフェクターを探している方や、アウトボードプリアンプの自作を考えている方も必見です。 オーディオ機器で音楽を楽しんでいると、音質が気になることがあります。そんな時、プリアンプの交換は音質の向上に効果がありおすすめです。真空管プリアンプは特に効果が大きく現れます。少しでも音質に不満がある方はプリアンプを導入して最上の音楽体験を手に入れましょう。 SANSAMP BASS DRIVER DI Ver.2 4. このアンプ部分はさらに2つに分割でき、その1つがプリアンプです。, プリアンプは主に音を整える役割を果たします。一般的なアンプのボリュームやイコライザーなどのツマミが付いた部分がプリアンプだと思ってもらえるとわかりやすいでしょう。ちなみにもう1つはパワーアンプと呼ばれ、プリアンプにより整えられた音を増幅する役割を担っています。 】【ベースAMP・EFEプラスワンプレゼントキャンペーン】 22,500円(税抜) (税込 24,750円) 商品コード:358000. ベースアンプはギターアンプと違い重低音が出るのが特徴です。ベーシックなデザインの真空管・デジタルアンプのほか様々な種類があり、小型タイプ・ヘッドホンアンプなども安い価格で手に入るようになっています。今回は、人気のベースアンプをおすすめのランキングで紹介します。 Aアマゾンで探す R楽天で探す Sサウンドハウスで探す YYahoo!ショッピングで探す, BOSS BB-1X Bass Driver featuring Will Lee. おすすめするベース用(DI)プリアンプエフェクター WEED”BEPEE” エフェクターのモデファイで人気の weed(ウィード) 。. 自宅やスタジオなどでベースの練習を行う際に使用するアンプは主に3種類存在しています。3つのアンプはもちろんそれぞれ役割が異なります。今回紹介するのはプリアンプです。初心者の方でもわかりやすいように選び方の説明と、おすすめランキング10選を紹介していきます。 さらに、プリアンプは独立して楽器の内部に組み込まれたり、エフェクターのように足元に置かれることもあります。楽器に内蔵されるプリアンプはオンボードプリアンプと呼ばれます。いわゆるアクティブと呼ばれる楽器は、このオンボードプリアンプが組み込まれたものを指します。エフェクタータイプのプリアンプはアウトボードプリアンプと呼ばれます。 ウッドベースやフレットレスベースなど歪みを使わず演奏する機会が多い機材や、アンプサウンドを基準にプリアンプで音を微調整したいというベーシストには特におすすめの1台です。 ベースの生音を増幅し、ライブで聴くようなベースらしい音にできるのが「ベースアンプ」。今回は、ベースアンプのおすすめモデルをご紹介します。初心者に人気のあるロングセラーの定番モデルから、プロ仕様のモデルまで幅広く厳選しました。 ベース用プリアンプのおすすめモデル BOSS Bass Driver BB-1X. また、ベースとしてはネックが比較的スリムなため、握りやすいベースを探している方におすすめです。プリアンプが搭載されたアクティブタイプのため、ベース単体で細かいサウンドメイクを行うことができるのも嬉しいポイントです。 スイッチとツマミすべてにバックライトがついているため、視覚効果やステージでの視認性もとても高くなっています。, Transit Bを… ベースアンプのおすすめ一覧!自宅練習用で小型で持ち運び可; ベースのおすすめのメーカーは?初心者におすすめの選び方! ベース弦の素材!ニッケル・ステンレス・ラウンドワウンドなど; ベース弦メーカーの選び方のコツ!!もう迷わない! ベーシストの強い味方であるベース用プリアンプについて、メリットやオンボードプリアンプを使ったアクティブベースとパッシブベースの信号の違い、インピーダンスの違いによるサウンドの違いについて解説。2ch仕様やチューブっぽいモデルについてもおすすめのものを紹介しています。 ベースプリアンプおすすめ8選を徹底比較します。ベースプリアンプの必要性や、選び方・つなぎ方、SansAmp・MXR・AMREG等の安い人気モデルをご紹介します。DI付きプリアンプ・エフェクターを探している方や、アウトボードプリアンプの自作を考えている方も必見です。 当記事ではおもにアウトボードプリアンプについて取り上げていきます。, 前述のように、ベースアンプにもプリアンプは組み込まれています。ではなぜアウトボードプリアンプが使われるのでしょうか?それは、あらかじめ作りこんだ音色を、ベースアンプの特性の影響をあまり受けずに出せるからです。, たとえば対バンのライブなどでアンプの音色をじっくり作りこむ時間がない場合やあまり好みではないアンプに当たった場合も、アウトボードプリアンプを使用した上でアンプ側のイコライザー等のツマミは全てフラットにしておけば、すぐにいつもの音色で演奏することができます。もちろんイコライザーがフラットな状態でのアンプ側のプリアンプの特性や、スピーカーの特性も無視できないので、完全にいつもと同じ音色というわけには行きませんが、その場で1から音を音を作るよりは遥かにスムーズでしょう。, また、PAの入るライブの場合、PA側へ音が送られるのはベースアンプより手前の段階である場合が多いです。つまり、せっかくベースアンプでよい音が作れても、その音はお客さんにはほとんど聴こえていない可能性もあるのです。このような場合も、アウトボードプリアンプを利用して音作りをすれば、自分の好みに作りこんだ音色をPAさらにはお客さんの耳に届けることができます。さらにこの状態からベースアンプの音を作りこめば、PAに送られている音とは違う、ステージ上で自分の聴きやすい音を作ることも可能です。つまりお客さんに聴こえている音とステージで自分の聴く音を別々に作れるんです。, アウトボードプリアンプとその他のエフェクターを併用する場合、その接続順序によってそれぞれの効き具合が変化していきます。どのような接続方法があるのか、具体例を挙げてみていきましょう。, 最も一般的なプリアンプの接続方法です。エフェクターで加工された音を最終的にプリアンプで整えるイメージですね。曲や場面によってプリアンプをON/OFFする場合も、この位置にあれば急激過ぎる音色の変化を抑えられます。またアウトボードプリアンプには「DI(簡単にいえばベースの音をPAに送るための機材です)」を内蔵しているものも多いのですが、これを利用したい場合には必ずこの接続方法にしましょう。プリアンプより後ろにエフェクターがあると、そのエフェクト音がPA側に届かなくなってしまいます。, すべてのエフェクターより前にアウトボードプリアンプを置く接続方法です。エフェクターがかかる以前の楽器そのものの音を補整することになります。オンボードプリアンプの入ったアクティブベースと近いイメージですね。プリアンプをON/OFFするとエフェクターのかかり具合も変化してしまうので注意しましょう。, アウトボードプリアンプには歪み系のエフェクターが内蔵されているものもあり、これを利用する場合は他の使用エフェクターとの兼ね合いにより、このような接続順となる場合もあります。また、単にプリアンプとしてのみ使用する場合でも、いろいろな接続順を試してみるのも面白いかも知れません。, 比較的大きなサイズのアンプには、センド/リターン端子と呼ばれる端子が付いているものがあります。センド端子からはアンプ内蔵のプリアンプを通過した後の電気信号が出ており、リターン端子から再びアンプに送られた電気信号はパワーアンプへと流れていきます。つまり、これらの端子は、アンプに内蔵されているプリアンプを通過させた後にエフェクターを配置するためのものなのです。 今回はベース用オーバードライブ系歪みエフェクターのおすすめをまとめてみました。 私好みのローゲインな歪みペダルが多くラインナップされています。 派手さを求めるというよりはベース本来のサウンドを楽しめるようなものが多くなっています。 プロの音楽家も信頼しているおすすめのプリアンプを使用することによって、見違えるほどアコギのサウンドがよくなることがあります。しかし多くのモデルが販売されているため、何を選べばよいか迷ってしまう人は多いようです。プリアンプの正しい選び方とおすすめ5選の紹介です。 音作りに悩むベーシストは多いです。そんな悩みを解消できる機材がベースプリアンプです!今回はベースの『音作り』から、『ベースプリアンプを使った方がいい理由』、『おすすめのベースプリアンプ』までご紹介します!・ベースの音作り覚えて欲しいベースの 】【ベースAMP・EFEプラスワンプレゼントキャンペーン】 22,500円(税抜) (税込 24,750円) 商品コード:358000. BOSS BB-1X 3. DELUXE – Supernice!エフェクター, Micro Bass IIは、2チャンネル・ベースプリアンプを搭載、DI機能/XLR出力/スピーカーシミュレーターなど、ライブやレコーディングで活躍する electro-harmonix エレクトロハーモニクス ベースエフェクター プリアンプ/DI Battalion 【国内正規品】 5つ星のうち 3.8 15 ¥17,880 おすすめというか・・・プリアンプの中でも、ベーシストたるもの サンズアンプのベースドライバーだけは最低限持っておくべきだ!とさえ思います。 特に ジャズベとの相性は抜群で、ドンシャリの音を作るなら必須アイテム。 ベースのプリアンプについて!初心者にわかりやすく解説! ベースのピックおすすめ! 初心者必見!知識や選び方!! ベース初心者に必要なもの!!機材は5つ揃えよう!! ベースのイコライザーとは?使い方や必要性を徹底解説! この記事では、おすすめのベース用プリアンプエフェクターペダルを紹介します。おすすめベース用プリアンプTech21 / Sansamp Bass Driver DI V2Tech21(テック21)/ Sansamp(サンズアンプ) Bass ベースの音作りに必須のプリアンプの使い方、つなぎ方、おすすめモデル4選 Posted on 2019年3月6日 2019年8月19日 唯一と言って良いほど、ギタリストよりもベーシストに愛用者が多いエフェクターが プリアンプ ではないでしょうか。 ベーシストにとって重要なアイテムといえるコンパクトエフェクター。ベースにエフェクトをかけることで、バンドサウンドを大きく変えることができます。ベースにエフェクターは必要なのかは悩みどころですが、ライブでの使用は別として、ひとつ持っておくと便利です。 そんなベースプリアンプですが、Tech21のSansamp ベースドライバーやMXRのM-80等の定番モデルの他にも隠れた名機たちが居ます。 本日はほんの1部ではありますがそんなアイテム達をご紹介したいと … ベースの音作りに必須のプリアンプの使い方、つなぎ方、おすすめモデル4選; 低め? 高め? ベースの弦高によるメリットとデメリット、調整方法; ベース弦のゲージ(太さ)の違いやそれぞれのメリット デメ … 日本のギブソンと称されるヤマハのベースの歴史や特徴、音の評価、bb、trb、sbvといった代表的なモデルの概要について解説。bbやtrbx、trbなどのおすすめ商品をプレイヤーのレベル別に紹介します。 このページでお話するのはプリアンプについてですが、プリアンプの前に、まずはアンプというものについて解説していきます。, アンプというと、ベースやギターを繋ぎ音量や音質を調整し音を出す機材を想像すると思います。もちろんこのイメージでも間違えではないのですが、厳密に言うと、この機材のうち、音量や音質を調整しさらに増幅する部分をアンプと呼び、音を出すスピーカーの部分と区別されます。つまり一般的にアンプと呼ばれる機材は、アンプ部分とスピーカー部分が合わさったものとなっているのです。 Palmer 一般的なソリッドベースとは異なるあたたかみのある音色が特徴の「アコースティックベース」。アコースティックならではの鳴りの良さや生音の豊かさが魅力です。材質や仕様の異なるさまざまなおすすめモデルを紹介し、選び方も解説します。 ベースのメーカーってたくさんありますよね。ここ数年で貿易の幅も広がり海外から入ってくるレアなメーカーのベースも比較的手に入りやすくなりました。 しかしいくら海外から良いベースが入ってこようと、なんてったって日本は職人の国 […] おすすめのプリアンプ・diはコレ! それではここからはいよいよ おすすめのベース用プリアンプ・di を紹介していきます! 全て優秀な機能を搭載していることは間違いありませんが、それぞれ個性があるので、自分の好みにあったものを見つけましょう。 Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. TECH21 Geddy Lee Signature SansAmp DI-2112【ベースAMP・EFEプラスワンプレゼントキャンペーン】 50,000円(税抜) (税込 55,000円) 商品コード:679254. プリアンプとは音質を整えて増幅させる部分です。 通常アンプというのはプリアンプ+パワーアンプ部分で成り立っており、プリアンプ部分でギターやベースから送られてきた音声信号をイコライジングやブーストさせ、音質を調節してからパワーアンプ部 … 担当おすすめベース用プリアンプ!歪みとコンプを併せ持つ、まさに「オールマイティー」なベース用プリアンプです。楽器本来のトーンを生かす原音重視のナチュラルなサウンドが特徴です。 また、ベースとしてはネックが比較的スリムなため、握りやすいベースを探している方におすすめです。プリアンプが搭載されたアクティブタイプのため、ベース単体で細かいサウンドメイクを行うことができるのも嬉しいポイントです。 おすすめベースプリアンプ「MXR M-80 Bass D.I.」レビュー 2016/02/12 2017/10/25 . オーディオ機器で音楽を楽しんでいると、音質が気になることがあります。そんな時、プリアンプの交換は音質の向上に効果がありおすすめです。真空管プリアンプは特に効果が大きく現れます。少しでも音質に不満がある方はプリアンプを導入して最上の音楽体験を手に入れましょう。 この記事では、おすすめのベース用プリアンプエフェクターペダルを紹介します。おすすめベース用プリアンプTech21 / Sansamp Bass Driver DI V2Tech21(テック21)/ Sansamp(サンズアン … おすすめというか・・・プリアンプの中でも、ベーシストたるもの サンズアンプのベースドライバーだけは最低限持っておくべきだ!とさえ思います。 特にジャズベとの相性は抜群で、ドンシャリの音を作るなら必須アイテム。  … 2015年2月に登場したBOSSのコンパクトなベース用プリアンプ・ペダル。2014年に登場したギター用歪みエフェクターである「OD-1X」「DS-1X」など【1X】シリーズの流れを汲むBOSSからの新提案です。 D… MXR M-80 Bass D.I.は、プリアンプとして、また歪み系のエフェクターとして多くのベーシストに愛されている名機です … 多機能なアウトボードベースプリアンプの定番モデル。2チャンネルを切り替えて使用できるというのは他のベース用プリアンプにはあまり見られなく、本気の大きなアドバンテージとなっています。サンズアンプに物足りなさを感じる人はこちらをチェックして見てください。, ベーシストの定番プリアンプ/DIがMXRの「BASS DI+ M-80」です。この機種は原音重視のナチュラルなサウンドが特徴で、プリアンプ特有の味付けは殆ど感じられません。そのため、楽器が持っている本来のサウンドを限りなく生かすことができます。, 操作系統に関しては、8つのツマミと3つのミニスイッチ、そして2つのフットスイッチを搭載しています。中でも特徴的なのが「COLOR」というミニスイッチで、これを押すといかにもベースらしい「ドンシャリサウンド」を得ることができます。, また、「DISTORTION」と書かれたフットスイッチを踏むことで音を歪ませることができます。この機種は「BLEND」ツマミを操作することで、「原音と歪みをミックス」して出力することができるため、厚みのあるナチュラルなディストーションサウンドを作ることができます。, MXR Bass D.I.+Pedal Video Demo Red プリアンプ Preamp レッド 即日出荷 Crimson Bass クリムゾン 在庫あり KK9N0D18P ベース One 《ベースプリアンプ》ワンコントロール Control. 音階を区切るフレットが付いていない「フレットレスベース」。奏法が難しいので比較的上級者向けですが、ぬくもりある独自のサウンドが魅力で人気を集めています。とはいえアコースティックやエレキなど、ベースのタイプごとで特徴に違いがあり、メーカーの種類も豊富。 おすすめというか・・・プリアンプの中でも、ベーシストたるもの サンズアンプのベースドライバーだけは最低限持っておくべきだ!とさえ思います。 特に ジャズベとの相性は抜群で、ドンシャリの音を作るなら必須アイテム。 ベース用プリアンプ・diのおすすめエフェクター7選! エフェクター 2018.4.3 ベース用オーバードライブ・ディストーションのおすすめエフェクター8選! エフェクター 2018.4.3 マルチエフェクターってダサい?メリット・デメリットを紹介! エフェクター 2018.3.25 2019-07-04 18:22:56, 更新日 : Palmer ベースの音作りに必須のプリアンプの使い方、つなぎ方、おすすめモデル4選; 低め? 高め? ベースの弦高によるメリットとデメリット、調整方法; ベース弦のゲージ(太さ)の違いやそれぞれのメリット デメ … 2021-01-21 00:00:00, ベースの音出しやフレーズを弾くことに慣れてくると次のステップとしてベースの音作りに取り掛かる方が多数いらっしゃるでしょう。しかし、初心者の方はどのような機材が必要になるのかわからない方もいらっしゃるでしょう。, 今回紹介するプリアンプはずばり音作りに必要な機材です。アンプの種類としては音を増幅させることができるパワーアンプや音を出すために必要なスピーカーについては今回はあまり取り上げません。, 自宅だけでの練習や演奏のみを考えている方ならばあまり必用ないと考えられている方は多数いらっしゃいます。しかし、スタジオやライブハウスでの演奏を行うとなるといつものアンプと違うこともあります。そのようなときのためにアンプに左右されないプリアンプが必要になってきます。, ベースプリアンプを購入する際の選ぶ基準として参考にしていただきたいことを紹介していきます。, ベースアンプを購入する際にまず検討していただきたいのがどのような音作りを行いたいのかということです。クリーンサウンドなのか、ロックやパンクでよく使用される歪のあるサウンドなのか。, もしくは音の輪郭をはっきりさせたいのか、ほかにも中高域のサウンドを前面に押し出したいのかなど、だいたいで構わないので自分の中で最終着地点を決めておく必要があります。当たり前かもしれませんが、そこがまず第一歩です。, プリアンプを購入する際に知っておきたい主な役割は2つあります。1つがインピーダンス変換について知ること。もう1つがDI機能についてです。それぞれを簡単に説明しておきます。, インピーダンス変換について紹介する前にまずは、インピーダンスについて紹介します。インピーダンスとは一言でいうと交流抵抗のことを指します。つまりインピーダンスが高い状態、ハイインピーダンスになると抵抗が大きくなり、ノイズに弱くなるのです。, エレキベースやギターから発せられる信号はハイインピーダンスなのでノイズに弱く、シールドを長く弾きまわすと音痩せが顕著に表れます。プリアンプを通して信号を出力すればローインピーダンスに変換されます。, 結果的に音質が安定するようになり、上記で上げた2点の弱みを改善することが可能になるのです。これがプリアンプの1つ目の重要な役割です。, 演奏するスタジオやライブハウスが大きくなるとお客さんに届く音はアンプではなくアンプの手前に装着されているプリアンプを通して出音されることが大半です。その時、エレキベースが出力する信号はアンバランス信号と呼ばれています。, アンバランス信号はそのま出力されると長くケーブルを弾きまわしたりすることで音痩せを起こしたり、ノイズが混入されてしまうことが多発します。長距離にわたる信号の送受信が必要な場合に必要なのがバランス信号です。, 端的に言えばプリアンプによってアンバランス信号をバランス信号に変換することで、ノイズを後ほど消すことができるようになり演奏のクオリティを上げることを可能にするというわけです。, 上記2つで上げた昨日はもちろん自宅でも重宝する機能ですが、どちらかといえばスタジオにおいて活躍する機能たちといえるでしょう。今回このランキングを参照されている方でもし自宅用に購入を検討されているならば、この項目のチェックも欠かせません。, ヘッドフォン接続が可能であるのかどうかということです。自宅で、夜間での練習ということになるとなかなかアンプから直接音を響かせるのは難しい状況でしょう。しかしこの機能があれば夜間でも練習することが可能です。, 単体でヘッドフォンアンプになるプリアンプも中には販売されているので、アンプの購入も同時に検討されている方はチェックしてみてください。2つ同時に搭載されているタイプはスペースも取らないので収納にも最適です。, ベース用プリアンプの購入が全くの初めてであるという方に知っておいてほしい主な製造メーカーと代表機器を紹介します。, アメリカのマンハッタンに拠点を構える老舗メーカーの1つで、アンプのシミュレーション、モデリングに力を入れている企業です。ベーシストの大半が知っている名シリーズのSansampシリーズのclassicはチューブアンプ・エミュレーション回路の開発に寄与しました。, それまでは不可能とされていたラインレコーディングを可能にしたことでその地位は不変のものとなったといわれています。このメーカーの定番機種は先ほど紹介したSansampシリーズより販売中のBass Driever DIです。, ベースが奏でる代表格の音としても知られておりサンズみたいな音がなるという話がベーシストのあいだであるくらいに当たり前のものになっています。, MXRもTECH21と同じようにアメリカに拠点を置いている企業です。1972年に創業して以来革新的なエフェクトペダルを数多く世に送り出しています。MXRの最大の功績といえばやはりエフェクターのコンパクト可でしょう。, 他社メーカーも実現不可能なサイズの確立を成功させており、当時は他社エフェクターの半分以下を下回るサイズであったそうです。そしてディストーション、歪みのジャンルを確立したのも実はこのメーカーです。, ファズとは異なるオーバーロードしたアンプ音の再現を確立させたことによってロックに与えた影響は多大なものであるといえるでしょう。定番のプリアンプはM80Bass D.Iです。詳細は後ほど紹介します。, EBSは上記で紹介した2メーカーとは違ってスイスに拠点を置いています。立ち上げられたのは1988年と比較的後発グループに位置するメーカーではありますが、ベーシストが本当に求めている機器を開発するという強い信念をもとにスタジオ機器のサポートをしていた技師たちによって立ち上げられました。, ベースのプリアンプを中心に製造が開始され現在ではペダルエフェクターやアンプなどの周辺機器の開発にも取り組まれています。商品の評判としてはノイズが低く、ハイファイなサウンドを再現できることからギタリストにも評価されています。, 定番モデルはMicro BassIIです。多機能かつさまざまなシーンに対応することから重宝されています。上記のメーカー同様にベーシストなら1度はチェックしておきたいメーカーです。, Aguilarもアメリカ生まれのブランドでニューヨークを拠点に製造をおこなっています。シンプルなデザインの商品と革新的でハイクオリティの商品が混在しているバラエティ性に富む商品展開で知られています。, べ―シストの求める環境を熟知しているトップクラスのエンジニアやデザイナーによって手掛けられているので安心のクオリティを保持しているものが多く定番商品も多数展開されています。, その1つがTone Hammerでしょう。Aguilar独自の回路を組み込むことで小さい筐体のプリアンプとなっていますが、素晴らしいサウンドメイクを行う手助けをしてくれること間違いなしでしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41owEPDizhL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00SIZ51ZS?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00SIZ51ZS"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ftsunagu2%2F20190103145110-00461.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 10位にランクインしたのは伝統のワイドなトーンも保有していることでおなじみのアンペグから販売されているSCR-DIです。ベース、ミドル、トレブルの3つのプリアンプセクションに加えてウルトラ―ロー&ハイのシェイピングスイッチも搭載しています。, 真空管アンプから放たれるようなオーバードライブ、ディストーションなどの最新ベーススクランブラ―オーバードライブを搭載しています。ギクバックに入れることも可能なほどのサイズなので自宅でも演奏することが可能です。, 手軽にアンペグの伝統的なサウンドを表現することが可能なので、初めての1台を購入を検討されている方にはおすすめでしょう。, [{"key":"DI機能","value":"あり"},{"key":"ヘッドフォン端子","value":"あり"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51uNfCxtLUL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fchuya-online%2F65288%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fchuya-online%2F65288%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0088V33PM?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0088V33PM"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Frankupshop%2F5hb0088v33pmwv.html"}], 9位にランクインしたのはフラットな性能を併せ持ちバイパス音と遜色がないくらいのクリーンブースターのようなサウンドを作り出すことができることでおなじみのHAOのBASS LINERです。, 絶妙なポイントに設定されている5バンドイコライザーを使って素早く自分が望むサウンドメイクを行うことが可能です。ベースの原音であるPJBサウンドを常に意識されているという方にはうってつけのプリアンプといえるでしょう。, ペダルとしての評価も高く電池を挿入しておくと約5時間の使用が可能となっています。さらに、ヘッドルームの確保を実現するためにACアダプター電源を前提として設計されています。, [{"key":"DI機能","value":"なし"},{"key":"ヘッドフォン端子","value":"なし"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51DDjrFblyL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Foosugakki%2Feden-wtdi%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Foosugakki%2Feden-wtdi%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00IJQGZME?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00IJQGZME"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fkansyado2%2Fds-00ijqgzme.html"}], 8位にランクインしたのはEDENより販売中の商品のWTDIです。EDENは少しベースについて知っている方ならば知っているでしょうが、名門のベースアンプメーカーです。WTXという他のシリーズのも搭載されているコントロール類も搭載されている充実ぶりです。, EDENアンプには欠かせないマジックノブと呼ばれるエンハンスコントロールも搭載されているので、これ1台でもかなりの音の作りこみが可能です。DI機能も有しておりホームスタジオやライブハウスのみならず、ツアーのバックアップとしても活躍すること間違いなし。, サウンドの特徴としてはクリアで上品であるという印象です。他メーカーに多いブリットした音とはまた違うEDEN独特のハイクオリティサウンドをぜひ体験してみてください。, [{"key":"DI機能","value":"あり"},{"key":"ヘッドフォン端子","value":"なし"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41gm2PpbwTL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07BBHP6TG?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07BBHP6TG"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmaruhatsushoukai-02%2F20190520230615-00190.html"}], 7位にランクインしたのはベーシストDouglas Castroが2009年に設立したDARKGLASSより販売中のMicrotubes B7K Ultra (V2) です。こちらは豊富なつまみと細やかな調整が可能なプリアンプとして知られています。, 低音域の調整はHI MIT、LO MITの周波数帯域を3種類から選択することで行う独自のシステムとなっています。まさにabsolute controlとも呼ばれるのにふさわしい商品となっています。, ディストーションが内蔵されており、フットペダルを用いてエフェクターと同じように演奏中にも切り替えることが可能になっているしようとなっています。ロックサウンドなどのひずみ重視の音楽を標榜されている方におすすめです。, [{"key":"DI機能","value":"ー"},{"key":"ヘッドフォン端子","value":"ー"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51F0EWXLIUL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdt-g-s%2Fhotone-bstation%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fdt-g-s%2Fhotone-bstation%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B06XGBP7Y5?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B06XGBP7Y5"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsecondmarkett%2Fb06xgbp7y5.html"}], 6位にランクインしたのは多弦ベースを所有している方によくおすすめされる商品の「B-STATION」です。こちらのメーカーも2013年と比較的新興企業として位置づけされていますが、超ミニサイズのエフェクターやアンプを販売していることで知られています。, 多弦ベーシストの方から人気を集めている理由としては多弦ならではの超低音から高音に至るまでの幅広い音域に対応するために周波数特性の設計をされているからです。直感的にセットすることができるようにEQデザインを搭載したり、多弦をバランスよくならすことにもたけています。, 速いサウンドであったとしてもナチュラルな音で追従することが可能なコンプレッサーも踏査されている幅広い機能も主な特徴の1つです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31X6r5vOiLL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakurayama%2Feden-module-01%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsakurayama%2Feden-module-01%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B077D4Q44T?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B077D4Q44T"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsecondmarkett%2Fsb077d4q44t.html"}], 5位にランクインしたのがEDENより販売中の商品のDIMODULEです。こちらはプリアンプ部分をそっくりそのまま抜き取ってきてそのまま商品化したような商品なので、歪ませるという機能のみに頼ることなく、しっかりと音を作りこめるようになっています。, サウンドの核になるミッドレンジのEQにはハイミッドとローミッドのセミパラメトリックEQを採用して自由自在にトーンシェイピングを行うことを可能にしました。この機能に加えてうなるほどの重低音を作り出すことができるベースブースト機能も搭載されているのでプレイスタイルを選びません。, 高品質のDIコンプレッサーとDIアウトも搭載されているというので驚きのサービスといえるでしょう。ヘッドフォン端子も搭載されているので自宅で本格的な練習を行うことも可能です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51HPPJ4mTIL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmcshowa%2F10025475%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmcshowa%2F10025475%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y8RTTQH?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B06Y8RTTQH"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmomo-marche%2Fb079k7fmpp.html"}], 4位にランクインしたのはDarkglass Electronicsより販売中の商品のAlpha omegaです。こちらの商品は従来のプリアンプとは1味違う設計になっているストンプボックスになっています。MOBノブを使用することで異なるひずむの組み合わせを行うことが可能になっており、新感覚のサウンドメイクも可能です。, 全体のコントロールを行う方法としては2つのトグルスイッチと3つのアクティブタイプのEQを使用します。このタイプはあまり販売されていないので、コントロールの面でも新たな楽しみ方が発掘できるでしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51kIONjpTnL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001BS0X16?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001BS0X16"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fspringwell%2Fs-7332100290108-20190602.html"}], 3位にランクインしたのはEBSより販売中の商品MICROBASS2です。2つのチャンネルを有しており、適当なタイミングで変換することでより豊かなサウンドメイクを可能にしています。そして2本のベースを同時に接続することも可能です。, 機能としてはエンハンス、ドライブサウンドなどを搭載しているほかに、ミキサーに王ラグインすることができるようにスピーカーシミュレーション付きのバランスアウトも搭載されています。, 現場重視の側面を持ち合わせると同時にヘッドフォン出力が可能であるために、自宅での編集も自在に行うことが可能となっている1商品となっています。, [{"key":"DI機能","value":"ー"},{"key":"ヘッドフォン端子","value":"あり"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51WsBJaDZKL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fshibuya-ikebe%2F600312gb%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fshibuya-ikebe%2F600312gb%2"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0011W3TEA?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0011W3TEA"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fgandgmusichotline%2F83268.html"}], 2位にランクインしたのはMXRより販売中の M80 BASS D.I.+です。こちらの商品はSansampのプリアンプが大ヒットした直後に大ヒットを重ねた商品ということもあり、世界的にも認知度は高いところに位置付けられています。, 定番モデルとして評価は高いものとなっており、価格は抑え気味のエントリークラスとなっていますが、プロからアマまで幅広く使用されています。bass middle trebreの3つのEQ はどれも効きが良くジャズからロックに至るまで対応しています。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/519Y12fNvjL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-mhfriend%2F1046156%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fauc-mhfriend%2F1046156%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01G7QXYOE?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01G7QXYOE"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fg-sakai%2Fsansamp-bassdriverdi-v2.html"}], 1位にランクインしたのはもはやベース歴の長い方ならだれでもしっているであろう定番中の定番であり名器である、TECH21より販売中の商品のBASS DRIVER DI V2です。ベース用エフェクターの業界を変えたといっても過言ではありません。, 旧型にはなかったmidコントロールを新たに搭載してBASSコントロールの新たな帯域調節も可能になったことでより幅広いサウンドメイキングも可能になりました。旧型をすでに所有しているという方もぜひ新型を1度試していただきたいところです。, 今回は3種類存在しているベースアンプの中でもプリアンプと呼ばれるものの役割、選び方、ランキング10選を初心者の方向けに紹介させていただきましたが、いかがでしたか。初めて聞く用語も数多く並んでいたでしょうが、ここに掲載している内容を最低限抑えいて抱ければ購入時に迷うことを何もわからず手の付けようがないということはないでしょう。是夫購入時の参考にしてください。. 本ブログでは初めての試みとなる、おすすめの機材一挙紹介シリーズ。 今回は、ベース用プリアンプについて、私の独断と偏見でおすすめの機材を5点、まとめて紹介させていただきます。 1. aguilar Tone Hammer 2. ベースの生音を増幅し、ライブで聴くようなベースらしい音にできるのが「ベースアンプ」。今回は、ベースアンプのおすすめモデルをご紹介します。初心者に人気のあるロングセラーの定番モデルから、プロ仕様のモデルまで幅広く厳選しました。 人気のベースアンプを紹介します。ベースの演奏や自宅練習におすすめのベースアンプ。人気アイテムを使って、家庭黄な音楽環境を整えましょう。ヘッドフォンが使えれば夜の練習にもおすすめ。人気メーカーやおすすめの選び方もチェック。アンプを使ってより音楽を楽しみましょう。 ベースのプリアンプについて!初心者にわかりやすく解説! ベースのピックおすすめ! 初心者必見!知識や選び方!! ベース初心者に必要なもの!!機材は5つ揃えよう!! ベースのイコライザーとは?使い方や必要性を徹底解説! 最近あまり気にしてなかったのですが、検索ワードに気になるものがあったので、ピックアップ。それは、「アクティブベースにアウトボードプリアンプ」というもの。プリアンプを搭載しているベースに、アウトボードプリアンプを繋ぐのはどうなんだろ? ウッドベースやフレットレスベースなど歪みを使わず演奏する機会が多い機材や、アンプサウンドを基準にプリアンプで音を微調整したいというベーシストには特におすすめの1台です。 このプリアンプにはいくつか派生モデルがあり、それぞれ特徴は以下のようになっています。, 1994年に発売されたオリジナルモデルです。イコライザーにミドルの帯域がないのが特徴的です。この帯域をコントロールするためには、ベース・トレブルをカットすることにより相対的にミドルが上がる、ベース・トレブルをブーストすることにより相対的にミドルが下がる、といった操作が必要となります。, SANSAMP BASS DRIVER D.I – Supernice!エフェクター, 2015年に日本限定で発売された多弦ベース対応モデルです。モデル名のLBはlow-Bの略でしょう。基本的な機能はオリジナルモデルと同じですが、多弦ベースの重低音をよりクリアに再生できるようになっています。現在は生産完了となっています。, SANSAMP BASS DRIVER DI-LB – Supernice!エフェクター, Bass Driver DI-LBの仕様をもとに、ミドルのイコライザーも加えた2016年最新モデルです。さらにミドルの周波数を500Hzと1000Hz、ベースの周波数を40Hzと80Hzからそれぞれ選択可能なスイッチも搭載され、さらに幅広い音作りが可能です。, Tech 21 SansAmp Bass Driver DI V2 Demo ベーシストにとって重要なアイテムといえるコンパクトエフェクター。ベースにエフェクトをかけることで、バンドサウンドを大きく変えることができます。ベースにエフェクターは必要なのかは悩みどころですが、ライブでの使用は別として、ひとつ持っておくと便利です。 アメリカのトップスタジオミュージシャンWill LeeがBOSSのbass driverについて解説しています。セッティングによる音色の違いが聴けます。, BOSS Bass Driver BB-1X – Supernice!エフェクター, 2015年に登場した、定番ベースアンプ・ブランドAMPEGのサウンドが得られる「SCR-DI」は、3バンドEQを搭載したプリアンプ機能にDIセクション、Drive, Blendという2ツマミを搭載したScrambler Overdriveと呼ばれる歪み回路を搭載し、ナチュラルなベースサウンドから歪ませたロック系のサウンドまで1台で音作りが可能。アンペグアンプのサウンドが欲しいという人には最適なモデルです。, ライブはもちろん、LINE OUJT/XLR OUT/ヘッドフォン端子を装備しているので夜間のベース練習やレコーディングにも対応することができます。ベース用歪みエフェクターとしての導入にもおすすめです。, Microtubes B7Kは、同社のオーバードライブペダル「Microtubes B3K」の回路を組み込んだアウトボードプリアンプです。特に歪みに特化したプリアンプといえるでしょう。イコラーザーはロウ・ロウミッド・ハイミッド・トレブルの4バンドとなっています。歪み具合はドライブツマミによりコントロールし、さらにブレンドツマミにより原音と歪みのブレンドが可能です。ナチュラルな歪みから、攻撃的な歪みまでをベースらしい音の芯を失わないまま得ることができます。歪みチャンネルのオン/オフスイッチと、ロウミッド・ハイミッドの周波数を3つの中から選べるセレクターの追加された「Microtubes B3K Ultra」という上位機種もあります。, PERIPHERY-Ragnarok 録音環境は、ベース→プリアンプ→オーディオインターフェイス→PC(DAW)となっております。 ベースを直で接続し、指弾きナチュラルサウンドです。これがプリアンプを通すことでどう変化するか聞いていきましょう! Providence DBS-1 録音環境は、ベース→プリアンプ→オーディオインターフェイス→PC(DAW)となっております。 ベースを直で接続し、指弾きナチュラルサウンドです。これがプリアンプを通すことでどう変化するか聞いていきましょう! Providence DBS-1 PERIPHERYはアメリカのプログレッシブメタルバンドです。ベースのAdam GetgoodはDarkglassのエフェクターを愛用しています。, Darkglass Microtubes B7K – Supernice!エフェクター, 117Hz・279Hz・664Hz・1.73kHz・4.95kHzに設定されたバンドのイコライザー、クラシックな TRACE ELLIOTのアンプのEQカーブを再現したプリシェイプスイッチ、低音域と高音域で独立して掛かり具合を設定できるDual-Bandコンプレッサーで基本的な音作りを行います。さらに、ドライブとベースエンハンスで味付けを行っていきます。ドライブチャンネルはドライブツマミで歪みの量を、ブレンドツマミで原音と歪み音のブレンド具合をコントロールします。ベースエンハンスは低音域をブーストさせ図太いベースサウンドを作り出すことができます。 Citron Steve Swallow AE5 "35Inch Scale / 17mm Spacing" ベースを演奏する際に必要なベースアンプ。音を出しながら練習したい、自分のアンプでライブがしたいけど、どれがおすすめなのかわからずに迷っている方もいるのではないでしょうか。今回はそんなベーシストの方にベースアンプの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。 それぞれの楽器に合ったセッティングが可能です。, SANSAMP BASS DRIVER D.I. ベースの音作りに必須のプリアンプの使い方、つなぎ方、おすすめモデル4選 Posted on 2019年3月6日 2019年8月19日 唯一と言って良いほど、ギタリストよりもベーシストに愛用者が多いエフェクターが プリアンプ ではないでしょうか。 ベースアンプはギターアンプと違い重低音が出るのが特徴です。ベーシックなデザインの真空管・デジタルアンプのほか様々な種類があり、小型タイプ・ヘッドホンアンプなども安い価格で手に入るようになっています。今回は、人気のベースアンプをおすすめのランキングで紹介します。 ベース用プリアンプ・diのおすすめエフェクター7選! エフェクター 2018.4.3 ベース用オーバードライブ・ディストーションのおすすめエフェクター8選! エフェクター 2018.4.3 マルチエフェクターってダサい?メリット・デメリットを紹介! エフェクター 2018.3.25 ... おすすめグルメ松本駅前『珈琲美学アベ』モーニングセットが美味しい! ベース用プリアンプのおすすめモデル BOSS Bass Driver BB-1X. おすすめというか・・・プリアンプの中でも、ベーシストたるもの サンズアンプのベースドライバーだけは最低限持っておくべきだ!とさえ思います。 特にジャズベとの相性は抜群で、ドンシャリの音を作るなら必須アイテム。  … ベース用プリアンプのおすすめ5選. そしてこの端子をうまく利用すると、アンプ内蔵のプリアンプを通さず、アウトボードプリアンプからの信号をパワーアンプに直接送ることが可能になります。接続の仕方は簡単で、いつもアンプのインプット端子に挿すシールドを、かわりにリターン端子に挿すだけです。すこし裏技的な接続方法ですが、どうしても苦手なアンプに当たった場合などは試してみるといいでしょう。, プリアンプ・エフェクターはジャンルを問わず多くのベーシストに使われています。ここでは人気の高いおすすめモデルを紹介していきます。, 黒と黄色のボディデザインが特徴的なベース用プリアンプの超定番モデル「Bass Driver DI」、略してベードラと呼ばれます。ドンシャリ気味の個性的な音が最大の特徴で、これを使うと「よくも悪くもサンズの音になる」といわれることもあります。操作系統は6つのツマミに3つのスイッチ、1つのフットスイッチを搭載しています。BLENDと名づけられたツマミが特徴的で、これにより原音とサンズ独特の音をミックスしていきます。右に回すとサンズの個性が強くなり、左に回すと原音に近づきます。またDRIVEツマミにより歪んだ音を作ることもできます。 SansAmp Bass Driver DI ver-2の解説動画です。演奏しながらプリアンプのセッティングを変えているので音色の変化がより分かりやすいですね。, SansAmp BASS DRIVER DI V2 – Supernice!エフェクター, オリジナルモデルをもとに、3チャンネルのプログラム機能が搭載されており、音色の瞬時の切り替えが可能です。, SANSAMP PROGRAMMABLE BASS DRIVER DI – Supernice!エフェクター, オリジナルモデルをもとに、3チャンネル×2バンクの計6種類のプログラム機能が搭載されており、音色の瞬時の切り替えが可能です。また2つのバンクにはインプットが別々に設けられているので、 2015年2月に登場したBOSSのコンパクトなベース用プリアンプ・ペダル。2014年に登場したギター用歪みエフェクターである「OD-1X」「DS-1X」など【1X】シリーズの流れを汲むBOSSからの新提案です。 TECH21 Geddy Lee Signature SansAmp DI-2112【ベースAMP・EFEプラスワンプレゼントキャンペーン】 50,000円(税抜) (税込 55,000円) 商品コード:679254. プリアンプって いろいろある⁉つなぎ方の工夫と おすすめプリアンプも紹介 2019.08.05 2020.08.19 ベースアンプの種類と違いについて 自宅やスタジオなどでベースの練習を行う際に使用するアンプは主に3種類存在しています。3つのアンプはもちろんそれぞれ役割が異なります。今回紹介するのはプリアンプです。初心者の方でもわかりやすいように選び方の説明と、おすすめランキング10選を紹介していきます。, 公開日 : ベース用プリアンプおすすめ7選 使い方や選び方は分かったけれど、どんなベース用プリアンプがあるのか知りたいと思う人は多いでしょう。 ここでは、 おすすめの製品情報 を紹介します。 MXR Bass D.I.の解説動画です。色々なセッティングのデモ演奏が聴けるので参考になりますね。, 同社のオンボードプリアンプ「OBP-3」の回路をもとに、DI機能などを追加しアウトボードプリアンプの形にまとめたのが「TONE HAMMER」です。楽器の特性を生かせる原音重視のサウンドが特徴です。イコライザーはベース・ミドル・トレブルの3バンドとなっており、ミドルの周波数は180Hzから1kHzの間で調整が可能です。AGSスイッチをオンにすることにより、設定されているGAINに応じた歪みを得ることができます。電源は18V使用となっており、電池を利用する場合は9V電池が2本必要となります。, 2015年2月に登場したBOSSのコンパクトなベース用プリアンプ・ペダル。2014年に登場したギター用歪みエフェクターである「OD-1X」「DS-1X」など【1X】シリーズの流れを汲むBOSSからの新提案です。4ツマミのうち1つは2軸操作が可能な計5ツマミというシンプルな操作系統で、原音を損なわずサウンドにパンチを加えます。歪みの幅も広く、オーバードライブからファズ的なサウンドまでカバーします。, ラインアウト出力端子を搭載しており、ベースアンプだけでなくDIボックスなどにも直接繋ぐことが可能となっています。1Xシリーズ同様、銀ネジや鏡面仕上げのコントロールパネルなどルックスにも随所にこだわりが見られます。, BOSS BB-1X Bass Driver featuring Will Lee バンドなどで主に低音部を担当する「エレキベース」。ドラムと並んで演奏時のリズムを刻む重要な楽器のひとつです。さまざまな楽器メーカーがエレキベースを展開しており、その種類や特徴はさまざま。そこで今回は、エレキベースのおすすめモデルをご紹介します。 Ibanez PCBE14MH-WK [SPOT MODEL] 29,800円(税抜) (税込 32,780円) 商品コード:696187. electro-harmonix エレクトロハーモニクス ベースエフェクター プリアンプ/DI Battalion 【国内正規品】 5つ星のうち 3.8 15 ¥17,880