栽培地域も多く、日本最大の茶園・牧之原台地周辺をはじめ様々な地域でお茶を栽培しています。. æµåŸŸã®å±±é–“部などをはじめとする20を超えるお茶の … ä¸Šæµéƒ¨ã®æ¸…沢村に住む茶農家、築地光太郎が … く160キロメートルほどあります。このため茶産地ごとのブランドが確立されているのが特徴です。寒暖の激しい山間地や初春、積雪 … お茶屋さんに行くと、緑茶は産地の名がついて販売されているのをよく見かけるのではないでしょうか。緑茶は産地別に売られていることが多いのです。, 自分に合ったおいしい緑茶を手に入れるには、産地別に違う緑茶の特徴をよく知っておく必要があります。, そこで、今回は主な緑茶の産地別に特徴を解説します。お茶を選ぶ前に参考にしてみてください。, 緑茶には「日本三大産地」として有名な場所があります。それは、静岡県・鹿児島県・三重県です。, これは日本の緑茶の生産量ランキングの上位3位となっています。国産のお茶はほとんどこの3県で生産されているといってもよいでしょう。, 静岡県には「お茶の産地」というイメージが既にある方も多いのではないでしょうか。日本でもっとも緑茶を生産している県で、国内の4割程度のお茶は静岡県で生産されているのです。, 川根茶、掛川茶、沼津茶……など、数々の銘柄茶があります。とくに深蒸し茶の生産が盛んです。, 深蒸し茶とは、通常よりも蒸気を多く使い、時間をかけて深く蒸したお茶のことを指します。静岡県でよく飲まれており、渋みを抑えた甘みのある味わいが特徴です。, 全体的に豊かなうまみと濃厚なコクを持っているのが特徴です。鹿児島県内で栽培されている品種が多いこともあり、さまざまな種類のお茶を楽しめます。, 4月の一番茶から10月の秋冬番茶まで出荷時期の切れ目がないので、年間を通じておいしいお茶が楽しめるのもポイントです。, 有名な銘柄茶は伊勢茶です。伊勢茶は厚い葉肉を持つのが特徴で、濃厚な味わいで3煎目まで味や香りの変化がほとんどありません。, ちなみにかぶせ茶(冠茶)の生産量は全国1位を誇っています。茶の木に直接遮光幕をかけるという栽培方法で、うまみを増やす栽培方法です。, 「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」という歌があり、静岡茶・宇治茶・狭山茶の3銘柄は日本三銘茶として有名です。, 静岡茶は静岡県全体のお茶を包括するブランド名であり、実際にはより産地を限定した地域ブランドが存在します。, 香りも味も濃厚な川根茶、味は濃いけどさっぱりした香りの掛川茶など、産地によっても味が異なるのです。, 宇治茶の産地である宇治田原は、緑茶発祥の地と言われています。宇治の地から、日本の緑茶の歴史はスタートしたのです。, 宇治茶は最初こそ渋みを感じるのですが、甘さやコクが後から追いかけてきます。最初は苦いのに、後味は甘いのが宇治茶の特徴です。, 京都・奈良・滋賀・三重でとれた茶で、京都府内業者が府内で仕上加工したものでなければ「宇治茶」と呼べないという決まりがあり、ブランドをしっかり守っています。, 厚みのある茶葉と「狭山火入れ」という独特の焙煎方法が特徴で、濃厚な甘みを持っています。たくさん茶葉を使わなくても、しっかりと味が出るのも特徴です。, ただ狭山茶は生産量が少なく、地産地消で終わってしまい、全国的に多く流通はしていません。, 日本三大産地、また日本三銘茶をご紹介してきましたが、日本のお茶どころはこれだけではありません。, 生産量は国内6位ですが、伝統本玉露の生産量が日本一です。そのため、日本有数の高級茶の産地として知られています。, 釜炒り茶が有名ですが、現在は蒸して加熱するお茶が主流になっています。茶葉は丸みを帯びており、ツヤがあります。日本茶の中ではかなりユニークなお茶です。, アミノ酸やカテキンが多く含まれており、ほどよい渋みと濃いうまみが共存するコクのある味わいが特徴です。, 全国第6位の生産量を誇っており、実際は産地ごとに細かく地域ブランド(月ヶ瀬茶、田原茶、柳生茶など)が分かれています。, この記事では有名な銘柄のみを紹介しましたが、まだまだ日本中においしいお茶を生産している産地は数多くあるのです。, 各地のお茶の特徴を知ることで、より自分のお気に入りの一杯を見つけやすくなるだけでなく、違いを楽しむことでより豊かなティーライフが送れます。, 風邪予防などで、毎日うがいをしているという方も多いのではないでしょうか。 そのうがいに粉末緑茶が使え […], 「カテキンが体にいいらしい」そんなウワサを耳にするようになってからしばらく経ちました。 しかしカ […], 「狭山火入れ」という独特の焙煎方法が特徴で、濃厚な甘みを持っています。たくさん茶葉を使わなくても、しっかりと味が出るのも特徴です。. ⑥本山 (ほんやま)茶産地. その地域は下記のと … 静岡がお茶の産地として有名なのは、みなさんご存知かと思います。 では、日本におけるお茶の三大産地は?パッと思いつく方もいらっしゃるかと思いますが、今回は、意外と知らない日本茶の主要産地 … æ ¹ãªã©ã€è‡ªç„¶ç’°å¢ƒã‚’活かした産地がそれぞれのブランドを確立しています。山間地で育つ「本山茶」は … お茶観光地としてのマーケティング手法を綿密に検討する 必要がある。2. ‘茶)の主要産地 日本では、北は秋田から南は沖縄まで、 広範囲でお茶が栽培されています。 ¹(あしたか)山の南側に、整備された広い茶園が広がっています。 清水・庵原 美しい富士山を望 … æµåŸŸã‚’中心とする産地で、上流地帯は良質なお茶の産地として知られています。 ⑧富士・沼津茶産地. æ ¹èŒ¶ç”£åœ°. 藤枝市岡部は日本三大玉露の産地として玉露やかぶせ茶の生産が盛んです。そのほかにも、地域をあげて新しい品種を育てたり、品質管理に取り組んだりしています。 静岡県の主なお茶産地 い物には、会員登録が必要です。 会員特典 お届け・送料につい … 1.1. ①静岡県:30,800トン 1.2. ②鹿児島県:26,600トン 1.3. ③三重県:6,130トン 1.4. ④宮崎県:3,770トン 1.5. ⑤京都府:3,160トン 1.6. ⑥福岡県:1,920トン 1.7. ⑦奈良県:1,710トン 1.8. ⑧熊本県:1,290トン 1.9. ⑨佐賀県:1,170トン 1.10. ⑩愛知県:880トン 玉露の産地は大きく分けますと福岡、京都、静岡ですが、最近では三重県の玉露も生産量が増え人気が出てきているようです。 しかし玉露と言えばやはり福岡県や京都、静岡とイメージされる方が多い … žæ£®ã®èŒ¶ã€æœæ¯”奈玉露などの代表的な産地とブランドをご紹介。静岡県のお茶 … 静岡県は生産量もですが栽培面積も日本一です。. ⑤志太 (しだ)茶産地. 農林水産省発表の『令和元年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)』によると、令和元年産荒茶生産量は全体で7万6,500tでした。そのうちの38%が静岡県産で2万9500t、次いで鹿児島県、三重県、宮崎県の順でした。お茶の産地 … ±ã‚€ã—茶」などの特徴ある産地として知られています。 令和元年度茶産地構造改革事業の追加公募のご案内 1 概要 変化する需要に応じた茶の生産体制に改革するため、ビジネス経営体等が流通販売者と連携して取り組む施設や機械の整備、認証取得に対し支 … 本研究の目的 本稿は,静岡県内の観光促進におけるお茶資源活用の 必要性を受け,静岡県中部のお茶産地であり,お茶を活か し … お茶の三大産地は、 静岡県・鹿児島県・三重県 です。 平成29年の荒茶生産量(お茶の原料)の上位10位は以下の通りとなっています。 平成29年荒茶生産量/上位10位 1. ⑦清水茶産地. 「産地賞」は、茶種ごとに成績優秀な市町村に対し褒章するもので、静岡市は名実ともに日本を代表する茶産地となりました。, ※1日本茶業の将来を展望し、茶生産の近代化と我が国の茶業経営の一層の発展を図ることを目的として、全国の都府県から選抜出品された茶(荒茶)を対象として開催される、お茶の品評会。「普通煎茶10kg」「普通煎茶4kg」「深蒸し煎茶」「玉露」など7茶種8部門で競われます。, 井川や梅ヶ島周辺は安倍奥と呼ばれ、南アルプスを背に年平均気温は10℃余り、冬は氷点下の続く厳しい自然環境です。かつて徳川家康公は井川大日峠のお茶蔵で夏の間じっくりと熟成されたお茶の味わいを楽しんだとされています。, 静岡茶の歴史は安倍川の中流域、足久保から始まりました。茶祖「聖一国師」が鎌倉時代に中国からお茶の種を持ち帰り、この地に蒔いたのが始まりとされています。豊かな自然に恵まれた静岡本山茶を代表する産地です。, 静岡茶の祖「聖一国師」が生まれたのは藁科川の上流、大川地区の栃沢です。また、明治時代、この地域一帯のお茶が「安倍茶」と呼ばれていた頃、藁科川上流部の清沢村に住む茶農家、築地光太郎が、他の茶産地と区別するために「本山茶」と名付けました。このように、藁科川流域は本山茶の歴史と関わりが深く、静岡本山茶を代表する産地です。, 鮎の天然遡上で知られる興津川の上流域に位置し、川霧と豊かな自然が上品な香りの銘茶を生み出します。毎年、静岡茶市場の初取引では、最高値で取引される産地として有名です。, 興津川に沿って山あいを走る国道52号沿いにあり、山梨との県境まで続く南北に長い地区。江戸時代より交通の要衝であった「身延道」は、現在でも甲信地方との”お茶の懸け橋”となる大事な街道です。, 庵原での茶栽培が本格化するのは明治初期。幕末の開港まで地域の換金作物であった「ドクエ」に代わる作物として普及が図られたのがお茶とミカン。その後も熱心な報徳活動により山々がお茶やミカンに開墾され、今日に至ります。, 国の名勝に指定された標高300mの丘陵地に茶園が広がり、ここから望む清水港と富士山の大パノラマは絶景です。1908年(明治41)、杉山彦三郎によって発見された日本茶の代表品種「やぶきた」発祥の地としても知られています。. 静岡市のお茶にまつわるさまざまなエピソードを紹介し、静岡市が「お茶のまち」として形作られていった歩みを紐解きます。 詳しく読む 静岡市のブランド茶や産地の紹介、また静岡のお茶の伝統・文 … å¸‚のお茶畑に囲まれたしずかな日本茶カフェ。茶園の四季を眺めながら美味しいお茶を味わい体験していただく、ゆとりと癒しの空間をお届けします。 … ¥ã‚’行い、卸・販売をしています。 2018.12.18 年始のお知らせ 2018å¹´12月29日(土)~2019å¹´1月6日( … ±è’¸ã—茶)お茶通販店|初回送料無料。お試し500円。通常5000円で送料無料|農家直売 茶師 杉山明宏 製造直販|専門店のネット通信販売|お客 … Copyright © Shizuoka City All Rights Reserved. ‘茶を生産している県で、国内の4割程度のお茶は静岡 … 楽天市場-「お茶(産地(都道府県)静岡,福岡)」(茶葉・ティーバッグ<お茶・紅茶<水・ソフトドリンク)3,508件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイ … 埼玉県の狭山地方で生産され、渋味・味とも濃く、主に関東地方で消費されます。 栽培面積も日本一. 日本一のお茶の産地、静岡県 1244年、聖一国師(しょういちこくし)が宋よりお茶の種子を持ち帰り、静岡市郊外の足久保に植えたのが始まりという言い伝えがあります。 ±è’¸ã—煎茶、新茶、ほうじ茶、べにふうき)が豊富。品質第一!味本位!老舗専門店ならではの本当においしいお茶・こだ …