出生数. 年少人口が増加している背景には、年少者の転入が増加していることに加え、合計特殊出生率が高いことがあります。 年に約2千人が出生!年少人口増加を下支えする『高い出生率!』 《合計特殊出生率関東1都6県上位 》 順位. 合計特殊出生率. 合計特殊出生率とは、一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示すが、この分母には有配偶も未婚も区別しないで合算している。つまり、今の日本のように、 未婚女性が増えれば増えるほど合計特殊出生率は下がるのですよ。追記すれば、一人当たりの母 … 本県の合計特殊出生率も、平成16年に1.45と過去最低を記録しましたが、それ以 降は上昇傾向となり、平成30年は1.67(全国7位)と全国上位を維持しています。 しかし、出生数は、昭和61年に1万人を下回り、平成30年は、5,826人と過去最 1. 合計特殊出生率. 出生数85万人割れの衝撃と東京都中央区・出生率上昇の希望 / 2021年という新年がスタートした。新型コロナウイルスの感染拡大は日本を含む世界経済に大きな影響を及ぼしたが、コロナ禍の状況において筆者が特に気になったのが出生数の動向だ。 周知のとおり、日本の出生数 … 出生数 岡山市 全国 資料:厚生労働省「人口動態統計」 岡山県「岡山県衛生統計年報」 (年) 岡山市の直近5年間 の平均は1.46 (人) 資料:厚生労働省「平成27年人口動態統計」 指定邴市の合計特殊出生率上位6位 の合計特殊出生率は低水準のままである。過去最低値である 2005年の1.26から近年回復傾向にあるものの、2016年現在 1.44とその変化は小さい。合計特殊出生率の上位自治体に共 通する子育て支援策の特徴を見出したいと考え、本研究に至 った。 2. とができる。 自治体名. 厚生労働省が令和2年7月31日に発表した「平成25年~平成29年人口動態保健所・市区町村別統計の概況」の中で、新居浜市が合計特殊出生率四国1位に輝きました。 全国平均1.43に対して、新居浜市は1.75と大きく上回っています。 愛媛県 1位 9½Ç¤üÃr5ŽÚ¬®ÏyíCåv«Œ.g}èÙãn1¶OŒÓik$[Îìתš™–¯jÅځÒ¶P!D÷f63›Õ—™!ÏéÐgR¡dT²Íg‡37Œ‹Mö75LÓvÊæ%éLVœq¨nêr. 合計特殊出生率: 1.45 ... 2018年の都道府県別合計特殊出生率では、上位10県のうち6 県を九州沖縄地方が占め、残りも島根、鳥取、香川と西日本に集中した 。これらを受けて、九州各県は人口予測を上方修正している 。 一方で、出生率下位の都道府県を見ると、北海道がワースト2位、宮 … 合計特殊出生率は、 2005年の1.26から2013年の1.43までやや回復するも、出生数は1970年代半 ば以降減少傾向。 第2次ベビーブーム世代は. 1 合計特殊出生率:その年次の 15~49 歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので、一人の女性が仮 にその年次の年齢別出生率で一生の間に子どもを生むと仮定したときの子どもの数に 相当する。 厚生労働省「人口動態統計」 (人) 厚生労働省「人口動態統計」 6 (3)未婚率・ … 我が国の年間の出生数は、第1次ベビーブーム期には約270万人、第2次ベビーブーム期には約210万人であったが、1975(昭和50)年に200万人を割り込み、それ以降、毎年減少し続けた。1984(昭和59)年には150万人を割り込み、1991(平成3)年以降は増加と減少を繰り返しな … 死亡数は24,520人で,前年の23,973人より547人増加し,死亡率(人口千対)は10.7で,前年の10.4を0.3上回った。 死亡率. 出生数は14,947人で,前年の16,211人より1,264人減少した。また,出生率(人口千対)は 6.5で, 前年の7.1を0.6下回った。 なお,合計特殊出生率は1.23であり,前年の1.30を0.07下回った。 出 生 率 宮城県 6.5 全 国 7.0 全国30位(前年25位) 平成25年~29年の合計特殊出生率*を市区町村別にみると、1.3以上1.6未満を中心に 分布しており、この範囲に約6割の市区町村が含まれている(図1、統計表)。 合計特殊出生率の高い方をみると、沖縄県国頭郡金武町が2.47で最も高く、次いで鹿児 日本の「出生率」は、低下し続ける中、国内では沖縄県が1位、東京都が最下位が続いています。そもそも出生率とは?出生率が高い都道府県は子育てしやすいの?出生率が伸びている都道府県は?都道府県別ランキングを紹介します。 合計特殊出生率は2006(H18)年以降緩やかに上昇しています。 「2008 年~2012 年」の合計特殊出生率をみると、愛知県内においては、大 都市1市、都市37市、14町、2村の全54団体中35番目、都市37市中では 25番目となっています。 図表6 合計特殊出生率の推移 2015(平成27)年の全国の合計特殊出生率は1.45であるが、47都道府県別の状況を見ると、これを上回るのは35県、下回るのは12都道府県であった。この中で合計特殊出生率が最も高いのは沖縄県(1.96)であり、次は島根県(1.78)となっている。最も低いのは、東京都(1.24)であり、次は北海道(1.31)となっている。(第1-1-3図) ー, 15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計した値であり、「1人の女性が一生の間に産むとされる子供の数」に相当する。, 各国で異なる年齢構造の影響を除いた出生率を表す。. そこで本稿では、本県の出生数の動向とその要因となる「合計特殊出生率」「15~49 歳女性人口」に焦点を当て、関係する統計指標などにより全国上位の県などと比較しながら 背景を考察する。 1 出生数の動向 (1)出生数の推移と要因 (本県の出生数は、母の年齢25~34歳を中心に減少 … 合計特殊出生率が3年連続上昇しているため、少子化に一定の歯止めがかかったと みられがちである。しかし合計特殊出生率は非常にクセのある統計であって、短期の トレンドをそのままうのみにできない。近年の合計特殊出生率の上昇は晩婚化によ る晩産化の影響が大きく、少子化に歯 … 40歳代となり(第3次ベビーブームは発生せず)、このまま推移すれば、 今後子どもをもつ可能性のある若い世代の人口が傾向的に減少していくことが確実。 4 . 少子化とは出生率が低下し、子どもの数が減少することを表した言葉です。 日本で初めて使われたのは1992年に出された国民生活白書で、出生率の低下やそれに伴う家庭や社会における子ども数の低下傾向を「少子化」、子どもや若者が少ない社会を「少子社会」と表現しています。 さらに15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したものを「合計特殊出生率」と定義しており、1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に産むとしたときの子どもの数に相 … 宮城県 1.30|全国44位(前年45位) 全国 1.42; 2 死亡数は増加. る2015年には1.71と微増しており、全国平均より高く都道府県別で上位の合計特殊出生率となって おります。しかしながら、人口の自然増減の分岐点である2.07には達しておらず、今後も自然減の傾向 が続くと予測されます。なぜ全国の中でも合計特殊出生率が上位であるかという要 … つくばみらい市(茨城 … 2018年の合計特殊出生率ランキングを掲載しています(対象: 世界、187ヶ国)。 15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計した値であり、「1人の女性が一生の間に産むとされる子供の数」に相当する。 各国で異なる年齢構造の影響を除いた出生率を表す。 順位 名称 単位: 人 前年比 地域 … 合計特殊出生率は自然増減(出生数)に直結する指標であり、婚姻率の向上、女 性の地元定住促進、子育て支援等、政策面での対応が必要と考えられます。 【出典】栃木県健康増進課「栃木県保健統計年報」、「栃木県人口動態統計(概数)の概況」 【出典】栃木県健康増進課「栃木県保健 …