肺ガンの骨転移 今後の経過について67歳男性、私の父です。最初の診断からこの2月で5年になります。以前にも質問させて頂いておりますが、病状が変わったのでまた質問させて下さい。今までは肺内転移だけでしたが先日のアイソトープ 身体の中にがん細胞を抱えるがん。その中でも肺にできたものを肺がんと言いますね。がんは一度治療を終えたと思っても、体内に種が残っていて転移、再発する恐れがあります。今回は肺がんにおける再発、特にその生存率や余命について見ていきたいと思います。 ☆夫の肺癌を一緒に乗り越えるため☆ 2019.12 夫の肺ガンステージ4(骨転移、リンパ節転移あり)が発覚。一緒に乗り越えるための記録を書いていきたいです。 メール頂いても返信する事が出来ないです。 本当にごめんさない(>_<) よく読まれている人気記事 がん保険ランキング2018~現役fp100人に聞いて分かった損をしない選び方⇒ スポンサードリンク. 肺がん末期ステージ4緩和ケアか在宅で過ごすかについて肺腺癌末期ステージ4骨とか全身転移あり抗がん剤治療不適応でなし 頭はクリアでご飯もそれなりに食べるが、日中は気持ち悪くて布団で過ごす時間も多い。起きてる時は台所でのんびりとくつろいでいます。家族としては死ぬまで … 肺腺癌 胸膜播種 粟粒性肺転移 骨転移 手術不能 当院治療5年11ヶ月経過 イレッサ併用4年10ヶ月 患者様は74歳の女性で、平成13年8月に都内の大学病院にて、右肺腺癌(肺癌)StageⅢB以上(T4N1MxPM(+))CTにて胸膜播種あり余命6ヶ月の病状と診断され、対症療法が適当とされました。 ここでは、「乳癌が骨転移の余命」についてお話します。乳癌は骨に転移しやすい癌としても有名ですが、骨に転移した場合の余命ってどれぐらいなの?最近では乳癌になる年齢が少しずつ低年齢化しており、若年性乳癌を患う人も多くなっています。 特に、ステージ1,2等の早期肺がんの方が再発しやすいと言われており、20%程度の患者さんが再発する、と言うデータもあります。 転移性脳腫瘍の5年生存率が低いのは、脳転移した時点で転移元の治療後の経過もしくは見通しがよくないからです。(これを「予後不良」と言います) そして、 転移性脳腫瘍の余命は6ヶ月程度 と言われてい … 肺からの転移が多い場所として、胸椎や腰椎、肋骨など体の中心部にある骨が挙げられます。手足の末端などにはあまり転移が見られませんが、骨盤や大腿骨など下半身に転移するこ … 肺癌の骨転移は進行非小細胞肺癌では約30〜40%に生じるとされ,生存期間の中央値は1年にも満たないとされる。 本邦における259人の非小細胞肺癌でのレトロスペクティブな解析では,その経過で70人(30.4%)に骨転移が認められている。 骨転移の恐ろしい症状は、常に続く痛みと脊髄を圧迫することで起こる麻痺です。骨転移はすべての臓器がんで起こる可能性があります。防ぐ術は現在の医学ではありません。定期的な検査のみです。自分の身は自分で守るが鉄則です。定期的な検査を自ら主治医へお願いしてください。 肺がんは転移しやすいがんですが、なかでも骨転移は痛みや骨折の原因となり、患者さんの日常生活に大きな影響を及ぼします。最近、この骨転移の進行を抑制する新薬が登場し、期待が寄せられています。監修 中西洋一 九州大学大学院呼吸器内科学分野教授 肺がんでよく見られる骨転移は周囲の血管やリンパ管を通じて、がん細胞の一部が他の臓器に移ります。肺はガス交換のため大量の血液が流入しており、がん細胞が骨に転移しやすいと考えられています。骨に転移した場合、骨そのものに手術はできないため根治が難しいくQOLをいかに低下させないかが重要になります。骨転移するとこのように治療法が狭まってしまうことから肺がんになったら進行をさせない、遅らせる対策が事前に必要です。ここでは肺がんのステージⅣに触れながら、肺がんが骨に転移したら何ができるかをお伝えしたいと思います。, 肺は、空気中の酸素をからだに取り入れ、不要になった二酸化炭素を外に出す働きをしています。鼻や口から吸い込んだ空気は喉頭を通り、気管に入ります。気管は左右の肺の中に入ると2つに分かれて気管支となります。気管支は更に細かく分かれ、先には肺胞という空気が入った小さなブドウの房のような袋が付いています。, 1975年~1998年の統計では、男性のがんの割合は増加傾向にあります。最多は胃がんですが減少傾向を見せ、肺がんの割合は第2位です。, 2003年の死亡率は胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、肝臓がんの順で肺がんは第3位です。60歳以上の喫煙者に多い病気ですが、それ以外の方でも発生することがあります。喫煙率は減少傾向ですが、高齢化に伴い国内では増加を続けています。, 他のがんにも言えることではありますが、肺がんでは特に喫煙者に多く発症するがんです。喫煙者は非喫煙者の約4倍かかりやすいと証明したデータがあります。, 肺がんは症状を表に出さずに早く進行する場合もありますが、早期に発見できれば手術で治る可能性も高くなっています。その他の原因では遺伝や大気汚染、女性では女性ホルモンなどがあります。, 1週間経っても咳が改善しない: 肺がんが気管支や肺を刺激して発生する症状です。血痰なども見られます。, ※他の病気にもあてはまることなので判別しにくいですが、進行すると体力消耗、食欲減退、体重減少が出てきます。, ステージⅣの非小細胞肺がんの余命はだいたい平均1年です。近年の分子治療薬などの治療薬により余命は伸びている傾向にあります。中でも分子標的薬が奏功すると何年も生きることができます。奏功しない場合は余命が数ヶ月伸びる程度しか期待できません。, ステージⅣの肺がんは平均で1年の余命ですが、個人差も大きいです。分子標的薬の使える人やタバコを吸わない人や体力のある人などは、平均の余命より長生きできる可能性が高いです。また、一般的に骨転移の場合も余命は1年以内と言われています。, 余命1年というのはまだ比較的体力がある状態で、延命への治療も期待できます。 しかし、もし余命1ヶ月などと言われた場合は、余命1年とは状況が大きく違います。多くの場合は体力も落ちており、日常生活を送るのがやっとです。治療は積極的には行わずに、緩和治療を中心に行うことになるでしょう。このような場合、いかに自分らしく生活を送るかも重要になりますので、親しい人と過ごしたり、自分の好きなことをしていきましょう。, もはや抗がん治療の光が見られなくなったときには、絶望や不安は誰もが感じる通常の感情です。医療スタッフやご家族は安易に励まさず、その気持ちを受け止めて声をかけることが大切です。治療の望めない状況での接し方としては①治療の選択肢のメリット・デメリットを挙げてセカンドオピニオンを勧める。納得して決めたと思えることを目標にしてコミュニケーションをする。②患者の価値観や生き方を尊重する。この2つを参考になさってみてください。, 骨に転移したがんを取り除く直接的な手術をすることはまれですが、骨転移による合併症である骨折と脊髄圧迫に対する手術があります。骨折などを起こさないように、生活の質を保つための手術となります。, 骨転移と診断されると進行度によっては緊急入院ということもありますが、身体への影響がなければ薬剤による治療が検討されます。, 化学物質でがん細胞の分裂を抑えますが、骨髄細胞などの正常細胞も損傷を受けやすくなります。骨髄では白血球、赤血球、血小板などの血液細胞が作られるため、白血球、赤血球、血小板の減少が起こります。, 骨の痛みの緩和以外に病的骨折の予防、脊髄圧迫の治療と予防、骨折治癒の促進など、目的とする部分に対する直接的な治療です。しかし、骨転移およびその痛みが全身へ広がった場合に、次から次へと照射することによる放射線の副作用が懸念されます。, 3大療法が施せない場合において、下記の治療法も検討することが医師から勧められるかもしれません。詳しくご紹介します。, 骨の痛みに対しては鎮痛剤などももちろんありますが、上記に挙げた治療法以外に緩和ケアという療法もあります。骨転移で初めてがんが発覚した患者にとっても、がんが進行しないように治療と向き合ってきた患者にとっても、「骨転移があります」と診断されたら人生に見放されたような気持ちになることも避けられません。そのように絶望的になったときに緩和ケア専門家によって身体的、精神的サポートを受けられます。, 緩和ケアは終末期ではなく「痛み」を感じた時からいつでも始めることができるケアです。, WHOは「生命を脅かす疾患に関連する問題に直面している患者とその家族の苦痛、身体的、を早い段階で特定し、それらを適切に評価・治療することによって苦痛を防ぎ解放することを通して、患者と家族のQOLを改善するアプローチ」と定義しています。, 骨転移では上記にも述べたように寝返りを打てないほどの骨の痛みがあり、生活の質が下がってしまうことが一番の問題でしょう。骨転移の痛み以外にがんの治療の過程では様々な困難が患者を襲います。がんと診断されたときの精神面における絶望感、孤独感、治療のよる副作用である痛みや吐き気、食欲不振、だるさ、便秘、眠れないなど体の症状、手術後の痛み、再発や転移による痛み、医療費の問題、転居、自宅療養についての不安、生きる意味についての悩み、などが出てきます。緩和ケアは、がんと診断されたときからいつでも受けることができ、患者が前向きに治療に取り組んでいき、生きる活力を取り戻していけるようになるのが利点です。, がんと免疫のメカニズムは、健康な方を例に挙げると、がん細胞は体の免疫が排除します。しかし免疫が弱っているとがん細胞を排除できなくなり、どんどん進行させていきます。骨転移の場合手術がほとんどできません。根治的な治療ができないため、副作用のある化学療法や放射線治療と組み合わせた免疫療法も注目されています。免疫療法では自己の体に備わっている免疫を使って、免疫本来の力を回復させてがんを治療する方法です。化学療法単体だと免疫力を下げますが、副作用を伴わない免疫療法を併用することで免疫力を落とさずに、そして化学療法による副作用を軽減させながら治療をすることが可能になります。免疫療法はがんになる前から予防としても使用することもできますが、末期のがん患者にとっては治療におけるストレスの軽減といったQOL(生活の質の向上)の観点から取り入れることも少なくありません。, 肺がん患者の中には喉がつかえる症状があり、診察を受ける前から気づかぬうちに食べる量が減ってきたという人も少なくありません。そのため、治療の前に既に体重が減り、栄養状態も悪くなっていることが多いようです。, また、食事も免疫療法の一つであると意識して栄養をバランスよく取り入れて、しっかり食べて体力をつけていきましょう。放射線療法や抗がん剤療法を受けると白血球が下がりますが免疫療法ではこれを再び上げることが可能です。, その他でがんになりにくくさせる方法、進行させない方法としては直射日光を避け、ストレスをためず、ビタミンなどの抗酸化作用のある栄養素を摂ることです。, がんが骨転移するとステージとしてはⅣ期と判断され一般的には予後が厳しくなるのは事実です。しかし、骨転移がそのまま死につながることはありません。直接死に関連するのは肺や肝臓、脳などの重要な臓器に転移する場合です。骨転移だけであれば、そこから進行させないための治療を受けることで、生存期間を延ばすことは可能です。実際、骨転移をしていても乳がんと上手に付き合いながら、長く生存している患者さんもたくさんいます。そのためにも、なるべく早期にがんを発見し、適切な治療を受けることが何よりも大切です。, 医療ライター。 回答者・上野貴史 「図1.50歳以上男性(上)と女性(下)の余命」「図2. 転移性がんです。 転移の中でも、肺から離れた臓器(肝臓、脳、骨など)や原発巣とは反対側の肺、胸膜や心膜に転移したもの(遠隔転移)があればiv期(ステージ4)と判定されます。 リンパ節転移は、転移の中でも「原発部分に近い部分で起こる転移」です。 例えば、乳がんの場合、骨や肺に転移すると「遠隔転移」となりステージ4になりますが、リンパ節転移があったとしても軽度な転移ならステージ2です。 前立腺がんは、65歳以上の男性がかかるがんですが、早期発見ができれば予後が良く、余命に影響を与えない病気だとされています。 ただ、稀に進行がんになると、骨転移を起こしやすいので、その場合の痛みなどの症状や予後について知りたいのではないでしょうか? https://menekiryoho.com/cancer/, ①のひどい咳の刺激によってできる胸の痛み: 気管支を閉塞する、あるいは胸水がたまって肺が小さくなると呼吸困難、かれた声などの症状があります。, 静脈症候群の症状: 肺がんが大静脈を圧迫すると、血液の循環ができなくなり、顔や首が腫れます。. がんの中でも生存率が低いとされるのが肺がんです。そして、それは進行度によって4つに段階分けされています。ステージ4に近付くほど重いとされていますから、ステージ3はその中でも重症な段階ですね。 骨転移の治療は、痛みをやわらげたり、骨折や麻痺をできるだけ防いだりすることを目標に、薬や放射線治療が選択されます。 転移したところだけでなく、もとのがんの状態も含めて、患者さんの全身の状態によって、治療の方針や内容が決定されます。 肺がんは、転移しやすいがんといわれ、主に転移する場所では、リンパ節、骨、脳に転移しやすいです。肺がん転移について、骨への転移を考えてみます。 肺がんの骨の転移はがんが進行するにつれて、転移していく箇所が決まっています。肺がんの骨の転移はまず、肋骨や胸椎(きょうつい� 当院は、「がんと感染症」に重点を置く総合病院として総合診療基盤を備え、質の高い医療を患者さんに提供しています。また、都道府県がん診療連携拠点病院として、地域連携やがん専門研修、がん登録など東京におけるがん医療の中心としての役割を果たしています。 現在治療中のがん患者さんの9%前後に転移があり、肺(51%)、次に乳がん(10%)、直腸がん、胃がん、大腸がんの順に高頻度となります。原発巣不明も10%前後あります。転移巣は髄腔内にがん細胞を播種し、がん性髄膜炎をきたすことがあります。治療なしで予後は1~2カ月と報告されています。脳外のがん病巣の状態から予後3カ月以内と考えられる場合は一般的には手術の対象になりません。図1は原発巣では肺がん、乳がんが多く、脳実質内、頭蓋骨、硬膜 … 肺がんが末期になったら完治する見込みはかなり薄くなります。このページでは、ステージ4まで悪化した場合の余命を意識することの大切さについて説明しています。 当記事では肺がんのリンパ節転移の症状と余命について解説します。 肺がんにかぎらず、がんは最初にがんができた部位(原発巣)から別の部位(他臓器)に移って、そこでがんが増殖することがあります。これを転移といいます。 人間のからだには、免疫をつかさどるリンパがめぐっており� 目次. 父が末期の前立腺癌です骨に転移していて、5年前の段階で末期で余命3ヶ月と宣告を受けてから民間治療を色々としてきました。(本人の希望)一次はレントゲンでの癌がほぼ消えたりして喜 んでいましたがやはり最近は骨の転移の痛みが出てきて痛み止め(ロキソニン)を飲んだりして … リンパ節転移は、転移の中でも「原発部分に近い部分で起こる転移」です。 例えば、乳がんの場合、骨や肺に転移すると「遠隔転移」となりステージ4になりますが、リンパ節転移があったとしても軽度な転移ならステージ2です。 肺がんはどのくらいの期間で再発するのか? もし、肺がんが再発する場合は5年以内、多くの患者さんは 2年以内 に再発されると言われています。. 転移の中でも、肺から離れた臓器(肝臓、脳、骨など)や原発巣とは反対側の肺、胸膜や心膜に転移したもの(遠隔転移)があればiv期(ステージ4)と判定されます。組織型(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、小細胞がん)やリンパ節転移の有無、原発のがんの大きさは問いません。 骨転移. 前立腺がんは、65歳以上の男性がかかるがんですが、早期発見ができれば予後が良く、余命に影響を与えない病気だとされています。 ただ、稀に進行がんになると、骨転移を起こしやすいので、その場合の痛みなどの症状や予後について知りたいのではないでしょうか? 転移性肺がんは、すでに肺転移があるので、他の場所に転移が存在するかどうかも重要です。この検査は、肺以外の肝臓、脳、骨の検査が行われます。ctかmriかエコーかpetがしばしば行われます。これらの検査で肺以外にがんが見つからなければ手術を考えます。 更新日: 2017年6月15日. 2006年11月に『がんサポート』は発刊3周年を迎えた。私が肺がんの4期と宣告されたのは、2003年の10月のこと、翌11月に誕生した『がんサポート』は創刊以来ずっと定期購読をしている。私は、この3年を、がんと共に、また『がんサポート』と共に生きてきた。 放射線治療 骨転移部位への放射線照射によって痛みを抑え、腫瘍を小さくする効果があります。 当院では、3次元高速画像ctと放射線装置が一体化したct一体型ライナックでがんの位置を的確に計算し、がんの周りの正常な組織の被ばくを避け、ピンポイントで病巣への照射が可能な、安全 … 余命については、無数に骨転移があるということですので何とも言えませんが、平均的には2~5年です。骨だけで肺や肝臓などへの転移がなければ、長期コントロールできる場合もありま … q 肺癌から脳転移 余命は? 父が半年まえ肺癌になりました。 右肺の2つを切除して一安心してたのですが 定期健診で5ミリの転移が脳に見つかりました。 これはステージ4ということなのでしょうか? あと余命はどれくらいなのでしょうか? 肺腺がんステージ4の余命、そして5年生存率は? ステージ4は、一般的には末期と呼ばれ、肺以外の臓器、例えば脳・肝臓・骨・副腎などに転移している状態です。 胸腔内にも悪性の胸水が溜まった状態です。 特に、がんが脳、肺、肝臓等の重要臓器に転移した場合は、確実に余命を絶たれてしまいます。 倉西先生は長期間をかけて119例もの乳がん症例に自家がんワクチン療法を施行してこられましたが、そのうち、骨転移がある乳がん患者さんが20例おられました。 主に得意分野は、がんや免疫療法、経営者インタビュー記事作成など。, がんの免疫療法完全ガイドとは? 「肺がんは再発と転移が起こりやすい」のページです。肺がんの初期症状と治療法、生存率について。肺がん各ステージの症状と手術、転移、放射線治療。肺がんは再発と転移が起こりやすい。骨への転移は大きな痛みも。 肺腺癌 胸膜播種 粟粒性肺転移 骨転移 手術不能 当院治療5年11ヶ月経過。新免疫療法(nitc)によるがん免疫療法の症例報告です。オリエント三鷹クリニックでは、患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を行っております。 骨転移は乳がん患者さんに比較的多いとされ、一般的に予後が悪いといわれています。小林麻央さんも乳がんの骨転移を告白しました。ただ最近では転移性の乳がんに対する治療法が改善し、徐々に生存率も改善してきています。はたして乳がんが骨転移した場合の余命(生存期間)はど … 肺がんの骨への転移の初期だったら、治療可能だったでしようか。 実父の肺がんが骨に転移し、激痛で救急病院で診てもらったところ手の施しようがないと、医師より告げられました。 同居しているわけではないので、いつごろからどの程 引用元-癌がリンパ転移や骨転移をすると怖いというのは本当なのか. リンパ節転移の余命. 板橋中央総合病院外科医師 発行:2014年12月更新:2015年3月, 7年前、乳房温存手術を受けました。がんの大きさは2.2cm、ホルモン受容体陽性、HER2陰性、リンパ節転移が1個あったため、右脇のリンパ節(腋窩リンパ節)を郭清しました。退院後は*リュープリンの皮下注射を2年間、*ノルバデックスを5年間服用しました。手術時は閉経前でしたが、その後閉経しました。今年(2014年)になって腰痛がひどくなり、検査の結果骨転移が判明。頭蓋骨、胸骨、頸椎など無数に転移していました。今後の治療法と余命について教えてください。, ホルモン受容体陽性の方で再発が発見された場合、生命を脅かす状況でなければ、抗がん薬ではなくホルモン薬で治療を開始するのが標準です。ご質問の方は、術後の補助療法から2年が経過し、現在は閉経されているということですから、AI剤(アロマターゼ阻害薬=*アリミデックス、*アロマシン、*フェマーラ)の服用が標準治療となります。, ノルバデックスの再開でも効果がある可能性はありますが、AI剤のほうがより有効なことが臨床試験で証明されています。AI剤が効かなくなった場合には、*フェソロデックスなどのホルモン薬に変更します。ホルモン薬に抵抗が生じてすべてのホルモン薬が無効となった場合には、化学療法が選択されます。, また、破骨細胞抑制薬である皮下注射薬*ランマークや、ビスホスホネート製剤の*ゾメタなどの点滴静注薬を投与することで骨関連合併症の発症時期を遅らせることができます。, 骨痛が生じた場合には放射線照射が有効なことが多く、オピオイド製薬で除痛をはかります。病的骨折、脊髄圧迫が重大な合併症であり、まれに予防的手術が行われることもあります。余命については、無数に骨転移があるということですので何とも言えませんが、平均的には2~5年です。骨だけで肺や肝臓などへの転移がなければ、長期コントロールできる場合もあります。, *リュープリン=一般名酢酸リュープロレン *ノルバデックス=一般名タモキシフェン *アリミデックス=一般名アナストロゾール *アロマシン=一般名エキセメスタン *フェマーラ=一般名レトロゾール *フェソロデックス=一般名フルベストラント *ランマーク=一般名デノスマブ *ゾメタ=一般名ゾレドロン酸, もっとガイドラインを上手に使いこなそう! 『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』はより患者目線に, 切除不能または再発乳がんの脳転移にも効果が HER2陽性乳がん治療薬「ツカチニブ」をFDA承認, 5個以内の転移なら治癒の可能性も 乳がんのオリゴメタスタシスに対する体幹部定位放射線療法SBRT, 遺伝子情報をもとに効果の高い治療法を選択 膵がんにおける遺伝子変異に基づくゲノム医療とは. 肺がんは比較的転移しやすく、骨、脳、肝臓、副腎、リンパ節などが好発部位です。転移すると、部位に応じていろいろな症状が現れます。このページでは、転移と転移の有無を調べる検査について説明し … 乳がんは、骨転移しやすいがんです。遠隔転移をきたす患者さんのうち、約3割は、最初の転移が骨にみられるともいわれています。 乳がんは進行がゆっくりであることが多く、骨転移を起こした後もうまくがんと付き合いながら過ごしていくことが可能です。 がんステージ4の症状と余命~小林麻央さんも戦うガンの生存率 . こんにちは。加藤隆佑です。あなたが、骨に転移があったとしても、余命を数える状態では、ありません。骨に転移していたとしても、体を動かして、体力を落とさないようにしましょう。そのためには、骨転移による痛みを取り除くことは、大切です。 身体の中にがん細胞を抱えるがん。その中でも肺にできたものを肺がんと言いますね。がんは一度治療を終えたと思っても、体内に種が残っていて転移、再発する恐れがあります。今回は肺がんにおける再発、特にその生存率や余命について見ていきたいと思います。 肺がんステージ4の余命と生きるために必要な情報と治療をブログで解説。肺がんの患者さんを多数診療する緩和ケアの専門医が解説。オンラインで全国相談対応中。早期緩和ケア大津秀一クリニックで、早期からの緩和ケア外来・相談・診察を新宿・渋谷に近い診療所で行う緩和医療専 … リンパ転移で余命宣告(質問) 父が末期膵臓癌と申告され、余命は平均4ヶ月だそうです。リンパ節や肝臓に転移しているらしく、腹水もかなりたまっており食欲もありません。 医薬系会社にて医療事務に従事する傍らで、美容系サイトにて痩身美容(脂肪吸引など)ついて執筆するフリーライター。 肺がんの場合、縦隔や肺門、首や鎖骨上のリンパ節に転移することが多くあります。リンパ節転移によって起きる症状や治療、余命などについて解説しています。 リンパ節転移の余命. ☆夫の肺癌を一緒に乗り越えるため☆ 2019.12 夫の肺ガンステージ4(骨転移、リンパ節転移あり)が発覚。一緒に乗り越えるための記録を書いていきたいです。 メール頂いても返信する事が出来ないです。 本当にごめんさない(>_<) 肺がんのステージ4【余命と骨転移は親密な関係がある?】 肺がん ステージ4まとめはこちら 骨肉腫 初期症状 について小学生から大人まで分かりやすく解説しております。 がんがある程度大きくなると、周りの臓器を破壊します。臓器を破壊する過程で、がん細胞が血管やリンパ管(血管に似た管状の構造物で中をリンパ液が流れる)に入り込みます。血管やリンパ管に侵入したがん細胞は血液やリンパ液の流れに乗って、他の場所に移動をします。この現象を転移と言います。血管に入って転移をする場合を血行性転移、リンパ管に入って転移をする場合をリンパ行性転移 … 余命の図(図1)の解釈」を更新しました。 2018年05月09日 「表1.50歳以上男性(上)と女性(下)の余命」に関しての解釈文を一部修正しました。 2015年09月02日: 掲載しました。 閉じる. 他のがんと同じように、肺がんも早期発見と早期治療が大切です。早い段階で見つかれば、体に負担の少なく治療が可能です。しかし、肺がんの場合、上記にも述べたように自覚症状に乏しいこともあります。診断された時点ですでにがんが進行しているケースが多くを占めるのが実情で … 肺がんは比較的転移しやすく、骨、脳、肝臓、副腎、リンパ節などが好発部位です。転移すると、部位に応じていろいろな症状が現れます。このページでは、転移と転移の有無を調べる検査について説明しています。