ブルーライトは、睡眠にどのくらい影響するのでしょうか。古賀教授が20代の女性を対象に、ブルーライトを約50%カットするメガネをかけた場合と素通しのメガネをかけた場合で、平日の就寝1時間前にスマートフォンを見てもらって比較検証したところ、2日目と3日目までは差はなく … ブルーライトはもはや日常生活に欠かせないスマホやパソコン、照明の殆どに使われている可視光線として最も紫外線に近い光です。ブルーライトが人体に与える影響、その対策に至るまでのブルーライトシンドローム(症候群)を語ります。 スマートフォンやパソコンを見る時間が劇的に長くなった現代、心配なのがブルーライトの影響です。目や体に悪影響を及ぼすと言われていますが、具体的にどんな症状を引き起こすことがあるのかが気になりますよね。ブルーライトについて正しい知識を得ることは、今後のブルーライト … e-ヘルスネット > 厚生労働省の調査(図1)によれば、vdt作業に従 ... 緑内障との関連性や表示画面のブルーライトの影響 ... 肩腕症候群等のvdt作業による健康影響や労働災害が注目されました。近年は急速なit化 … 近年、情報処理を中心とした技術革新により、IT(情報技術)化が急速に進んでおり、職場ではVDT(Visual Display Terminals)が広く普及しています。加えて、LEDを利用したディスプレイの普及により、ブルーライト(青色光)を多く発するターミナルが増えています。また一般家庭においても、液晶テレビ、ゲーム機器、タブレット端末などにブルーライトを発するディスプレイが使用されており、これらを扱う世代は、子供から高齢者まで広がってきています。これほどまでに人工的な光と長時間見つめ合うライフスタイルは、人類史上初めてのことといえます。, 厚労省は、「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を策定し、職場における作業の在り方への指針を示していますが、ディスプレイ機器が発するブルーライトの人体への影響について、医学的なディスカッションはまだ行われていません。 ブルーライトハザートに関しては、長期的に見ると、目の網膜への影響、とくに加齢黄斑変性などの疾患との関わりが懸念されており、また、夜中までブルーライトに曝露した際のサーカディアン・リズムへの影響なども指摘されています。, ブルーライトは自然界にある光の一部で380~500nmの波長を持った青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光(可視光線)の中でも、もっとも波長が短く強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。 一般に私たちが「光」と呼んでいるものは電磁波のうち、ヒトの目で見ることのできる可視光線のことです。可視光線の波長は、およそ400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトは380~500nm。400nmより短くなると紫外線、700nmより波長が長くなると赤外線と呼ばれます。, 私たちの目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。つまり、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光がブルーライトというわけです。  デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。 約20年前と比較し、省エネ化でLEDが普及したことにより日常生活におけるブルーライトの曝露量が増えています。ブルーライトの放出量は各デバイスによっても異なり、パソコンのみならず、現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォンから発せられるブルーライトにも注意が必要です。, 紫外線と同じように太陽から発せられ日没後は少なくなるので、日の出とともに起きて夜は眠るというヒトの体内時計の調整に関係しています(サーカディアンリズム;概日リズム)。 ところがブルーライトを使ったLED照明機器や液晶画面、スマートフォンなどの電子機器の普及に伴い、身近な場所でブルーライトをたくさん浴びるようになりました。元々は浴びることのなかった夕方や夜の時間帯にもブルーライトを浴びることで、脳が休養モードになれず体内時計が乱れ、寝付きが悪い、夜に目が覚める、寝不足など睡眠に関する障害が起こっています。またブルーライトの波長は短く散乱しやすい特徴があり、近い距離で浴びるとたくさんのブルーライトが目から入るので疲れ目の原因とも言われています。, 目をカメラにたとえるなら、角膜はフィルター、水晶体はレンズ、網膜はフィルムのようなもの。私たちは、外界で散乱している光をフィルターやレンズで屈折させ、網膜に集めることで初めて「モノを見る」ことができます。ところが、紫外線やブルーライトのような強い光は、角膜や水晶体で吸収されず、ストレートに網膜に達してしまいます。たとえば、「太陽の光を直接見てはいけない」と言われるのは、強烈な光によって網膜がダメージを受けてしまうから。また、たとえわずかでも、紫外線やブルーライトを浴び続けると、網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受け、加齢とともに増える眼病「加齢黄斑変性」の原因になる場合があります。加齢黄斑変性はアメリカでは65歳以上の失明原因の第1位で日本でも近年急速に増加しつつあり、パソコンなどのLEDディスプレイによって曝露するブルーライト増加の影響が指摘されています。, ヒトの目の網膜には、光の明暗を感じる「錐体」、光の色を感じる「桿体」の2種類の視細胞があり、そのおかげで光をキャッチし、「モノを見る」ことができます。ところが、最近になってブルーライトに強い反応を示す「第3の視細胞」の存在が明らかになってきました。, 「第3の視細胞」は、メラノプシン含有網膜神経節細胞(ガングリオンフォトリセプター)と呼ばれる神経細胞の一種で、ここで得た光の刺激は脳の視覚中枢を経由せず、直接視床下部に届いて1日24時間のサーカディアンリズム(概日リズム)に大きな影響を与えます。つまり、「モノを見る」ことはできませんが、ブルーライトを感知することで生体リズムや生理的調整機能、病気や痛みの発生にも影響を与えるのです。たとえば、VDT作業などで長時間ブルーライトを浴びると、「第3の視細胞」を介して顔面神経(三叉神経)が刺激され、痛みが引き起こされる場合があることもわかってきました。, また、体温や血圧が夜に下がりやすく、朝から日中にかけて上昇していくように、病気や痛みにも「発生しやすい時間帯」があります。「痛み」のリズムは夜間に活発になるメラトニンと密接なかかわりがあるため、眼精疲労や目・肩・首などの「痛み」が夕方から夜にかけて発生しやすく、悪化しやすくなります。夜間はブルーライトの刺激をできるだけ少なくし、脳と身体を休めることが大切と言えるでしょう。, 長時間にわたるVDT作業が、眼精疲労やドライアイを招くことはよく知られています。こうしたVDT症候群(テクノストレス)は、姿勢の悪さやストレス、瞬きの回数が減少して目が乾燥しやすくなることなどが原因とされてきました。しかし、最近ではディスプレイから発せられるにブルーライトこそ、目の疲れの大きな要因になっていることがわかってきました。, ブルーライトは波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。また、ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します。LEDは460nmの波長を持つブルーライトを主な光源としています。そのため、LEDディスプレイの普及により、VDT作業による眼精疲労のリスクは高まってきました。長時間の使用を控える、ディスプレイの輝度・コントラスト設定を調節する、ブルーライトをカットするフィルターやメガネを使用するといった工夫をすることが望ましいでしょう。, 生物はみな、効率よく生命を維持するための体内時計を持っています。ヒトの場合、網膜に到達する光の量や食事のタイミングなどによって体内時計がコントロールされており、日の出とともに目覚めて活発に活動し、日が沈むと仕事をやめて脳と身体を休めるというのが、太古の昔から獲得してきた効率よく生きるため、健康を維持するためのリズムです。, 夜も明るい環境や、夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、サーカディアンリズムを乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。寝付きが悪い、眠りが浅いといった「睡眠の質を低下」も、そのひとつでしょう。しかし、サーカディアンリズムの乱れをリセットしたりするために重要なのもブルーライトです。, 網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断し、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され覚醒し、ブルーライトの量が減少すると「夜だ」と判断して、メラトニンの分泌が活発になります。時差ボケの解消には朝の光を浴びるといいといわれるのは、ブルーライトを多く含む朝の太陽の光でサーカディアンリズムがリセットされるから。また、白内障患者が睡眠障害を伴うことが多いのは水晶体が濁ってしまい、ブルーライトの透過率が低下してメラトニンの分泌が十分に抑制されなくなるのが大きな要因の一つと考えられています。, 太陽から降り注がれる光エネルギーを受けて生きてきた私たちにとって光は生きるエネルギーのもとです。朝の光を浴びたり青空を見たりしていると、何となく晴れやかで気分になり、曇った空を見るとなんとなく憂うつな気分になるといった心の変動も、太古から私たちの脳に刻まれてきた生体反応のひとつと言えるでしょう。特にブルーライトのような明るく強い光のシグナルは、網膜から脳へとダイレクトに届けられ、アドレナリンはセロトニン、コルチゾールといった心の状態に影響するさまざまなホルモンを刺激します。, また、血糖値が下がるとイライラしたり、落ち込んだりすることはよく知られていますが、サーカディアンリズムによる体調の変化も、心に大きな影響を与えます。白内障により水晶体が濁り、ブルーライトが透過しづらくなった人や、夜型の生活を送る人に、睡眠障害をともなうイライラやうつ症状などが多く見られる一方で、LEDを設置した首都圏の駅ホームでは、自殺者が平均80%以上も低下するといった研究データも報告されています。, ブルーライトを浴び過ぎないようにするためには間接照明にしたり電子機器を使ったりするときにブルーライトをカットするフィルムやソフトウェア、眼鏡を使用するなどの方法があります。睡眠や目の疲れで気になる症状のあるときは健康保健センターまでご相談下さい。, 〒653-0838 兵庫県神戸市長田区大谷町2-6-2Tel: 078-611-1821 Fax: 078-643-4361. 光から目と身体をサイエンスするjinsの「ブルーライト研究所」。このサイトでは、ブルーライトに関する知識や、目と健康に与える影響、ブルーライトとの正しい付き合い方などを紹介しま … 2014年に厚生労働省が睡眠指針の見直しを発表しました!これにはスマートフォンの使用も問題視されているんです。今回は寝る前のスマホがどんな影響を及ぼすのか、知ると考えさせられる悪影響を5つご紹介します。 厚生労働省が一般の方を対象に正しい健康情報をわかりやすく提供するために開設したサイトです。 毎日の生活習慣を見直すためのヒントになる情報を各分野の専門家がお届けします。 健康用語の意味を調べる用語辞典としてもご利用ください。 快眠と生活習慣 » 快眠のための生活習慣にはふたつの役割があります。ひとつは直接的な役割で、「運動」や「入浴」のように習慣そのものが直接的に快眠をもたらす場合です。もうひとつは間接的な役割で、良い習慣で体内時計を24時間にきっちりと調節すれば、規則正しい睡眠習慣が … 厚生労働省のガイドラインでも 「1時間のデジタルディスプレイ機器での作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」 ことが推奨されています。 これにより、ブルーライトによる目への影響などを軽減することが出来ます。 パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイで多く使われる「ブルーライト」は、波長が380~500ナノメートルの光で、人間が見ることのできる光線のなかでは、他の光よりも強いエネルギーを持っています。 その強さは紫外線に近く、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで届くことから、人体にさまざまな影響があるとされています。 厚生労働省がvdt作業によるガイドラインを作成し、ディスプレイを使用する企業ではvdt健診が行われるなど、もはやvdt症候群は現代病といっても過言ではないかもしれません。 ... スマホから出る「ブルーライト」 体内に悪影響. 〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2© Ministry of Health , Labour and Welfare, All Rights Reserved. パソコンやスマートフォンなどを使用する際に着用すると眼精疲労を和らげ、眼疾患を予防するとうたわれている、ブルーライトカットメガネ。ブルーライトは目にどのような影響があり、それをメガネのレンズで防止する効果はどれくらいあるのか?川崎おぐら眼科クリニック院長の西 … 厚労省は、「vdt作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を策定し、職場における作業の在り方への指針を示していますが、ディスプレイ機器が発するブルーライトの人体への影響について、医学的なディスカッションはまだ行われていません。 眠りを良くする方法にブルーライトは深く関与しています 人間が生きていくうえで必要な「睡眠」。 ブルーライト問題はこの睡眠へも影響を与えてしまう深い問題を含んでいます。 より快適な眠りを得るための方法として、厚生労働省が「睡眠12箇条」という指標を出していますので、 … 休養・こころの健康 > 健やかな睡眠と休養 > 快眠と生活習慣, 快眠のための生活習慣にはふたつの役割があります。ひとつは直接的な役割で、「運動」や「入浴」のように習慣そのものが直接的に快眠をもたらす場合です。もうひとつは間接的な役割で、良い習慣で体内時計を24時間にきっちりと調節すれば、規則正しい睡眠習慣が身に付いて快眠が得られます。そのための習慣として「光浴」があります。そしてこれらの習慣はそれを行うタイミングが重要なことも分かっています。, 様々な生活習慣がありますが、睡眠も生活習慣そのものです。そして快眠は規則正しい睡眠習慣から生まれることを忘れてはいけません。どんなに健康的に運動をしても、バランスの良い食事を心がけても、布団に入る時刻が毎日ばらばらであれば、快眠は得られません。 なぜ規則正しいことが必要なのでしょうか。体の中には体内時計があり、睡眠のタイミングを決めるだけではなく、前もってホルモンの分泌や生理的な活動を調節し、睡眠に備えてくれます。これらの準備は自分の意志ではコントロールできません。規則正しい生活こそが、体内時計を整えそこにプログラミングされている睡眠を円滑に行う秘訣なのです。, 国内外の疫学研究(数千人を対象とした質問紙調査)において、運動習慣がある人には不眠が少ないことがわかっています。とくに睡眠の維持に習慣的な運動の効果があるようです。運動の内容も睡眠に影響します。1回の運動だけでは効果が弱く、習慣的に続けることが重要です。その効果として、寝付きがよくなるのと深い睡眠が得られるようになります。特に高齢者など普段から不眠がちな人に効果が大きいようです。激しい運動は逆に睡眠を妨げますので、負担が少なく長続きするような有酸素運動(早足の散歩や軽いランニングなど)が良いでしょう。, 運動のタイミングに注意を払えば、さらによい睡眠が確保できるでしょう。効果的なのは夕方から夜(就寝の3時間くらい前)の運動だと言われています。就寝の数時間前に運動によって脳の温度を一過性に上げてやることがポイントです。そうすると床にはいるときの脳温の低下量が運動をしないときに比べて大きくなります。睡眠は脳の温度が低下するときに出現しやすくなるので、結果として快眠が得られやすくなる訳です。ただし就寝直前の運動は体を興奮させてしまうので禁物です。, 入浴の睡眠への効果は加温効果にあります。これは運動の場合と同じで就寝前に体温を一時的に上げてあげることがポイントです。当然ながらタイミングも重要になります。午前あるいは午後の早い時間の入浴は効果がなく、夕方あるいは夜の入浴が効果的です。深い睡眠をとるには就寝直前の入浴が良いとされていますが、寝付きを悪くしてしまう心配があります。寝付きを優先させると、就寝の2~3時間前の入浴が理想です。, 深い睡眠を得るには熱めの湯温で体温を2度ほど上げると効果が大きいという報告がありますが、身体への負担が大きくなるのであまり勧められません。体温の上昇が0.5度くらいでも、寝付きへの効果は認められています(38度のぬるめのお湯で25-30分、42度の熱めのお湯なら5分程度)。また半身浴(腹部までを湯船につけ、約40度のお湯で30分ほど汗をかく程度に入浴する)でも寝付きの効果が認められています。自分の体調や好みにあった入浴を選択すれば良いでしょう。, 光の効果は体内時計を24時間に調節することにあります。ヒトの体内時計の周期は24時間より長めにできているため、長めの体内時計を毎日早めてあげないと、ずるずると生活が後ろにずれてしまいます。朝の光には後ろにずれる時計を早める作用があります。起床直後の光が最も効果的なので、起きたらまずカーテンを開けて自然の光を部屋の中に取り込むことが必要でしょう。, 禁物なのは夜の光です。朝の光と反対で夜の光は体内時計を遅らせる力があり、夜が更けるほどその力は強くなります。家庭の照明でも(照度100~200ルクス)、長時間浴びると体内時計が遅れます。また日本でよく用いられている白っぽい昼白色の蛍光灯は体内時計を遅らせる作用があるため、赤っぽい暖色系の蛍光灯が理想と言えます。, 睡眠相後退症候群と呼ばれる病気があります。いつも明け方まで眠ることができず、お昼にならないと起きられない病気です。この病気になると朝の光を効率よく浴びることができず、夜の光を沢山浴びてしまいます。治療の一つに高照度光療法といって明るい蛍光灯の光を朝に数時間浴びて、生体リズムを前に戻す方法があります。, 昼間の光はどうでしょうか。昼と夜のメリハリを付けるのに効果があるようです。昼間に明るい光を浴びることによって、夜に分泌されるメラトニンというホルモンが増えることが知られています。, 食事について、朝食は簡単なものでもよいので、脳のエネルギー源として糖分を補給することが望ましいでしょう。エネルギー不足で日中の活動が低下すれば、夜の睡眠に影響しかねません。就寝に近い時間の夕食や夜食は、消化活動が睡眠を妨げるので出来るだけ控えましょう。体内時計を整えるためにも規則正しい食事が望まれます。マウスを使った最近の研究では、普段眠っている時間に食事を一週間とりつづけると、食事の時間にあわせて大脳皮質や肝臓の末梢時計がずれてしまうことが分かっています。, コーヒー・緑茶・チョコレートなどカフェインが含まれる飲食物は覚醒作用があります。敏感な人は就寝の5~6時間前から控えた方よいでしょう。就寝前の喫煙もニコチンが刺激剤として作用するので好ましくありません。睡眠薬がわりに飲用されることの多いアルコールも決して勧められません。アルコールは寝付きをよくしますが、明け方の睡眠を妨げるからです。, 昼寝は午後の眠気を解消し活力を与えてくれます。15分程度の長さで十分です。高齢者では30分程度の昼寝を上手に利用することで、夕方のうたた寝が減少し、夜によく眠れるようになることもあります。, 最後に生活習慣病が不眠の原因になることが分かっています。生活習慣病を防ぐためにも快眠を得るためにも、良い生活習慣を身につけましょう。. メガネブランド「Zoff」を運営するインターメスティックは5月28日、ブルーライトが目などの体に与える影響について行った調査結果を公表した。 3)ブルーライトは人体へどのように影響するのか. 厚生労働省は21日、8月分の被保護者調査の結果を発表した。それによると、8月の生活保護受給者数は前月比6,342人増の213万1,011人となり、4カ月連続で過去最多を更新したことが分かった。 厚生労働省では、平成14年に 【 VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン 】 なるものを策定しています。 ちなみにvdt作業とは、パソコンなどのモニター画面を使って行う作業のこと。 オフィスのデジタル化により、 今はブルーライトを カットするグッズが出回っています。 大阪市では、11月11日の「介護の日」にあわせて、今年のコロナ禍においても、高齢者や障がい者等の社会生活維持のため必要な、いわゆる「エッセンシャルワーカー」として、大阪市の福祉を支えていただいている介護従事者の方々に敬意と感謝の気持ちを表すとともに、介護の仕事へ … 上記①、②については、総務省「通信利用動向調査」によれば、事業所のパ ーソナルコンピュータ(以下「パソコン」という。)保有率は、平成14年時点 で9割に達し、多くの労働者が情報機器を使用する作業に従事している。vdt Copyright © KOBE TOKIWA UNIVERSITY All Rights Reserved. ①眼精疲労の誘発 はっきりとものを見るために、ヒトは無意識のうちに網膜上にピントが合うよう眼のレンズ(水晶体)の厚さを調節してい … ディスプレイから発するブルーライトが 悪影響を及ぼすので、 このブルーライトの光量を 減らすように調整しましょう。 3.ブルーライトを軽減させるグッズの使用も検討しましょう. ブルーライト断ちをして、睡眠の質を上げる必要があります。 しかし現代の世の中で完全なるブルーライト断ちをするのは不可能に近い。 ブルーライトによる影響を少しでも減らせるような努力をしてみましょう。 ブルーライト対策 ブルーライトは可視光線の1つですが、目やからだ、皮膚への悪影響が懸念されることから研究が進みつつあります。最近では、ledやパソコン、スマホからの暴露が増えていることも健康のリスクです。この記事では、ブルーライトとは何か、特徴や性質、からだへの影響や防御の対策を … 足などの健康への悪影響に加え、ネットによるいじめをはじめ引きこもりや不登校の引き金になるとの指摘もある。 平成25年8月に厚生労働省は、ネット依存の中高生が国内に51万人いるとの調査結果を発表して いる。 現代人の睡眠の質に大きく関わってくるのが、スマートフォンなどの画面から発せられる「ブルーライト」です。睡眠の質の低下は、疲労回復や肌の再生などに影響を与える原因にもなるのです。ブルーライトが睡眠に与える影響をご紹介します。 人々の健康と密接な関わりを持ちつつあるブルーライトの人体への影響を医学的に検証することを目的に、ブルーライト研究会が設立されました。ブルーライトに関する、情報、研究結果、活動記録などをこのサイトで公開していこうと考えています。 日照時間が短かった冬も終わり、最近は日が長くなってきましたね。 私の地域では先日から、夕方のチャイムが午後5時から6時に変更になりました。 IN YOU読者の皆さんの中には、 夕方になると家族の為に夕飯の準備に追われている方も多いのではないでしょうか。 こころを込めて家族 … 厚生労働省の調査では、働く世代の場合は特に20代の男性にそのような傾向が強いというデータが出ています。 さらに、ブルーライトは肥満やうつ病に関わっている可能性も指摘しており、その害は、現在は「未知数」! ブルーライトカット眼鏡の普及と弊害 パソコンやスマートフォンの画面からは、多くの青い光「ブルーライト」が出ています。毎日たくさんのブルーライトを浴びることは、睡眠の質を悪くする原因にもなります。ここでは、ブルーライトの睡眠に対する影響と、ブルーライト軽減の方法についてご紹介します。 厚労省は、「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を策定し、職場における作業の在り方への指針を示していますが、ディスプレイ機器が発するブルーライトの人体への影響について、医学的なディスカッションはまだ行われていません。