ビルやスーパーなどにおける転倒事故の責任について | 弁護士法人alaw&goodloop(アロー&グッドループ)は、福岡、北九州、長崎をはじめ、企業法務から個人の法律問題まで親身に対応いたします。九州の弁護士顧問契約、法律相談は弁護士法人alaw&goodloopにお任せください。 うちの敷地内で他人がケガをした場合の責任の所在について教えてください。最近、隣家の子供が、うちと隣家を隔てている塀の上にのぼって遊んでいます。ブロック塀+目隠しフェンスで、トータルで大人の背丈より少し高い塀です。遊んでい 会社の敷地内で起きた損害 . <質問の概要>会社の敷地内でフォークリフトやトラック等で事故を起こした場合でも、加害者、つまり運転手は、警察への事故の報告義務ってあるんですか?以上、よろしくお願いいたします。<弁護士回答の概要>出入り自由な会社の敷地内での事故なら、普通の 路面凍結の責任を全く問えないことはありませんが、裁判例では積雪等の自然凍結による事故の場合、道路管理者に責任がないとする傾向にあります。道路管理者とは、道路によって管理者が異なります。交通事故に特化した弁護士が解説いたします。 会社敷地内の駐車場ということは、通勤にてパートさん同士が 事故を起こしたということでしょうか? もし、そうであれば、会社はどうしてそのようになったのか、 その後どうするのか、確認する責任があ … 自動車事故による賠償責任で時価以上の修理代を請求されたら? 勤務中の移動や、工場内の車両事故、通勤途中の事故など私達の日常生活には様々な場所で自動車事故の危険が… 要注意!製造業に潜むリスクとは?pl保険の対象となるもの 会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが� 構内事故も交通事故と同じように民事訴訟で過失責任が争われます。フォークリフト後退時の歩行者災害で、運転者が後方を確認しなかった過失を重く見て過失9割と認定された事例があります。 事故の被害者らが、車を盗まれた会社員に修理費用などを求めて提訴したという。 一審では、盗まれた車の持ち主の責任は否定されたが、二審では一転して責任が認められた。最高裁判決は2020年1月21日に言い渡される。 先日新聞で「餃子の王将」寝屋川店で、2012年11月に起きた、店内転倒事故の損害賠償訴訟の和解成立についての記事を見ました。 店内転倒事故はその事故状況によって、店舗側(運営側)の責任と被害者の自己責任について意識が大きく異なるケースが多くあります。 お店の駐車場で事故が起こった場合、飲食店の経営者は責任を負うのでしょうか?駐車場はある方が便利ですが、監視することは難しいため駐車場を持つことを躊躇してしまいがちです。経営者側に問題がなくても、自身の敷地内でトラブルが起こることは周囲に悪い印象を与えかねません。 マンションの敷地内にある駐車場は正確には道路ではないので、もし、接触事故を起こしてしまった場合に保険で対応することが可能かどうかは気になるところではないでしょうか。駐車場で事故が起きた場合に保険が使えるかどうかを説明しています。 転倒事故は放置した方の責任です! お風呂屋さん、スーパー銭湯、プール、学校、保育園、幼稚園、スーパー、百貨店、 ホテル、旅館、宿泊施設、コンビニ、駅、マンション、その他の場所で床・スロープ・階段などが滑る、滑りやすいとわかっていて、そのまま放置していませんか? 当店の駐車場内で先日、お客様の自動車同士の接触事故がありました。当事者が警察を呼び現場検証を行いました。駐車場内にも「駐車場でのトラブルについては一切責任は負いません」と表示してあります。しかし、保険会社のHPには「道路 例えば、駐車場敷地内のフェンスが劣化などの原因で突然倒れ、フェンスに当たったお客様がけがをしたり、車に当たってキズ・へこみなどができてしまったりした場合などが、これにあたります。 また、駐車場の敷地内に積んであったダンボールが、お客様が横を通った際に倒れてしまい、� 駐車場敷地内で、誘導員に従い駐車をしようとしたところ、柱に衝突し車両の一部を損傷しました。 この場合、誘導者責任を求め、修理費用の請求はできるのでしょうか。 恐れ入りますが、お詳しい方にお知恵を賜りたくお願い申し上げま 敷地内プレイロットでの事故の責任は マンションの住人ですが、子どもの友人(マンション外に居住)がマンション内のプレイロットのすべり台から落ちて、負傷しました。 敷地内の通り抜けの距離は、40m程になります。駅や学校への通勤、通学にも利用されているのが現状です。 さて、質問。 ①駐車場内における事故トラブルは、例え不法侵入でも、管理責任が問われるケースのみ、責任や賠償責任があると考えてました。 交通事故が生じた場合の行政上の責任の根拠は主に道路交通法に規定される道路上に関する行為についての責任です。 そのため、道路外で速度超過や一時停止違反等にあたる行為をしたとしても、そもそも道路交通法での規制がされていませんので、行政上の責任は生じないことになります。 店舗敷地内(店の軒先)で地面が凍っていたため、転倒し骨折、手術入院する事になりました。医者が言うには全治3ヶ月とのこと。店側の責任者は後日見舞いにきました。店側に過失があると思い入院費、手術代、働けなくなった分の給料を請