ナンバープレートの分類番号; ナンバー: 詳細: 分 類: 定 義: 1: 10~19、100~198 : 普通貨物車: 普通自動車のサイズは全長12m以下、全幅2.5m以下、全高3.8m以下が定義されているが、このうちで貨物用途のクルマ(トラック)が1ナンバーになる。 分類番号(ナンバー) 1: 貨物の運送に用に供する自動車: 40~49: 2: 人の運送の用に供する自動車: 50~59: 3: 散水自動車、広告宣伝用自動車、霊柩自動車、その他特殊の用途に供する自動車: 80~89 分類番号にアルファベットもあります. 車のナンバープレートの右上3桁の数字のことを分類番号といい、自動車の種類や用途を表す数字の組み合わせとして規定されています。 よく「1ナンバー車」や「3ナンバー車」などといいますが、分類番号の最初の数字で車種が分類できるようになっています。 ナンバープレートには、表示内容でその車を識別するための働きがあります。 ここでは、自動車の区分にあわせ、ナンバープレートの種類と分類番号についての情報を載せています。 ホーム > クルマと安全 > 自動車の分類・基準認証制度 > 車両法と道交法に基づいた自動車の分類 > 図3: ナンバープレートによる分類【自動車登録番号標(登録自動車)・車両番号標(軽自動車)】 いつも見ている車のナンバープレート。見慣れた車のナンバーですが、きちんと分類され、意味がありますよ。「3ナンバー」「レンタカーはこれ」っていうのはメジャーなものですが、ほかには・・?今回はきちんとまとめてみました。いつも見るナンバープレート 画像「ナンバープレート(車両番号標)の表示例」の②は、軽自動車の用途の分類をあらわす分類番号です。分類番号は、地域名の右側に、1けたから3けたの数字で表示されます。用途の区分と分類番号について詳しくは下記の表をご覧ください。 車の開運ナンバー人気トップ5!ご当地ナンバーで差をつける方法を紹介! [2020年05月04日] クルマ売却ガイドのその他のおすすめ記事をご紹介しています。 アルファベットの入ったナンバープレートを見て、何か特別なナンバー? と気になっている人も多いかもしれない。 ナンバープレートには登録された運輸支局などを表す文字、自動車の種別を表す分類番号、ひらがな、『・・・1』から『99-99』までの一連指定番号で構成されている。 ひらがなは『お』、『し』、『へ』、『ん』、一連指定番号は末尾が『42(死に)』、『49(死苦)』などの縁起が悪いと思われる数字は欠番と … 地域名の横にある3桁の数字が分類番号です。この分類番号が自動車の種別を表しており、000番台から900番台までで8分類あります。300番台が3ナンバー、500番台が5ナンバーになります。 についての情報を載せています。, ※画像をクリックすると拡大表示されます。, 一般社団法人 大阪府自家用自動車連合協会 分類番号の頭1桁: 用途: 1ナンバー: 貨物用の車(トラック等) 2ナンバー: 人の運送で定員11名以上の車: 3ナンバー: 人の運送で定員10名以下の車: 4と6ナンバー: 小型貨物+軽貨物の車: 5と7ナンバー: 人が乗る小型車+軽自動車: 8ナンバー: パトカー、霊きゅう車: 9ナンバー 分類番号 ナンバープレート 自動の種類 説明; 1.10及び100~199: 貨物の輸送に使われる普通自動車など(大型トラックなど ) 2.20~29及び200~299: 乗車定員11人以上の人の輸送に使われる普通自動車(バス) 3.30~39及び300~399 ナンバープレートの見方について. クルマについて色々な事に詳しい人は、ナンバープレートを見ただけで「お、このクルマはレンタカーなんだ」と分かることがあります。じつは、レンタカーはナンバープレートで見分けることができるのです。ナンバープレートを見るだけで何がわかるのか? ・上1桁の番号が6、7ナンバー:00~79まで ・上1桁の番号が6、7ナンバー(軽自動車):83~99まで ※番号や地域によって例外あり 車のナンバーの分類番号というのは、ナンバープレート地名の右側に記載している数字です。 昔は「50」とか「30」で表記されていましたが、今は「350」とか「581」と表記されています。 ナンバーの分類番号のことですね。 新車か中古かということで言えば、分類番号が3桁化されたのが、98年(先行地域)か99年(全国)のどちらかなので、それより前に発売された自動車なら、中古かも?という … 最近アルファベットが入っているナンバープレートを見かけることが多くなってきた。ナンバープレート下段左側であれば駐留軍人の私有車両であることを示すものの、今回増えたのは上段3桁の「分類番号」の部分だ。いつからはじまったのか、なぜ数字ではないのだろうか。 ナンバープレートは、自動車を個別に識別する為に取り付けられた標識板で正式な名称は自動車(登録車)につけられているものを「自動車登録番号標」といい、軽自動車や自動二輪につけられているものを「車両番号標」といいます。 Copyright © 2012 一般社団法人 大阪府自家用自動車連合協会 All Rights Reserved. 分類番号は地名の横にある3桁の数字で、クルマの種別や用途を知ることができます。アルファベットは分類番号の下2桁で使用でき、「30a」や「3ac」「5fh」などと表記されます。利用者が希望のアルファベットを選ぶことはできません(2018年7月時点)。 ちなみに、まだまだ発行された車の数は少ないですが、今後、分類番号にアルファベットも使われることになり、三桁で「39a」のような表示になります。 ナンバープレートの一連指定番号は自由に選べる 自動車には個別に識別する為にナンバープレートが付けられています。 このナンバープレートは正式には、普通自動車・小型自動車・大型特殊自動車のものを「自動車登録番号標」、軽自動車・二輪車などのものを「車両番号標」といいます。 「ナンバープレート情報局」は、日本国内の自動車等のナンバープレートについて、全国各地の皆さんから寄せられた情報をもとに各種番号の進行状況等をまとめているものです。 ホーム ï½œ ãƒŠãƒ³ãƒãƒ¼ãƒ—レートについて ï½œ è‡ªå‹•è»Šã«é–¢ã™ã‚‹æ‰‹ç¶šã ï½œ ãŠå½¹ç«‹ã¡æƒ…å ± ï½œ å¿«é©ãªã‚«ãƒ¼ãƒ©ã‚¤ãƒ•ã®ãŸã‚ã«. “分類番号”は、地名の横に寄り添う3桁の数字です。 車の分類が一目で分かるようになっていまして、ここで見るべきは、百の位の数字です。 <100番台> 普通貨物車(⇒貨物の輸送がメイン) <200番台> 普通乗合車(⇒人の輸送がメインで定員11名以上) 分類番号の上から1桁目の数字(分類番号が「300」なら「3」)から車の大まかな用途と大きさがわかります。これは分類番号が2桁でも3桁でも同じです。 良く耳にする「3ナンバー」や「5ナンバー」という呼び方はこの分類番号に由来しています。 自動車のナンバープレートの地域名の横にある数字は、自動車の「種類」や「用途」などを区分する為の分類番号です。 分類番号には3桁以下の数字が用いられていますが、上1桁を見ればどの区分かが、わかるようになっています。 今回は、分類番号の上1桁について紹介します。 車のナンバープレートの地名の横にある3桁の番号の意味を知っていますか?これは俗に「分類番号」と呼ばれるもので、車の「用途」や「サイズ」などを表すものです。今回の記事ではこの3桁部分(分類番号)の意味や払い出しの規則・ルールについて詳しく見ていきたいと思います。 車の希望ナンバーの見分け方は?普通自動車・軽自動車での違いや意味も解説!車の希望ナンバーの見分け方や普通自動車と軽自動車での番号の違いや使われるナンバーの意味についても調べてみました。車のナンバープレートの意味を知ると希望ナンバーの見分け方もわかる! ナンバープレートの種類を色や分類番号、形で紹介:白や黄色は自家用車、緑や黒は事業用の車、横長の6桁ナンバーは自衛隊の車両、外や領が先頭についているのは外交官関係の車両、地名のあとの分類番号についてなど、ナンバープレートの種類について紹介。 5ナンバーは小型乗用車、3ナンバーは普通乗用車に分類されるため、3ナンバーの方が大きい車種ということになります。 ちなみに、分類番号はその車の用途によって定められており、0〜9ナンバーまであります。 3ナンバーと5ナンバーの維持費 大阪市中央区大手通1丁目1-11. ‚鎩‰Æ—pŽ©“®ŽÔ‚ŁA–@—ß‚Ì‹K’è‚É‚æ‚èŠÖÅ–”‚Í•¨•iÅ‚ª–Əœ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì, Copyright (C) 1998 Š”Ž®‰ïŽÐƒVƒXƒeƒ€ƒWƒƒƒpƒ“. ※分類番号のローマ字導入に伴う自動車登録番号の定め方については和整振ホームペ ージをご覧ください。 普通車のナンバープレート 軽自動車のナンバープレート ・ 分類 番号 2 字 目 に つい て は、P、X、Y ・ 分類番号3 字 目 に つい て は