失礼ですが(もう一度いってください。) I’m Sorry? Once more, please. は字義通りには「ご容赦ください」という、相手に許可を求めるフレーズです。 相手の許しを乞うという意味上、Excuse me. マイケルです。 英会話上達のためには、分からなかったり聞こえなかった英語は分かったふりをしないで、素直に「分かりません」「もう一度言ってください」と相手に伝えるのが上達のコツです。 分からないと結局その後の … I beg your pardon? Excuse me? ミキ・亜生が外国人においしいものをすすめて検証する。今回の注目ポイントは「相手の英語が聞き取れないときどう乗り切るか?」注目のキーフレーズは「もう一度言ってください」と(聞き取れない内容を)「書いていただけますか? I beg your pardon? "と語尾を上げることでも同じ表現として伝わります。 Excuse me? の意味と使い方. 例えば、子どもの手を引いて、家族やグループで人の前を横切るときなどは“Excuse us.(=私たちを通してください)” です。 「もう一度言ってください」は Excuse me.でもI’m sorry.でもOK 相手の言っていることが分からなかったとき、“ (I beg your) pardon?” Excuse Me is a 1925 film starring Norma Shearer, and Conrad Nagel. もしこのexcuse meが難しいと感じる方は、定番のCould you say that again? よくthat を忘れる方がいるので気をつけてください。 もう一度言ってもらうよりも、書いてもらうほうが理解しやすくスムーズにコミュニケーションが取れるときは下記のフレーズを使ってみましょう。 Excuse me や Pardonを使った丁寧なフレーズ Excuse me? 英語の会話表現では、発音やアクセントに加えてイントネーション(intonation)=抑揚も、重要な音声要素です。基本的な抑揚の付け方をおさらいしておきましょう。 声の抑揚・イントネーションは、文意を正確かつニュアンス豊かに伝えるために欠かせない要素です。 I’m sorry. "Excuse me?" 「何と言いましたか?」「もう一度お願いします。」を英語で"Pardon?" 他にもたくさんありますので、自分が言いやすい、覚えやすいフレーズを使うようにしてくださいね。 最初のうちは、相手の英語が早くて聞き取れなかったり、単語の意味がわからなかったりするのは当たりまえのことです。 訳:すみません、聞き取れませんでした。 3. 訳:もう一度おっしゃってもらっていいですか? 2. (You mean…? Excuse me? 」「もう一度言って」 (道などを空けてもらうときに) すみません, 失礼します • Excuse me, could I just squeeze past? /何ですって?」ともう一度言ってもらいたい意思を明らかにするときの表現です。 Excuse me? 会議の英語|「質問」と「割り込み」の仕方と対応 = もう一度言ってもらいたいときは… = I’m (I am) afraid I don’t understand what you mean. 【Excuse me?】 「すみません」という意味のExcuse meも、疑問符を付けることで「もう一度言ってください」になります。 「すみません、もう一度言ってもらっていいですか?」 というようなニュアンスですね。 【Come again?】 「Come again」も「? “Excuse me” ってとても基本的なフレーズですよね。 では、どんなふうに使っていますか? 実はいろんな場面で使われるので、今回は基本に戻って “Excuse me” の使い方をおさらいしてみたいと思います。 sorry, excuse me, pardon はどれも「ごめんなさい」という意味ですが、実は若干ニュアンスが違うのです!どの英単語をいつ・どんな条件で使えばよいのかを例文と共にご紹介します。また、よく使われるイディオムも併せてご紹介します! / Pardon? 訳:もう一度言ってください。 5. ※相手の声が小さくて聞き取れないときに、もう一度言ってもらうための表現。聞こえなかった原因が相手にある場合に使用. 以外にいくつ言えますか?ビジネスシーンでは「Excuse me」、家族や親しい友達なら「say what?」と使うことができます!今回は「Pardon」だけでない相手に聞き返す時に使える英語表現をシーン別にご紹介します。 The film was written by best-selling novelist Rupert Hughes on … ですから海外では、わからなければ遠慮なく「もう一度言ってください」「もっとゆっくり話してください」と聞き返すことが当たり前です。 「自分に理解力がないから…」などと申し訳なく感じる必要は全くありません。 "Excuse me" ってとても基本的なフレーズですよね。では、どんなふうに使っていますか?実はいろんな場面で使われるので、今回は基本に戻って "Excuse me" の使い方をおさらいしてみたいと思います。"Excuse me" と "sorry" の違いもあわせて紹介します! I couldn’t catch that. Could you repeat that for me? Excuse me. 英検の2次試験で、もう一度言ってもらいたいとき、この中で、この言い方はちょっと違うというのを教えてください。・Pardon?・Pardon me?・I beg your pardon?・Could you say again?・Could you repeat it again?また、上のぶんに もう一度言ってください。(丁寧) ちなみに、より丁寧に言うには次のような表現になります。 I beg your pardon? "はアメリカではだれも使わないんです。(カナダでは使うようですが) では、相手の言ったことが聞き取れずもう一度言って欲しい時、なんと言えば良いのでしょうか? 一番オススメのフレーズはこちら↓ "Sorry?" 皆さまご存知でしょうか・・・? 実は"Pardon? ※「もう一回言って」と、命令するようなぶしつけな印象を与える - Tanaka Corpus. すみません,通していただけますか. (中座するときに) 失礼します • Excuse me, I have a meeting. すみませんが、もう一度メールを送っていただけますか? Excuse me, but is there a copy machine in this building? 下げ調子の”Excuse me. 「問い合わせ」を英語でいうと?”contact”以外の表現方法や使い分けにつ... A: Mom, I might not be able to go visit you during the holidays. リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」(http://diamond.jp/category/staygold)を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」, 「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!, Background vector created by coolvector - www.freepik.com, “Excuse me?”と相手に聞き返すのは言語道断?【ビジネス英語の絶対ルール】, “I will do my best.” はNGワード?日本人が使いがちな危ない英単語【ビジネス英語の絶対ルール】, 「ミスを恐れて英語が話せない」は本当か?真の原因を暴く【関正生の英語コーチングTIPS】, 「土足厳禁です!」を2語の英語で言うと?訪日外国人にルールやマナーを気持ちよく伝えるコツ, 「折り返し連絡させます」を表す動詞は、ビジネスでは have 一択!【ビジネス英語の絶対ルール】, デキる非ネイティブは、なぜ “I don’t know” “I have no idea” と言わないのか?【ビジネス英語の絶対ルール】, “problem” と発言する日本人をなぜネイティブは注意したのか?【ビジネス英語の絶対ルール】. もう一度お願いします。 「もう一度言ってください」を英語で簡単に言うと?【デキる女の♡ひと言英会話】 【デキる女の♡ひと言英会話】シリーズ。今回は、会話の中で「もう一度おっしゃってください」をカジュアルに伝えるフレーズをご紹介するわよ。 「聞き取れない」にもいろいろなシチュエーションがあり、「何がどう聞こえない」のかを明確に伝えると、会話がグッとスムーズに進みます。今回は、そんな日常の様々なシーンで「相手の言ったことをもう一度聞き直したいとき」に使える英語フレーズをご紹介します。 「もう一度言ってください」に関連した英語例文の一覧と使い方 ... すみません、もう一度ゆっくり言ってください。 例文帳に追加. It was directed by Alfred J. Goulding. このサイトを利⽤するには広告ブロック機能を無効にしてページを再読み込みしてください, グローバル社会で役立つ、日本人が使っちゃいけないビジネス英語のルールを、マイクロソフト シンガポール勤務の岡田兵吾さんが紹介します。第5回は、デキる非ネイティブ流「好印象な聞き返し方・あいさつ表現」です。, 英語を話していて焦るのは、相手の英語が聞き取れないとき。相手の話すスピードが速過ぎたり、単語が難しかったりするなど、理解できないことは多々あります。そんなふうにちょっとでも聞き取れなかったとき、非ネイティブはすぐに聞き返します。, 聞き逃した内容が少しだけなら、“Sorry?” を使います。少し長めの話を言い直してほしいときは、“Would you say that again, please?” (今おっしゃったことをもう一度確認させていただけますか?)のフレーズを使います。, 聞き直すフレーズとしては “Excuse me?” や “Pardon?” もありますが、「もう一度言って」と命令されたような言い回しで、ビジネスの場で使うと、ぶしつけな印象を与えてしまいます。代わりに非ネイティブは “Would you say ~, please?” を使って丁寧に、もう一度話してもらえるように頼みます。語尾の “~, please” はなくても問題ありませんが、あった方がより丁寧になります。目上の人にも使えます。これを聞いた相手は高確率で快く応じてくれることでしょう。, ※相手の声が小さくて聞き取れないときに、もう一度言ってもらうための表現。聞こえなかった原因が相手にある場合に使用, しかし、紹介した “Would you say that again, please?” のような表現は、親しい友人に使うとなると少しよそよそしくなってしまいます。仲のいい友人には、先ほど紹介した “Sorry?” や「もう一回いいですか?」の意味で “Say again?” を使うといいでしょう。, 先ほど紹介した “Excuse me?” と “Pardon?” のように、日本人になじんでいる英語を思わず使ってしまうことで、場合によっては、意図していない印象を与えてしまうケースはほかのフレーズでも起こり得ます。その一つが、「初めて会う人・久々に会った人」に使うフレーズです。, 皆さんも初めて会った人には、“Nice to meet you.” を使うと思います。少しこなれた人は “Happy to see you.” なんかを使っていたりします。, ここで気を付けなければいけないのは、初めて会う場合は meet、2度目以降の場合には see を使うことです。2度目以降に会う場合は、meet が使えないということを知らない人が、意外と多く見受けられます。, 初めて会う相手に “Happy to see you.” とあいさつしてしまうと、「あれ?以前に会ったことがあるのかな?」とちょっとした単語のチョイスで混乱させてしまいます。, 逆に、会うのが2度目なのにうっかり “Great to meet you again.” や “Nice to meet you again.” と、meet を使うと、相手は「以前に会ったことがあるのに覚えていないのかな」と誤解します。, ちなみに「久しぶり」の表現で、友人同士でよく使われている “Long time no see!” はカジュアル表現なので、顧客先の偉い方やビジネスライクな付き合いしかない人に対してはNGです。, 会社の人でも友達のような間柄であれば、親しげな言葉を使うことで距離をグッと縮めることが期待できます。しかし、ビジネス英会話としては、 “Long time no see!” は気さく過ぎます。何度か会って親しくしているクライアントだとしても、このカジュアルな表現を使うことには違和感があります。, “Long time no see!” の代わりにビジネス英会話として使うなら、“Great to see you again!” “It’s nice to see you again.” “It’s been a while.”といった表現の方が失礼に当たらないので、失敗しない表現だと言えます。, グローバルに出世している非ネイティブは、どんなに友達のように仲よくなったと感じたとしても、クライアントに対して敬意をなくす表現は使いません。, 日本のことわざの「親しき仲にも礼儀あり」と同じような意味の英語のことわざがあります。“A hedge between keeps friendship green.” で、直訳すると、「間に垣根がある方が友情が保たれる」という意味です。クライアントや上司には、どんなに仲よくなっても、どこか尊敬の気持ちを込めた表現を使いましょう。, さらにもう一つ、意図してない印象を与えてしまいかねない英語を紹介しましょう。“So so.”(まあまあ)です。, 単純に日本語で言いそうなセリフを英訳して、“How are you?” “So so.”というやりとりを紹介している本を見たことがあります。, しかし現実に “So so.” なんて答えてしまったら、ネイティブは「この日本人、暗っ!それとも何か悪いことがあった?」と軽く引きます。ネイティブは体調が悪くても、とりあえず “Fine.” や “Good.” で返すのが普通です。, 多くの場合、英会話は “How are you?” からスタートするため、こちらが会話の出はなをくじいてはいけません。私自身は熱くパワフルなキャラクターが売りだと思っているので、最大級の元気さで “I’ve been doing great!”(絶好調です!)や “I’m excellent!”(最高です!)と返します。正直この言い方は、元気過ぎるのでちょっとびっくりされますが、「元気でいいね!」と面白がられて、高確率で顔を覚えてもらえます。, また “I’ve been doing great!” といったフレーズは、ただ自分の調子のよさを伝えるだけではなく、気力が充実していてなんでもできますというアピールも同時に行っているのです。どんな人でも、生気がない死神のような人を相手にしません。, 私が「海外で1年2カ月営業売上ゼロ」から脱出しようとしたときも、意識的にポジティブな言葉を使いました。, 気持ちは沈んでいて暗かったのですが、久しぶりに会う人にはあえて “I’ve been doing great!” と調子がいいように振る舞っていました。, “I’ve been” を使っているのがポイントで、今だけではなく継続してずっと調子がよかったことをほのめかします。, 調子がよさそうに見えるだけで、人は集まってきます。人が集まれば、日々の営業現場で顧客への新提案につながるような、さまざまなビジネスネタをオープンに話してもらえるようになるでしょう。それには、調子よく明るく話し掛けることですが、もちろんうそをついてはいけません。うそではない範囲で、楽しくおおらかな態度でいることで、話が弾むのです。, ネイティブたちは、英語初心者の間違いをある程度はスルーしてくれますが、英文法的には間違っていない場合、勘違いを生んだまま会話は終わってしまいます。, 他意はないにもかかわらず、その勘違いから相手にネガティブな印象を与えてしまったなら、地道にコツコツ築いてきた信頼関係にヒビが入ることもあるかもしれません。, 最初からパーフェクトな英語を話すことは難しいかもしれませんが、勘違いやすれ違いを生まないための知識は、一つでも多く身に付けていきましょう。, マイクロソフト シンガポール アジア太平洋地区ライセンスコンプライアンス本部長。日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4か国のライセンス監査業務の責任者だけでなく、アジア全域のコンプライアンス対策およびデジタル変革を推進。また同社にて、アジア全域の働き方改革や国内外の大学・非営利団体でのリーダーシップ活動を評価され、数々の社内アワードを受賞。世界トップレベルの IEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。著書に『ビジネス現場で即効で使える 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』(ダイヤモンド社)、『すべての仕事を3分で終わらせる外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD! 」「もう一度言って」 (道などを空けてもらうときに) すみません, 失礼します • Excuse me, could I just squeeze past? 「何と言いましたか?」「もう一度お願いします。」を英語で”Pardon?” 以外にいくつ言えますか?ビジネスシーンでは「Excuse me」、家族や親しい友達なら「say what?」と使うことができます!今回は「Pardon」だけでない相手に聞き返す時に使える英語表現をシーン別にご紹介します。, 相手の話が聞き取れない時に、“Pardon?” と言えば、繰り返し説明してくれます。, “Pardon?” は、本来は “I beg your pardon?” から来ており、直訳すると「あなたの赦しを乞います。」となりますが、転じて「すみません、何とおっしゃいましたか?」という意味で使うようになりました。, “Pardon?” という聞き方は大変丁寧で、誰に対しても使える英語表現です。逆に、友達や家族に使うと丁寧すぎて違和感があります。, “Pardon?” の言い回しは少しかたく、「パードン?」「パードン?」ばかり言っていると若干違和感を感じる場合があります。ですから、Pardon 以外の違う言い回しも以下で紹介します。, “Excuse me?” は、カジュアルすぎることもなく、フォーマルすぎることもなく、大変万能な表現で、ほとんどの場合で使うことができます。, “Excuse me.” は「失礼します。」という意味ですが、語尾の発音の調子を上げて「?」をつけることで、「失礼します、何とおっしゃいましたか?」という表現ができます。, “I’m sorry.” も同様、本来「すみません」の意味ですが、語尾の発音の調子を上げて「?」をつけることで、相手の話を聞き返すことができます。, フォーマルな表現で、「申し訳ありません、何とおっしゃいましたか?」というニュアンスです。, “Could you…” “Would you…” の尋ね方は丁寧です。他には、 “Would you mind repeating that for me?” という表現はさらに丁寧です。, 日本語にすると「もう一回言って。」という意味になります。とてもカジュアルなので、ビジネスの場面では絶対使ってはいけません。, 日本語の「なに?」「何て言った?」に当たります。当然フォーマルな場面では用いることはできません。, 「何て言った?」です。言い方次第では、喧嘩腰にも聞こえるので気をつける必要があります。, 「もう少し大きな声で言ってもらえませんか?」という意味です。その前に “I’m sorry,” と前置きを入れるとより丁寧でしょう。, ここの catch は「キャッチする、捕える」から派生して「聞き取る、理解する」といった意味を持ちます。日本語にすると、「すみません、(今おっしゃったことを)聞き取れませんでした。」になります。, mean は動詞でも使える単語で「…を意味する」という意味を表します。”What do you mean by that?” は「(あなたが言おうとしていることは)どういう意味ですか?」の意味になります。, “Do you mean…? Do you mind repeating that? ((米))((上昇調の疑問文の音調で))もう一度言ってください. “Excuse me” ってとても基本的なフレーズですよね。では、どんなふうに使っていますか? 実はいろんな場面で使われるので、今回は基本に戻って “Excuse me” の使い方をおさらいしてみたいと思います。“Excuse me” と “sorry” の違いもあわせて紹介します! すみません。(もう一回いってください) もし自分が言われたら、謝られたみたいな気持ちになりますが、もう一回いってくださいという表現なので、 対応しましょう。 すみません,通していただけますか. (中座するときに) 失礼します • Excuse me, I have a meeting. 訳:私のためにもう一度繰り返してください。 4. 相手への反論 相手の言動に対して「ハァ?!」という感じのトーンで、「失礼ね! (⤵︎)”の場合、「(人に何か尋ねる時)すみません」や「(席を外す時)失礼します」という意味になります。 一方で 、上げ調子の”Excuse me? ですので 'excuse me'(すみません)を使って相手にもう一度言ってもらう事はとてもいい方法です。 Do you mind saying that again? excuse は他動詞で「~を容赦する」「~を 許す」という意味を基本とします。Excuse me. Excuse me, but could you send the e-mail one more time? Excuse me, could you say that again more slowly? (もう一度言ってくださいますか?)でも、もちろん大丈夫です。 Excuse me(エクスキューズミー)の意味4. )” を使うことで相手の話の内容を再度確認することができます。, 「聞こえづらいです。」という意味です。周りが騒がしかったり、声が小さすぎたり、電話が悪かったり、どのような状況でも使える表現です。, “I can’t hear you.” (あなたの声が聞こえない。)よりも婉曲的な表現です。, break up は「(通話が)途切れる」という意味があり、”You’re breaking up.” は通信が悪く、相手の話が途切れるような状態の時に使う表現です。, reception は「(ホテルなどの)フロントや受付」という意味でご存知であるかもしれませんが、reception は動詞 receive(受け取る)を基にした単語であり、他にも「(電話やテレビなどの)受信」を指します。, よって、”We have bad reception.” は「受信状態が悪い。」という意味を表します。, 相手の話の聞こえた部分をそのまま繰り返し、聞こえなかった部分を疑問文に置き換えるという聞き方があります。友達や家族との間のカジュアルな場面で大変よく使います。, 1回目でしっかり聞こえていても、信じがたい内容の場合に、相手に再度確認する意味でも使えます。例文を見てましょう!, 何度聞いてもやはり分からない時も誰でもあります。正直に「理解できません」「わかりません」と言いましょう。, “I don’t understand.” の他にも、もっとくだけたフレーズ “I don’t get it.” も使えます。, 以上、英語で聞き返す時に便利なフレーズ集でした。”Pardon?” 以外もぜひ使ってください!, 新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!. 同じような表現では、 Pardon me? もう一度言ってください。(かなり丁寧) 簡単に、"Excuse me?