法政大学 本部: 法政大学多摩キャンパスの学部を市ヶ谷キャンパスに復帰させましょう!, This site is protected by reCAPTCHA and the Google. 1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 03:10:59.20 ID:7KscKyAv0.net. 1号館(総合棟) 2号館(大教室a棟) 3号館(図書館・研究所棟) あるらしいよ . 多摩丘陵の起伏を利用した立体的なキャンパス設計。教室の一部はマルチメディア化や遠隔講義に対応し、厚生施設も充実しているほかatm、診療所なども備え、都市機能を併せもつといえ … 1 名無しなのに合格 2019/12/24(火) 20:29:04.30 ID:Cgi57zaG. 法政大学 多摩キャンパスに通学可能な東京都の学生マンションを探すなら【ナジック学生情報センター】。門限なしの学生向け賃貸、学生マンション・アパート・学生会館・食事付き学生寮などの下宿情報はもちろん、一人暮らしのお部屋探しをサポートします。 キャンパスマップ ; 校舎・施設案内; 住所 〒194-0298 東京都町田市相原町4342. 20 ... 青学の10年間での2度にわたるキャンパス移転は節操が無いと批判されていたが、青山集約後の埼玉、千葉受験生の増加、偏差値上昇をみると正しい判断だと思う 法政も早く決断すべき . 本学の使命は、学問の自由に基づき、真理の探究と「進取の気象」によって、学術の発展に寄与することである。 キャンパスマップ ; 校舎・施設案内; 住所 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1. 林 哲矢:東洋経済 記者 シェア . 3. menu. 中央大学は2022年に法学部を多摩キャンパス(東京都八王子市)から東京都心の後楽園キャンパス(文京区)に移転する方針を明らかにした。 現在市ケ谷キャンパス(新宿区)にある法科大学院も後楽園に集約する。 受験生の確保が狙い。 24コメント. 3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 03:12:33.42 ID:7KscKyAv0.net. 【法政】多摩学部を、市ヶ谷キャンパスに集約する予定 [無断転載禁止]©2ch.net 52コメント; 13KB; 全部; 1-100; 最新50; ★スマホ版★; 掲示板に戻る ★ULA版★; このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています. top page; リアルタイム企画; 多摩バーチャルツアー; 1分でわかる!学生のリアル; tamaフォトギャラリー; 動画で体験!多摩キャンライフ; 関連ページリンク; リアルタイム企画. お問い合わせ一覧; Google map で表示 Googleマップ(Google Maps)はGoogle Inc.の提供する地図検索サービスです。地図上の表現に関しては、大学では内容に関与していません。 最寄り駅からのアクセス. 出発地点を入力して、大学までのルートを調べる お問い合わせ一覧; Google map で表示 Googleマップ(Google Maps)はGoogle Inc.の提供する地図検索サービスです。地図上の表現に関しては、大学では内容に関与 … 【速報】法政大学経済学部、市ヶ谷キャンパスに移転決定!! 1002コメント ; 596KB; 全部; 1-100; 最新50; ★スマホ版★; 掲示板に戻る ★ULA版★; このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています. 2016年2月2日. 多摩キャンパスの地域連携; 多摩地域交流センター; キャンパス案内. キャンパスマップ; 校舎・施設案内. 法政大学 多摩キャンパス周辺で賃貸をお探しですか?一人暮らしのお部屋等、受験生や学生の一人暮らしのための賃貸が満載!suumo(スーモ)学生版で、一人暮らしの賃貸・部屋探し! 多摩キャンパス. 法政大学ホーム ; 図書館; 問合せ窓口 ... 市ケ谷キャンパス. 2. 中央大学のメインキャンパスである多摩。今後、留学生の増加が期待される(撮影:尾形文繁) 「眠れる獅子がようやく動き出した」。中央大学のある教員は、今の中央をこう語る。 marchのほかの4 都内の大学が、キャンパスを郊外に移転させる事が流行っていたのである。 法政も、その流れの一環として、 多摩キャンパス を新設したが、 伝統有る法学部と文学部は、市ヶ谷キャンパスに残した格好である。 <体育の授業も行われた、多摩キャンパス> ソースは法政大学新聞 . 2 エリート街道さん … 多摩 キャンパス; 学科紹介 . 東京都町田市にある法政大学多摩キャンパスは八王子市、相模原市との境界付近に位置します。 そもそも多摩キャンパスは手狭になった市ヶ谷キャンパスの学部を移転させるために建設されました。 しかし、一部の学部が移転に反対したことにより社会学部と経済学部が移転しました。 それに 本学の使命は、建学以来培われてきた「自由と進歩」の精神と公正な判断力をもって、主体的、自立的かつ創造的に、新しい時代を構築する市民を育てることである。 101 名無しなのに合格 … 法政大学教室設備ガイドです。このサイトは、法政大学の市ケ谷、多摩、小金井キャンパスの教室・設備に関する情報をご案内しています。 top> 社会学部棟; 施設案内. 社会政策科学科; 社会学科; メディア社会学科; 社会政策科学科 総合的な視野と市民の視点で 政策を構想・提言できる力を養う. 1984年(昭和59年)4月 - 多摩キャンパス竣工、経済学部と社会学部が市ケ谷より移転。法政大学比較経済研究所開設。 1985年(昭和60年) 3月 - 短期大学部廃止。 6月 - 上海外国語学院と教員交換に関する覚書調印。 1986年(昭和61年) 法大多摩キャンパス 都心に近づける会 needs your help with “法政大学 本部: 法政大学多摩キャンパスの学部を市ヶ谷キャンパスに復帰させましょう!”. 法政大学多摩キャンの犠牲者を増やしてはいけない . 1年を通じて行事が盛りだくさんで、自然豊かな多摩でのキャンパスライフの魅力を写真でお届けします! 法政大学 多摩キャンパス webオープンキャンパス online top page. 中央大学|法学部移転で狙う名門復活 . 東京都町田市にある法政大学多摩キャンパスは八王子市、相模原市との境界付近に位置します。, そもそも多摩キャンパスは手狭になった市ヶ谷キャンパスの学部を移転させるために建設されました。, それにもかかわらず、余裕のできた市ヶ谷キャンパスに次々と学部を新設していったのです。, 西八王子駅、めじろ台駅、相原駅が最寄り駅を名乗っているものの4km以上あります!道路のほとんどは坂道で、自転車通学をしている人は少ないです。駅からバスに乗ることが最も多い通学の手段です。, 8両~10両の電車から降りてくる人数が1台のバスに乗ろうとしますが当然のことながら乗れません。, 毎朝、駅前には驚くべきほど長蛇の列が発生し、何本もバスを逃すことになります。時間になってもバスは来ません。なぜでしょうか?朝は道路も渋滞しているからです。, また、法政大学の学生でバスの中が埋め尽くされているので、一般の乗客が乗れないという二次被害もあります。, やっと辿り着いた大学…でもトンネルの向こう側のスポーツ健康学部棟へ向かうため、さらに学内バスへ乗り継ぎます。これは酷すぎます。, 授業間の休み時間は10分です。前述のとおり学内バスもありますが、全員は乗れません!, この現状を変えるためにはみなさんの力が必要です。なにも活動を起こさなければ変えることはできません。, 法政大学の本部の方々へ、どうか市ヶ谷キャンパスへの復帰を一刻も早く実現させてください。よろしくお願いします。. 社会学部棟. 本学の使命は、激動する21世紀の多様な課題を解決し、「持続可能な地球社会の構築」に貢献することである。, 前身の東京法学社は、私立法律学校特別監督条規のもと帝国大学総長の監督下となった五大法律学校の中でも最初に設立された。現在の法学部は、この日本最古の私立法律学校が発展したものである[2]。また、日本の私立大学の中では、最初に設立された社会学部を有するほか[11]、経済学部が慶應義塾大学に次いで2番目に設立、経営学部も明治大学に次いで2番目に設立されており、多くの伝統学部が存在する。さらに1947年には日本最初の大学通信教育課程を開設[12]、1995年には日本最初の夜間博士後期課程を開設している[13]。, 企業側へ学生を派遣し、短期就職させるインターンシップも他大学に先立ち早くから始動させている。また、生涯設計や就職活動などに対する意識をいち早く形成させる目的の「キャリアデザイン学」を開講しており、学部の枠を超えて1年次から教養科目として履修できる。2011年に公務員および法曹を目指す学生を支援するための「公務人材育成センター」を設置して公務員講座・法職講座を開講[14]、2014年には「高度会計人育成センター」を設置して会計専門職講座を開講している[15]。, 国際社会で活躍できる人材を育成するための「グローバル教育センター」を2014年に開設しており[16]、各学部のカリキュラムに連動した海外留学制度や国際ボランティア・国際インターンシップなどの様々な国際教育プログラムを整備している。学内においては、交換留学生と所定の条件を満たした日本人学生を対象に英語でゼミを行う「交換留学生受入れプログラム (ESOP)」を市ヶ谷キャンパスで開講しているほか、全学部の学生を対象に授業をすべて英語で行う「グローバル・オープン科目」や、ネイティブスピーカー講師による英語スキルの養成などを目的とした「英語強化プログラム (ERP)」、ネイティブスピーカーと英語で自由に会話できる「Gラウンジ (Global Lounge)」を、市ケ谷・多摩・小金井の全キャンパスに設けている[17]。, 2003年より教育の質を向上させることを目的としたファカルティ・ディベロップメント(Faculty Development、通称FD)プログラムを実施している。具体例としては、授業の満足度等を学生が評価する「学生による授業評価アンケート」を年2回行っている。2008年には総長室に「大学評価室」を付置し、自己点検・評価のための情報収集・調査・分析などを行っている。, 法政大学の前身である東京法学社は、1880年(明治13年)4月、当時の神田区駿河台北甲賀町に設立された[20]。, フランス法の流れを汲む金丸鉄・伊藤修・薩埵正邦・堀田正忠・元田直ら7名[21]の法律家・司法省関係者によって創立されたもので、「教師を聘し、専ら我国の新法を講じ、又仏国法律を講義す」る講法局と、「上告、控訴、初審の詞訟代言を務め、又代言生を陶冶す」る代言局で構成されていた。つまり、学内に弁護士事務所を置いて、学生に弁護士業務を体験させるリーガル・クリニックを備えた現代の法科大学院の原型といえる。, しかし、同年5月に「代言人規則」(現在の弁護士法に相当)が改正され、代言人組合以外に「私に社を結び号を設け営業を為したる」代言人は懲戒の対象となったため[22]、代言局での実務教育は続行できなくなった[23]。そのため、東京法学社は講義中心の通常の法律学校としての性格を強め、薩埵が中心となって1880年(明治13年)9月12日に「開校」、翌1881年(明治14年)5月に講法局が独立して東京法学校と改称した。, 1883年(明治16年)には、ボアソナードが初代教頭に就任。パリ大学から招聘された日本政府の法律顧問で、不平等条約の撤廃のため日本の近代法整備に大きく貢献した。その功績から「日本近代法の父」[24][25][26]と呼ばれている。その後、1886年(明治19年)に帝国大学特別監督学校となり、1888年(明治21年)には文部省令第3号「特別認可学校規則」[27]により特別認可学校となった[28]。, 薩埵正邦。東京法学校主幹として草創期の運営に尽力した後、京都大学法学部の源流となる第三高等中学校法学部の開設当初から指導にあたった。第三高等学校法学部初代教授。, 金丸鉄。元田直の協力のもと東京法学社を設立。日本最初の法律専門雑誌『法律雑誌』の創刊者。, 伊藤修。金丸、薩埵と共に東京法学社創立に参画。代言局を担当。明治時代の代言人(弁護士)。, 司法省刑事局長時代に東京法学校の校長に就任した河津祐之。元老院書記官、大阪控訴院検事長、名古屋控訴裁判所検事長、司法大書記官、逓信次官等を歴任。, 1886年(明治19年)4月に、辻新次(初代文部次官)・古市公威(帝国大学工科大学初代学長)・長田銈太郎(宮内省式部官、明治天皇の通訳)・山崎直胤(内務省初代県治局長)・平山成信(後の枢密顧問官)・寺内正毅(後の第18代内閣総理大臣、元帥陸軍大将)・栗塚省吾(後の大審院部長判事)の7名が、フランス学の普及を目的とした教育機関設立を計画。, 同年5月に仏学会 (La Société de Langue Française) が組織され(初代会長は辻新次)、11月に同学会が神田区小川町の東京法学校の正面に東京仏学校を設立した(初代校長は古市公威)[29]。, 同校は1885年(明治18年)に旧東京大学に統合された官立の仏法系学校・司法省法学校の後身校的な性格をもち、フランス語で教授する法律科を有し、政府からは手厚い資金援助を受けていた。, また仏学会の会員には、名誉総裁に伏見宮貞愛親王、閑院宮載仁親王、小松宮依仁親王(後に東伏見宮)、名誉会員に徳川昭武(第15代将軍徳川慶喜の弟、水戸藩第11代藩主)、徳川篤敬(水戸徳川家第12代当主)、鍋島直大(佐賀藩第11代藩主)、蜂須賀茂韶(徳島藩第14代藩主)、太田資美(掛川藩第7代藩主)、大木喬任(元老院議長、枢密院議長)、山田顕義(司法大臣)、ボアソナード、アッペール等が名を連ね[30]、彼ら会員からの支援も受けながら東京仏学校は設立・運営された[31]。, なお、当時の文部官僚トップで東京仏学校設立の中心人物であった辻新次と、当時の司法省刑事局長で後に東京法学校の校長に就任した河津祐之は、1872年(明治5年)頃の文部省において箕作麟祥のもとで学制の起草にあたっていた元同僚であり[32]、両者とも仏学会の創立会員である。, 当初はフランス学を教授することを目的としていたが、法律科の設置以降は法律学校としての性格を強め、1888年(明治21年)に文部省令第3号「特別認可学校規則」[27]により特別認可学校となった[33]。, 仏学会名誉総裁であった伏見宮貞愛親王。皇族。第4代内大臣。大勲位菊花章頸飾。理化学研究所創設時に総裁に就任。, 会則改正により仏学会総裁に就任した閑院宮載仁親王。皇族であると同時に元帥陸軍大将。仏学会が日仏協会へ移行後も、初代総裁に就任。, 仏学会名誉会員であった徳川昭武。江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜の弟。水戸藩第11代藩主。将軍の名代としてパリ万博に出席。, 仏学会名誉会員であり、東京仏学校の商議委員を務めた蜂須賀茂韶。徳島藩第14代(最後)の藩主であり、公爵。貴族院議長、文部大臣を歴任。, 東京仏学校設立のため辻新次や古市公威らと仏学会を組織し、創立会員となった寺内正毅。後の第18代内閣総理大臣、元帥陸軍大将。, フランス法系の結集を図るため、1889年(明治22年)5月の仏学会臨時総集会において、東京法学校と東京仏学校の合併ならびに和仏法律学校への改称が決議され、9月9日に同校が正式に発足した[34]。, 初代校長には、当時の司法次官(司法官僚トップ)で日本における「法律の元祖」[35]といわれる箕作麟祥が就任。以後、日本の現行諸法典を創った法典調査会の中心人物が校長に就任している。その中でも、「日本民法典の父」[36]といわれる梅謙次郎は、20年間にわたり学監、校長、初代総理として、本学の発展に大きく貢献した。, 梅が校長を務めていた1903年(明治36年)に法政大学と改称(専門学校令準拠)。その後、1920年(大正9年)に日本の私立大学では慶應義塾大学・早稲田大学についで、最も古い段階で大学令に基づく大学となった(詳しくは旧制大学参照)。そして、1949年(昭和24年)より新制大学となって今に至っている。, 司法次官時代に和仏法律学校初代校長に就任した箕作麟祥。日本で初めて「権利」「義務」「憲法」といった訳語を用いて近代法典を翻訳し、日本における「法律の元祖」と評された。後に校長と行政裁判所長官を兼任。, 学祖・梅謙次郎。和仏法律学校校長、のち法政大学初代総理。民法・商法起草者。東京帝国大学法科大学長、文部省総務長官。「法政大学」と名付けた人物であり、20年間にわたり無報酬で本学の発展に尽力した。, 富井政章。和仏法律学校校長。帝国大学法科大学長。薩埵の義理の兄で、東京法学校時代から本学の発展に貢献した。梅とともに現行民法典を起草した三人のうちの一人。貴族院勅選議員、枢密顧問官。, 司法次官時代に和仏法律学校校長に就任した横田国臣。法典調査会第三部長(刑法起草責任者)、検事総長、大審院院長(最高裁判所長官)。, 和仏法律学校の第2代教頭に就任したミシェル・ルヴォン (Michel Revon)。司法省名誉法律顧問。東京帝国大学法科大学教授。ボアソナードの後任者として梅謙次郎を支えた。帰国後、ソルボンヌ大学教授に就任[37]。, 神田区小川町1番地に所在した建坪が316.5坪のレンガ造りの校舎[100]。東京法学校時代の1884年(明治17年)から使用された[101]。レンガ造りの旧勧工場(内国勧業博覧会を日常化した百貨商品販売所)の建物を買い取って内部を改築したもので[101]、建物の前の半分が教務室、食堂、寄宿舎、奥の半分が約300人収容の講堂を中心とした教室であった[102]。その頃の学校としては、かなり人目を引く規模の校舎であったという[102][103]。この新校舎の購入に際しては、ボアソナードが私財を投じたといわれ[104][105]、校舎の前面には、当時の大審院院長であった玉乃世履の揮毫による「東京法学校」の大文字の額が掛かっていた[102]。, なお、東京法学校はこの校舎の向かいにあったもう1棟のレンガ造り建坪144坪の建物[106]も所有していたが、こちらは仏学会 (La Société de Langue Française) に賃貸され[107]、1886年(明治19年)の東京仏学校開校時の校舎となった。また、この東京仏学校の校舎は、仏学会からさらに夜間のみ東京物理学校(現・東京理科大学)に賃貸され[107](転貸借)、東京法学校と東京仏学校が合併に向けて動き出した1888年末に東京物理学校に売却された[108](同校が1906年に神楽坂に移転するまで使用)。, 和仏法律学校時代の1890年(明治23年)に九段上[109]に竣工した建坪が255坪の木造2階建ての校舎[110]。設計は、エコール・サントラル・パリ (École Centrale Paris) を卒業し、同時期(1890年前後)に帝国大学や一高から五高までの校舎も手掛けた山口半六[111]。, 6つの講堂、事務室、応接所、書籍閲覧室などが設けられ[110]、教員や学生たちからは「梧桐の校舎」と呼ばれて親しまれたが[111]、大正期には手狭になったため[112]、1918年(大正7年)に富士見町4丁目12・13番地(現在の市ケ谷キャンパスの所在地)を買収し[113]、新校舎を建設することになった[114]。そして1921年に第一校舎が竣工し、移転した[113]。旧九段上校舎は1923年に大東文化学院(現・大東文化大学)に売却され[115]、同学院校舎として1941年まで使用された[116]。, 1921年(大正10年)に旧江戸城外堀沿いの富士見町4丁目12・13番地(現在の市ケ谷キャンパス)に竣工した木造モルタル3階建ての校舎。, 3階の大講堂では、各種式典や講演会などが行われ、日本美術院の展覧会や学生たちによる外国語劇なども催された[117]。第一校舎の竣工記念に、ヴィルヘルム・ゾルフ駐日ドイツ大使を招待してゲーテ作のドイツ語劇『ファウスト』が上演されたほか[118]、1922年にはロマン・ロラン作のフランス語劇やオーガスタ・グレゴリー作の英語劇なども上演された[117]。また、国賓として来日[119]したフランスのジョッフル元帥が1922年2月に来校した際に、学生を励ます演説を行ったのも、この大講堂であった[117]。, 1923年に発生した関東大震災での損害は軽微で[120]、授業再開も早かったため、その翌年から法政大学への入学志願者が急増することになった[121]。 戦前の法大を代表する校舎であったが、1945年5月25日から26日にかけての米軍による空襲によって焼失した[122]。, 1922年(大正11年)に竣工した建坪が207坪の木造3階建ての校舎[113]。第一校舎に接続して建てられ[113]、大小の教室のみが設けられていた[123]。主に学部の授業に使用されたが[123]、第一校舎とともに空襲により焼失した。, 1927年(昭和2年)に竣工した鉄筋コンクリート地上4階・地下1階建ての校舎。山下啓次郎の設計によるもので、完成当時は小講堂や図書館機能を有し、名称は第三校舎であったが、戦後は第一校舎と称されるようになる。末期には国際交流センターやキャリアセンターなどが入っていた。2007年の外濠校舎完成後に取り壊され、これを最後に市ケ谷キャンパスからは戦前の校舎が全て姿を消すことになった。2007年4月21日には第一校舎の顕彰イベントが行われ、山下啓次郎の孫にあたるジャズピアニスト山下洋輔[124]の演奏会などが催された[125]。, 1928年(昭和3年)に竣工した鉄筋コンクリート校舎。蒲原重雄の設計によるもので、その名の通り六角形を2つ組み合わせた形をしていた。内部の螺旋階段が特徴的な校舎であったが、学生運動の激しかった1970年に刑事事件が発生し[126]、管理上の問題から同年10月に解体された[127]。, 昭和初期には市ケ谷の校舎が手狭になったため、近隣地の取得を目指していたが[128]、東京横浜電鉄(現・東急)から川崎市木月所在の日活撮影所予定地[129](1万坪)を無償提供されることになり[130]、この地に大学予科を移転することになった。その頃の木月は桃畑と麦畑が広がる田園地帯で、晴れた日には遥か遠くに富士山を眺めることもできた[131]。, 鉄筋コンクリート3階建て、中央に時計塔の聳えた白亜の校舎は、1936年(昭和11年)10月に落成式が行われ[131]、1939年までに野球場、陸上競技場、ラグビー場、プールなども順次建設された。, 新制法政大学の第一教養部が1958年(昭和33年)に市ケ谷への移転を完了した後、時計塔校舎は法政大学第二中・高校に引き継がれ、竣工から約80年を経た2014年に、2代目の時計塔校舎に建て替えられている。, 戦後間もない1953年(昭和28年)に竣工した地上6階・地下1階建ての校舎。55年館と連絡階段で結ばれ、大学院棟として使用された。設計は工学部の教授で、後に国立能楽堂なども手掛けた大江宏。当時の校舎としては斬新なガラス張りの建物であった[132]。, 53年館の中庭には、フランスの彫刻家フェリックス・ベヌトー作の原型から作られたボアソナード博士像が置かれた。これは、最高裁判所、外務省、フランス大使館、東京大学法学部、法政大学、明治大学、日仏会館などの後援により[133]、パリ大学に置かれている胸像と同じ原型をもとに、東京藝術大学の海野清教授らが製作した2基の胸像を、最高裁判所と法政大学に設置することになったものであり[133]、1953年12月21日午前に最高裁判所で行われた胸像除幕式には、吉田茂内閣総理大臣、田中耕太郎最高裁判所長官、レオン・ジュリオ・ド・ラ・モランディエールパリ法科大学長 (le doyen de la faculté de droit de Paris) 、ダニエル・レヴィー駐日フランス大使、大内兵衛法大総長、鵜沢総明明大学長らが出席し[134]、同日午後には、ほぼ同じメンバーで法政大学においても除幕式が挙行された[134]。, 53年館は1995年に解体されたが、跡地にはボアソナード・タワーが建設され、ボアソナード博士像も同タワー内に再設置されている[134]。, 1955年(昭和30年)に竣工した地上7階・地下1階建ての校舎。当時の工学部教授であった大江宏の設計によるモダニズム建築の建物で、58年館と一体になっていた。正門側から見て右側にあたり、市ケ谷キャンパス最大の教室であった511教室や、各種大〜小教室、食堂などが入っていた。校舎としては日本最初の鉄骨高層の建築物といわれ[135][136]、また当時としては珍しかった[137]1階から7階まで続くスロープのほか、カラー・コンディショニングなどの多くの新しい試みも実用化され[137]、58年館とともに、1958年に第10回日本建築学会賞作品賞、1960年に第1回BCS賞を受賞している。55年館の落成記念式典には、安藤正純文部大臣、島田孝一日本私立大学連盟会長らが出席した。, 建設されたのは戦後間もない資金的にも苦しい時期であったが、当時の大内兵衛総長の判断で着工され、511教室前の壁には大内の揮毫による「学而不思則罔 思而不学則殆」(学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆し 『論語』為政篇)のレリーフが掲げられていた(2019年に大内山校舎に移設)。, 1958年(昭和33年)に竣工した地上7階・地下1階建ての校舎。大江宏の設計によるモダニズム建築の建物で、55年館と一体になっていた。正門側から見てピロティを含む左側にあたり、各種大〜小教室、学生ホール、地下商店街、食堂、事務室などが入っていた。竣工した年に55年館とともに第10回日本建築学会賞作品賞、1960年に第1回BCS賞を受賞しており、戦後の法大を代表する校舎であった。58年館の竣工記念行事には、元東京帝国大学総長で安田講堂などの設計を手掛けた建築家の内田祥三や、後に日本人初のプリツカー賞受賞者となる建築家の丹下健三、戦前にフランスで過ごした芸術家の岡本太郎[138]らが参加している(右の画像はその時の写真)。, なお、53年館に隣接して第Ⅱ58年館も建設されたが、こちらは53年館とともにボアソナード・タワーの建設に伴い解体された。, 55年館と58年館は、竣工から約60年を経た後に、エレメント(ディテール)、素材感、スケール等を継承した2016年竣工の富士見ゲートおよび2019年竣工の大内山校舎に建て替えられ[139]、跡地には中央広場が整備される予定である[140]。また、この中央広場には、55・58年館の床石のパターンを模したタイルを敷き詰めた「メモリアルコリドー」(仮称)という通路や、柱が立っていた位置に柱に見立てたベンチが設置される予定となっている[140]。, 大学ホームページ上で試聴ができるほか[142]、多くのカラオケボックスで曲目一覧に掲載されている。また着うた・着うたフル・着信メロディでも配信されており、法政大学アリオンコール等の法政大学の合唱団や音楽サークルが楽曲を提供している。「若き我等が命の限り」「法政おお我が母校」の一節は有名である。応援団が使用するときなどは、歌の最後の「法政 おお わが母校 法政 おお わが母校」の部分を冒頭にも歌うことが多い。, これらの曲は法大応援団などの演奏や東京六大学野球等の応援時に聴くことができる。また、曲を収録したDVD・CD・カセットテープを大学が発行しており、法大生は機会があれば無料で入手できるほか、大学内の大学グッズショップでも購入できる。, 旧制法律学校時代からの伝統を有する学部で1880年創立。日本の大学では東京大学に次いで2番目に古い歴史(私学では最古の歴史)を持つ法学部である。1922年に文学科と哲学科を加えて法文学部となり[145]、1947年の学部改組により再び法学部(法律学科・政治学科)となる[146]。法律学はもちろん政治学も学び、国際的に活躍できる知的人格形成を目指す。法律学科ではコースモデル制、政治学科は科目群制、国際政治学科はコース制を設定しており、他学科の講義も受講できるよう配慮している。また国際政治学科では、1年次の夏期休暇を用いてオックスフォード大学への短期留学を行っている(全員必修。他2学科からも希望参加が可能)。, 1922年に夏目漱石門下の野上豊一郎・內田百閒・安倍能成らによって法文学部内に創設された文学科と哲学科が前身。1947年の学部改組により文学部(国文学科・英文学科・哲学科)となる[149]。少人数教育に重きを置いており、2〜3年次からの学部生全員のゼミナールへの参加が必修である。法政大学では珍しい学科間の独立傾向が強い学部で、学部生全員へ課される共通必修科目が無い代わりに、より専門性の高い研究を行えるよう配慮されている。2003年には二部文学部教育学科を発展する形で心理学科が新設された。, 1959年設立。日本の大学では3番目、私立大学では2番目に設置された経営学部である。経済学部内に設置されていた商業学科が前身で、戦後の好景気による経済学部進学希望者の増大に対して、より実学重視の学部を設置するべく創設された経緯がある[151]。組織・人事・会計を専門に扱う伝統の経営学科の他に、より国際的な経営戦略、専門的なマーケティング創造を目指す2003年新設の2学科がある。, 2009年に創設50周年を迎え、米国の経営学者マイケル・ポーターによる特別講演など記念事業が催された。この様子は日本経済新聞にも掲載された[152]。, 1999年創立。「文化」を一国ずつに考えるのではなく、国境を越えて広がる文化のイメージを捉えると同時に異文化間のコミュニケーションを考える。コース制を敷いており、2年進級時には希望のコースを選択するが、3年進級時に変更も可能。少人数教育も盛んに行われている。長期と短期を選択できる海外留学システム(Study Abroad、通称SA)に力を入れており、学部生の海外留学は必修である。, 1999年創立。日本の大学での環境学の先駆的存在。自然保護・街づくり・国際協力などを学ぶため、キャンパスを飛び出して現地へ赴く「フィールドスタディー」が特徴。コース制を実施しており、2年進級時に選択する。文系ではあるものの理系の研究も可能である。, 2003年に二部文学部教育学科を発展させる形で設立。英語の「career」という言葉をいかに捉えるのかを研究する学部で、世界規模で注目されているテーマである「キャリアデザイン」を考える。教育学・経営学・文化/コミュニティ学を融合した新しい学問体系で、その核となるのは「生き方研究」である。自身のライフコースを見つめ、深く考慮できる人材育成を目指す。2年次に領域を選択する。, 2007年に工学部の建築学科・都市環境デザイン工学科・システムデザイン学科を改組し、市ケ谷キャンパスへ移転して設立。「総合デザイン」を学部の核となるキーワードに設定し、学生の進路に合わせたデザイン学を構成する。美学、工学、技術から生まれる新しい「ものづくり」、「空間づくり」、「都市づくり」の教育研究を理念に置く。専門の授業は市ケ谷キャンパスから少し離れた市ヶ谷田町校舎で学ぶ。現在3学科を抱える。, 2008年にIGISを発展させる形で設立。GISと称されることが多い[153]。学内最小の学部で、日本国内でも最小規模の学部である。その分だけきめ細やかな教育を売りにしており、ほとんどの講義は少人数、かつ基本的に全て英語で行われる。また海外からの留学生も多く所属している。1年次の必修科目である「Global Studies」は、専任教員が毎週交替でそれぞれの専門分野と関連づけて講義されている。「芸術・文学と文化 (Arts, Literature and Culture)」、「言語学と英語教育 (Linguistics and English Education)」、「社会とアイデンティティ (Society and Identity)」、「国際関係と経済 (International Relations and Economy)」という科目群がある。, 1920年設立。日本の大学では東京大学・京都大学・慶應義塾大学に次いで4番目、私立大学では2番目に設置された経済学部である。学部独自の海外留学システムを備えており、国際コミュニケーション科目、外国語科目も多数存在し、よりグローバルな経済界を見据えていく。経済学だけでなく、会計やファイナンスといった商学の分野も学習が可能であり、さらには経済学に隣接する経営学と法学にも触れる。1年次からの入門ゼミと4年間の一貫教育を実施しており、現在3学科を抱える。, 1919年(大正8年)に内務省や財界によって設立された財団法人協調会をルーツとし、1952年に日本の私立大学で最初の社会学部として設立された(日本の大学では一橋大学に次いで2番目)。ゼミナール活動を中心とした7コース・8プログラムで研究を進める。2年次に主専攻(コース)を1つ選び、副専攻(プログラム)を2-3個選ぶ。さらに大学から外へ出て実際に行動する「フィールド学習」を行い、フィールドトリップ、フィールドワーク、フィールドリサーチ、フィールドのメディア化のプロセスを通じて、社会の実像を見つめていく。その他マスコミ・メディア学も履修可能である。, 2000年創立。福祉・臨床心理・地域づくりの3テーマを主軸に置く独自のカリキュラムで特色ある学習を目指す。東京六大学では初の本格的な臨床心理も学ぶことができる。学外での臨床現場を見学、体験を基にした研究をすることもできる。インテンシヴ・イングリッシュという2年間の英語教育も行われている。創立当初は現代福祉学科のみであったが、2010年に福祉コミュニティ学科・臨床心理学科の2学科体制へと改組され、現代福祉学科は現在募集停止中である。, 2009年創立。現在法政大学内で最も新しい学部である。21世紀のスポーツと健康の問題を日々扱っていき、実習・実技講義も多数備える。また、海外の最先端スポーツ健康学を理解するための英語教育にも重きを置く。コース制を敷いており、2年進級時に選択するが、各コース間の連携を強くし、学部生全員が基本となる体育学、健康科学が身につくよう考慮されている。多摩キャンパスの広いスポーツ施設を利用する。, 2008年に工学部機械工学科・情報電気電子工学科・電子情報学科・システム制御工学科・経営工学科を改組、発展させて設立。機械工学科には国内大学では極めて珍しい航空操縦学専修も存在し、飛行実習を海外ではなくホンダエアポートで行い[154]、日本の国立・私立大学で初めて留学無しで操縦士免許を取得できる様になっている。各個人へのパソコン貸与ほか、少人数教育に率先的である。各学科や専修にとらわれない学科横断の学習も可能で、専門科目だけではなく文系教養科目での単位修得も行える。現在5学科を抱える。, 2008年に工学部生命機能学科・物質化学科を改組、発展させて設立。生物学・生命学を軸とした専門分野を学ぶほか、先端科学を基礎とした技術研究も行う。生命機能学科には、国内大学では珍しい植物医科学専修が存在する。少人数教育を行っており、1年次から実験・実習を重視している。また、チューター制度も導入しているほか、キャリア学習にも力を入れており、外部研究機関等と連携して学習するインターンシップ科目も設定されている。2014年4月に生命機能学科植物医科学専修を改組して応用植物科学科を設置。, 2000年創立。情報の名を冠する学部の中でも本学部の研究はかなり本格的で、他大学ではたいてい4年次から参加する情報活動を1年次から参加できる「情報科学プロジェクト」がある。4年間学科生全員へノートパソコンが貸与され、自由にソフトウェアを入れたりハードウェアを拡張することもできる。2年進級次にコースを選択し、2-3年次に各コースの科目を履修する。4年次から研究室に所属して卒業研究に取り組む。現在2学科を抱える。, 1947年に日本初の通信教育部として設立された[12]。設立当初は法学部法律学科のみの設置であったが、徐々に学部学科数を増やしていき現在に至っている。特に地理学科に関しては、国内大学の通信教育課程において全国唯一の存在である。現在3学部6学科と教職課程を有する。また、創立当初の通信教育部長は美濃部達吉[156]である。全国各地でもスクーリング授業を行っており、近年は2004年よりメディアスクーリングを開講するなど、多くの人が学べるような工夫が行われている。2013年4月より、社会環境の変化にともないカリキュラムが大きく変更された。, 大学院は、1951年に人文科学研究科と社会科学研究科に修士課程を設置したことに始まる[13]。2017年4月現在、15研究科・31専攻・3インスティテュートおよび専門職大学院の法科大学院(法務研究科)と経営大学院(イノベーション・マネジメント研究科)を擁している。, 社会人への門戸が広いことが特徴で、1995年に日本最初の夜間博士後期課程を開設[13]、2008年には社会人大学院の政策創造研究科を開設した。現在、9専攻で昼夜開講、8専攻で夜間開講している。, 法政大学の図書館は1899年(明治32年)和仏法律学校時代に創設され、その歴史は100年を超える。創設以来、多くの法大生や教授の研究を支えてきた。1929年から1931年には第二代図書館長として野上豊一郎が就任している。, 現在、図書館は市ケ谷・多摩・小金井の各キャンパスにそれぞれ存在しているが、全ての学生が3キャンパスの図書館を利用することができる。所蔵資料数は2009年4月現在165万冊[158] で日本の大学中6位。法政大学生であれば、自宅のパソコンからも図書の予約が可能。毎日数回3キャンパスの図書館を回る「図書配達車」を運行しているため、希望の資料が万が一所属キャンパスに無くても、スピーディに入手できる。, 各館では、図書館や法大教授が所有する歴史的に貴重な史料も定期的に展示されている。また卒業生や山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム加盟大学生[159]・各キャンパス所在地周辺住民も登録を行えば利用可能である。, なお、1988年には小金井キャンパスの図書館長を工学部長が兼務することとなった。2004年4月1日には新たに図書館規程が制定され、規定により市ケ谷キャンパス図書館に3館を統括する館長が置かれるようになったほか、館長の所属しない他2キャンパスの図書館には副館長を置くこととなった。, 大学総長を会長とした、法政大学の出版部に当たる一般財団法人。詳しくは法政大学出版局の項を参照。, 全法大生が所属する組織で、法政大学総長を会のトップに置く。構成員は法政大学に在籍する全学生であるが、全ての大学公認団体・サークル・部活動も学友会に登録され、所属する。その他、幹部組織としての団体が少数所属する(以下の所属構成で挙げる団体以外にも数団体所属している)。学内で開催されるイベント等はもちろん、野球部が東京六大学野球で優勝した際に行われる優勝パレードも学友会が主催している。, [160]