製作: joykids muiscal 協力: npo リトルクリエイターズ 公演日: 2017 年 8 月 4 日(金) 5 日(土) 6 日(日) 6 回公演予定 ※詳細未定。 Amazonで斎藤 惇夫, 薮内 正幸の冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間。アマゾンならポイント還元本が多数。斎藤 惇夫, 薮内 正幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 かわさき演劇まつり実行委員会の公演「【公演延期(期日決定)】冒険者たち -ガンバと15ひきの仲間」のクチコミ情報、チケット情報が確認できます。今観られるお薦めの演劇、ミュージカル等が分かる舞台芸術のクチコミ・チケット情報ポータルサイト。 『冒険者たち -ガンバと15ひきの仲間-』のキャラクターを原案とした2分間のショートアニメ。映画『GAMBA ガンバと仲間たち』のスピンオフ作品。, 2015年10月10日に公開された3DCGアニメ映画[2][3]。白組が構想15年、総製作費20億円をかけて制作した。キャラクターデザインはテレビアニメの物とは別物である。また、原作にはいるがテレビアニメ版で登場しなかったマンプク等が登場する一方、原作・テレビアニメ共に登場したシジン等は登場しない。, 公開初週土日2日間の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)では初登場7位、全国596スクリーン公開で、動員5万8,740人、興収7,505万3,900円にとどまった[4]。これは1スクリーン当たり観客動員が2日で100人弱であり[5]、最終興収は3億円[6]で、製作費の7分の1程度という結果になった。, 主人公・ガンバとその相棒・マンプクは都会に住む町ネズミ。ある日、ガンバは町での窮屈な暮らしに飽きてしまい、海に向かおうとする。その途中、ガンバたちは船乗りネズミによるパーティに飛び入り参加する。そこには船乗りネズミのリーダー・ヨイショやその仲間たちがいた。ガンバ達は彼らと親しくなる。ところが、そこへ傷ついたネズミの少年・忠太がノロイ率いるイタチ軍団に仲間を半殺しにされ、船乗りネズミたちに助けてほしいと頼む。しかし、ネズミ達はノロイを恐れていた。それでも放っておけないガンバはノロイを倒すため、忠太の故郷を救うためマンプクやヨイショ、ガクシャ、イカサマ、ボーボを連れて忠太の故郷の島へ向かった。, 『ガンバ』24年ぶり3DCG映画で復活 “ALWAYS”スタッフ集結、打倒ピクサー, 『図書館戦争』『バクマン。』……上位は順当なれど『ガンバ』が目を疑うほどの大コケ! ツブリ達はノロイ一族に妻を殺され、卵を潰されたため、ノロイに復讐を誓っていた。ツブリはノロイについての情報交換をしたり食糧を援助した。 2018年で8年目を迎えるこのミュージカルは、斉藤惇夫「冒険者たち~ガンバと15ひきの仲間~」(岩波書店刊)を原作に、脚本・作詞・演出を山崎義也が手がけている。山崎は慶應義塾大学卒業後、劇団四季に9年間在籍。多くの舞台で活躍。 !【週末映画興行成績】, 梶裕貴「ガンバと仲間たち」主人公に!神田沙也加は邦画声優に初挑戦&「アナ雪」以来の劇中歌披露, CGとVFXの祭典、VFX-JAPANアワードで「バクマン。」が実写映画部門の頂点に, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=冒険者たち_ガンバと15ひきの仲間&oldid=80941082, 赤いスカーフをした水色のネズミ。町での退屈な暮らしに飽きて、マンプクと共に海に向かおうとする。そこで、ヨイショ、ガクシャ、ボーボ、イカサマと出会い彼らを連れて、ノロイのいる島に行く冒険の旅に出る。, ヒロインのような立場で登場。ノロイと戦うガンバを命懸けで救うが、原作とは違い一命を取りとめ、ガンバを見送る。, 細目をした黄色いネズミ。首に双眼鏡をぶら下げている。岩の砦にてイタチ軍団の襲撃で致命傷を負い、隣の島への移動を前に死亡する。, 手首にナットの腕輪を付けた黒毛のネズミ。ボーボの死後、サイコロをはなむけとして渡す。, メガネをかけた白いネズミで船乗りネズミの中では最年長。テレビアニメ版が秀才だがドジな性格であったのに対し、こちらは完璧な秀才として描かれている。, 船乗りネズミのリーダー。大柄で赤毛、右目と胸に傷痕がある。当初はガンバと敵対していたが、徐々に心が通じるようになる。, 原作と比べスマートな体型になっており、口調も中性的である。最後はガンバたちによって海底に沈められ死亡した。. 『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(ぼうけんしゃたち ガンバとじゅうごひきのなかま)は、斎藤惇夫の児童文学作品。挿絵は薮内正幸。, 前作『グリックの冒険』に登場し、脇役ながら強い印象を残したガンバを主人公としたスピンオフ作品。ガンバの最初の冒険であり、最後でガンバが冒険者として生きていく決心をする。時系列的には『グリックの冒険』よりも前の出来事である。, 当初、斎藤はガンバを主人公とする作品の執筆には乗り気ではなかった。しかし、仕事で八丈島に行った際にイタチを目撃したことからイタチに興味を抱くことになった。そして八丈島のイタチがネズミ退治のために栃木県の養殖所から連れてこられたことを知って、ネズミとイタチの戦いを書きたくなり、ようやくガンバを主人公とする作品の構想が出来上がったという。, 町に住むドブネズミ(町ネズミ)のガンバは、幼馴染みのマンプクに誘われて海を見る旅に出る。2匹は港でネズミのパーティに参加するが、そこへ全身傷だらけの忠太が現れて助けを求めた。忠太によると夢見が島でイタチのノロイ一族に襲われてネズミ仲間たちが激減しているという。, 船乗りネズミのガクシャやヨイショはノロイに会ったが逃げるしかなかった過去を語り、ほとんどのネズミは忠太とともに島に渡ることを拒んだ。ガンバだけがネズミたちの情けなさを嘆き、忠太と共に夢見が島行きの船に乗り込んだ。しかし、ガンバに心を動かされたガクシャやヨイショたちも別経路で船に乗り込んで総勢16匹になった。, 途中、忠太は一行に状況説明をした。年中温暖で過ごしやすい夢見が島は、ネズミ達にとって快適な島だった。2年前にイタチが現れてネズミが激減、今年の春には200匹ほどになってしまったネズミ達は今後の対策を相談した。忠太のおじのトキだけが、島から逃げる事を提案したが大反対されて1匹だけで港の方へ逃げた。残りの200匹はイタチに囲まれてしまい、散り散りに逃げた。山の中腹の洞穴に辿り着いたのは17匹だけ。食料も少なく8匹が別行動を取り北の山の裏に向かった。痩せ細る家族を置いて忠太は助けを求めて船に乗ってきたのだった。, 島に着いた一行は、イタチに注意しながら忠太の家族のいる北の山を目指して荷馬車に乗ったり、海岸を走っていった。途中でツブリ率いる50羽のオオミズナギドリに会った。 脚本・演出・作詞:菅野こうめい 作詞:うえのけいこ. 脚本・作詞・演出:山崎義也. 冒険者たち――ガンバと15ひきの仲間 イタチと戦う島ネズミを助けに、ガンバと15ひきの仲間は、船で夢見が島に向いました。しかし、白毛のノロイがひきいる、どうもうなイタチの群れに追いつめられ、海岸の岩山で最後の決戦の時をむかえます。 傑作児童文学『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を原作に、2009年に初演したミュージカルが、脚本、楽曲、演出などを大幅にリニューアル、ほぼ新作という形で上演されます。この舞台に出演する大山真志さんと和田琢磨さんにお話をうかがいました。 エイト(アフィリエイト), パートナーポイントプログラãƒ, アマゾン ウェブ サービス(AWS), 入会特典をこの商品に利用した場合、. 斎藤惇夫の児童小説『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(アリス館牧新社、のち岩波書店)が原作。原作ではガンバと行動を共にするのは15匹であるが、アニメでは大幅に減らされている。その分、原作での複数の役柄がまとめられている。 振付:振付稼業air:man 【東京公演】 2013年6月6日(木)~6月16日(日) 原作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』の朗読会を会場15名限定+オンライン配信(400名限定)にて開催致します。 そしてスペシャルゲストとして、原作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』の作者:斎藤惇夫先生とのトークショーも実現! 「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」山口勝平朗読会+斎藤惇夫先生トークショー「ガンバの冒険」の大ファンの声優:山口勝平さんが、 原作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』の朗読会... powered by Peatix : More than a ticket. 書名冒険者たち ガンバと十五ひきの仲間著者斎藤 惇夫、 薮内 正幸出版岩波書店発行年1987年9刷状態全体的に焼け。箱に擦れ汚れ、擦れ傷、染み。本体 外装に擦れ汚れ、天地小口やや染み。中はおおむね良好です。送料330円 発送入金確認後2営業日(土日・祝を除く)以内に郵便 岩波少年文庫 44 冒険者たち ガンバと15ひきの仲間、斎藤 惇夫,薮内 正幸:1800万人が利用する絵本情報サイト、みんなの声2件、小学生のころから:大好きな本です。 『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(ぼうけんしゃたち ガンバとじゅうごひきのなかま)は、斎藤惇夫の児童文学作品。挿絵は薮内正幸。 デジタル大辞泉プラス - ガンバの大冒険の用語解説 - 1976年初演のミュージカル。初演時の題名は『冒険者たち ガンバとその仲間』。演出:浅利慶太、作詞:山川啓介、梶賀千鶴子、作曲:いずみたく。斎藤惇夫の児童文学作品『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』に基づく。 音楽:大石憲一郎. さらに行くと、高倉から縄を垂らして出入りしているネズミたちを発見し、高倉の中に招いてもらった。しかし高倉ネズミたちは、ガンバたちの活動でイタチに見つかる危険を考えて高倉の中に閉じ込めようとした。高倉の中には食料はあるものの、水を得るには外に出なければならず、それだけでも危険だった。ガンバはカリックにこっそり穴を開けさせて逃げた。, 一行が忠太の家族のいた洞穴に着くと、イタチの痕跡があり誰もいなかったため絶望した。しかし、忠太の家族はイタチから身を隠すように海岸の岩山の穴に避難していただけだった。ガンバたちは、たまたま洞穴を確認しにきた忠太の姉の潮路に会い、共に海岸へと逃げる事になった。そこへさらにイタチの襲撃を受けた高倉ネズミ達も合流し、海岸から少し離れた所にある岩山の穴で忠太の家族と合わせて100匹のネズミ達がイタチを迎え撃つ準備をした。その夜はイタチの襲撃は無かった。 ミュージカル『冒険者たち』 ~The Gamba 9~ 原作:冒険者たち ― ガンバと15ひきの仲間 ― 斎藤惇夫作 岩波書店刊 . 日中、イタチは海岸に食料を積んでネズミ達を誘惑し続けた。夜になるとノロイは他のイタチを下がらせて、イカサマとガンバを海岸に招待し食べさせた。安心させて他のネズミ達も呼ぶ作戦だったが、岩陰にイタチ達が潜んでいる事に気付かれ失敗した。失敗続きのノロイはリーダーの座を追われ、イタチ達が小賢しい事はやめて一緒に食べようと提案した。誘いに乗りかけた高倉ネズミ達を抑えてオイボレがイタチの元へ向かった。オイボレの正体はトキという事に忠太の父親が気付いたが、オイボレの決心は変わらず、単身で海岸に乗り込み、イタチの残虐さを身をもって証明して死んだ。, 夜が明けてイタチとの闘いが始まり、ガンバとイダテンはツブリの所へ向かった。日のある内にイタチ達は海岸に戻って休んだ。ネズミ達は疲れ切っていたが、いつも通り呑気なボーボによって場が和み、元気を取り戻していった。この日、ノロイは現れなかった。, 次の朝、冷たくなっていたボーボの体は海に沈められた。ノロイの監視を逃れながら一行は泳いで小島へ向かったが、途中で見つかってしまったので、ガンバの仲間の11匹が殿を務め、イタチ達に向き合った。ガンバがいない事に気付いたノロイは、ガンバを殺した事にしてネズミ達を揺さぶった。ガンバを信じる潮路が舌戦を繰り広げたものの、ノロイの爪で胸を抉られた。ネズミ達は奮闘の甲斐なく一か所に集められ、絶体絶命の危機に晒された。そこへ、ガンバ達が 50羽のオオミズナギドリとともに戻り形勢逆転、泳ぎが得意なイタチ達も空からの攻撃にはなすすべも無く全滅した。そしてネズミ達はツブリ達によって元の島に運ばれた。, 忠太が島に残ることを決めた一方、どうしても同行したいという島のネズミが3匹ガンバ達の仲間に加わることになった。ガンバは潮路に告白しようとするも、潮路は息を引き取った。, 潮路を埋葬した2日後、ガンバ達は元の港に帰るために船に乗り、ガンバは仲間達とともに冒険者として生きていく事にした。, 2014年7月19日から同年10月11日放送。読みは「ベビーガンバ」。 Amazon.co.jp: 冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (Audible Audio Edition): 斎藤 惇夫, 野沢 雅子, Audible Studios: Audible Audiobooks 翌日、月が穴を照らすと数の上で優位な高倉ネズミの七郎が、ガンバに代わって全体のリーダーとなりガンバ達を追い出そうとした所、海岸にイタチが現れた。, イタチを前にして弱腰になった七郎に代わり、再びガンバがリーダーになった。宴会の準備をしてネズミたちを招待するというノロイに対し、ガンバやヨイショ、ガクシャ、イカサマ達が舌戦を繰り広げた。ノロイの誘惑に負けそうになるネズミ達が穴から出ようとしたが、潮路の叫びに一同は正気を取り戻し穴に戻った。ノロイは、昼間手出ししないで次の晩に来る事を宣言して去った。, 2夜目にノロイは美声を披露し、他のイタチも合唱を始めた所、ほとんどのネズミが催眠術にかかったように岩穴から出て海に飛び込もうとした。その時、岩山からシジンが声を張り上げて歌い、イタチの歌を打ち消した。さらにバスとテノールがシジンに続いてイタチの歌を乱したので、イタチ達は再び撤退した。, 3夜目はノロイに続いてイタチ達が踊ると、ネズミ達は再び釣られて穴から出た。しかし今度はバレットが穴から走り出てノロイとダンス勝負をした。両者は互いに譲らなかったが、ノロイがイタチ達に別々のダンスを躍らせると、1匹ではついていけないバレットは負けた。そこで潮路が島の祭りの踊りを始め、他のネズミ達も一緒に踊るとノロイの術にかかることはなくなり、イタチ達はまた姿を消した。, 翌朝、ガクシャは祭りの踊りの歌から、年に1度、満月の夜に潮が引いて近くの小島まで泳いで渡れる距離になる事に気付いた。それは明後日の朝なので、泳ぎが上手いイタチの追跡を逃れて渡るためにツブリ達に助けを求めようとガクシャは提案した。 公演名:ミュージカル『冒険者たち〜 この海の彼方へ〜』 原作:「冒険者たち~ガンバと 15 ひきの仲間~」(斉藤惇夫作・岩波書店刊) . 『冒険者たち~ガンバと15ひきの仲間~』 (岩波書店刊) 1940年新潟生まれ。小学1年より高校卒業まで新潟県・長岡で過ごす。立教大学で法律を専攻。デビュー作『グリックの冒険』(1970年)で日本児童文学者協会新人賞受賞。 ミュージカルの原作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』(斎藤惇夫 作)は児童文学として1972年に発表以来、多くの人に愛され、読み続けられ、75年には『ガンバの冒険』としてTVアニメ化もされ、広く知られるようになり、放送から40年経った現在でも、DVD-BOXやキャラクター商品が販売されるなど、根強い人気を誇っている作品。 Amazonオーディオブック Audibleより名作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』が本日配信開始! 2020.10.23 19:45 経済 プレスリリース 文字サイズ ミュージカル『冒険者たち』公演について (公演資料より) 斎藤惇夫氏によって72年に出版された『冒険者たち ― ガンバと15ひきの仲間 ―』。 40年経った今でも多くの人に愛され読み続けられている児童 … 映画『GAMBA ガンバと仲間たち』原作、テレビアニメやミュージカルでも親しまれてきた名作が遂にaudiobook.jpに登場! 斎藤惇夫 著「冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間」がオーディオブックになりま … 15(土)13:00/18:00 16(日)14:00 【名古屋公演】 6/22 名鉄ホール(名鉄名古屋駅より徒歩1分) 22(土)18:00 原作:斎藤惇夫(「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」岩波書店) 脚本・演出:菅野こうめい 音楽:大石憲一郎 ミュージカル「冒険者たち」が6月に上演されます。 ミュージカル「冒険者たち」は、1972年に発表された斎藤惇夫の児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を原作とした作品。