更新情報 「メンバー」を更新しました (2020-04-01) 「地震学研究室セミナー」はzoom開催中。 情報は毎週更新しています (2020-05-12) 「学位論文・卒業研究」2019年度を追加しました (2020-02-11) 大学院は地球惑星科学専攻・地球物理学分野になります。 堤防と防災 有川 太郎 (ありかわ たろう) 中央大学教授・国立研究開発法人 港湾空港技術研究所 客員研究官 京都大学(山極壽一総長)は26日、地震地質学を専門とする林愛明(りん あいめい)理学研究科教授が2016年10月に米科学誌サイエンスに発表した熊本地震に関する論文に図の改ざんや盗用の不正があった … 所属:京都大学大学院 人間・環境学研究科 教授(専任) (相関環境学専攻 自然環境動態論講座 地球環境動態論分野)ならびに 京都大学 総合人間学部 地球科学分野 教授. 大学院生. ・平石 哲也 京都大学防災研究所 流域災害研究センター 沿岸域土砂環境研究領域 教授 ・松島 信一 京都大学防災研究所 地震災害研究部門 構造物震害研究分野 教授 ・光山 正雄 京都大学名誉教授 ※<ミネルヴァベリタス社の紹介> 果たして、私たちは災害をどう考えればよいのでしょうか。『2040年の未来予測』(日経bp)を上梓した成毛氏が、地震学と火山学に詳しい、京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授と考えます。 伊藤喜宏. 地震調査研究推進本部政策委員会 調査観測計画部会 (部会長) 平 原 和 朗 国立大学法人京都大学大学院理学研究科教授 この度、京都大学の若宮教授らが開発したフィルム型ペロブスカイト太陽電池、リコー電子デバイス株式会社の電源ic、ニチコン株式会社の小形リチウムイオン二次電池を使用した、自立電源型iot環境センサーシステムを構築することに成功しました。 地震調査研究推進本部政策委員会 調査観測計画部会 (部会長) 平 原 和 朗 国立大学法人京都大学大学院理学研究科教授 竹本修三(京都大学名誉教授) (要旨 ) 2018 年6 月18 日に大阪府北邪の浦さ 13 ~15km でM6.1 の地震が発生した。 この地震は、 洘溝型地震ではなく、地殻内断層地震である。当初、近くにある泺断層の有馬-高槻断層帯、上町断層帯、 京都大学 教授: 竹脇 出: 67: 2010年2月: 構造技術者の役割: 秋田県立大学 教授: 小林 淳: 66: 2009年11月: 免震の実力・・擬似被害地震から学ぶ: 京都大学防災研究所 教授: 中島 正愛: 65: 2009年8月: 免震構造雑感: 東北大学 名誉教授: 杉村 義広: 64: 2009年5月 京都大学防災研究所野原大督助教、角哲也教授らの研究グループでは、このたび、全国の感染症病床を有する372の感染症指定医療機関の浸水想定の状況を調査しました。 Hiroki KAMATA ’ s Home Page. 堤防と防災 有川 太郎 (ありかわ たろう) 中央大学教授・国立研究開発法人 港湾空港技術研究所 客員研究官 京都大学防災研究所の教員や研究者のページです。京都大学防災研究所は地震、火山、地盤、暴風、豪雨、津波、高波などの災害に対しての防災研究を行っています。 小倉久美子. 谷口佳世. 阪神・淡路大震災を引き起こした1995年兵庫県南部地震の発生から四半世紀が経ちました。 2020年1月9日より、メキシコ国立自治大学(UNAM)からJorge Aguirre-González博士が招へい外国人学者(京都大学招へい教授))として年末まで滞在されています。 (教授:岩田知孝、准教授:浅野公之、助教:欠員) 地震災害における構造物の被害メカニズムを理解するために地震の発生から構造物の応答までの幅広い領域を対象とした研究を行い、さらに構造物の耐震化へ応用する技術についての研究を行っています。 京都大学は26日、理学研究科の林愛明(りんあいめい)教授(地震地質学)が2016年10月に発表した熊本地震に関する論文に、改ざんや盗用があったとの調査結果を発表した。 京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 講義概要 近ごろ頻発する地震と噴火は、2011 年の東日本大震災が引き金となって地盤が不安定になったからだ。 准教授,京都大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 構造ダイナミクス分野: 2011-2014: 特任連携会員,日本学術会議: 2007/4/1-2014/3/31: 准教授,京都大学防災研究所 地震災害研究部門 耐震基礎研究分野: … 京都大学ー台湾大学シンポジウム2014(2014.9/1-2) 第10回日本応用数理学会研究部会連合発表会 (2014.3/19-20) 第8回ictイノベーション (2013.12/26) 第15回情報学シンポジウム (2013.12/26) 第6回レーザーカオス・ノイズダイナミクスとその応用専門委員会 (2013.9/24-25) 特定教授 : 宮島 正悟 ... 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による港湾施設等被害報告,国土技術政策総合研究所資料, no.798, 2015. ・平石 哲也 京都大学防災研究所 流域災害研究センター 沿岸域土砂環境研究領域 教授 ・松島 信一 京都大学防災研究所 地震災害研究部門 構造物震害研究分野 教授 ・光山 正雄 京都大学名誉教授 ※<ミネルヴァベリタス社の紹介> 河田 恵昭[1](かわた よしあき[2]、1946年3月4日[3] - )は、日本の研究者。京都大学名誉教授、関西大学社会安全研究センター長[4]・特別任命教授[5]、人と防災未来センター所長[6]。東日本大震災復興構想会議委員。正確な漢字表記は「恵」ではなく「惠」である。工学博士[7]。大阪府出身[8]。, 日本自然災害学会会長や、災害情報学会会長を歴任するなど、災害分野における著名研究者の一人である。「減災」「縮災[9]」という言葉を提起し、災害が起きることを前提として建物の耐震・防火化から避難訓練、復興準備までをあらかじめ行うべきだという文理融合型の防災・減災を主張している。学会賞や功労賞の受賞数も多く、内閣府や全国の都道府県、市町村といった自治体の委員・委員長を歴任してきた。2012年の時点で歴任した委員会等は200を超える。京都大学防災研究所所属時に666冊・編の著書・論文・報告書類を発表した[10]。, 1995年の阪神・淡路大震災発生前では稀有な存在であった都市災害の研究者であり、先見性の高さが評価されている。2011年3月に発生した東日本大震災の前年、2010年12月に出版した『津波災害――減災社会を築く』の帯には「必ず、来る!」と書かれていた[11]。, 【迫る】関西大社会安全研究センター長・河田恵昭氏(72)巨大地震「縮災」の教訓/復旧早め被害拡大防げ『, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=河田恵昭&oldid=79854473, 巨大地震災害へのカウントダウン~東海・東南海・南海地震に向けた防災戦略~(2009年6月、. 准教授. 79年東京大学理学部地学科卒業、通商産業省(現・経済産業省)入省。通産省地質調査所主任研究官、米国内務省カスケード火山観測所上級研究員を経て、97年から京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士(東京大学)。 准教授,京都大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 構造ダイナミクス分野: 2011-2014: 特任連携会員,日本学術会議: 2007/4/1-2014/3/31: 准教授,京都大学防災研究所 地震災害研究部門 耐震基礎研究分野: … 平石 哲也 京都大学防災研究所 流域災害研究センター 教授( 沿岸域土砂環境研究領域) 松島 信一 京都大学防災研究所 教授(地震災害研究部門 構造物震害研究分野 ) 光山 正雄 京都大学名誉教授 ; プログラム等、詳細はポスターでご確認ください。 京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱! 京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説 を唱えているようです。 『2020年南海トラフ地震』説も他の大学の教授が唱えていましたが、これは気になりますね! 京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱! 京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説 を唱えているようです。 『2020年南海トラフ地震』説も他の大学の教授が唱えていましたが、これは気になりますね! 京都大学防災研究所附属 地震予知研究センター > アクセスについて 〒611-0011 宇治市五ケ庄; TEL 0774-38-4640(防災研究所広報室) お問い合わせ先(見学・取材・ご質問など):防災研究所広報室 Research Center for Earthquake Prediction - Access Gokasho Uji City Kyoto 611-0011 鎌 田 浩 毅 のホームページ. 役職: 教授. ようこそ. 所属: 京都大学原子炉実験所安全原子力システム研究センター 兼 京都大学大学院エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻. 平石 哲也 京都大学防災研究所 流域災害研究センター 教授( 沿岸域土砂環境研究領域) 松島 信一 京都大学防災研究所 教授(地震災害研究部門 構造物震害研究分野 ) 光山 正雄 京都大学名誉教授 ; プログラム等、詳細はポスターでご確認ください。 Emmanuel Soliman M. Garcia [キーワード:海底地形, 海底重力, リソスフェアー] 研究員 事務補佐員. 京都大学受験生ナビゲーション ... 特定准教授, 特定助教 : 吉田キャンパス, 宇治キャンパス, 桂キャンパス, その他の地域 : 白眉センター : 白眉センター 特定准教授または特定助教 ... 防災研究所附属地震予知研究センター 事務補佐員 . 所属 … 京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 講義概要 近ごろ頻発する地震と噴火は、2011 年の東日本大震災が引き金となって地盤が不安定になったからだ。 京都大学受験生ナビゲーション ... 特定准教授, 特定助教 : 吉田キャンパス, 宇治キャンパス, 桂キャンパス, その他の地域 : 白眉センター : 白眉センター 特定准教授または特定助教 ... 防災研究所附属地震予知研究センター 事務補佐員 . 2021 年 1 月 24 日更新. 学位: 博士(工学) 専門: 地震工学、耐震工学. 地震学: プロフィール: 1940年東京で生まれ高知で育った。1963年京都大学理学部地球物理学科卒業後、京都大学防災研究所助手、助教授を経て88年理学部教授。 DISASTER PREVENTION RESEARCH INSTITUTE KYOTO UNIVERSITY, Seismic and Volcanic Hazards Mitigation Research Group Workshop (December 18, 2020), Seismic and Volcanic Hazards Mitigation Research Group Workshop (November 27, 2020), Division of Earthquake Disaster Prevention DPRI, TEL 0774-38-4640(防災研究所広報室)   お問い合わせ先(見学・取材・ご質問など):, Research Center for Earthquake Prediction   -, TEL 0774-38-4640 (RCEP public relations office)   Please send your comments or questions to. Hiroki KAMATA ’ s Home Page. 京都大学ー台湾大学シンポジウム2014(2014.9/1-2) 第10回日本応用数理学会研究部会連合発表会 (2014.3/19-20) 第8回ictイノベーション (2013.12/26) 第15回情報学シンポジウム (2013.12/26) 第6回レーザーカオス・ノイズダイナミクスとその応用専門委員会 (2013.9/24-25) 所属 … 2021 年 1 月 24 日更新. 1997年京都大学大学院工学研究科で博士(工学)を取得 1996年京都大学大学院工学研究科助手 1998年理化学研究所/防災科学技術研究所 地震防災フロンティア研究センター副チームリーダー 2003年-2004年カリフォルニア大学バークレー校客員研究員 地震・津波. 京都大学(山極壽一総長)は26日、地震地質学を専門とする林愛明(りん あいめい)理学研究科教授が2016年10月に米科学誌サイエンスに発表した熊本地震に関する論文に図の改ざんや盗用の不正があった … 地震予知研究センターは、地震・火山研究グループとして、下記の3部門と密接な協力の元に研究を推進しています。. 地震学: プロフィール: 1940年東京で生まれ高知で育った。1963年京都大学理学部地球物理学科卒業後、京都大学防災研究所助手、助教授を経て88年理学部教授。 京都大学防災研究所野原大督助教、角哲也教授らの研究グループでは、このたび、全国の感染症病床を有する372の感染症指定医療機関の浸水想定の状況を調査しました。 京都大学の人物一覧(きょうとだいがくのじんぶついちらん)は、京都大学に関係する人物の一覧記事。 (※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。 講師 京都大学防災研究所 地震予知研究センター 教授 西上 欽也 氏 演題 「京都周辺において今後の地震に備えるために」 (第2回講座) 開催日 平成29年11月11日(土) 講師 京都大学防災研究所 地震災害研究部門 教授 松島 信一 氏 小倉久美子. 准教授. 特任助教. 大学院生. 鎌 田 浩 毅 のホームページ. 京都大学防災研究所附属 地震予知研究センター > アクセスについて 〒611-0011 宇治市五ケ庄; TEL 0774-38-4640(防災研究所広報室) お問い合わせ先(見学・取材・ご質問など):防災研究所広報室 Research Center for Earthquake Prediction - Access Gokasho Uji City Kyoto 611-0011 竹本修三(京都大学名誉教授) (要旨 ) 2018 年6 月18 日に大阪府北邪の浦さ 13 ~15km でM6.1 の地震が発生した。 この地震は、 洘溝型地震ではなく、地殻内断層地震である。当初、近くにある泺断層の有馬-高槻断層帯、上町断層帯、 主に大都市直下で発生する地震を対象として、断層近傍の地震動の時空間分布特性と伝播経路、地盤による増幅特性について研究しています。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 河田 恵昭 (かわた よしあき 、 1946年 3月4日 - )は、 日本 の研究者。 京都大学 名誉教授 、 関西大学 社会安全研究センター長 ・特別任命 教授 、 人と防災未来センター 所長 。 所属: 京都大学原子炉実験所安全原子力システム研究センター 兼 京都大学大学院エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻. 特任助教. RCEP collaborates with the following divisions: © Research Center For Earthquake Prediction. 教授(工学研究科) 研究テーマ. 谷口佳世. 伊藤喜宏. (教授:岩田知孝、准教授:浅野公之、助教:欠員) 地震災害における構造物の被害メカニズムを理解するために地震の発生から構造物の応答までの幅広い領域を対象とした研究を行い、さらに構造物の耐震化へ応用する技術についての研究を行っています。 学位: 博士(工学) 専門: 地震工学、耐震工学. 阪神・淡路大震災を引き起こした1995年兵庫県南部地震の発生から四半世紀が経ちました。 2020年1月9日より、メキシコ国立自治大学(UNAM)からJorge Aguirre-González博士が招へい外国人学者(京都大学招へい教授))として年末まで滞在されています。 果たして、私たちは災害をどう考えればよいのでしょうか。『2040年の未来予測』(日経bp)を上梓した成毛氏が、地震学と火山学に詳しい、京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授と考えます。 京都大学防災研究所教授 部会長: 林 春男: 京都大学大学院工学研究科教授 小林 潔司: 京都大学防災研究所教授 田中 哮義: 京都大学大学院工学研究科助教授 清野 純史: 行政委員 所 属 氏 名; 環境局: 事業部まち美化推進課: 課長: 山田 哲士: 文化市民局 Emmanuel Soliman M. Garcia [キーワード:海底地形, 海底重力, リソスフェアー] 研究員 事務補佐員. 京都大学防災研究所教授 部会長: 林 春男: 京都大学大学院工学研究科教授 小林 潔司: 京都大学防災研究所教授 田中 哮義: 京都大学大学院工学研究科助教授 清野 純史: 行政委員 所 属 氏 名; 環境局: 事業部まち美化推進課: 課長: 山田 哲士: 文化市民局 地震・津波. 所属:京都大学大学院 人間・環境学研究科 教授(専任) (相関環境学専攻 自然環境動態論講座 地球環境動態論分野)ならびに 京都大学 総合人間学部 地球科学分野 教授. 講師 京都大学防災研究所 地震予知研究センター 教授 西上 欽也 氏 演題 「京都周辺において今後の地震に備えるために」 (第2回講座) 開催日 平成29年11月11日(土) 講師 京都大学防災研究所 地震災害研究部門 教授 松島 信一 氏 役職: 教授.