悪と仮面のルール(邦画-サスペンス)のネット動画配信。あらすじ、キャスト・スタッフ、予告編などの情報もご紹介!動画視聴で楽天ポイントが貯まる楽天TV(Rakuten TV)! 「悪と仮面のルール」に対するレビューを読めます 悪と仮面のルールのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS 上映中の映画 Amazonで中村 文則の悪と仮面のルール (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。中村 文則作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また悪と仮面のルール (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 コンビニ受け取り送料無料! Pontaポイント使えます! | 悪と仮面のルール【DVD】 | 映画 | 国内盤 | DVD | KIBF-1876 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! コンビニ受け取り送料無料! Pontaポイント使えます! | 悪と仮面のルール【Blu-ray】 | 映画 | 国内盤 | Blu-ray Disc | KIXF-896 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! 悪と仮面のルールの映画情報。306件のレビュー(口コミ・感想・評価)、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報、悪と仮面のルールの動画を配信している動画配信サービスの情報。 悪と仮面のルール 感想・レビュー投稿. Amazon.com で、悪と仮面のルール の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 アメリカの新聞ウォール・ストリート・ジャーナルの「ザ・10ベスト・ミステリーズ」に選出され、海外でも注目を浴びる芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を映画化。実父から悪に染まるように育てられた男が、壮... 『悪と仮面のルール』公式サイトと公開日は? 最近は『葛城事件』や『クリーピー』といた高評価のサスペンス映画も多いですから期待できますね。 予告を見ても『悪と仮面のルール』なかなか本格的な映画の予感です。 Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. 悪と仮面のルールの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全39件。評価2.8。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. 悪と仮面のルール [Blu-ray] 玉木宏 (出演), 新木優子 (出演), 中村哲平 (監督) & 0 その他 形式: Blu-ray 5つ星のうち3.0 43個の評価 『悪と仮面のルール』(あくとかめんのルール)は、中村文則による日本の小説である。2010年 6月29日に、講談社創業100周年記念「書き下ろし100冊」作品として単行本が刊行された 。 2013年 10月16日には講談社文庫版が発売された。. 本作は2018年1月13日(土)公開で全国50館での公開です。 今後順次公開され最終的 … Copyright (C) 2021 GYAO Corporation. All Rights Reserved. 下記フォームにペンネーム、評価、感想をご記入の上「投稿を確認する」ボタンを押してください。 映画『悪と仮面のルール』は1月13日より全国公開 最新インタビュー 『ヤクザと家族 The Family』綾野剛&舘ひろし 単独インタビュー 中村文則原作のサスペンス小説『悪と仮面のルール』が玉木宏主演で映画化され、2018年1月13日に公開されます。本作は絶対悪としての教育を受けた主人公が、愛する少女を影ながら守るために殺人を犯すというハードな内容で、玉木宏がどう演じるかに注目が集まります。 悪と仮面のルール。kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)。評価2.0。みんなの映画を見た感想・評価を投稿 悪と仮面のルール 【ストーリー】 アメリカの新聞ウォール・ストリート・ジャーナルの「ザ・10ベスト・ミステリーズ」に選出され、海外でも注目を浴びる芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を映画化。 映画の時間では「悪と仮面のルール」を見た感想・評価などレビューを募集しています。. 芥川賞作家の中村文則によるサスペンス小説『悪と仮面のルール』を玉木宏主演で映画化。 ヒロインのホステス香織役に、テレビドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『100万円の女たち』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-3rd season』でなどで大注目の新木優子が決まりました! 続きをみる. 悪と仮面のルール [dvd] 玉木宏 (出演), 新木優子 (出演), 中村哲平 (監督) & 0 その他 形式: DVD 5つ星のうち3.0 43個の評価 All Rights Reserved. 映画を先に見て原作の小説に入るパターンこれに当てはまらないある意味原作キラーの映画玉木宏の無駄遣いスタッフロールに流れて... 映像の雰囲気は結構よく玉木宏の演技トーンに適合しているように感じられ、これはもしかしたら見応えあるかもと期待してしまった... アメリカの経済紙で高い評価を得た中村文則の傑作ミステリーを映画化。邪の心を宿す運命に抗いながらも、愛する女性のためには殺人も厭わないダークヒーローを演じた玉木宏が、芝居への挑み方について語った。, 「Yahoo!映画」はYahoo! 悪と仮面のルール(2017)の映画情報。評価レビュー 399件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:玉木宏 他。アメリカの新聞ウォール・ストリート・ジャーナルの「ザ・10ベスト・ミステリーズ」に選出され、海外でも注目を浴びる芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を映画化。 『悪と仮面のルール』は2018年の映画。『悪と仮面のルール』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。 cinema.pia.co.jp. 138分ですか、非常に長かったです。何度も離脱しかけたけど、もうちょっと観たら説明の足りない部分が補足されるのではないかと言う気がしてなんとなく最後まで観てしまいました。原作を読んだら邪が何なのか解るんでしょうか…財閥の設定も邪悪な闇の設定もありえない物語ならもっと振りきった設定にすれば良かったんじゃないのかなぁ。こういうのを映画にするのは韓国の方が上手いかもしれません。俳優たちが悪いのではなく、演出や脚本に問題があったように感じました。はっきり言って映画館で2時間以上観せるほどの作品なのか疑問です。, 面白いような、面白くないような。雰囲気はあるのですが、ストーリーと人物描写がいまひとつピンとこなかったです。, 退屈な映画だな。見始めて40分ぐらいだけど、こう書き込みたくなる退屈さ!編集したら地味になっちゃったからか、BGM多過ぎ。かつ、mixで立たせすぎ。セリフ聞こえなくて、筋を理解しようとする気すら奪われていく。思い切ってストイックに仕上げた方が良かったんじゃないのかな。もっと役者の演技を信じるべきだよ。監督及び仕上げチームの凄い独りよがりに感じる。さあ、この後最後まで観られるかな。, なんか見た事あるような内容だった。酷いシーンとか、闇ばかり印象的で、ストーリーは面白く無かった。酷いシーンとか要らないから、もっと面白い内容にして欲しい。キャストは良かったと思う。, 言うほどミステリーでもないし、サスペンスでもないし、悪と言ってもね。ストーリー、展開、セリフはありきたりです。キャストは雰囲気があるので、ファンならどうそ。, 悪という表現だけで内容は想像の範囲。途中で寝てしまった。後から、ネタバレサイトでストーリーを確認。そういうこと。。。っていうのはわかったけど、たぶん小説のほうが面白いと思う。, 悪を主題に据えたピカレスクロマンだが、セリフが勿体ぶっているのでイライラする。主人公は父親から悪を引き継いだ男(玉木宏)で、養女をイジメる父親を恨んでいた。あり得ない設定だからファンタジーで、人間のダークサイドを議論する。, タイトルから過激なシーンが多いのかなと思いましたが、めちゃ深い作品でしたね。ラストくらいしか玉木と優子が直接接する場面がないのだが、刑事やテロ組織、過激な人物との会話がとても深く、非常に哲学的なメッセージを感じた。ラストの二人の会話が日常的なのも本編の深い内容で疲れた自分を日常に引き戻して映画が終わるといういいラストでしたね、めちゃスッキリ感じた。, 最近、どんでん返しを図る作品が多くて困りものです。穴が多いのは玉に瑕ですが、素直な展開には好感が持てます。愛する人のために、蛇の父に似る容姿を変え、悪い奴らから守り、そして涙の再開。これは、キズイテイルとゆう事で良いですね。探偵にも分かる訳ですから。だから、涙で、生きていきます、それだけで、良いですね。殺された奴らはカスばかりですから、あまり殺伐な後味が無いのが幸いです。できれば、新木優子のエピソードがも少し有ればと思いましたよ。ところで蛇、邪、て、なんじゃろ?その辺が、説明不足ですねー。それと、テロリストの遼くんは存在感があるのに出番が少ないのが残念でした。, 1人の女性を守る男の話、と思いきやそれだけで片付けられない映画でした。驚いたのは、終始小説を読んでいるような映画づくり。各キャストのセリフは、口語というより文語。こういう映画の作風があるんだと気付き出した頃に、自分の見方が変わってきました。それに気付かなかったら、完全に寝落ちしてましたねテンポが悪いので、面白くないと言う人が多いかもしれません。映画の見方としてそこだけじゃないのかと知らされた感じです。柄本明さんが玉木宏さんに初対面したシーングッと来ましたね〜あそこで一旦この作品が締まった事は言うまでもない。そしてピークは久喜幹彦役の中村達也さんの第二シーンの長ゼリフ。この人、全然誰か知りませんでした。しかし圧巻のセリフ回しで、途中から見入ってしまいました。素晴らしかった!タイトルと内容のどこに一致をみればいいのか分からないですが、そこは軽く流しておきましょう最後に。少年少女時代の回想を何度も観ます。この2人は、どう見ても同級生か年の差があるとしても前後2〜3年でしょう。なのに、玉木宏さんと新木優子さん…年の差が違い過ぎでしょ。ピッタリ合わせろとは言いませんが、程々にキャスティングしないと観る側は冷めます。大人の事情で、どっちも使いたかったんでしょうかねぇ, 10数年前に父親を殺して失踪したという過去を持っていたが、整形をしてすっかり別人になり、新谷弘一(玉木宏)という名前を手に入れた久喜文宏。まずは父親にも何かを頼まれていた探偵・榊原(光石研)を使って、久喜香織(新木優子)に近づく者を調べさせる。クラブでホステスとして働いていた香織は久喜家に養女として迎え入れられ、中学生時代の文宏とは恋仲だったのだ。彼女を守るために生きていく目的を見出して、文宏は陰ながら悪者をやっつけようとするためだ。 金もいっぱい持ってるし、頼もしい騎士のような存在ではあるのだが、父親からは“邪”を植え付けられようとし、自ら殺害という悪事を働いた過去。そんな自分だから香織と再び恋仲になるのは諦めているような雰囲気。最初にヤクの売人を殺したが、久喜と関りのある男・伊藤(吉沢亮)が文宏に近づいてくる。彼は“JL”という小さなテログループの一員でもあり、久喜の財産を資金源にしようと企んでいた。そして、文宏の実兄・幹彦(中村達也)に拉致され、恐怖を味わうことになる。また、鈴木サエの事件を追っていた刑事・会田(柄本明)も証拠も無いのに彼を執念深く追っていたのだ。 整形しても刑事や幹彦には簡単に見破られていることも痛いところだが、映画では少年時代の文宏しか描かれてないので、どのくらい変貌を遂げたのかもわからない。整形して、もらった身分証はブルーの免許証。有効期限が平成30年となっていたから、新谷として鈴木サエと付き合っていた頃には元の顔だったのだろう。ただ、この8年間の空白は海外逃亡やら、整形やら、相当慌ただしい人生を送っていたのだと推測できる。ただし、香織と鉢合わせする可能性もあるし、罪悪感という心理状態なども加味すると、辻褄合わせが厳しいストーリーだ。 JLの「髪の毛が薄い政治家から順に殺す」という犯行声明文には笑ってしまったが、まだ人を殺してないと言う伊藤とか、同じくJLの佐藤(尾上寛之)爆弾だけは正確に作ってるのに何もせずに警察に追われているのもおかしい。もっと凄いのはサイコパスっぽい久喜幹彦だ。平気で顔を切り刻んで人を殺すのに、結局は自殺気味に時限爆弾で吹っ飛んでしまう。この中村達也の怪演によって面白さは増すものの、そもそも何故香織が狙われなきゃいけないのかという動機づけが圧倒的に不足しているため、物語に集中できない・・・大財閥にしては3千万円という遺産も不思議。主人公の文宏にしてもなぜ5千万円持ってるのかも・・・ 不思議なことだらけの人間関係だったが、最後には文宏と香織が近づいているのに本人だとは名乗れないという泣かせるシーン。2人は一緒に涙で顔をぐしゃぐしゃにしていたのも印象に残る。軍需産業批判もわずかながら台詞にあるので加点。 あと、玉木宏はタバコ吸い過ぎ!!, 玉木宏さんが邪としてどんな極悪非道な事をするのかと思ったら意外と良い人でした…ちょっと抽象的なセリフのシーンが多くて原作を読んでいない私にはいまひとつ作品に入り込めなかったです。最後の車のシーンは良かったな, 父によって悪となるため育てられた文宏。顔を変え、父の呪縛を乗り越え生きる文宏はある女性を探していて…。玉木宏目的で鑑賞。殺人描写も少なければ、手慣れてる雰囲気も少なく、言うほど邪っぽさを感じなく違和感が凄い。中村達也の狂気はなかなか見ごたえがありました。, 邪としての本質が強い久喜文宏が父親の存在が危険と思い父親を殺す。久喜文宏が恋した久喜香織。この久喜香織を守るために人殺しもいとわないといった内容だった。少し拍子抜けしました。邪として生きるのだと思っていたので、人殺しとか普通にすると思っていましたが久喜文宏は邪を否定していたのが残念でした。久喜捷三の方がよっぽど邪の感じがしていてよかったです。, 小説(私は未読)からの映画化。悪に手を染め顔と名前を変えた男の物語。他のレビュアー様も記載されているが、小説を大事にし過ぎているのか台詞の言い回しが小説そのままの文章の様で、違和感を感じる。映像も小説を意識し過ぎている様だ。俳優の魅力が出てこない。淡々と物語も進む。「悪と仮面のルール」とタイトルも映画を観ている内に徐々に分かる仕組みだが、第三者にいきなり教えられる部分&誘導される所があり、「?」と思わせる。ミステリーにしたいんだろ?物語の方向性が違和感だらけ。途中まで観ているとその違和感の答えが分かる。小説は時系列がキチンとしていて、主人公の話は少年時代から流れて書かれているのではなかろうか?映画化にて大きく改変。新谷に変わった途中経過から始まり、変にミステリアス的に過去に含みを持たせるから、こんなに違和感を感じるのでは?と。物語の流れを変える事によって面白さが変わってしまう事は多々ある。(私の考えが正しければ)この変え方は如何なものか?小説はその物語を読むに連れて内容の深みにはまるもの。その映画化となれば、その深みが見えるはずなのに。。。。原作を大事にしたいのか、したく無いのか。小説をまず最初に観ているのが必須条件で、その後にて作品をオプション的に観るのであれば楽しみが見出せるかとは思いますが、、、。作品の深みを勘違いしてないかい?ラストが勿体ない!!別の意味で、何とも悲しくなる作品でした。, ラスト感動しました。キャバ嬢の新木優子ちゃん可愛かった。玉木宏さんの悪ぶりは素晴らしい演技でした。, 芥川賞作家・中村文則さんの世界を興味津々で見た。彼の著者は全て読んだが、この「悪と仮面のルール」は久喜家の不気味さと「香織」の普通さの対比が印象的だった。映像でもしっかりと描かれていて、面白かった。最後の車の中での会話は涙か止まらなかった。中村文則ファンとしては「掏摸」の映画化に期待する。監督は中村哲平, サスペンスでもなく、恋愛でもない。かなり中途半端。原作読んでれば良かったのか、なんか足りない感じ。玉木宏は良かったので、もう少し悪い人間か、いい人間に寄せればいいのに。, テロの話なのに、アクションも爆破シーンも無し。映像は綺麗だけど、ひたすらセリフだけでストーリーを展開してるのは、正直退屈でした。やたら玉木宏のアップが多かったのも、なんとも・・・(汗)。吉沢亮が準主役っぽい感じで、そこはポイント高い!ヒロインの女の子はイマイチだったけど、共演の俳優さん達は皆良かったです。, 【劇場公開前に超プレミア先行配信!】44年ぶりに発見されたこの絵画、果たして本物?, 岩田剛典×新田真剣佑の衝撃サスペンス 巧妙な伏線、“ラスト20分”に全て“繋がる”, 【2週間無料トライアル】メジャーからZ級まで世界中のホラー映画・ドラマが《見放題》, 「聖女の魔力は万能です」メインキャスト発表 石川由依、櫻井孝宏ら出演2021年1月31日 16:00, 「ベスト・キッド」パット・モリタの知られざる生涯 ドキュメンタリー監督が明かす“素顔”とは2021年1月31日 20:00, 【「花束みたいな恋をした」評論】坂元裕二が奏でる、この街で暮らす「わたし」や「あなた」と地続きのラブストーリー2021年1月31日 10:00, 【パリ発コラム】舞台は現代、ルパンは黒人 大胆にリブートしたオマール・シー主演Netflix「Lupin ルパン」が好評2021年1月31日 14:00, 【「ソウルフル・ワールド」評論】予想の一歩先を見せてくれる、ピクサー作品のストーリーの妙2021年1月31日 08:00, 第44回日本アカデミー賞は大激戦 「Fukushima50」「罪の声」が最多12受賞2021年1月27日 04:00, 浜辺美波の狂気、藤井流星の絶叫!「映画 賭ケグルイ」第2弾、銃声響く特報完成2021年1月25日 08:00, 「シン・ウルトラマン」特報映像&特別ビジュアル2種公開2021年1月29日 09:00, 「トロピカル~ジュ!プリキュア」2月28日放送開始 海とコスメがモチーフ2021年1月26日 06:00, 綾野剛、撮影現場で「俳優を尊敬しないで」 「ヤクザと家族 The Family」藤井道人監督に伝えた理由2021年1月28日 10:00, 「ベスト・キッド」パット・モリタの知られざる生涯 ドキュメンタリー監督が明かす“素顔”とは, 【「花束みたいな恋をした」評論】坂元裕二が奏でる、この街で暮らす「わたし」や「あなた」と地続きのラブストーリー, 【パリ発コラム】舞台は現代、ルパンは黒人 大胆にリブートしたオマール・シー主演Netflix「Lupin ルパン」が好評, 【「ソウルフル・ワールド」評論】予想の一歩先を見せてくれる、ピクサー作品のストーリーの妙, 第44回日本アカデミー賞は大激戦 「Fukushima50」「罪の声」が最多12受賞, 綾野剛、撮影現場で「俳優を尊敬しないで」 「ヤクザと家族 The Family」藤井道人監督に伝えた理由, 「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」(C)2019 Scudetto Pictures Limited /, 「トキワ荘の青春」(C)1995/2020 Culture Entertainment Co., Ltd /, 「名も無き世界のエンドロール」(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会 /, 「ヤクザと家族 The Family」(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会. Amazon.com で、悪と仮面のルール (講談社文庫) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。