一方、ロンドンでは謎の連続「自殺」事件が起こっていた。 緋色の研究 珏1部 珏1獠:アフガン戦争で負傷し、イギリスに送り返されてきたワトソンは軍人年金をで生活する中、友人の紹介で初めてシャーロック・ホームズという人物と出会う。 『緋色の研究』のあらすじや感想、時代背景を解説! 名探偵シャーロック・ホームズが誕生した記念すべき一作 突然ですが、あなたは「名探偵」というキーワードで誰を思い浮かべますか? 1887年から1927年にかけて、60編(長編4、短編56)が発表された。 名探偵の代名詞、シャーロック・ホームズ。 全作品を合計すると60作品(長編4、短編56)にもなります。 文庫本にして9~10冊ですから、全部読み切るのはなかなか大変です。 ブログを報告する. 『緋色の研究』(1887)を皮切りに次々と発表された私立探偵シャーロック・ホームズと友人ワトスン博士を主人公とする一連の作品は世界的大人気を博し、「シャーロッキアン」と呼ばれる熱狂的ファンが今なお跡を絶たない。 延原謙(1892-1977) 岡山県生れ。 過酷なアフガニスタンの戦場から祖国イギリスに傷病して帰還してきた軍医のジョン・H・ワトスンは、手頃な住まいを検討し始めていた矢先に知人から家賃を折半する同居人を探している男の話を聞く。 そうしてワトスンは「アフガニスタン帰りだ」と会うなり指摘してくる男に紹介された。 彼がシャーロック・ホームズだった。 ホームズと共にベイカー街221Bに暮らし始めたワトスンは、やがて彼が「普通」とはかけ離れている … 緋色の研究は、コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの最初の作品です。執筆されたのは1886年で、発表されたのが翌年の1887年。「緋色の研究」が掲載された、「ビートンのクリスマス年鑑」1887ĺš´11月号。 シャーロック・ホームズ「緋色の研究」のあらすじについてまとめています。小説「緋色の研究」の登場人物についてもあわせてご紹介しますので、小説をわかりやすく読む時の参考にしてくださいね。 名探偵シャーロック・ホームズ 緋色の研究 発売日 : 2015ĺš´7月15日 世界一の名探偵・シャーロック・ホームズに、解けない謎などひとつもない。 シャーロック・ホームズ 緋色の研究のあらすじ・作品解説ならレビューン小説. シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes) は、19世紀後半に活躍したイギリスの小説家・アーサー・コナン・ドイルの創作した 、シャーロック・ホームズシリーズの主人公である、架空の探偵。. シャーロック・ホームズシリーズの第一作目 「緋色の研究(A Study in Scarlet)」 後の研究で、”Study”は「習作」と訳すのが正しいとされたが「緋色の研究」という題名は日本で定着しているためそう呼ばれることが多いです。 シャーロック・ホームズ 東洋の冒険 (光文社文庫) シャーロック・ホームズ 大百科事典 (河出書房新社) 指差す標識の事例 (創元推理文庫) 生物の進化大事典 (三省堂) 「緋色の研究」は、どのようなあらすじ? 名コンビの出会い コナン ドイル『緋色の研究』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 彼の活躍する一連の作品は大ヒットして、推理小説の分野に一つの頂点を築いた。 シャーロック・ホームズ(光文社文庫)(アーサー・コナン・ドイル,日暮雅通,文芸・小説,光文社,電子書籍)- 永遠の名コンビ誕生! ベイカー街221Bからすべてが始まる。 - 電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー) シリーズのまとめ買い、一気読みも! あらすじ. シャーロック・ホームズ/緋色の研究 - アーサー・コナン・ドイル - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 今日はシャーロック・ホームズシリーズの第一作にして、ホームズとワトソンの出会いという記念すべきエピソードも描かれる『緋色の研究』をあらすじ含めてご紹介します。, 手頃で住みよい下宿を探していたワトソンは病院時代に助手を務めていた青年と再会し、シャーロック・ホームズという特異な人物を紹介される。そして2人はベーカー街221Bで共同生活を開始することになった。, 初対面である自らの前歴や、アフガニスタンの戦場から負傷して帰ってきたことなどを言い当てるホームズはワトソンを驚かせた。そんな共同生活を開始してすぐ、スコットランドヤードから事件発生の手紙が届き、2人は現場へ。, 殺された立派な服装の男は、イーノック・ドレッバーという名刺を持っており、壁には”R A C H E”と血で書かれた文字が残され、女性の婚約指輪が落ちていた…。, あらすじは第一部しか触れていませんが、ストーリー自体は二部構成になっています。一部で、あらすじご紹介した通り、ホームズとワトソンの出会いと事件発生、真相解明。二部で事件に関する過去を描いています。, 半分くらいは過去に関わる描写なので、初めて読んだときは、過去編長くね!?が正直な感想でした。今ほど本も読んでいなくて、翻訳ものにも慣れていなかったので…しかも読解力に理解力に何から何まで今よりもレベルが低かったので。, それでもしばらくして、ふと思い直してもう一度読み直してみるとまぁこれが面白い。ホームズかっこよい。読書レベルUPしたのか…!?, 初めて読んだ私のように、まだあまり読書慣れしていない、翻訳モノはあまり読んだことがない、少しとっつきが悪いと感じている方は、もしかしたら少し飽きる…?という心配はありますが、めっちゃ有名な推理小説ですし、一度は読んでみても損はないと思います\(^o^)/, ホームズとワトソンが出会うシーンでは、初対面でなんでもズバズバ言い当てるホームズに驚くワトソンが見られます。初めてホームズシリーズを読む方もきっと同じく、驚かされるでしょう。あまりの推理力におおおおおぉ!とテンション上がりますよ。, 五、植物学の知識―――不定。ベラドンナ、阿片、その他一般毒物にはくわしいが、園芸に関してはまったく無知。, 六、地質学の知識―――限られてはいるがきわめて実用的。一見して各種の土壌を識別。散歩後ズボンの跳泥を小生に示して、その色と粘度によりロンドン市内のどの方で付いたものかを指摘したことあり。, 九、通俗文学の知識―――該博。今世紀に起きた恐るべき犯罪はすべて詳細に知っている。, これはワトソンが出会ったばかりのシャーロック・ホームズの知りうる限りの情報をまとめた内容です。ぱっと見、完全にぶっ飛んでますね。ホームズは、必要のない知識は全く頭に入れない!と断言するような人物ですし、天才すぎて凡人とはかけ離れているのは間違いなしですね。, ワトソンは後にこの情報についていろいろ訂正してるんですが。ホームズは 自分の推理力に絶対的な自信を持っていて、実際それは相応の自信なんですけど、あまりに天才すぎて周囲の人の気持ちを鑑みていない言動なんかもしばしば。, 事件の内容としては、謎の背景や動機がホームズシリーズにはよくあるパターンで、真相解明の仕方と言い、ホームズらしさはばっちりだなと思います。これを読んで面白いと感じたなら、きっとシリーズのどの作品も楽しめるはず。, 翻訳ものに不慣れだと読みづらさを感じるかもしれませんが、まずは挑戦あるのみ!読んでみたら意外とハマるかもですよ。名探偵と言えばシャーロック・ホームズ。これからミステリーを読むなら一度は触れてみてください。, ですが、出版された当初の事情で泣く泣くカットされた短編を、原作にはない一作『シャーロック・ホームズの叡智』として出版していますので、そこんところも考慮してどうぞ!, mnglvさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog シャーロック・ホームズ「緋色の研究」のあらすじについてまとめています。 小説「緋色の研究」の登場人物についてもあわせてご紹介しますので、小説をわかりやすく読む時の参考にしてくださいね。 シャーロック・ホームズも、従来の温厚で知的な中年紳士のイメージを一新。腕っ節自慢のやんちゃ坊主になっている。あらためて「緋色の研究」を読んだら、意外にも今回のほうがオリジナルに近かった。 『緋色の研究』ホームズとワトソンの出会い!あらすじご紹介 今日はシャーロック・ホームズシリーズの第一作にして、ホームズとワトソンの出会いという記念すべきエピソードも描かれる『緋色の研究』をあらすじ含めてご紹介します。 読みたい本をお探しの方、参考にしてみてください。 【ゆっくり文庫】ドイル「緋色の研究」(2/3) シャーロック・ホームズより [エンターテイメント] 共感した男──ホームズほどの天才であっても、苦労しながら前に進んでいる。ワトソンは嬉しく … 医学博士のジョン・ワトスンは、古い友人であるスタンフォードと偶然再会し、同居人を探していたシャーロック・ホームズを紹介される。 | アフガニスタン紛争に軍医として従軍したジョン・ワトスンは、負傷して帰国し、ptsdに悩まされている。 カウンセラーにはブログに日々の出来事を綴ることが助けになると言われるが、全く書き進めることができない。. コナン・ドイルの『緋色の研究』が出版されて、シャーロック・ホームズが世に出たのです。 ホームズ・シリーズは謎解きの痛快さもさることながら、当時の金銭感覚がありありと描写されていることが魅力です。 この記事は、シャーロック・ホームズシリーズの「緋色の研究」を読んでから見て下さい! *以下、ネタバレを含みます。 「緋色の研究」で起きた”ロウリストン・ガーデン事件”について詳しく紹介してい … 緋色の研究 - シャーロック・ホームズ - アーサー・コナン・ドイル - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 映画「シャーロック・ホームズ 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。シャーロック・ホームズ のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright © 2019 シャーロック大好き!世莉の部屋All Rights Reserved. シャーロック・ホームズシリーズ(英: Sherlock Holmes )は、小説家 アーサー・コナン・ドイルの作品で、シャーロック・ホームズと、友人で書き手のジョン・H・ワトスンの織り成す冒険小説の要素を含む推理小説である。. 緋色の研究は、コナン・ドイルの小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの最初の作品です。執筆されたのは1886年で、発表されたのが翌年の1887年。, この小説を発表した時、著者のアーサー・コナン・ドイルは、開業医でした。本業が暇なため、その時間を小説にあてていたということですが、もし医師として大成功していたら、シャーロック・ホームズは生まれなかったかもしれませんね。それか、引退した後の空いた時間で小説を書いていたかも知れませんので、シャーロック・ホームズの登場が遅れたかも。, 名探偵シャーロック・ホームズと、相棒ジョン・ワトスンの出会い、コンビで初めて挑む殺人事件と、話題性抜群の「緋色の研究」。, ※あらすじは、アーサー・コナン・ドイル著「緋色の研究」(創元推理文庫)を参考にしています。, 医学博士のジョン・ワトスンは、古い友人であるスタンフォードと偶然再会し、同居人を探していたシャーロック・ホームズを紹介される。, ワトスンは軍医補としてアフガニスタン戦争に従軍するが、ジェノサイド弾によって肩を負傷、その後ロンドンに帰還していた。プライベートホテルに滞在していたワトスンは、経済的な理由から下宿先を探していたのだった。, ホームズはワトスンと握手をするなり「アフガニスタンに行ってきましたね?」と、ワトスンを驚かせるが、ワトスンはこの「科学的で奇妙な男」とベーカー街221Bで同居を始める。ホームズは自らを「探偵のコンサルタント」と自称し、実際にホームズを頼って相談に訪れる人達をワトスンは目の当たりにする。, ある日スコットランド・ヤードのグレグスン刑事から、ホームズのもとに事件の一報を知らせる手紙が届く。ロリストン・ガーデンズ三番地にある空き家で、「イーノック・J・ドレバー」という男性の遺体が発見されたというのだ。空き家へ侵入した経緯、死因、動機が全て謎であり、グレグスンはホームズに捜査の相談を持ちかけてきたのだった。, ワトスンとともに現場を訪れたホームズ。遺体は外傷がないが、周りにはおびただしい血痕や血のりが残っているのを見たホームズは、「血は犯人のものでは」と推測する。そして、遺体を運び出す時に女性の結婚指輪が発見されるが、ホームズはそれが事件を解決する重要な手がかりと見る。, 壁には 「RACHE」という文字が残されていた。グレグスンは「RACHEL(レイチェル)」と解釈したが、ホームズはドイツ語で復習を意味する「RACHE」とホームズは断言する。, 遺体第一発見者のジョン・ランス巡査から話を聞いたホームズとワトスンは、巡査から「事件発見時、その家の木戸に寄りかかっているひどい酔っぱらいがいた」という証言を得る。, 結婚指輪が犯人にとって重要な意味を持つことを予測したホームズは、「ブリンクスンロードで結婚指輪を拾いました。心当たりのある方はベイカー街221Bのワトスン博士あてに連絡ください」といった趣旨の広告を新聞の夕刊に掲載した。, ホームズとワトスンは、万が一に備えて用心していたが、指輪を取りに訪れたのは、歩くこともおぼつかない老婆だった。老婆は「その指輪は娘サリーのもの」だと言い、ホームズたちは指輪を老婆に渡す。, 老婆が犯人の一味と予感したホームズは、老婆の後をつけるが、老婆はホームズを見事に煙に巻き、尾行は大失敗に終わる。, グレグスンは意気揚々としてホームズの元を訪れ、犯人を逮捕したと報告する。逮捕されたのはアーサー・シャルパンティエという海軍将校。ドレバーが同行していた秘書のジョーゼフ・スタンガスンと共に宿泊していた宿の女主人の息子だった。, マダム・シャルパンティエにはアーサーの他にアリスという娘がいるが、ドレバーはアリスに興味を示し、宿を引き払う当日、アリスを強引に連れて行こうとしたのだ。怒ったアーサーはドレバーを叩き出す。その後ドレバーは乗車する汽車の時刻になっても姿を表さず、空き家で変わり果てた姿となって発見されたのだった。, ドレバーの秘書スタンガスンが何かを知っていると行方を追うホームズたちだったが、「ハリデーズというプライベートホテルで死亡しているのが発見された」というレストレード警部の一報に愕然とする。, 時は1848年、舞台は北米大陸の砂漠。ジョン・フィリアと幼女・ルーシーは、飢えと喉の渇きの中砂漠をさまよっていた。食べ物と飲み物は底をつき、ルーシーの母親を含む彼らの連れはすでに餓死していた。2人も死ぬ運命のみ残されている状態だった。, そこへモルモン教の一行が通りかかり、2人を救助する。一行はイリノイ州ノーヴーから「都シオン」を目指し移動中だった。モルモン教団に加入することを条件に、ジョンとルーシーは彼らと行動をともにする。, ブリガム・ヤングをリーダーとしたモルモン教の開拓団一行は、ソルトレイクシティに独自のコミュニティを築く。, ジョンは自分で家を建て、ルーシーを養女として育てながら真面目に働き、12年後にはコミュニティ屈指の資産家になっていた。, ある日ルーシーは炭鉱探しにやってきたジェファスン・ホープと出会う。ルーシーに恋心を抱いたジェファスンは、度々ジョンの家を訪れるようになり、ルーシーも次第に心を寄せていく。, 町を離れるその日、ジェファスンはルーシーに「2ヶ月後に戻ってきたら求婚する」と告げる。ルーシーは快諾し、ジェファスンを見送った。, ジェファスンの婚約者となり幸せの絶頂にいたルーシーだったが、運命は彼女の思いと反対の方向に動いていく。モルモン教団は一夫多妻制を推奨していて、年頃になったルーシーもその対象になったのだ。, ある日ブリガム・ヤングがジョンのもとを訪れ、ルーシーと、ドレバーかスタンガスンのどちらかと結婚するように命令する。, 一夫多妻制を拒否し、ルーシーとジェファスンの婚約を祝福していたジョンは、返答を先延ばしにしていたが、断れば命はないことを悟る。, 町を出ようと決心したジョンは、ジェファスンに手紙を書く。手紙を受け取り事態を知ったジェファスンは、厳戒態勢をくぐり抜け、ジョンとルーシーの元へ戻ってきた。, ジェファスンの手引きを頼りに、3人は街を脱出することに成功、警戒の薄い荒野を逃げ延びるのだった。, 犯人はジェファスン・ホープ。ジェファスンは御者で、ホームズに頼まれた浮浪児たちの手引きでベイカー221Bに馬車を走らせてきた。, 2階に上がるようホームズに言われ、ホームズに犯人と指摘された途端、窓から身を投げようとした。, 無事に町を脱出したジョン、ジェファスン、ルーシーの3人だったが、「もう追ってこないだろう」と気を許したある日、ドレバーとスタンガスンの追手に見つかってしまう。, それがジェファスンが食べ物を探しに2人から離れた時に起こったことで、ジョンはその場で殺害され、ルーシーはコミュニティに連れ戻されてしまった。, ルーシーの葬儀に紛れ込んだジェファスンは、ルーシーの指から結婚指輪を抜き取ると、復讐を誓ってその場を去った。, 身の危険を感じた2人は住まいを転々とし、ヨーロッパまで逃げる。ジェファスンも2人の後を追い、その地で働きながら2人を監視していた。, 英国でようやくジェファスンは復讐のチャンスを掴む。宿屋を追い出されたドレバーは辻馬車を拾うが、御者はジェファスンだった。, ジェフェスンはドレバーを例の空き家に連れ込み(以前客が落とした時にこっそり作った合鍵で家の中に入った)、ドレバーに自分の正体を告げる。気が動転しているドレバーに、毒入りとそうでない丸薬を選び、同時に飲み込むという「薬の決闘」を挑んだ。, ジェファスンは喜び勇んで空き家を後にするが、結婚指輪を落としたことに気が付き戻る。しかしすでにそこにはランス巡査が事件を発見していたため、ジェファスンは大酔っぱらいのふりをしてその場をやり過ごした。, その後ジェファスンはスタンガスンが滞在しているホテルを突き止め、ドレバーと同じように決闘を挑む。しかしスタンがスンはジェファスンに襲いかかってきたため、ジェファスンは刺殺した。, ジェファスンは胸に大動脈瘤を患っていて、いつ破裂してもおかしくない状態だった。逮捕されたジェファスンは、ホームズたちに事件の顛末をすべて話すが、その夜に大動脈瘤が破裂して亡くなったのだ。, 事件を伝える新聞は、事件解決はレストレードとグレグスン両警部のおかげと報じている。それを読んだホームズは「つまりはこれが、われわれの重ねてきたすべての『緋色 の 研究』の結末というわけだ 」と言い放つ。. ホームズとワトソンが出会い、同居をするところから物語が始まる、シャーロック・ホームズシリーズ第一作。ホームズの正体に疑問を抱くワトソンだったが、その推理力には度肝を抜かれた。そこに、警察から事件に協力して欲しいという手紙が届く・・・ 「緋色」を「研究」するという意味は、解釈の仕方で変わってきます。 小説の原題は「A Study in Scarlet」。 「緋色の研究」は、訳そのままですよね。 でも、これには異論があって、「研究」よりも美術用語により近い「習作」を使ったほうがいいのでは、という主張も根強いんです。 確かにホームズは自分の推理活動を「美術」になぞらえて「A Study in Scarlet」と表現していた部分がありましたよね。 普通の人では、なかなかこういう発想ないですね。さすがホームズ。 ウィキペディアによれば、美 …