アップルは5月4日、新型の13インチMacBook Proを発表した。3月18日に発売した新型MacBook Airと同様のMagic Keyboardを搭載、キー配列は16インチMacBook Proと同様の、「独立ESCキーあり」「カ Kiyoshi Tane. 革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、Apple Watch、Mac、Apple TVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。 Tech | 2021.01.25 Mon | 0 shares 2019年11月13日に発表されたMacBook Proの16インチモデル。僕の周りではすでに購入した人も数人いますし、購入するかどうか悩んでる人も少なくないみたいです。僕自身はMacBook Proの15インチモデルを使っていて、16インチモデルはこんな人に向いてそうだなっていうのがなんとなくわかるので、購 … 新型MacBook Pro&MacBook Airが今年下半期に登場?ProにはSDカードスロットが復活、AirはMagSafeも. Appleは、新型MacBook Pro(2021)に明るく、高コントラストになった新しいディスプレイを搭載する可能性がある。14インチと16インチの2モデルが用意され、コードネームは順に「J314」と「J316」。いずれも多くのコア数と強化されたグラフィック性能を持つAppleシリコンチップを搭載するという。 2019/11/14 2020/10/18. 新型MacBook Pro 16インチ: Apple はとうとうやってくれた . このページでは、新型「MacBook Pro」の噂・リーク情報を紹介しています。 . 今年は9月に第4世代iPad AirとApple Watch Series 6、10月にiPhone発表イベントが開催。そして11月にはApple Silicon Macイベントが……と3ヶ月連続の予想も有力視されています。「今年秋」と予告されたmacOS Big Surがいつ正式リリースされるのかも気になるところです。, 新型16インチMacBook Proが年内登場?からiPhone 12 Pro売れすぎ?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。, おおかたの予想通りiPhone 12シリーズ(と同時に値下げされたiPhone XR/11も)にはイヤホン同梱が廃止されました。アップルは環境保護のためと謳っていますが、理由や動機はどうあれAirPodsシリーズなど同社のワイヤレスイヤホン売上増に繋がっているとの噂話です。, 台湾のサプライチェーン情報に精通するメディアDigiTimesによると、iPhone 12発表まもなく発売された低価格な「Beats Flex」の販売が速くも加速しているとのこと。別売となったEarPodsは2000円(税別、以下同)でありBeats FLexは5400円、いっそ数千円プラスしてワイヤレスに……と踏み切りやすい価格設定ではあります。, そして例年ならTWS(完全ワイヤレスステレオ)製品の出荷は第3四半期でピーク、第4四半期で落ち込むところ、今年は自宅勤務の人たちが家族との干渉を避けるために今なお需要が高止まりとのこと。新型コロナ禍の外出規制のもとTWSに逆風が吹いていると思われましたが、家族に迷惑をかけない、近くにいても職場の同僚と会話がしやすいニーズが発生しているもようです。, iPhone 12を境にしたイヤホン同梱廃止はTWS販促のほか、カーボンニュートラル(温暖化ガスのトータルゼロ)のほか5G対応に伴うコスト増の相殺、パッケージを小さくして輸送費を下げるなどの狙いが推測されており、(TWSも販売する)スマートフォンメーカーにとっては良いことずくめ。アップルが充電器を同梱しなくなったことをからかったサムスンも、この動きに続くのかもしれません。, それに加えて、2021年前半にはステム(耳からたれる軸部分)が短くなってイヤーチップが交換できる第3世代AirPodsが登場し、ステム部分がなくなった新型AirPods Pro開発中との噂も浮上してきました。これらは一般のTWS人気を後押ししそうですが、発表を間近に控えていると噂が相次ぐオーバーイヤーヘッドホンAirPods Studio(仮)の行方も気になるところです。, 16インチMacBook Proの改良型Magic Keyboard搭載が話題となってから約1年、ようやく後継機が登場するかもしれない手がかりが見つかりました。, それは更新されたBootCampのリリースノート内に、MacBook Pro(2020)への言及があったこと。今年6月に追加された最上位のグラフィックオプション版もMacBook Pro(2019)の1つであり、記事執筆時点でアップル公式にはMacBook Pro(2020)は存在していません。, さらに数日後、今度はmacOS Big Sur11.01ベータ1から3つの未発表Mac関連ファイルが発見。macOSの /System/Library/フォルダ内には各種Macを識別するためのバンドルファイルが含まれており、半ば「アップル公式」の色を帯びている手がかりではあります。, そこでは「MacHardwareTypes-2019f.bundle」「MacHardwareTypes-2020d.bundle」=16インチMacBook Proを意味するファイルも2つ見つかっており、未発表の2020年モデルと何らかの関係があるとも憶測できます。, 11月17日に噂されるアップル独自設計チップ「Apple Silicon」搭載Mac発表イベントにて、Apple Silicon Macが一挙に3機種登場するのか。それとも従来のインテル製チップ搭載Macの新型が滑り込みでお披露目されるのか、今後の展開を注目したいところです。, 一度は発売中止となった純正ワイヤレス充電パッドAirPowerは復活プロジェクト進行中と囁かれていましたが、またしてもお蔵入りになるかもしれないとの観測が報じられています。, 有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Jon Prosse氏は、「「AirPowerの全プロトタイプ/テストや2021年のスケジュールから削除された」「再びAirPowerは死んだようだ」とツイートしています。, Prosser氏はAirPower復活の兆しを何度も伝え、おそらく自宅勤務のエンジニアの手元にあるらしき試作機の画像も公開していただけに、内密に復活しかけて人知れず2度目の死を迎えそうな実況を見ている感もあります。, 今年初めに有名アナリストMing-Chi Kuo氏は「アップルが小型のワイヤレス充電マットを開発中」と述べていましたが、今振り返ればAirPowerよりMagSafe充電器と一致している可能性が高いとも思われます。, そしてAirPowerはiPhoneとAirPods用ワイヤレス充電ケース、Apple Watchの3つを「マットのどこに置いても充電可能」を特徴とする製品です。特定の位置に磁石で固定するMagSafe仕様とは相性がいいはずもなく、アップル社内ではMFi認証を通じてサードパーティ向けライセンスも展開できるMagSafeが優先されたのかもしれません。, アップルが独自の検索エンジンを開発中との噂は何度かありましたが、その取組みが最近になって「強化」されたとの英Finacial Times報道です。今回は同社内の情報源はなく、業界の情報筋による観測や分析が主体となっています。, Webクローラー「Applebot」は2015年にアップルが公式に認めていますが、その用途はSiriやSpotlight検索候補、すなわち自社アプリを賢くするためと示唆されています。今年8月にはその活動が急増しているために、本格的な検索エンジンを独自開発する予定ではとも憶測されていました。, 今回その説が再浮上したのは、米司法省がGoogleを反トラスト法違反の疑いで提訴した直後というタイミングのこと。iOS用Safariの標準検索エンジンはGoogleに設定され、その見返りとして年間1兆円もアップルに支払われている契約を、英規制当局が競合他社にとって「参入と拡大に対する重大な障壁」として調査に乗り出したことと関連があるとされています。要はGoogleとの契約が打ち切りを余儀なくされた後の選択肢の1つ、という可能性があるわけです。, FTが挙げる「アップル独自検索エンジン開発」3つの理由のうち、1つは同社が強いプライバシー保護方針を打ち出し、ユーザーの行動追跡と深く関わるGoogleのような広告配信サービスに批判的な姿勢を隠していないということです。ほかFTは元Googleの検索やAIを担当したジョン・ジャナンドレア氏をAI責任者に迎え入れたことも補強材料としています。, しかしApplebotがもともとSiri強化が目的、ジャナンドレア氏もエッジコンピューティング、すなわち「機械学習をデバイス内で完結させてプライバシーを守る」方針を強調していることから、その意識はGoogleとの美味しい関係を断ち切る独自検索エンジンよりもAI強化に向いているとも解釈できそうです。またもAIスタートアップ買収が明らかになったこともあり、いつの日かSiriが劇的に賢くなるのかもしれません。, 一見すると「iPhone 12との違いはカメラだけ」に見えかねないiPhone 12 Pro(実は筐体素材や内蔵メモリ、有機ELパネルの最大輝度も違いますが)。が、フタを開ければ需要が予想を上回る強さで、アップルも急きょLiDARスキャナ用のチップ増産を発注したとの噂話です。たしかに記事執筆時点ではiPhone 12の配送時期がおよそ11月7日~に対してiPhone 12 Proは16日~となっており、人気の高さがうかがい知れます。, もともとアップルとしてもiPhone 12 ProはiPhone 12シリーズ全体の約20%と低めに見積もっていたと見られており、廉価かつ高性能なiPhone 12人気には及ばないと踏まれていたもようです。同様の位置づけだったiPhone 11がベストセラー機になっていたことや、かつiPhone 12では液晶パネルが有機ELになったこともあり、そちらに需要が集中すると予想されたのもやむを得なさそうです。, もしもカメラ性能やLiDARスキャナの特殊機能(身長を測れるなど)が人気を集めているのなら、6日に予約開始されるiPhone 12 Pro Maxを早期に入手することも激戦となるのかもしれません。ちなみにiOS/iPadOSのApple Storeアプリで予めiPhone 12 mini/12 Pro Maxの各種オプションを選んでから「お気に入り」登録しておくと、予約開始直後に発注しやすくなるので活用したいところです。, ※Engadget 日本版は記事内のリンクからアフェリエイト報酬を得ることがあります。, TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選」, 洗練されたデザインとパフォーマンスを両立。HP Spectre x360 14は趣味にも仕事にも大活躍の1台だ, 次期MacBook ProではSDカードスロット復活のうわさ。カメラユーザーに配慮?, 次期MacBook Pro、Touch Bar廃止?からiPhone 13(仮)に画面内Touch ID?まで。最新アップル噂まとめ, 次期MacBook Pro、ついにTouch Bar廃止で物理ファンクションキー復活のうわさ, 新型AirPods Proはステムがなくなる?第3世代AirPodsは2021年前半発売のうわさ, 新型16インチMacBook Proが年内に登場?BootCampリリースノートに手がかり, macOS Big Surベータ内に3つの未発表Macファイル発見。Apple Silicon初号機に?, アップル、独自検索エンジン開発を強化?Googleとの契約における独禁法違反調査の関連か, iPhone 12 mini、Proシリーズ用 極薄ケースDUROに待望のSpecial Edition 新色レッドも, Google Playでギャンブルアプリ解禁、3月1日から。日本はスポーツ系や宝くじが対象, ゲームストリーミングのGeForce NOWがChrome経由でプレイ可能に、最新版でテスト開始, ディズニー『ベイマックス』新作はGeForce Nowリアルタイム描画のインタラクティブ短編, シャオミMi 11の中国版を速攻入手!Snapdragon 888搭載なのに抜群のコスパ, Safariに保存したパスワードをChromeで。AppleがChrome用拡張機能をリリース, 三井住友カード、バーチャルVisaプリペイド「Vポイント」アプリ提供開始 チャージで2000円還元, Amazon、GoPro HERO7バンドルセットが3万5800円で販売中、約1万9000円OFF, Amazonタイムセール祭り|Ankerのモバイルバッテリーや充電器、オーデイオ機器がお買い得, 米任天堂元社長レジーさん、Switchの大成功を「最も売れない」Wii Uの後だけに幸運と語る. . 1/17:「①:MacBook Pro 14.1インチ / 16インチが、2021年に登場」「⑤:充電端子が、これまでの「USB-C」から「MagSafe」に」 12/23:「②:新たに、ミニLEDパネルを搭載」「⑥:有機ELバー非搭載MBP 16インチが登場? 16インチMacBook Proの本体の厚さは、旧15インチと比較すると1.55cmから1.62cmへアップしています。キーストロークが深くなる分、厚みが増すのは仕方ありません。 Touch Bar仕様変更. ミニLED採用の14.1インチMacBook Proや新型iMac Proが開発中のうわさ - Engadget 日本版 . コラム. MacBook Pro 16インチを4ヶ月使ってみた感想!!不満は強いて上げるなら重たいことのみwあとはグッズが色々欲しくなることかな!(笑)16インチはPhotoshopでの画像編集や動画編集もサクサクできて最高のノートPCですよ!GPUを積んでいるので13インチより映像関係に向いています! インテル第10世代Coreプロセッサ搭載を期待. 0. 2019.11.14. MacBook Pro 16インチを4ヶ月使ってみた感想!!不満は強いて上げるなら重たいことのみwあとはグッズが色々欲しくなることかな!(笑)16インチはPhotoshopでの画像編集や動画編集もサクサクできて最高のノートPCですよ!GPUを積んでいるので13インチより映像関係に向いています! すでに16インチMacBook Proが新型のキーボードを搭載して発売されましたが、次は13インチのMacBook Proがアップデートされるのではないかと言われています。 AppleはEEC(ユーラシア経済委員会)に”A2289モデル”という未発表製品を登録しました。登録状況からMacOS Catalinaを搭載した … 新型16インチMacBook Proが年内登場?からiPhone 12 Pro売れすぎ?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。 新型MacBook Proで「Touch Bar」廃止の報道~Twitterでトレンド入り . みなさんお待ちかねの、Appleシリコン搭載MacBook Pro 14インチ/16インチモデル。どうやら今年後半に登場しそうだという噂です。 MacBook Proの16インチモデルは、15インチモデルのデザインやコンセプトを継承している。ぱっと見はほぼ同じに見えるが、並べてみるとやはり大画面化にともないフットプリント(設置面積)が大きくなっている。厚さも1.55cmから1.62cmへのわずかに厚くなり、重量も1.83kgから2.0kg MacBook Pro 13.3インチ; MacBook Pro 15.4インチ(←廃止・整備済製品で購入可能) MacBook Pro 16インチ(←新モデル) 2016年10月にMacBook Proは現行のスタイルになったのでこのデザインを採用してから2019年で3年となります。 悪名高きバタフライキーボードからMagic Keyboardへ. 新型MacBook Pro 16インチ: Apple はとうとうやってくれた . MacBook Pro 13.3インチ; MacBook Pro 15.4インチ(←廃止・整備済製品で購入可能) MacBook Pro 16インチ(←新モデル) 2016年10月にMacBook Proは現行のスタイルになったのでこのデザインを採用してから2019年で3年となります。 ついに発売されました。従来よりも画面が巨大化した16インチMacBook Proは、11月14日発売となっており価格や詳細なスペックも明かされています。 更新情報. 編集部 日本時間11月13日夜、かねてから噂されていた新型MacBook Proの16インチモデルがゲリラ発表されました。 15インチモデルの後継機にあたる本モデルは見た目こそ劇的な変化はないですが、ここ数年のアップ … 新型16インチMacbook Pro、変わったのはサイズだけではない!【徹底解説】 この記事からとってきた表になりますので、詳しい説明については以上の記事をご覧ください。 とりあえず15インチから16インチへの主な進化内容としては ・グラフィック性能が向上 2020年現在、MacBook Pro15インチが無くなり13インチと16インチの2種類となりました。 以前MacBook Pro13インチを購入したんですが、その際に『13インチと16インチどっちにするか』っていうのをスペック以上に悩んだので比較項目と合わせてお話しします。 MacBook Pro 13インチのレビューは … 16インチ Macbook Proの基本ラインナップは以下の通り。 2,6Ghz 6コア 512GB AMD Radeon Pro 5300M(価格は248,800円+税) 2.3Ghz 8コア 1TB AMD Radeon Pro 5500M(価格は288,800円+税) ちなみに、16インチの新型Macbook Proは、前モデルとなる15インチMacbookよりも1万円安くなりま … MacBook Pro 16 ベゼルレス化を図り、画面サイズは16インチに大型化。 まずは画面サイスから。噂されていたとおり、新型MacBook Pro16は15.4インチから16インチに大型化しました。しかし、横ベゼルは26%、縦ベゼルは34%薄くしたことで本体サイズはほぼ変わらず。。ベゼルレス化と大画面により非 … 2019/11/14 2020/10/18. 新型16インチMacBook Pro所感。多分史上最強のMacBook、でも15インチ特盛り勢としては様子見 . 新型16インチMacBook Proが年内に登場?BootCampリリースノートに手がかり . 2020年5月4日 最新のMacBook Pro 13インチが発売されました。 下記は2019年モデルのレビューになります。 新型MacBook Pro 2019Midは最高! 発売後すぐに購入しましたが、結論から言ってしまうと最高でした。 ここ数年MacBook Proを買う気になれずに見送りしてたんですが、今回の新型には惹かれて購 … アップルは先週、MacのBootCamp(Windowsを実行するユーティリティ)のアップデートを配信開始しましたが、そのリリースノート内で未発表の16インチMacBook Pro(2020)に言及されていることが明らかとなりました。, CONFIRMED! アップルは5月4日、新型の13インチMacBook Proを発表した。3月18日に発売した新型MacBook Airと同様のMagic Keyboardを搭載、キー配列は16インチMacBook Proと同様の、「独立ESCキーあり」「カ LINE共有ボタン; 2021年1月16日 15時42分. 2020年5月4日 最新のMacBook Pro 13インチが発売されました。 下記は2019年モデルのレビューになります。 新型MacBook Pro 2019Midは最高! 発売後すぐに購入しましたが、結論から言ってしまうと最高でした。 ここ数年MacBook Proを買う気になれずに見送りしてたんですが、今回の新型には惹かれて購 … 16インチMacBook Proの本体の厚さは、旧15インチと比較すると1.55cmから1.62cmへアップしています。キーストロークが深くなる分、厚みが増すのは仕方ありません。 Touch Bar仕様変更. MacBook Proの16インチモデルは、15インチモデルのデザインやコンセプトを継承している。ぱっと見はほぼ同じに見えるが、並べてみるとやはり大画面化にともないフットプリント(設置面積)が大きくなっている。厚さも1.55cmから1.62cmへのわずかに厚くなり、重量も1.83kgから2.0kg 現地時間5月4日、Appleは噂の新型13インチMacBook Proを発表。同日から注文受付を開始した。 今回発表された13インチMacBook Proは、これまで長らく噂されてきた 「14インチの画面」 を搭載せず、従来と同じ13インチの画面を搭載するに留まった。これによって、16インチモデルと13インチモデルと … 15.4インチモデルは16インチにアップデートしたので、てっきり13.3インチも14インチになると思っていたら変わらなかった。 「 Apple MacBook Pro 13インチ」をAmazon.co.jpで見る. 新型16インチMacbook Pro、変わったのはサイズだけではない!【徹底解説】 この記事からとってきた表になりますので、詳しい説明については以上の記事をご覧ください。 とりあえず15インチから16インチへの主な進化内容としては ・グラフィック性能が向上 最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD) - スペースグレイがパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 !16-inch MacBook Pro (2020) and 13-inch MacBook Pro (2020).In a Boot Camp Update@MKBHD @a_rumors1111 @markgurman @mingchikuo @jon_prosser pic.twitter.com/VAN7TsTNUB, BootCamp 6.1.13 更新プログラムは、ブート キャンプを使用して Windows を実行するときの Mac の互換性を向上します。, - 16 インチ MacBook Pro (2019 年と 2020 年) と 13 インチ MacBook Pro (2020) の CPU 負荷が大きい場合に発生する可能性がある安定性の問題を修正します。, これは単に手違いの可能性もありますが、16インチMacBook Proのリリースはほぼ1年も前で、モデル更新は十分に考えられることです。今年6月には最上位のグラフィックオプションが追加されてはいますが、アップル公式には依然としてMacBook Pro(16-inch, 2019)のままであり、2020年モデルは存在していません。, 11月17日には、アップル独自設計Apple Silicon搭載Mac初号機の発表イベントが開催されるとの噂がもっぱらです。インテル製プロセッサからApple Siliconへの移行はまずMacBook Air、13インチMacBook Pro、あるいは12インチMacBook復活版といったローエンドから始まることが有力視されていますが、裏返せば16インチMacBook Proのようなハイエンド機は当面見送られる可能性が高いことになります。, しばらくApple Silicon Macと既存のmacOSアプリとの互換性が不確実ななかで、もしも16インチMacBook Pro(2020)がインテル製チップに留まり、2019年モデルの第9世代Coreプロセッサから第10世代に移行するなら、歓迎するMacユーザーも多そうです。, ※Engadget 日本版は記事内のリンクからアフェリエイト報酬を得ることがあります。, TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選」, 洗練されたデザインとパフォーマンスを両立。HP Spectre x360 14は趣味にも仕事にも大活躍の1台だ, 2005年1月29日、5万8590円と手頃な価格の初代「Mac mini」が発売されました:今日は何の日?, アップル、Macをスリープさせない人気アプリを「規制薬物を推奨している」として削除を通告。後に撤回, macOS Big Sur 11.1配信開始。AirPods Max対応、M1 MacでのiPhoneアプリ拡大表示が可能に, Pro Display XDR用色校正アプリをアップルが公開。ついに「真のプロ仕様」に(測定機は約167万円), アップル独自設計Apple Silicon搭載Mac初号機の発表イベントが開催されるとの噂, iPhone 12 mini、Proシリーズ用 極薄ケースDUROに待望のSpecial Edition 新色レッドも, Google Playでギャンブルアプリ解禁、3月1日から。日本はスポーツ系や宝くじが対象, ゲームストリーミングのGeForce NOWがChrome経由でプレイ可能に、最新版でテスト開始, ディズニー『ベイマックス』新作はGeForce Nowリアルタイム描画のインタラクティブ短編, シャオミMi 11の中国版を速攻入手!Snapdragon 888搭載なのに抜群のコスパ, Safariに保存したパスワードをChromeで。AppleがChrome用拡張機能をリリース, 三井住友カード、バーチャルVisaプリペイド「Vポイント」アプリ提供開始 チャージで2000円還元, Amazon、GoPro HERO7バンドルセットが3万5800円で販売中、約1万9000円OFF, Amazonタイムセール祭り|Ankerのモバイルバッテリーや充電器、オーデイオ機器がお買い得, 米任天堂元社長レジーさん、Switchの大成功を「最も売れない」Wii Uの後だけに幸運と語る. エンジン周りは相当 …