スマホやパソコンから出ているブルーライト。見続けると目に良くないというのはとても有名な話ですよね。しかし最近になって実は肌にも良くないということが分かってきました。 ブルーライトは一体お肌にどのような悪影響を及ぼしているのか。その対策方法などもご紹介します! (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://www.mrso.jp/colorda/lab/2619/','qY3JyUmFTz',true,false,'L3pl3d81Mgw'); 生活の中に欠かすことのできないスマホやパソコンといった電子機器ですが、画面から発生しているブルーライトがあなたの美肌を脅かしているかも?!ブルーライトはシミにどんな関係や影響があるのか、本当にシミと関係があるのは本当か嘘か?シミを防ぐ対策方法について紹介しています。 //]]>, スマートフォンやパソコンなどのLEDディスプレイやLED照明から出るブルーライトが、目によくないことは知られているが、フランスで行われた研究により、日焼けの原因になることが判明した。夏に限らず、通年UV対策をしていても、なぜかシミができてしまったという場合、実はスマホやパソコンを見ているときに日焼けのような現象を起こし、シミにつながっていた可能性があるというわけだ。, 目にも肌にもよくないブルーライトとは、そもそもどのようなものなのだろうか。ブルーライトとは、波長が380~500ナノメートルの青色光で、可視光線のなかでもっとも波長が短い。強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体を通り越し、網膜まで達する。400ナノメートル以下の可視光線は紫外線となるが、ブルーライトは紫外線に近い波長を持っている。つまり、スマホやパソコンの画面を見ているということは、ずっと紫外線を見つめ、紫外線を浴びているのと同じような状態だといえる。, ブルーライトを浴びた目は、焦点が合いにくくなったり、物がかすんで見えたりすることが指摘されている。フランスの研究チームは、波長415ナノメートルのブルーライトと、630ナノメートルのレッドライトが、肌に色素沈着を起こすかどうか実験を行った。, 結果、415ナノメートルのブルーライトを当てた肌は、3ヶ月間継続する色素沈着を起こすことが判明。これは紫外線が当たったときよりも強い色素沈着だ。しかも紫外線用の日焼け止め使用してもブルーライトには効果がないこともわかった。, 紫外線よりシミの原因となるブルーライトから、身を守るにはどうすればよいのか。目には眼鏡をかけることができるが、顔を覆うことは難しい。日焼け止めも効かないとなると、ブルーライトを軽減する方法を選択していくほかない。, たとえば、iPhoneやiPadユーザーには、「ナイトシフト」という機能を使ってほしい。画面の色を調整する機能で、少し赤みがかった画面になり目への刺激の軽減とともに、顔への影響も和らげる効果が期待できる。また、Google Playブックスでは、電子書籍を読む際に「読書灯」という機能を選択してみよう。夕方18時あたりからブルーライトがカットされ始め、徐々に画面が琥珀色へと変わっていく。, スマホやパソコンを使わないのは、今の生活においてはほぼ不可能。移動時間や寝る前など、時間を見つけてはスマホを手にとってしまいがちだが、今後は目だけでなく肌のためにも、なるべく必要以上にスマホの画面を見つめないほうがよさそうだ。. 最近、ネットやSNSで、スマホのブルーライトが日焼けやシミの原因になるという記事を見かけるけど本当?このページでは、話の真偽や対策などを最新の研究データなどを参考にしながら、簡単にまとめました! パソコンやスマートフォンの使いすぎは、目を酷使するだけでなく、肌老化も促進してしまうのだとか。そこで、紫外線だけでなくブルーライトもカットしてくれる上に、化粧下地として使えるものや、メイクの上から使えるものなど、ライフスタイルに合わせて選べる6品をご紹介します。 2014年に、フランスのニース大学の研究チームが、ブルーライトと日焼けの関係について論文を発表。 実験では、同じ強さ・同じ量のブルーライトと赤い光を、肌に当てて … ブルーライトは肌にも悪影響が. ブルーライトよりも問題の近赤外線カットの日焼け止めですら、数社からしか出ていませんし、これも国際基準がありません。 なので、質を比べることも、本当にどこまでカットしているのかも確認できないわけです。 ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". 【五つ星で評価】新作日焼け止めお試しレポ~パルファン・クリスチャン・ディオール編~ 早くも日焼け止め業界からは続々と新作が登場! 数多くリリースされている中から、編集部が厳選したものを全部試して徹底分析! 焼けにくさは?… ブルーライトカットに対応しているコスメとしては、日焼け止めやベースメイク用コスメがあります。 1本で日焼け止めから化粧下地まで兼ねるタイプもあるので、使い勝手やお好みで選ぶと良いでしょう。 ブルーライトカット効果があるかどうか確認 ブルーライトと近い波長の紫外線は波長が短く目で見ることはできませんが、エネルギーが強く、たくさん浴びると日焼けをして、シミ、シワ、白内障など体に影響を及ぼします。 ブルーライトは紫外線の次に波長が短い光です。 (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? //